2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

東京優駿(ダービー)の予想

薫風が心地よい5月の最後の日曜日。いよいよ今年の3歳馬の頂点を決めるレースがやってまいりました!

雨にたたられるレースが多かった年でしたが、東京優駿は晴天、パンパンの良馬場のもとで行われそうです。
今年の3歳牡馬はそれぞれ違った特徴を持つ能力馬が揃っていて菊花賞まで楽しめそうです。皐月賞上位馬と別路線の重賞勝ち馬が人気になっていますが、それぞれ人気相応の力量を備えていると思っています。

競馬ファンにとって最も注目すべきレースでありながら、未だ一度も馬券を的中させたことがありません。そろそろ何とかしたいところです。

買いたい馬は人気になっている馬ばかりなので、つまらない予想かもしれませんが・・・・。


人気順に。

ワールドエース

きさらぎ賞の時点で今年のダービーはこの馬で仕方ないかな?と思いました。皐月賞はどうか分かりませんが、ダービーを取るために必要な資質はほとんどそなえていそう。そう思った競馬ファンは多いはず。

最大目標はダービー。その割には皐月賞にも全力投球。トライアル→皐月賞→ダービー でいいと思うのですが、若駒Sの2週後にきさらぎ賞を使い、その後馬体を絞って若葉Sで権利を取ってから皐月賞へ。
その皐月賞は道悪。大外回しで目一杯走って2着。

いかにも中山だから負けてしまった感じの、負けて強しの2着。能力は世代最上位。かつての皐月賞を落として、ダービーを取った名馬達と同じく、東京2400m替わり、しかもパンパンの良馬場替わりで巻き返し必至。

そう思いたいところですが、それほど馬格に恵まれていないこの馬が、道悪の皐月賞を目一杯走って、ダービー前の調教が少し軽くなってしまっているのはどうなんでしょう?
能力は世代最上位、3冠の中ではダービーが最も取りやすいレースだと思っていますが。


ゴールドシップ

毎回世代上位馬相手に戦って常に好走。2歳時に落とした2戦も負けて強しの内容。持っている能力に疑うところはありません。
この馬の最大のラックは内田騎手とパートナーを組めたこと。
スピードの持続能力は世代最上位クラスですが、少しギアの重いことがこの馬の泣きどころ。パンパンの良馬場、しかも時計の速い馬場で瞬時の加速能力が要求されれば危ないところもあります。

しかしながら操るのは内田騎手。このことは重々承知。すでにこの馬を手の内に入れている観があります。早めに馬を動かして加速の為の助走路を他の馬より多めに取ることで弱点をカバー。
皐月賞はあっと驚く、誰も通ろうとしない内を使って勝利をもぎ取りましたが、重要だったのはどの馬より早く、3角前で加速を開始して、誰にも邪魔されることなくスムーズにスピードを乗せられたこと。

大外を回しては届きませんし、4角で前に壁ができて一度追い出しを止めてから再度追い出しては勝てなかったと思います。皐月賞を勝つことはかなり難しかったと思いますが、馬場の状態から騎手の思惑などが複雑に交錯する中、内田騎手が選択した答えは、おそらく勝つためには唯一のものだったと思います。

舞台は替わって東京2400m。
パンパンの良馬場は歓迎ではありませんが、中山2000mよりは走りやすい条件。
ワールドエースやヒストリカルと同じ位置からの追い出しでは、かなり分が悪いことは明らか。内田騎手なら間違ってもそんなことはしないでしょうし、流れが落ち着くようならかなり積極的に馬を動かしてくると思います。

スピードの持続能力は世代最上位クラス。内田騎手が操る以上、必ずこの長所を活かしてきますし、後ろで折り合いがどうのと言っている馬よりはずっと有利にレースを運べます。この馬に◎を打って、この馬を見ながらレースを見守るのが一番面白そうです。でもこの馬は上位評価にとどめます。

まず出遅れ癖のある馬だけにスタートはかなり重要。加速に難がある馬にとって良馬場のダービーで一番後ろからでは苦し過ぎます。勝負所で前が壁になってもかなり不利ですし、好きなタイプの馬ですが、ちょっと動き出しがズブい感じの馬が人気では本命は打ちづらいです。

仮に道悪だったら本命でした。菊花賞で本命にしたい馬なので、ダービー、神戸新聞杯で斬れ負けして少しでも人気を落としてくれないかなと気の早いことを考えております。


ディープブリランテ

皐月賞は先行馬には厳しい流れでしたが、前で立ち回って3着。なかなか強い競馬でした。気性に難があるだけに乗り難しい馬。毎回世代上位馬を戦って常好走。無駄な体力ロスがあってのレースばかり。実力を出し切れていない馬。この馬の単勝が売れているのが分かるような気がします。

