2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« スプリングSの予想 | トップページ | ダービー卿CT、大阪杯の予想 »

高松宮記念の予想

土曜の中山メインの日経賞、ネコパンチ逃げ切り。
実力馬の揃ったレースで単勝万馬券を演出。穴騎手、江田照男面目躍如!!

今の中山の馬場やら後続のジョッキー達のレースの組み立て方やらいくつかの要素がかみ合わないと無理だったと思いますが、見事な逃げ切り。
凡レースには違いありませんが、1頭だけ他の馬と違うことをして勝利をもぎ取るレースは見ていて爽快な気分になってしまいます。

江田騎手は過去に日経賞でテンジンショウグンで単勝万馬券を演出していますが、同一重賞で2度単勝万馬券を出した騎手って他にいるのでしょうか?

舌をベロベロ出しながら重賞を圧勝した馬も初めて見るような気がします。ネコパンチはМ.ジョーダンの馬版???


今週はついにやってきました春のG1シリーズ第一弾、高松宮記念

リニューアルした中京競馬場で行われる初めての高松宮記念。
リニューアルはけっこうなことですが、以前の中京とは全く違ったコースになってしまいました。

全体に広くなり、直線は長くなり、そしてその真ん中に急坂!最終コーナーにバンクがついてコーナリングをアシスト。
んー、見世物的要素が強い気がします。でも他にはないレイアウトを取り入れたので、それはそれで競馬場の新しい個性になると評価すべきでしょうか。

直線の真ん中に不自然に急な坂道があればスローになるレースも増えるでしょうし、コーナリングの巧さも競走馬の重要な能力の一つと思っている私にとっては少々残念な印象。


今回は新中京競馬での1200mのG1。

旧コースに比べると最初のコーナーまでの距離が短くなりました。スタート地点は少し上り坂になっていますが、すぐに下り坂。それが延々直線の急坂まで続きます。下り坂が続くので前半からスピードに乗れますが、直線の急坂を考えるとあまり行き過ぎないようにとのジョッキー心理が働くかもしれません。

多分ジョッキー達も中京に関してはまだ手探りの状態。まだ新中京1200mで上級条件のレースが行われていないので、最上級の高松宮がどんなレースになるのか。楽しみなレースでもあります。
流れを想定するのは難しいレースですが、このレースはG1、高松宮記念。トップレベルのスプリンターがこのレースを目標にし、そして勝負するレース。凡レースの想定はしません。

一流スプリンターが揃って、スタート直後から下り坂のコース。程よく流れてバンクがついたコーナーもスピードを維持したまま回り、勝負所の急坂を一気に上り、あとは惰性でゴールまでもたせる。

大事なのは急坂を一気に駆け上がれる脚力、パワー。
中京の芝はかなり重く、加えて雨の影響も残っているはず。走破時計はかなり掛かるでしょうし、最後はかなり失速しながらゴール板を駆け抜けるレースになると思っています。

急坂をどれだけスピードが乗ったまま乗り越えることができるかが勝負の分かれ目のような気がします。直線は坂を越えた後も続きますが、多分坂を越えた後に再加速というのは無理。この急坂が「ふるい」になって、このふるいを脚力を恃みに突き抜けられた馬が勝ち負けになると。かなりタフなレース。このコースで最上級のスプリンターが集まるなら、そんなレースになると思っています。

そんなレースを想定しましたが、あまりに真逆のレースで結果を出し続けているのが。1番人気のロードカナロア。

スプリンターなのにもの凄い瞬発力。このタイプは初めて見るような。凄い才能を持っていますが、もしこれが一番の長所だとすると今回のレースでは脆さをさらけ出してしまう可能性があります。
仮に旧中京コースでの良馬場で行われていたなら、この馬には逆らわなかったと思います。ここでは本命するが、秋のスプリンターズSで嫌ってやろうなどと思いながら。
やってみないと分からない部分もありますが、これまでのレースぶりが評価されての1番人気なら消します。最内枠もあまりいいことはないでしょう。この条件でタフなレースになりそれでも勝ってしまったら、・・・・・・・どうしようもないスプリンターの誕生!


今の時計の掛かる馬場、必ず上がりが掛かるであろうコース形態から、参考にしたいレースは中山1200m、重馬場で行われたオーシャンS

カレンチャンは昨年のスプリンターズS以来のレース。年明け初戦で目標レースへの叩き台としては上々のレース。
グランプリエンゼルは重い馬場への適性がかなりありそう。勝ち馬ワンカラットとの差は通った所の差。一時期の不調を完全に脱しており、今の馬場ならG1でももう一丁を期待したい。
ベイリングボーイも今回の条件なら評価が必要。重めの芝、上がりが掛かる展開なら。なぜか乗ったことのない勝浦騎手が鞍上。しかしながらかつてスプリントG1で最低人気の馬を馬券に絡ませた騎手。

このオーシャンSはエーシンダックマンが果敢に逃げ(今回も?)、重めの馬場の中上がりが掛かったレース。しかも叩き台とは言え、カレンチャンというトップホースが参戦しており、一応の現時点での力量評価にもなり得ます。
今回はオーシャンSの上位馬が印上位馬になります。


◎カレンチャン
○グランプリエンゼル
▲ベイリングボーイ
△ジョーカプチーノ
△サンカルロ
×ダッシャーゴーゴー
×ツルマルレオン
×エーシンリジル

馬券は馬連。

◎から○▲△(サンカルロを除く) 3点。

3連複。

◎1頭軸、相手は○▲△ 6点。 

重なりますが、
◎○2頭軸から▲△× 6点。

ワイド

▲から◎○ 2点。

« スプリングSの予想 | トップページ | ダービー卿CT、大阪杯の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

ひさびさにWヒットヽ(・∀・)人(・∀・)ノ
と思いきや・・・

>◎から○▲△(サンカルロを除く←(゜ロ゜;)

なんとも残念なり(・ω・`)

こんにちは。

見応えのあるいいレースでした。

馬場が予想以上にはやく回復してしまったような。

芝G1の連勝を目指しましたが・・・。「サンカルロを除く」のサンカルロが2着ですか。除かなければ歳三さんとのダブルヒットだったことを思うとちょっと残念!!

グランプリエンゼルはもう少し前で・・・・、カレンチャンを目標に外から併せに行くくらいの競馬ができれば・・・。あの位置では・・・。よく走っていたのに。

結局、前走を完全に叩き台にして、「いい負け方」をして万全の状態で高松宮に臨んだ2頭の決着でしたね。


高松宮とスプリンターズSは違う資質が問われるレースだと感じていましたが、新中京競馬場になったことでこれからは連覇する馬が増えるような気がします。

リニューアルで割をくった感じのロードカナロア。
3着は立派!かなり強いスプリンターだと思います。でもスプリントG1の2レースが上がりが掛かるコース形態なので、この馬がG1馬になるのは・・・。ちょっとかわいそうな気がします。

まだまだG1シリーズは始まったばかり。
今年こそG1ダブルヒットをさせましょう!!←「除く」がなければ。(泣)

おっと忘れていました。
歳三さん、最初の芝G1でいきなり的中おめでとうございます!これはもう春G1全勝を目指すしかありません!

私の方は次の桜花賞でなんとか最初の1冠を!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/44625950

この記事へのトラックバック一覧です: 高松宮記念の予想:

« スプリングSの予想 | トップページ | ダービー卿CT、大阪杯の予想 »