2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 優駿牝馬(オークス)の予想 | トップページ | 安田記念の予想 »

東京優駿(ダービー)の予想

薫風が心地よい5月の最後の日曜日。いよいよ今年の3歳馬の頂点を決めるレースがやってまいりました!

雨にたたられるレースが多かった年でしたが、東京優駿は晴天、パンパンの良馬場のもとで行われそうです。
今年の3歳牡馬はそれぞれ違った特徴を持つ能力馬が揃っていて菊花賞まで楽しめそうです。皐月賞上位馬と別路線の重賞勝ち馬が人気になっていますが、それぞれ人気相応の力量を備えていると思っています。

競馬ファンにとって最も注目すべきレースでありながら、未だ一度も馬券を的中させたことがありません。そろそろ何とかしたいところです。

買いたい馬は人気になっている馬ばかりなので、つまらない予想かもしれませんが・・・・。


人気順に。

ワールドエース

きさらぎ賞の時点で今年のダービーはこの馬で仕方ないかな?と思いました。皐月賞はどうか分かりませんが、ダービーを取るために必要な資質はほとんどそなえていそう。そう思った競馬ファンは多いはず。

最大目標はダービー。その割には皐月賞にも全力投球。トライアル→皐月賞→ダービー でいいと思うのですが、若駒Sの2週後にきさらぎ賞を使い、その後馬体を絞って若葉Sで権利を取ってから皐月賞へ。
その皐月賞は道悪。大外回しで目一杯走って2着。

いかにも中山だから負けてしまった感じの、負けて強しの2着。能力は世代最上位。かつての皐月賞を落として、ダービーを取った名馬達と同じく、東京2400m替わり、しかもパンパンの良馬場替わりで巻き返し必至。

そう思いたいところですが、それほど馬格に恵まれていないこの馬が、道悪の皐月賞を目一杯走って、ダービー前の調教が少し軽くなってしまっているのはどうなんでしょう?
能力は世代最上位、3冠の中ではダービーが最も取りやすいレースだと思っていますが。


ゴールドシップ

毎回世代上位馬相手に戦って常に好走。2歳時に落とした2戦も負けて強しの内容。持っている能力に疑うところはありません。
この馬の最大のラックは内田騎手とパートナーを組めたこと。
スピードの持続能力は世代最上位クラスですが、少しギアの重いことがこの馬の泣きどころ。パンパンの良馬場、しかも時計の速い馬場で瞬時の加速能力が要求されれば危ないところもあります。

しかしながら操るのは内田騎手。このことは重々承知。すでにこの馬を手の内に入れている観があります。早めに馬を動かして加速の為の助走路を他の馬より多めに取ることで弱点をカバー。
皐月賞はあっと驚く、誰も通ろうとしない内を使って勝利をもぎ取りましたが、重要だったのはどの馬より早く、3角前で加速を開始して、誰にも邪魔されることなくスムーズにスピードを乗せられたこと。

大外を回しては届きませんし、4角で前に壁ができて一度追い出しを止めてから再度追い出しては勝てなかったと思います。皐月賞を勝つことはかなり難しかったと思いますが、馬場の状態から騎手の思惑などが複雑に交錯する中、内田騎手が選択した答えは、おそらく勝つためには唯一のものだったと思います。

舞台は替わって東京2400m。
パンパンの良馬場は歓迎ではありませんが、中山2000mよりは走りやすい条件。
ワールドエースやヒストリカルと同じ位置からの追い出しでは、かなり分が悪いことは明らか。内田騎手なら間違ってもそんなことはしないでしょうし、流れが落ち着くようならかなり積極的に馬を動かしてくると思います。

スピードの持続能力は世代最上位クラス。内田騎手が操る以上、必ずこの長所を活かしてきますし、後ろで折り合いがどうのと言っている馬よりはずっと有利にレースを運べます。この馬に◎を打って、この馬を見ながらレースを見守るのが一番面白そうです。でもこの馬は上位評価にとどめます。

まず出遅れ癖のある馬だけにスタートはかなり重要。加速に難がある馬にとって良馬場のダービーで一番後ろからでは苦し過ぎます。勝負所で前が壁になってもかなり不利ですし、好きなタイプの馬ですが、ちょっと動き出しがズブい感じの馬が人気では本命は打ちづらいです。

仮に道悪だったら本命でした。菊花賞で本命にしたい馬なので、ダービー、神戸新聞杯で斬れ負けして少しでも人気を落としてくれないかなと気の早いことを考えております。


ディープブリランテ

皐月賞は先行馬には厳しい流れでしたが、前で立ち回って3着。なかなか強い競馬でした。気性に難があるだけに乗り難しい馬。毎回世代上位馬を戦って常好走。無駄な体力ロスがあってのレースばかり。実力を出し切れていない馬。この馬の単勝が売れているのが分かるような気がします。

