2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 皐月賞の予想 | トップページ | 天皇賞春の予想 »

皐月賞の回顧

皐月賞のレース回顧。

今年の皐月賞はそれぞれ違った長所を持った力のある馬が競い合うので、面白いレースになると思っていましたが、見応えのあるレースでした。馬券は外れてしまいましたが、とても楽しめました。


1着、ゴールドシップ

ステイゴールドが大好きな友人と数日前に合いましたが、自信満々にこの馬を本命にすると言っていました。
私も有力な1頭とは思っていましたが、皐月賞を勝つためにはいくつかの問題をクリアーしなくてはいけない馬だと考えていました。

父:ステイゴールド。母父:メジロマックイーン。
今をときめくオルフェーヴルと同じ。オルフェーヴルの最大の長所は仕掛けてからトップスピードに到達するまでの時間が非常に短いことだと思っていますが、ゴールドシップにこの才能は与えられませんでした。

最大の問題は加速能力。そのかわりスピードに乗ってからのその持続能力はかなりありそうな馬。勝負所で動かない馬を動かすには剛腕内田騎手は最高のパートナー。

今回の皐月賞は内田騎手が乗っていなければ勝てなかったと思います。それほど今回の内田騎手の騎乗ぶりは感動的でした。内田騎手がゴールドシップをどう操るかに興味を持っていましたが、考えうる限りの最高の騎乗・・・もしくはそれ以上!!

加速に難のあるゴールドシップには「助走路」が必要。実際に今回のレース、どの馬よりも早く3コーナー手前辺りから仕掛けています。そして勝つためにはスムーズにトップスピードまで加速することが必須。加速中に前に割り込まれればそこで勝ちの目は消えます。
4角でごちゃつきやすい皐月賞ではなかなか難しいことです。

9Rの皐月賞と同条件の鹿野山特別
内の荒れ馬場を嫌い全馬悪くなった内をポッカリあけて外を回していました。当然皐月賞もそうなる可能性が高いはず。

内田騎手の馬は外枠でしたが、一度最後方まで下げてまで馬を内に入れました。おそらく最終コーナーでポッカリあく、誰にも邪魔されることのないインの加速ラインを取るため。

少々悪くなった馬場を通ろうとも間違いなくスムーズに加速できるコース取りを選択。インを掬って馬群の前に出た所で、ギリギリ荒れていない中央寄りの馬場に乗せて勝負アリ。

内田騎手は馬場状態や相手関係、競走馬の個性などを考慮に入れて、このレースどうすることが自分達の利になるのかを見切っての騎乗ぶりが光る騎手だと常々思っていますが、理をもってレースを組み立てる優秀な騎手でも中途半端に終わったり、レースだけに他の馬との兼ね合いからうまく行かないことも多いはずですが、この人はその成功率が高いように思えます。馬主さんや調教師さんが大事な競走馬を任せたくなる気持ちが分かるような気がします。

ジョッキーとしていい意味で利に聡く、臨機応変であり、ブレない決断力を持ち、それに高い操馬技術に支えられた実行力!

今回、ゴールドシップを勝利に導くには、他の有力馬に比べて難しい関門が多かったはず。その綱渡りをすべてこなしてはじめて頭が取れるレースだと思っていましたが、内田騎手は簡単にこなしてしまいました。凄いジョッキーだと思います。

私にとって今回の皐月賞の一番のハイライトは内田騎手の手綱捌き。

ゴールドシップの今後ですが、次は当然ダービーでしょう。
条件としては皐月賞より向くと思います。ただ、今回破ったワールドエースはこの馬にはない長所を持っています。余力を残したまま直線を迎え、仮に同じくらいの位置にいた場合は勝つのは難しいと思います。
ダービーも内田騎手がこの馬をどう操るか興味津々!


2着、ワールドエース

この馬のレースぶりについては人によっていろいろ意見が分かれそうですが。

9Rの鹿野山特別で福永騎手は大外を回して勝利。外伸びに移行している馬場を再確認できました。道中の流れから前の馬はある程度止まる、ワールドエースの力量を考えれば、ロスの多い競馬なっても一番伸びる外の馬場に乗せさえすれば勝てると思ったはず。おそらくそれは正解。

他馬を圧倒するだけの推進力を持っていますし、4角で荒れた内をあけて通るわけですから、多かれ少なかれライバル達もロスのある競馬。多少のロスがあっても伸びる馬場に乗せれば差せる!・・・・・・・はずでしたが、近い力量を持つ1頭がほとんどロスのないコース取りをした上に、能力全開の競馬をしてしまったことが、この馬と福永騎手にとって不幸でした。

3角前に同じ位置にいたゴールドシップは動き出し、インに突っ込んで行きましたが、ワールドエースは釣られることなく自分の仕掛けるポイントまで待ちました。これもおそらく正解。

大外回しで直線を向いて一番伸びる馬場に乗せて能力全開。1完歩が大きくかなりの推進力で4角のインをあけて走った馬は全馬交わしましたが、先に動き出してロスなく走ったゴールドシップをとらえるのは無理。

わざわざ外伸び馬場の恩恵を捨ててまでやったことのない馬群に突っ込むリスクを負うことはありませんし、距離ロス覚悟の大外回しで負けて強しの2着でいいんじゃないかと。

この馬も当然次はダービー。
間違いなく1番人気でしょう。
最有力であると思います。ジョッキー達もそう思っているはず。この馬を負かすことがダービー馬になる条件と考えることは自然なことだと思います。それを跳ね返して勝てるかどうか。牡馬クラシック無冠の、キングヘイローの悪夢を背負う福永騎手にとって試練の時?


3着、ディープブリランテ

気性が悪く、道中の体力ロスの多い馬。いちいち行きたがるので能力がすべて発揮できていない馬。今回もそう。それでも3着。

道中体力を温存できて、最後の直線で残る力をフルに発揮できればかなりやれそうですが・・・。


4着、コスモオオゾラ

なめていました。弥生賞の勝ち馬ながら馬券に絡むのはかなり苦しいと思っていました。馬券圏内までハナ差の4着。

中山2000m、力の要る馬場という条件ハマる馬だと思いますので、残り2冠は厳しいと思います。


5着グランデッツァ

スタートがすべて。ワールドエースと同じような位置取りではどうにもならず。スタートがうまくいかなかったことで大外枠の不利を丸被り。スタート直後頭を抱えた馬券購入者がどれだけいたことか。

皐月賞はこの馬にとって向く条件だっただけに、非常にもったない競馬。
ダービーでは先行することは必須。


6着、本命馬、サトノギャラント

贔屓目ながら、良馬場ならもっとやれていたと思っています。
能力は高い馬。スプリングSはいい経験になりました。そして中団で流れに乗れた皐月賞も。この2レースはこの馬に向かない条件と思っているだけに、今後も期待したい馬。

ダービーに出るにはもう1戦走る必要あり?
折り合える馬で、自在性があり、いい決め手も持っている馬。でもスプリング→皐月→ダービートライアル→ダービー ではちょっと厳しいローテ。



なかなか面白そうな馬が揃った世代で、クラシックの続きが楽しみです。
渋った馬場ばかりでのレースが続いてしまいましたが、パンパンの良馬場のダービーではどのような結果が待っているのでしょうか?
ヒストリカルなど皐月賞に出走しなかった馬も加わり、更に楽しみが増えそうです。

« 皐月賞の予想 | トップページ | 天皇賞春の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/44894195

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞の回顧:

« 皐月賞の予想 | トップページ | 天皇賞春の予想 »