2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 皐月賞の回顧 | トップページ | ヴィクトリアマイルの予想 »

天皇賞春の予想

明日は特に楽しみしているレースの一つである天皇賞春があります。

幸いにして天候も良く、良馬場のもとでのレースになりそうです。

ここ2年このレースではナムラクレセントに◎を打っています。神戸新聞杯で距離が延びて良さの出る馬だと思って菊花賞で◎にして3連複でまとまった配当を得ることができ、その後も京都の長丁場のレースではすべて本命。

この馬に◎を打ってレースを見るととても楽しめますし、実際に京都の長丁場は合っていますし、京都外回りの立ち回りを熟知していて、決して脚を余さない和田騎手とのコンビも申し分のないもの。
個人的にはナムラクレセントの活躍は和田騎手無しではありえなかったとまで思っています。

去年はスタートで失敗し、もうダメだと思いましたが、途中から自分の型に持ち込み3着を確保しました。去年一番感動したレースになりました。特にその前年、他の騎手が後方待機のレースをし、メイショウドンタクを差し損ねて馬券を外すという目にあっていただけに。

今年もこの馬に期待はしますが、◎は打ちません。


今回最も注目されている馬はオルフェーブル
単勝は1.3倍!圧倒的な人気ですが、妥当な評価だと思います。

この馬はバランスがいい。競走馬に必要な能力をバランスよく兼ね備えています。圧倒的な加速能力、スピードの持続能力も申し分なし、闘争心は旺盛で、道悪も苦にしません。おそらく馬場、コースを問わずに能力が発揮できる真のオールラウンダー。

ステイゴールドの最高傑作であるこの馬が、今回初めて背負う58キロで斤量負けするとも思えませんし、この馬と同等の能力を持っている馬が出走馬の中にいるとも思えません。菊花賞を見る限り、3200mという距離がネックになるとも思えません。4歳になって更に能力アップしている可能性も高いと思います。

それでも今回の天皇賞ではこの馬が負ける馬券で勝負します。

この後オルフェーヴルがどういうローテを取るかは分かりませんが、宝塚記念、天皇賞秋、JC、有馬記念、出走すればすべて勝つと思っています。
負けるとすれば今回。闘争心旺盛なこの馬に弱点があるとするならペースの遅くなる長丁場レースでの折り合い。

今回の池添騎手はたいへんです。
馬の能力は完全に把握していますし、その能力を信じて腹を括ることのできる一流の勝負師ですが、前走の思わぬアクシデント、かつて背負ったことのない圧倒的な人気、そしてレースを組み立てづらい大外枠。

前走のようにならないためにも後方待機で何とか前に馬を置いて2周目のバックスストレートまでは折り合いに専念、とにかく馬をファイトさせないように細心の注意で序盤、中盤を凌ぐ。多分これがレースプラン。

それさえ叶えば勝負所で一気に加速して全馬まとめて面倒を見る。もちろん可能だと思いますが、今の京都の馬場は時計が出る高速馬場。前の馬が止まりづらい馬場なら勝負所まで金縛りのオルフェーヴルよりは好位から先に抜け出す馬に本命を打ちます。


本命はトーセンジョーダン

2000mの天皇賞秋であれだけ強い競馬をしてしまうと、3200mの天皇賞春がベストに近い条件だとは思えませんが、好位でレースを組み立てられるだけにオルフェーヴルを負かせる可能性があります。

岩田騎手は間違ってもオルフェーヴルが来るまで指をくわえている騎手ではありませんし、京都長丁場G1での勝ち方も知っています。レースを引っ張る逃げ馬もいますし、4角先頭押し切りの型を持つナムラクレセントもいます。

トーセンジョーダンの泣きどころはG1クラスの馬と比べると速い上がりが使えないこと。4角で馬群が密集して瞬発力がモノを言うレースにならないならば勝ち目はあります。速い上がりが使えないかわりに、スピードの持続能力は現役トップクラス。岩田騎手の豪快な追いに十分応えてくれる馬。

今回のオルフェーヴルは前走が前走だけに慎重にレースを運ぶはず。ならばオルフェーヴルとの能力差は位置取りと先に抜け出すことで埋めることができます。
速い時計の決着にはかなりの適性がありますから、今の馬場は大いにプラスになります。岩田騎手がどう乗るか、楽しみにしてレースを見守ります。


▲はウインバリアシオン。
オルフェーヴルさえいなければ、ダービー馬、菊花賞馬・・・・・、皐月賞に出走していない強い2冠馬になっていましたが。前走はルーラーシップに勝ちながら、前には1頭違うレースをしたネコパンチ。勝ち運が無さ過ぎますが。

ダービー、神戸新聞杯、菊花賞すべてオルフェーヴルの次の2着。加速能力もそうですが、オルフェより後ろからというのも敗因の一つ。
今回はオルフェーヴルは後方で折り合いに専念。割と折り合えるこの馬はそれだけでアドヴァンテージがあります。今回に限ってはオルフェより前でレースができればチャンスあり。武豊騎手がどう乗りますか。


◎トーセンジョーダン
○オルフェーヴル
▲ウインバリアシオン
△ナムラクレセント
×ジャガーメイル
×クレスコグランド
×ビートブラック
×ヒルノダムール
×ギュスターヴクライ



馬券は3連単。

◎→○→▲△×
◎→▲△→○  の9点。

▲→◎⇔○  の2点。


結局上位人気の3頭が印上位になってしまいましたが、1.3倍が負ければ配当は期待できます。オルフェーヴルがもし勝つなら、ため息の出るようなぶっちぎりの圧勝を。

« 皐月賞の回顧 | トップページ | ヴィクトリアマイルの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

トーセンジョーダンは結構人気になってますね。僕は無印なのでダブルヒットはお預けになりそうですね!

僕はウィンバリアシオンにしましたが、長距離でこそという馬を今回は見つけられませんでした。

実力通りに決まりそうなレースになりそうな気がします。

まいど(・∀・)ノ

あっしはギュスターズクライにしました( ´ ▽ ` )
しかもワイド勝負( ̄ー ̄)

ナムラは長距離では大崩れしない堅実な馬なのに
ギュスターズとの組み合わせは20倍超(゜ロ゜;
美味し過ぎますo(`・ω・´)o

オルフェは最後方で折り合いに専念するでしょうから
好位につける2頭の行った行ったに期待します(´ー`)

あとは前残りが気になるゴールデンハインドを
少々( ・ω・)

天皇賞は大荒れ決着が続いているので
今年も波乱を期待してます( ´ ▽ ` )

´ω`)ノドモ

3連復やったら当たってるやないですか(゜ロ゜;
残念無念ですな(´・ω・`)=з

p.donさん、歳三さん、遅くなってごめんなさい。

オルフェーヴル惨敗。衝撃的な春天でした。

実はスケベ心を出して、3連単の後に馬連◎から▲△(下2頭を除く)を書いていて実際に買うつもりでしたが、アップ直前に消して、その分も3連単の馬券に上乗せ投資しちゃいました。

ビートブラックとトーセンジョーダンの決着で馬連6万オーバーって・・・・。(おいおいそれはないだろうって、笑)

この記事を書いた後にすぐに出掛けなくてはいけなかったのですが、もう少し時間があって、よくよく考えてから馬券を買っていたらどうだったかなー?って思ってしまいます。

まあ決断して馬券を買ったのですから仕方ないですね。

この後もっとデカイ馬券を取ってやります!!!

(←まだ1つも当たってないですが強気。)

次頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/45062254

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春の予想:

« 皐月賞の回顧 | トップページ | ヴィクトリアマイルの予想 »