この馬にとっては幸いなことに、ダービー前に岩田騎手が騎乗停止になり、熱心にダービーに向けての調教をつけてくれました。他の騎手が乗ったお手馬がオークスを勝ってしまい今回心中期すところはあるはず。

ただ、これまで気性難に悩まされた馬が、一番距離が延びたダービーでピタッと折り合えるとはとても思えず、印を付ける馬の中では下の方の評価。不良馬場であれだけ強い競馬をした馬が、パンパンの良馬場がベストとも思えず。


ヒストリカル

ダービーでこそ、かなり面白い馬だと思っています。
春の目標はダービー1本!タフな皐月賞を回避したことは余力が残っているという点でかなりのアドヴァンテージ。大きくない馬なのでダメージが残ることを考えれば吉と出る可能性大。

きさらぎ賞はワールドエースに完敗にも、毎日杯はおよそこの馬にとっては不利であろう重馬場ながらなかなかのパフォーマンス。なかなか進路が見つからず手間取るも、抜けられた後の脚はかなりのモノ。着差は僅かでも、他のメンバーとの実力差はかなりありそう。

東京2400m、パンパンの良馬場はこの馬の武器を繰り出すのに最高の舞台。この馬がどれだけ斬れるのかは見もの。きさらぎ賞の後さらに力を付けている可能性もあり、ダービー馬の称号に届く可能性も。安藤騎手が去年と同じタイプの馬に乗り、同じ内枠からレースに臨みます。

ただ、時計の速い馬場のダービーで一番後ろの方から全馬まとめて、というのは。それでも可能性はあると思いますが、物理的な問題として、上位評価にとどめます。


フェノーメノ

中山で負けて、東京で巻き返して勝利。どちらのコース形態が向いているかは明らか。
一線級の馬とレースをするのはこれが初めて。青葉賞からはかなりタイムを詰めなくてはなりません。

人気馬の中ではこの馬を切ろうかと思いましたが、二線級の相手とは言え、青葉賞がなかなかの勝ち方。それまでダービーでどうにかなる馬とは思っていなかっただけに、この時期に急激に成長し、ダービーの好走につなげてしまう可能性も考え、ヒモに加えます。


トーセン誉れ星

どこの国の言葉か分からない馬名を日本に馬に付ける馬主が増えてきた昨今、なかなかいい名前だなと思っていまう馬。
完全な別路線組。比較は難しいのですが、自らレースを作ってレコードタイムで圧勝。割と毎回力を発揮している頑張り屋さんの皐月賞7着馬を寄せ付けない勝利。

自力で作り出したレコードタイム。当時の京都の馬場は相当速かったので、どこまで評価していいか分かりませんが、速い時計のレースに適性はかなりありそう。兄弟馬トーセンジョーダンもレコードタイムのG1を勝った馬。この仔は同じ母親にディープインパクト。その点今回のレースで恵まれる可能性があります。

速い時計の馬場を先行できる脚質。騎手は非常に研究熱心なウイリアムズ騎手。この馬がどういう強みを持っているかもう把握しているはず。おそらくゼロスの単騎逃げ。この馬は有利にレースを運ぶでしょう。あとは未対戦の一線級の馬との力の差次第。


グランデッツァ

皐月賞は1番人気。そして酷いレースぶり。
未勝利勝ち以降、常に外枠を引かされるクジ運の悪い馬ですが、皐月賞はよりよって大外枠。そして中山の大外枠の不利を丸かぶり・・・・。行き脚がつかず、後ろから。道中も中に入れてもらえず、外外を回らされて、最後はワールドエースと同じような位置取りから最後の決め手に賭けますが、この分野では太刀打ちできません。

先行馬が出負けして後方から外外を回らされて直線勝負・・・・。こんな酷い競馬でワールドエースとの着差は約2馬身の5着。

こんな競馬させられてこの結果はむしろ立派。ダービーでも人気の一角になると思っていました。しかし実際はダービートライアル勝ち馬より下の評価。
皐月賞の1戦だけで(よく走っていると思いますが)、一線級の馬との比較ができていない馬より、評価が下がってしまうのは意外でした。この馬が世代上位の力量をそなえているのは明らか。馬体もしっかりした馬ですし、体力勝負のダービーでへこたれることはないと思います。

力量上位馬と対戦で常に好走。札幌2歳Sではゴールドシップに勝ち、スプリングSではディープブリランテに勝利。ラジオNIKEI杯2歳Sはゴールドシップに先着されますが、ちょっと秋山騎手が追い出しを遅らせ過ぎて、差し馬を呼びこんでしまった感じがします。
皐月賞も仮に先行できていればもっと上の着順だったと思います。

これまでの戦歴はダービーで好走を期待するに十分なもので、馬が走らなかった訳でもないのに評価だけが下がっています。よってこの馬を本命にします!!

