2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | 東京優駿(ダービー)の予想 »

優駿牝馬(オークス)の予想

春のG1連戦も、残すは今回のオークスとダービー、安田記念のみ。

今回のオークスはシンプルに。


桜花賞はそれなりに見応えがありましたが、この中からオークス本命を探すよりも、フローラS辺りで強い競馬する馬がいれば、と思っていたところミッドサマーフェアがなかなかのレースぶりを見せてくれたので、素直にこの馬を◎にします。

ミッドサマーフェア

2走前の君子蘭賞は重馬場でタフな上がりの掛かる競馬。2着のクッカーニャはこのクラスでは毎回力を発揮している馬なので、3馬身半差つければ一応の力量評価ができます。

フローラSはスローからの上がり3ハロン勝負。中団に付けてそこからいい脚を繰り出して完勝。東京2000mでこの競馬ができたことは大きな収穫&他馬に対してかなりのアドヴァンテージ。今回も流れが速くなることはなさそうですし、中団に付けて、折り合えて自分のタイミングでスパートできれば勝ち負けだと思っています。

間違いなく前で競馬する隣枠のヴィルシーナがいい目標になると思うので、この馬を視界にとらえてのレースが理想。
今の馬場を考えても、この馬の持つ能力を考えても、後方からまとめて面倒見るような競馬で厳しいと思うので、スタートである程度の位置が取れるかどうかに注目します。

ローテが詰まっていますが、フローラSはプラス10キロで臨んだレース。オークスの分の余力は残っていると見ます。


○はヴィルシーナ

桜花賞では無印。結果は非常に惜しい2着。

今年は天候が不順で時計の掛かる馬場で行われたレースが多く、桜花賞も時計が掛かったレース。それが一転、オークスは時計が出る馬場。意外な大荒れも期待していいレースですが、対抗も人気馬。

時計の速い馬場への対応能力は分かりませんが、折り合える気性、前で競馬ができる脚質、そして鞍上内田騎手。レースを有利に運べる可能性は高いと見ます。

陣営もオークスが目標レースだと早くから思っていたようで、もし桜花賞2着が間隔があいてしまうための行きがけの駄賃ならば、それ以上結果が求められますが。

桜花賞とオークスでは距離が違うのはもちろんのこと、今年は馬場状態がかなり違います。その点、桜花賞の上位馬がオークスでもすんなり、とは思っていませんが、本道の桜花賞経由はやはり無視できません。桜花賞に出走できない馬達は何らかの問題があって出走できない訳ですから、本命を別路線から取った以上、対抗は桜花賞組から。

関西馬ですが、東京輸送経験(しかも重賞勝ち)ありは信頼できるような気がします。


▲はキャトルフィーユ

重馬場のフラワーCで後方からの競馬になってしまって桜花賞の権利が取れず、「残念桜花賞」の忘れな草賞を勝ってオークスへ。
4角先頭が取れれば勝ち負け、それ以外は凡走。ハッキリしている馬。

とにかく今回のオークスでは行った方がいいと思います。ちょっと距離が長いと感じている馬はおっかなびっくりで控えるでしょうし、気性に難がある馬も折り合いに気を使います。この馬の距離適性は分かりませんが、行ってしまえば馬場のアシストも望めますし、人気もないだけに積極策が取れる立場。また、それをやってしまいそうな福永騎手も歓迎。


以下△。

トーセンベニザクラ

関東圏、良馬場と条件を限定すればかなりの戦績。最近負けたのは関西圏のG1と不良馬場のアネモネS。
なかなかいい末脚を持っている馬。赤松賞は完全な前残りレースを後方からぶっこ抜きました。東京でのレースはこの1戦のみですが、東京巧者の可能性アリ。人気はありません、良馬場、関東圏のレースで見直し。

メイショウスザンナ

デビューはダート1200mでしたが、以後距離延長で結果を残してきた馬。
前走は距離短縮の桜花賞で掲示板確保の5着。世代トップクラスともやりあえることを証明しました。今回は再びの距離延長のレース。先行して着を拾うには怖い武豊騎手が手綱を握ります。


ダイワズーム
サンシャイン

距離延長がプラスに出るかもしれないハーツクライ産駒の2頭。


オメガハートランド

フラワーC勝ち馬。今の馬場では後ろにいたら用無しかもしれませんが、高速馬場を活かしてビートブラックを天皇賞馬にした石橋騎手が鞍上。
桜花賞は参考外にしていい馬。


印は、

◎ミッドサマーフェア
○ヴィルシーナ
▲キャトルフィーユ
△トーセンベニザクラ
△メイショウスザンナ
△ダイワズーム
△サンシャイン
△オメガハートランド


馬券は3連単。

◎→○→▲△
◎→▲△→○ の12点。


桜花賞馬ジェンティルドンナは1戦毎に減っている馬体重、初の輸送、初のマイル以外の距離、主戦が騎乗停止で乗り替わりとマイナス要素の多い馬なので是非馬券圏外に。

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | 東京優駿(ダービー)の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

まいど(・∀・)ノ
   
本命・対抗が全く同じですぜ( ´ ▽ ` )ノ
特にミッドサマーフェアは桜花賞に出ても
好勝負必至と期待してた逸材o(`・ω・´)o

賞金不足で残念ながら除外でしたが
フローラSで鬱憤晴らしの圧勝(・∀・)

返す刀でオークスも期待してますヾ(`・ω・´)ノ

おっとこれはダブルヒット期待ですねー!!!!

歳三さんのブログ、メンテナンスだとかで見れませんでしたよ。オークス前のこんな時間に・・・・。

久しぶりの◎○重複!楽しみです。

ダブルヒットは・・・ん年前の札幌記念だったでしょうか。そろそろ達成しないと!!

当たりやすいように2頭軸3連複も買っておこうかな。(笑)

ジェントルドンナ強かったー!!です。

大外れでした。

この時期の3歳牝馬が東京2400mをこれだけのタイムで走ってしまうとちょっと心配です。

ミッドサマーフェアの失速ぶりも心配です。

それにしてもこれだけ馬場の違う桜花賞とオークスで同じ馬が1,2着って・・・・。まず無いと思っていましたが、つまりはこの2頭が抜けて強いってことでしょうか?

春のG1残すはダービーと安田記念。

どちらかはどうにかしたいところですが。

´ω`)ノドモ

ミッドサマー轟沈でヒモ相手が①~④着の
タテ目決着でした( ̄~ ̄;)

にしてもディープ産駒が驚愕タイムで
ワンツーするとは全く予想できず(・ε・)

父サンデーを超える2世代目での
3冠馬誕生も十分ありえますな(´ー`)

馬券の方残念でした。
ミッドが凡走でアイスフォーリスが3着とは・・・。

競馬は難しい・・・。

ディープの仔が早くもチャンピオンディスタンスの東京2400mを勝ってしまいましたね。種牡馬ディープの時代が来ちゃいそうです。

何年後かにはディープだらけのクラシックになるかも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/45333825

この記事へのトラックバック一覧です: 優駿牝馬(オークス)の予想:

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | 東京優駿(ダービー)の予想 »