この馬にとっては幸いなことに、ダービー前に岩田騎手が騎乗停止になり、熱心にダービーに向けての調教をつけてくれました。他の騎手が乗ったお手馬がオークスを勝ってしまい今回心中期すところはあるはず。

ただ、これまで気性難に悩まされた馬が、一番距離が延びたダービーでピタッと折り合えるとはとても思えず、印を付ける馬の中では下の方の評価。不良馬場であれだけ強い競馬をした馬が、パンパンの良馬場がベストとも思えず。


ヒストリカル

ダービーでこそ、かなり面白い馬だと思っています。
春の目標はダービー1本!タフな皐月賞を回避したことは余力が残っているという点でかなりのアドヴァンテージ。大きくない馬なのでダメージが残ることを考えれば吉と出る可能性大。

きさらぎ賞はワールドエースに完敗にも、毎日杯はおよそこの馬にとっては不利であろう重馬場ながらなかなかのパフォーマンス。なかなか進路が見つからず手間取るも、抜けられた後の脚はかなりのモノ。着差は僅かでも、他のメンバーとの実力差はかなりありそう。

東京2400m、パンパンの良馬場はこの馬の武器を繰り出すのに最高の舞台。この馬がどれだけ斬れるのかは見もの。きさらぎ賞の後さらに力を付けている可能性もあり、ダービー馬の称号に届く可能性も。安藤騎手が去年と同じタイプの馬に乗り、同じ内枠からレースに臨みます。

ただ、時計の速い馬場のダービーで一番後ろの方から全馬まとめて、というのは。それでも可能性はあると思いますが、物理的な問題として、上位評価にとどめます。


フェノーメノ

中山で負けて、東京で巻き返して勝利。どちらのコース形態が向いているかは明らか。
一線級の馬とレースをするのはこれが初めて。青葉賞からはかなりタイムを詰めなくてはなりません。

人気馬の中ではこの馬を切ろうかと思いましたが、二線級の相手とは言え、青葉賞がなかなかの勝ち方。それまでダービーでどうにかなる馬とは思っていなかっただけに、この時期に急激に成長し、ダービーの好走につなげてしまう可能性も考え、ヒモに加えます。


トーセン誉れ星

どこの国の言葉か分からない馬名を日本に馬に付ける馬主が増えてきた昨今、なかなかいい名前だなと思っていまう馬。
完全な別路線組。比較は難しいのですが、自らレースを作ってレコードタイムで圧勝。割と毎回力を発揮している頑張り屋さんの皐月賞7着馬を寄せ付けない勝利。

自力で作り出したレコードタイム。当時の京都の馬場は相当速かったので、どこまで評価していいか分かりませんが、速い時計のレースに適性はかなりありそう。兄弟馬トーセンジョーダンもレコードタイムのG1を勝った馬。この仔は同じ母親にディープインパクト。その点今回のレースで恵まれる可能性があります。

速い時計の馬場を先行できる脚質。騎手は非常に研究熱心なウイリアムズ騎手。この馬がどういう強みを持っているかもう把握しているはず。おそらくゼロスの単騎逃げ。この馬は有利にレースを運ぶでしょう。あとは未対戦の一線級の馬との力の差次第。


グランデッツァ

皐月賞は1番人気。そして酷いレースぶり。
未勝利勝ち以降、常に外枠を引かされるクジ運の悪い馬ですが、皐月賞はよりよって大外枠。そして中山の大外枠の不利を丸かぶり・・・・。行き脚がつかず、後ろから。道中も中に入れてもらえず、外外を回らされて、最後はワールドエースと同じような位置取りから最後の決め手に賭けますが、この分野では太刀打ちできません。

先行馬が出負けして後方から外外を回らされて直線勝負・・・・。こんな酷い競馬でワールドエースとの着差は約2馬身の5着。

こんな競馬させられてこの結果はむしろ立派。ダービーでも人気の一角になると思っていました。しかし実際はダービートライアル勝ち馬より下の評価。
皐月賞の1戦だけで(よく走っていると思いますが)、一線級の馬との比較ができていない馬より、評価が下がってしまうのは意外でした。この馬が世代上位の力量をそなえているのは明らか。馬体もしっかりした馬ですし、体力勝負のダービーでへこたれることはないと思います。

力量上位馬と対戦で常に好走。札幌2歳Sではゴールドシップに勝ち、スプリングSではディープブリランテに勝利。ラジオNIKEI杯2歳Sはゴールドシップに先着されますが、ちょっと秋山騎手が追い出しを遅らせ過ぎて、差し馬を呼びこんでしまった感じがします。
皐月賞も仮に先行できていればもっと上の着順だったと思います。

これまでの戦歴はダービーで好走を期待するに十分なもので、馬が走らなかった訳でもないのに評価だけが下がっています。よってこの馬を本命にします!!