東京コースへの適性と速い馬場への適性が怪しまれていると思います。確かにワールドエースやヒストリカルほどの決め手はないと思いますが、本来の先行のスタイルを取ることでその差は埋まる可能性もあります。

札幌デビューで、そこで3戦。ラジオN杯、スプリングS、皐月賞、とすべて時計の掛かる馬場でのレース。分からない部分は確かにありますが、やっていないだけで適性で劣ることが分かっている訳ではありません。ダービー実績も残しているタキオンの仔ですし、不当に評価が下がっているなら、今年のダービーはこの馬からです!

今回は馬場が滑ることはありませんし、先行して普通に流れに乗って回って来れば、馬券圏内にいる可能性は高いと思っています。


印は、

◎グランデッツァ
○ゴールドシップ
▲ヒストリカル
▲ワールドエース
△トーセンホマレボシ
△ディープブリランテ
△フェノーメノ


馬券は馬連。

◎から○▲ 3点。

3連複。

◎○から▲△ 5点を厚く買います。

◎▲(2通り)から▲△ 7点。

さすがに決め手負けするかなと
去年同様先行馬最先着ながら差し馬2頭にやられて3着の
3連単。

○▲▲→○▲▲→◎ 6点。


穴馬もヒモに混ぜたいと思っていましたが、今回は人気上位馬とそれ以外では適性云々以上の力の差があると考えヒモは人気上位馬に絞りました。コスモオオゾラは迷いましたが適性で消しました。

これで初のダービー的中を目指します。

後はダービージョッキーに任せます。配当は安くてもなんでもいいから、このレースは一度当てたい!!(笑)  

優駿牝馬(オークス)の予想

春のG1連戦も、残すは今回のオークスとダービー、安田記念のみ。

今回のオークスはシンプルに。


桜花賞はそれなりに見応えがありましたが、この中からオークス本命を探すよりも、フローラS辺りで強い競馬する馬がいれば、と思っていたところミッドサマーフェアがなかなかのレースぶりを見せてくれたので、素直にこの馬を◎にします。

ミッドサマーフェア

2走前の君子蘭賞は重馬場でタフな上がりの掛かる競馬。2着のクッカーニャはこのクラスでは毎回力を発揮している馬なので、3馬身半差つければ一応の力量評価ができます。

フローラSはスローからの上がり3ハロン勝負。中団に付けてそこからいい脚を繰り出して完勝。東京2000mでこの競馬ができたことは大きな収穫&他馬に対してかなりのアドヴァンテージ。今回も流れが速くなることはなさそうですし、中団に付けて、折り合えて自分のタイミングでスパートできれば勝ち負けだと思っています。

間違いなく前で競馬する隣枠のヴィルシーナがいい目標になると思うので、この馬を視界にとらえてのレースが理想。
今の馬場を考えても、この馬の持つ能力を考えても、後方からまとめて面倒見るような競馬で厳しいと思うので、スタートである程度の位置が取れるかどうかに注目します。

ローテが詰まっていますが、フローラSはプラス10キロで臨んだレース。オークスの分の余力は残っていると見ます。


○はヴィルシーナ

桜花賞では無印。結果は非常に惜しい2着。

今年は天候が不順で時計の掛かる馬場で行われたレースが多く、桜花賞も時計が掛かったレース。それが一転、オークスは時計が出る馬場。意外な大荒れも期待していいレースですが、対抗も人気馬。

時計の速い馬場への対応能力は分かりませんが、折り合える気性、前で競馬ができる脚質、そして鞍上内田騎手。レースを有利に運べる可能性は高いと見ます。

陣営もオークスが目標レースだと早くから思っていたようで、もし桜花賞2着が間隔があいてしまうための行きがけの駄賃ならば、それ以上結果が求められますが。

桜花賞とオークスでは距離が違うのはもちろんのこと、今年は馬場状態がかなり違います。その点、桜花賞の上位馬がオークスでもすんなり、とは思っていませんが、本道の桜花賞経由はやはり無視できません。桜花賞に出走できない馬達は何らかの問題があって出走できない訳ですから、本命を別路線から取った以上、対抗は桜花賞組から。

