2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 天皇賞春の予想 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)の予想 »

ヴィクトリアマイルの予想

春の牝馬限定G1、ヴィクトリアマイル
牡馬相手のG1では歯が立たない古馬牝馬にG1奪取のチャンスをとの目的で(?)で新設されたG1も、牡馬より強いウォッカやブエナビスタが出走しては他の牝馬を管理する人にとって夢がなさ過ぎます。

今年は夢のあるヴィクトリアMになりそう?


実績では3冠馬であり、去年のこのレースの覇者であるアパパネが断然ですが、この馬も早5歳。もともと早熟の可能性を持つ血統背景を疑われていた馬で、実際に2歳時からチャンピオンでした。
クラシックも3歳秋には他の馬に追いつかれる、なんて思っていたら、秋華賞がとても強い競馬。古馬になったら、なんて思っていたら去年のヴィクトリアMで圧巻の勝利。レース後の蛯名騎手の「ブエナビスタ相手に受けて立ったレースをしたつもりです」とのコメントが印象的でした。

前哨戦を完全な叩き台に使い、確実にG1をモノにしてきた凄い馬で、紛れもない名牝ですが、さすがに2歳からチャンピオンで、5歳になってもトップというのは難しい気がします。
去年の覇者だけに、コース適性は疑いようがありませんが、どちらかというと上がりが速くなるレースが不向き。去年は牝馬限定G1としては珍しく締まった流れでしたが、今年はそうなるとは思えません。
今年は去年と比べてかなり割り引いて評価する必要があると考えます。当然のように1番人気ではありますし、中途半端な印を打つくらいならと、無印にします。


本命はオールザットジャズ

中山1800m重賞2着、福島1800m重賞1着で、初のG1挑戦。1800mと2200mでばかりで好走を重ねてきた馬。非根幹距離で好走して、根幹距離である東京マイルのG1で人気の一角になるという戦績的には非常に危ない馬!
東京コースは初。マイル戦は本格化前の2戦のみ、しかも共に馬券圏外。それで2番人気。

証明されていない部分が多いはずなのに評価が高すぎます。

それでも他に本命を打ちたい馬がいないので◎。

タニノギムレット産駒は中山でパフォーマンスを落として、東京で上げる馬が多いような気がしますので、初の東京でもそれほどダメとは思えません。

藤岡騎手曰く、「操縦性が高く4回のコーナーでそれを武器にするタイプ」だそうですが、私もその通りだと思います。東京マイルこの武器は使えるの?
たとえば安田記念のような緩みのないガチンコのマイル戦では脆さをさらけ出す可能性がありますが、今回のヴィクトリアMは割と緩と急がハッキリしたレースになると思っていますので、この馬のパッと勝負所で手前が切り替わってスッと加速できる能力は武器になると思っています。

後は出走のタイミング。
今まで競馬を見てきて思うことですが、特に牝馬は急激に力をつけて好走を続け、そして連続好走が途絶えると一気にその輝きを失うといった馬が多いような気がしています。

中山牝馬Sは普通あの位置から勝ち負けに持ち込むことはできませんし、福島牝馬Sは全くの完勝、この馬のレーススタイルの完成型を見るようでした。

前年のクラシック好走馬との比較は難しいのですが、あまり順調に来ていると思える馬はいませんし、アパパネはまだピークにあるとは思えませんし、フミノイマージンは末一手。急激に力をつけ、今がちょうどピークだと思えるオールザットジャズは出走のタイミングに恵まれているかなと。

スタートさえ決めればマイル戦と言っても流れがきつくなるとは思えませんし、中団からの競馬で勝負になると思います。ウォッカを破ってこのレースをモノにしたエイジアンウィンズも同じような出走のタイミングだったはず?