東京コースへの適性と速い馬場への適性が怪しまれていると思います。確かにワールドエースやヒストリカルほどの決め手はないと思いますが、本来の先行のスタイルを取ることでその差は埋まる可能性もあります。

札幌デビューで、そこで3戦。ラジオN杯、スプリングS、皐月賞、とすべて時計の掛かる馬場でのレース。分からない部分は確かにありますが、やっていないだけで適性で劣ることが分かっている訳ではありません。ダービー実績も残しているタキオンの仔ですし、不当に評価が下がっているなら、今年のダービーはこの馬からです!

今回は馬場が滑ることはありませんし、先行して普通に流れに乗って回って来れば、馬券圏内にいる可能性は高いと思っています。


印は、

◎グランデッツァ
○ゴールドシップ
▲ヒストリカル
▲ワールドエース
△トーセンホマレボシ
△ディープブリランテ
△フェノーメノ


馬券は馬連。

◎から○▲ 3点。

3連複。

◎○から▲△ 5点を厚く買います。

◎▲(2通り)から▲△ 7点。

さすがに決め手負けするかなと
去年同様先行馬最先着ながら差し馬2頭にやられて3着の
3連単。

○▲▲→○▲▲→◎ 6点。


穴馬もヒモに混ぜたいと思っていましたが、今回は人気上位馬とそれ以外では適性云々以上の力の差があると考えヒモは人気上位馬に絞りました。コスモオオゾラは迷いましたが適性で消しました。

これで初のダービー的中を目指します。

後はダービージョッキーに任せます。配当は安くてもなんでもいいから、このレースは一度当てたい!!(笑)  

« 優駿牝馬(オークス)の予想 | トップページ | 安田記念の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

なななんと!
あっしも同じ7頭にのみ印を打ちました( ´ ▽ ` )

ただし本命はゴールドシップですが(;´・ω・)
3連復ならWヒットの可能性ありですぜヾ(・∀・。)ノ

グランデッツァは皐月で本命を打ったので
リベンジ期待だったのですが、大外枠&乗り代わり
で評価を下げました(・ε・)

変わりに評価を上げたのはヒストリカル(´ー`)
GⅢまでしか経験が無いってのはかなりマイナスですが
ワールドエースを上回る上りの破壊力に期待です(・∀・)


あと蛇足ですが。。。
メイショウホマレボシではなく
トーセンホマレボシですぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

メイショウなら馬名10文字で却下です(>ω<;)

こんにちは、ワクワクするダービーです。

しかも絶好の晴天、パンパンの良馬場!!

おおっと!ダブルヒットありありの印被り!!!

燃えます!(笑)

p.donさんのサイトを先ほどのぞいてみましたが、私と○◎が一緒でした。

これはゴールドシップに頑張ってもらってトリプルヒットを達成しないと!!こんな機会はなかなかありませんし!!

あまり緩急のできないレースの方が可能性がありそうに思えます。内田騎手の手綱捌きは必見ですよ!!

あと馬名間違い指摘ありがとうございます。

トーセンジョーダンの弟でトーセンホマレボシなのになんでメイショウって書いたのかな?(恥)

結構違うキャラクターの馬が揃ったと思っているので、それらの馬のガチンコ勝負!贅沢なものが見れるんじゃないかと。

楽しみにしましょう!!!

馬券の方残念でした。お互いに・・・。

せっかく印が被ったレースだったのに・・・。
軸にした馬が馬券に絡めずでは、どうしようもありませんでした。ゴールドシップはもっと積極的に乗ると思っていましたが。

この世代はまたこれで混戦模様。秋も楽しめそうです!!最後の1冠、菊花賞はゴールドシップでいくと思います。

またダービー初的中はお預け。(泣)
棺おけに入るまでには何とか!(笑)

残るは安田記念。
少しは相性のいいレースなので何とかしたいです。

´ω`)ノドモ

今回は展開にやられた感がありますな(・ε・)

逃げた2頭と3番手以降が空きすぎた為に
後方待機の有力馬は仕掛けどころが難しかった
ように見えました(;´・ω・)

残念無念です(´・ω・`)ショボーン

まだまだ人生は長い(はず)なので
いつか当たるでしょう( ´ ▽ ` )ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/45428036

この記事へのトラックバック一覧です: 東京優駿(ダービー)の予想:

« 優駿牝馬(オークス)の予想 | トップページ | 安田記念の予想 »