関西馬ですが、東京輸送経験(しかも重賞勝ち)ありは信頼できるような気がします。


▲はキャトルフィーユ

重馬場のフラワーCで後方からの競馬になってしまって桜花賞の権利が取れず、「残念桜花賞」の忘れな草賞を勝ってオークスへ。
4角先頭が取れれば勝ち負け、それ以外は凡走。ハッキリしている馬。

とにかく今回のオークスでは行った方がいいと思います。ちょっと距離が長いと感じている馬はおっかなびっくりで控えるでしょうし、気性に難がある馬も折り合いに気を使います。この馬の距離適性は分かりませんが、行ってしまえば馬場のアシストも望めますし、人気もないだけに積極策が取れる立場。また、それをやってしまいそうな福永騎手も歓迎。


以下△。

トーセンベニザクラ

関東圏、良馬場と条件を限定すればかなりの戦績。最近負けたのは関西圏のG1と不良馬場のアネモネS。
なかなかいい末脚を持っている馬。赤松賞は完全な前残りレースを後方からぶっこ抜きました。東京でのレースはこの1戦のみですが、東京巧者の可能性アリ。人気はありません、良馬場、関東圏のレースで見直し。

メイショウスザンナ

デビューはダート1200mでしたが、以後距離延長で結果を残してきた馬。
前走は距離短縮の桜花賞で掲示板確保の5着。世代トップクラスともやりあえることを証明しました。今回は再びの距離延長のレース。先行して着を拾うには怖い武豊騎手が手綱を握ります。


ダイワズーム
サンシャイン

距離延長がプラスに出るかもしれないハーツクライ産駒の2頭。


オメガハートランド

フラワーC勝ち馬。今の馬場では後ろにいたら用無しかもしれませんが、高速馬場を活かしてビートブラックを天皇賞馬にした石橋騎手が鞍上。
桜花賞は参考外にしていい馬。


印は、

◎ミッドサマーフェア
○ヴィルシーナ
▲キャトルフィーユ
△トーセンベニザクラ
△メイショウスザンナ
△ダイワズーム
△サンシャイン
△オメガハートランド


馬券は3連単。

◎→○→▲△
◎→▲△→○ の12点。


桜花賞馬ジェンティルドンナは1戦毎に減っている馬体重、初の輸送、初のマイル以外の距離、主戦が騎乗停止で乗り替わりとマイナス要素の多い馬なので是非馬券圏外に。

ヴィクトリアマイルの予想

春の牝馬限定G1、ヴィクトリアマイル
牡馬相手のG1では歯が立たない古馬牝馬にG1奪取のチャンスをとの目的で(?)で新設されたG1も、牡馬より強いウォッカやブエナビスタが出走しては他の牝馬を管理する人にとって夢がなさ過ぎます。

今年は夢のあるヴィクトリアMになりそう?


実績では3冠馬であり、去年のこのレースの覇者であるアパパネが断然ですが、この馬も早5歳。もともと早熟の可能性を持つ血統背景を疑われていた馬で、実際に2歳時からチャンピオンでした。
クラシックも3歳秋には他の馬に追いつかれる、なんて思っていたら、秋華賞がとても強い競馬。古馬になったら、なんて思っていたら去年のヴィクトリアMで圧巻の勝利。レース後の蛯名騎手の「ブエナビスタ相手に受けて立ったレースをしたつもりです」とのコメントが印象的でした。

前哨戦を完全な叩き台に使い、確実にG1をモノにしてきた凄い馬で、紛れもない名牝ですが、さすがに2歳からチャンピオンで、5歳になってもトップというのは難しい気がします。
去年の覇者だけに、コース適性は疑いようがありませんが、どちらかというと上がりが速くなるレースが不向き。去年は牝馬限定G1としては珍しく締まった流れでしたが、今年はそうなるとは思えません。
今年は去年と比べてかなり割り引いて評価する必要があると考えます。当然のように1番人気ではありますし、中途半端な印を打つくらいならと、無印にします。


本命はオールザットジャズ

中山1800m重賞2着、福島1800m重賞1着で、初のG1挑戦。1800mと2200mでばかりで好走を重ねてきた馬。非根幹距離で好走して、根幹距離である東京マイルのG1で人気の一角になるという戦績的には非常に危ない馬!
東京コースは初。マイル戦は本格化前の2戦のみ、しかも共に馬券圏外。それで2番人気。

