2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 根岸S 京都牝馬Sの予想 | トップページ | シェアースマイル »

東京新聞杯の予想

東京新聞杯

オッズが割れていて旨み十分に思えるレースです。それだけに難解なレースである訳ですが、今回期待するのはきっぱりと先行馬。積極的にレースを引っ張りたいような馬も見当たりませんし、今の馬場は後方から外を回してスパーンと斬れるような馬の味方にはならないと思っています。

内からゴールスキーガルボコスモセンサーミッキードリームマイネルラクリマの5頭が印上位。

ゴールスキー
突然評価ガタ落ちですが、元々マイルCSで好走できるだけの力量の持ち主、先行できてそこからピリッとした脚を繰り出せるのが持ち味。突然評価が落ちた割には、前走は落鉄、前々走は不良馬場と一応の言い訳はききます。
前残り期待のレースで、内枠。しかも内枠での立ち回りには定評のある北村宏騎手。この馬がこんなに早く「穴馬」になるとは思ってもいませんでしたが、今回は穴馬の資格十分!

ミッキードリーム
この馬も好位からいい脚を繰り出せる馬。昨年の毎日王冠の上位4頭は強い馬だと思います。今回のメンバーでこのレースに出て上位に入れそうな馬は・・・・、いないような。
その後の天皇賞秋、マイルCSはちょっと敷居が高かったのですが、天皇賞はハイペースに巻き込まれ、初のマイル戦がマイラーの頂点を決めるレースでは少し無理があったような気がします。
もっと人気になる馬だと思っていましたが、現在6番人気。十分旨みのある馬だと思いますが、この馬はマイラーではないと思っていますので、脚を溜める区間が減るこのレースでは評価を下げます。この5頭の中では下の評価。

コスモセンサーガルボマイネルラクリマ
同じような位置で競馬をすると思われる3頭。それぞれマイルの適性は証明されていて、マイル戦においては近い力量を持っていると思います。この時期の重めの芝に対しての好走実績もあります。お互いがお互いを意識しながら競馬をして、流れが向けば揃って上位入賞する可能性は高いと思っています。

この3頭の中からどの馬を本命にしようか迷いましたが、マイネルラクリマにしました。

京都金杯は松岡騎手の完璧なレース運びによって勝利。今回は柴田大騎手に乗り替わり、斤量は1キロ増、外枠。かなり昔のエアガッツ以来芝重賞勝ちのない鞍上は不安はありますが、過去のことは過去のこと。久しぶりの重賞制覇のチャンスで相当なモチベーションをもってレースに臨むであろう柴田大騎手に期待します。

先行有利なレースを想定していますので、外枠を引いた以上、柴田大騎手の手綱捌きに期待するところがかなりあります。スタートを決めての先行は必須。内からロスなく先行するコスモセンサーやガルボを先に行かせて、内のこの2頭を目標に置ける位置をキープして、この2頭を最後競り落とすレースを期待します。
コスモセンサーもガルボも終いが特に斬れる馬ではありませんから(この馬もそうだと思っています。)それなりのレースの流れを作るでしょうし、この2頭を目標にレースを組み立てられればこの馬の良さが引き出せると思います。

昨日のレースを見る限りでは内から4,5頭分外の馬場もしっかり伸びているように見せたので、最後の直線ではその辺りに乗せてしっかり追って欲しいと思っています。

コスモセンサーよりは東京適性があり、ガルボよりは純粋に力が上、しかもこの2頭を見ながらレースを組み立てられるということで本命にしました。

富士Sは後のマイルCS勝ち馬と昨秋高いレベルで安定して力を発揮したマイラーのアプリコットフィズに次ぐ3着。キャピタルSはガルボに進路を閉じられ脚を余してアプリコットフィズとコンマ1秒差。そして年が替わっての京都金杯では完勝。明らかに今が充実期。
それにしては5番人気と評価が低め。これには「鞍上」という要素がかなり影響しているはず。柴田大騎手はベテランの意地ってモノを大いに発揮していただきたい!!

コスモセンサーが対抗、ガルボは3番手。それぞれ副軸にして3連複を買います。

この2頭は冬場よく走っています。ガルボにいたっては冬場の走りっぷりと暖かくなってからのダメっぷり・・・・・、これほどはっきりしている馬も珍しいような気がします。
前走のニューイヤーSはトニーポートがかなりのペースで引っ張ったレースですが、2,3番手に付けた最内枠コスモセンサーが圧勝で大外枠ガルボが2着。東京に替わってどうかですが、前走の状態を維持して臨めるなら使われている強みも含めて好走を十分期待できると思います。


印は、

◎マイネルラクリマ
○コスモセンサー
▲ガルボ
△ゴールスキー
△ミッキードリーム
△フレールジャック
×サダムパテック
×スマイルジャック
×ヒットジャポット


1番人気のダノンシャークは消し。内田騎手は馬券から外すには怖い騎手ですが、後方からでは勝負にならない想定をしたので。条件戦で前付けして2勝していますが、かなり緩い流れだったので今回のレースの参考にはならないと見ました。

フミノイマージンも消し。多分この馬が勝ち負けできる時は重い印を打った馬が揃って上位にはいないでしょう。

アドマイヤロイヤルは芝もソコソコ走れそうなのにダート路線を歩んだ馬。分からない馬だけに、昨秋東京のG2、G3戦でことごとく騎乗馬を馬券圏内にもってきた田辺騎手が鞍上だけに、オマケで拾おうかと思いましたが、今回は点数が増え過ぎるのでやめました。


馬券は3連複。

◎○から▲△×へ 7点。

◎▲から△×へ 6点。

馬単。

◎→○▲△へ 6点。

ワイド。

マイネルラクリマとゴールスキーの1点。

« 根岸S 京都牝馬Sの予想 | トップページ | シェアースマイル »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

あっしはガルボが抜けて②③④着(´・ω・`)=з

終わってみれば前走ニューイヤーS上位組が
着順を変えて決着(・ε・)
終わった後に気付くのがもどかしい(´・ω・)

話は変わりますが、父ディープの大攻勢は
ハンパねぇっすなΣ(゚Δ゚*)

過去、三冠馬が種牡馬リーディングになった事が
無いみたいですが、この勢いなら時間の問題でしょう(´ー`)

来週はディープブリランテも出てくるので
早くもクラシックが楽しみです( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは、歳三さん。
ガルボ抜けは痛かったですね。
印次点だったのでは???

またまた2012年の初勝利はお預けになってしまいました。

印上位3頭でどの馬を本命にしようかはかなり悩んだのですが、◎馬が走らず、○▲馬がワンツーなんて・・・・。

今回は何とか初勝利を!!と、珍しく◎馬から2通りの2頭軸流し3連複を買いましたが、◎馬の選択を誤りました。枠順が決まった直後は内枠&隣同士のコスモとガルボで本命、対抗にするつもりだったんですけど・・・・。

◎馬はいいスタートを切りましたしこれならと思っていましたが、もう少し○&▲馬を意識して積極的に前をとらえに行って欲しかった・・・。石橋脩クンはバリバリにコスモを意識していましたね。
んー、この前残りレースは取りたかった・・・・。

でもよく考えて結論を出したので仕方なしです。来週こそ!!

あと、フミノイマージンは明らかな凡走をするまで重い印を打つべきかなと感じました。


ディープはその馬自体が凄すぎる馬ですが、相手の牝馬も期待できそうな馬が多く、優秀な仔が多く出ても当然かもしれませんね。
そのうちディープ級の名馬が出るかも??

きさらぎ賞の1,2着馬はかなりいい決め手を持っているように感じました。2着馬なんてどうして内回りのレースばかり使っていたのかなーなんて。

もっと速い流れ、距離延長のレースでそこそこ走れれば、ダービーで有力な2頭????

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/43994663

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞杯の予想:

« 根岸S 京都牝馬Sの予想 | トップページ | シェアースマイル »