対抗はフミノイマージン

今回のメンバーはアテにならない馬が多いと思っていますが、毎回しっかりと終いが繰り出せるという意味で、割と信頼できるのがフミノイマージン。
去年はオールザットジャズと同じ履歴でヴィクトリアMに出走するのかと思いましたが、マイルより中距離だと思っていたのか、ブエナとアパパネを嫌ったのか金鯱賞に。
今年は前哨戦に1600m、1400m戦を選んで、目標レースは明らかにココ。

さすがに1400m戦はどうかと思いましたが、クビクビ差の3着。その前のマイル戦も実力上位の牡馬と同じ56キロを背負っての4着。完全に前残りのレースでしたし、ダノンシャークに先着しただけも評価できるレースでした。

オールザットジャズ同様、コーナー4回の1800m戦辺りがベストだとは思いますが、今回のレースでは馬券圏内に割って入る可能性は十分と見て対抗にします。ただ、太宰騎手との名コンビがココで見られないのは残念。


印は、

◎オールザットジャズ
○フミノイマージン
▲ホエールキャプチャ
△マルセリーナ
△ドナウブルー
★マイネイサベル
★レディアルバローザ
★アスカトップレディ
★キョウワジャンヌ
★アニメイトバイオ

アテにならない馬が多いと考えていますし、アパパネがもし本当に馬券に絡めないようであれば、穴馬★がその分の1席に飛び込む可能性アリ。

マイネイサベル。
テレグノシスの仔。テレグノシスは競馬をはじめた頃に走っていた名馬ですが、結局はスプリングSを除けば連対できたレースは東京1400m~1800mのレースだけ。キャリア後半は東京を意識的に使っていました。
その仔のマイネイサベルも東京マイルでパフォーマンスを上げる可能性あり。流れの緩いマイル戦で速い上がりを繰り出せる馬だと思っています。

レディアルバローザ。
去年の3着馬。メンバー落ちの今年なら。自分で勝ちに行くことが必要。ただ、去年とは馬場が違うような。

アスカトップレディ。
牡馬との京都金杯3着。牝馬限定重賞で堅実。なのに人気急落。前走は叩き台、東京マイルは合う馬。

キョウワジャンヌ。
秋華賞は前でうまく粘り込みましたが、結構斬れる脚を持っている馬。マイル戦問題なし。去年は夏場から使い詰めで秋華賞でガス欠。マイルCSはビリでも仕方なし。休み明けを1戦叩いてどれだけ上昇しているか。

アニメイトバイオ。
ここまで人気が下がっていると。


馬券は3連複。

◎○から▲△★ の8点。

◎▲から★ 5点。



« 天皇賞春の予想 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

まいど(・∀・)ノ

あっしはアパパネ本命にしますたo(`・ω・´)o

勝ちきれるかは不明ですが、
負けなしの斤量55㎏
5戦4好走の距離延長ローテに
ガラリ一変を期待しますた( ´ ▽ ` )

今回凡走したら引退してもらいますo(`・ω・´)o

どうもどうも。

私の馬券はアパパネが馬券絡んだら外れ確定。今回はまったく違う予想になってしまいましたからダブルヒットはお預けですね。

去年のアパパネは凄かったですが、今年どうかがこのレースの焦点。やってみないと分かりません。

アパパネの凄さを見たいような気もしています。

そろそろ馬場入りのようです。
楽しみにしましょう!!

ホエールキャプチャがあっさりとは意外でした。

それにしても昨日とは違って外から差せない馬場になっていたなと。

アパパネは馬群の中で厳しいレースでしたね。

本命、対抗は後方で見事すぎる惨敗。

テンション下がりまくりですが、来週も懲りずに・・・・。

まさかの出遅れで終了しました。

G1になると、騎手で買った方が間違いないのかもしれません。

地方出身、外国人、ベテラン。

若手の奮起を期待したいですね!

まだまだG1は続きますので、懲りずに穴狙います!

こんばんは、p.donさん。遅くなりました。

スプリングサンダーは派手な出遅れで終了・・・。これは楽しめなかったですね。

前年の桜花賞1,2着馬と年明けマイル重賞勝ち馬での4歳馬決着。ホエールとドナウは前走叩き台道悪競馬の敗戦で少し人気が下がっていましたし、この辺りに重い印を打った人はセンスがあると思います。

私の本命対抗は共に人気で15着16着って・・・・。これはさすがにグッタリします。

G1一つくらいは何とかしたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/45242132

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアマイルの予想:

« 天皇賞春の予想 | トップページ | 優駿牝馬(オークス)の予想 »