証明されていない部分が多いはずなのに評価が高すぎます。

それでも他に本命を打ちたい馬がいないので◎。

タニノギムレット産駒は中山でパフォーマンスを落として、東京で上げる馬が多いような気がしますので、初の東京でもそれほどダメとは思えません。

藤岡騎手曰く、「操縦性が高く4回のコーナーでそれを武器にするタイプ」だそうですが、私もその通りだと思います。東京マイルこの武器は使えるの?
たとえば安田記念のような緩みのないガチンコのマイル戦では脆さをさらけ出す可能性がありますが、今回のヴィクトリアMは割と緩と急がハッキリしたレースになると思っていますので、この馬のパッと勝負所で手前が切り替わってスッと加速できる能力は武器になると思っています。

後は出走のタイミング。
今まで競馬を見てきて思うことですが、特に牝馬は急激に力をつけて好走を続け、そして連続好走が途絶えると一気にその輝きを失うといった馬が多いような気がしています。

中山牝馬Sは普通あの位置から勝ち負けに持ち込むことはできませんし、福島牝馬Sは全くの完勝、この馬のレーススタイルの完成型を見るようでした。

前年のクラシック好走馬との比較は難しいのですが、あまり順調に来ていると思える馬はいませんし、アパパネはまだピークにあるとは思えませんし、フミノイマージンは末一手。急激に力をつけ、今がちょうどピークだと思えるオールザットジャズは出走のタイミングに恵まれているかなと。

スタートさえ決めればマイル戦と言っても流れがきつくなるとは思えませんし、中団からの競馬で勝負になると思います。ウォッカを破ってこのレースをモノにしたエイジアンウィンズも同じような出走のタイミングだったはず?


対抗はフミノイマージン

今回のメンバーはアテにならない馬が多いと思っていますが、毎回しっかりと終いが繰り出せるという意味で、割と信頼できるのがフミノイマージン。
去年はオールザットジャズと同じ履歴でヴィクトリアMに出走するのかと思いましたが、マイルより中距離だと思っていたのか、ブエナとアパパネを嫌ったのか金鯱賞に。
今年は前哨戦に1600m、1400m戦を選んで、目標レースは明らかにココ。

さすがに1400m戦はどうかと思いましたが、クビクビ差の3着。その前のマイル戦も実力上位の牡馬と同じ56キロを背負っての4着。完全に前残りのレースでしたし、ダノンシャークに先着しただけも評価できるレースでした。

オールザットジャズ同様、コーナー4回の1800m戦辺りがベストだとは思いますが、今回のレースでは馬券圏内に割って入る可能性は十分と見て対抗にします。ただ、太宰騎手との名コンビがココで見られないのは残念。


印は、

◎オールザットジャズ
○フミノイマージン
▲ホエールキャプチャ
△マルセリーナ
△ドナウブルー
★マイネイサベル
★レディアルバローザ
★アスカトップレディ
★キョウワジャンヌ
★アニメイトバイオ

アテにならない馬が多いと考えていますし、アパパネがもし本当に馬券に絡めないようであれば、穴馬★がその分の1席に飛び込む可能性アリ。

マイネイサベル。
テレグノシスの仔。テレグノシスは競馬をはじめた頃に走っていた名馬ですが、結局はスプリングSを除けば連対できたレースは東京1400m~1800mのレースだけ。キャリア後半は東京を意識的に使っていました。
その仔のマイネイサベルも東京マイルでパフォーマンスを上げる可能性あり。流れの緩いマイル戦で速い上がりを繰り出せる馬だと思っています。

レディアルバローザ。
去年の3着馬。メンバー落ちの今年なら。自分で勝ちに行くことが必要。ただ、去年とは馬場が違うような。

アスカトップレディ。
牡馬との京都金杯3着。牝馬限定重賞で堅実。なのに人気急落。前走は叩き台、東京マイルは合う馬。

キョウワジャンヌ。
秋華賞は前でうまく粘り込みましたが、結構斬れる脚を持っている馬。マイル戦問題なし。去年は夏場から使い詰めで秋華賞でガス欠。マイルCSはビリでも仕方なし。休み明けを1戦叩いてどれだけ上昇しているか。

アニメイトバイオ。
ここまで人気が下がっていると。


馬券は3連複。

◎○から▲△★ の8点。

◎▲から★ 5点。



« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »