2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 桜花賞の予想 | トップページ | 皐月賞の予想 »

皐月賞の展望

久しぶりのレース展望になります。

今週末は皐月賞
前哨戦は何かと雨に祟られ、力の要る馬場でのレースが多かった印象があります。弥生賞は東京の共同通信杯で完全に斬れ負けしたコスモオオゾラが、スプリングSは札幌の洋芝で結果を残していたグランデッツァが勝利しました。

先週の中山でのレースを見ると、それほど時計が掛かっておらず、週末の天気さえ良ければまともな馬場で皐月賞が行えるかもしれません。

ひどい馬場状態でのトライアル戦で少し力及ばずといった馬が馬場状態が変化したことで、本番で好走なんてことも??

今年の3歳牡馬世代でオッと思わせてくれた馬はワールドエース
名前だけ先に国内を飛び越えていますが(笑)、なかなかの能力馬だと思っています。

後方脚質の馬ですが、かなり勝負所での反応がいい馬なので、中山内回り2000mの皐月賞でもそれほど嫌わなくてもいいような気がします。初の関東圏への輸送やライバル馬に比べると馬格がないといった不安点もありますが、それをはね退けるくらいでないと名前負けしてしまいます。

そうは言っても、どう見てもダービー向きの馬のように思えます。皐月賞で本命を打ちたくありません。


本命にしたいのはサトノギャラント
父、シンボリクリスエス。母、スティンガーの良血馬。

印象的だったレースはベゴニア賞。ペースはかなりのスロー。位置取りは1頭ポツンの最後方。直線でスパーンと斬れて全馬まとめて抜き去り楽勝。

次が約4カ月後のスプリングS
かなり強力なメンバー構成。久しぶりのレース。この馬の強みを出すには中山1800mのコースもひどい馬場状態もかなりマイナスになり、さすがに厳しいだろうと思っていましたが、予想以上の走り。

外外を回され後方からの苦しい展開。最終コーナーで思うように上がって行けずもう圏外、惨敗かと思いましたが、最後グッと差を詰め3着(皐月賞優先出走権)までハナ差の4着。
意外でした。皐月賞で、というタイプではないと思っていましたが。一気にメンバーレベルが上がり、初めて経験するタフなレースでこの結果は評価できます。

勝負所でうまく押し上げられなかったことが悔やまれますが、そのことの原因が渋った馬場状態であったり、久しぶりのレースだったことであったり、初めて経験するペースへの戸惑いであったりすると、今回の皐月賞では期待ができます。

あるサイトの皐月賞予想オッズを見ると、サトノギャラントは12番目の人気で、単勝100倍超え。本当にそんなに評価が低いのかな?とも思いますが、まず上位人気になることはないでしょう。

スプリングSでは外外を回されることになりましたが、同条件で走った未勝利戦では内枠から出て、内々を巧く回って最後まで追うことなく勝利しています。

皐月賞が良馬場、まともな馬場状態で行われ、馬も叩き2戦目の本番でシャキッとさえすればすべてが好転するのでは?なんて妄想を抱いています。
さらに内枠を引き、ある程度の位置取りで、ロスの少ない競馬ができれば。馬格もありますし、馬群を割る脚もあるはず。良血馬ならでは上昇度も期待できます。
それに一応騎手の欄は引き続き横山典騎手になっています。

狙って悔いなしの本命馬ですが、実は一番大きな問題があります。

抽選待ち!しかも2/6!

この馬が出走できないと今年の皐月賞はつまらない・・・・・。

出走を回避する馬が出ることを期待しつつ、この馬の運に期待しつつ。(ハナ差で出走権を逃しているので運があるようには思えませんが。)
せめて同厩舎のゴールドアリュール産駒の馬が素直にダートに向かえば2/5の抽選なのに。

« 桜花賞の予想 | トップページ | 皐月賞の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/44832345

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞の展望:

« 桜花賞の予想 | トップページ | 皐月賞の予想 »