2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ブエナビスタ | トップページ | 日経新春杯、京成杯の予想 »

京都金杯、中山金杯の予想

明けましておめでとうございます。

明日は2012年の最初の重賞、京都金杯中山金杯があります。今年は2レース予想してみます。

毎年思うことですが、有馬記念で一区切りついたと思ったら、年明けの5日にもう初競馬。一か月・・・せめて半月くらい間隔があいてもいいのに・・・・・と。


トップジョーキーともなれば毎週毎週いくつものレースに騎乗し、常に危険とも隣り合わせ、そして緊張の連続。まとまって休みが取れるのは落馬で怪我をして入院した時くらい。たいへんな職業だと思います。
リーディングジョッキーともなれば、勝ち取った信頼を守るために、たとえ怪我をしても(マスコミの言うところの)脅威の回復力ですぐに復帰。リーディングを長期にわたって守ってきた武豊騎手は相当無理をしているように思えます。

馬券を買うようになった当初から、この人の騎乗馬に重い印を打つことをためらってきました。理由はどの馬券を買うにしろ、確実に乗るだけで人気の上乗せがあるから。
昨年あたりから明らかに騎乗馬の質が落ち、過剰に人気が付くことも無くなってきたような気がします。今年からは狙える馬に乗るなら積極的に重い印を打ちたいと思っています。


京都金杯。

本命、オセアニアボス

もともと先行するスタイルの馬でしたが、差す競馬を試みるようになってから結果がともなってきました。去年の途中からは安定していい末脚を繰り出しています。
1400mがベストの馬かもしれませんが、その割には京成杯AHの走りはなかなか。

このレースの1着馬は次のマイルCSで2着。2着馬はその後富士S2着、キャピタルS1着。3着馬は関屋記念の勝ち馬。力のあるマイラーが揃ったマイル重賞での差のない4着は立派。しかもこのレースは中山開幕週、内枠から外に持ち出し大外回し、1番人気のエアラフォンに4角ではじかれ、さらに外を通ってこの馬を交わし、勝ち馬とコンマ2秒差。評価していいレースだと思います。

前走の阪神Cは直線でどこにも出すスペースがなく万事休す。ノーカウントでいいレース。前走の結果で人気が下がるならむしろ好都合。

今回は京都の外回りのマイル戦。逃げ馬も揃っています。前走のように内に馬が密集することはないはず。鞍上は上に書いた武豊騎手。京都、特に外回りはかなり巧い騎手だと思っていますし、オセアニアボスは終いに賭けた方がいいタイプだと思っているので手は合いそう。最内枠なので騎手の技量も問われるレース。

勝つのはちょっと難しい気がしますので、終いを伸ばしての2,3着に期待します。


対抗はサダムパテック

好走は皐月賞までであとはパッタリになりかねない馬、などと思っていましたが、そうではないようです。ダービーは渋った馬場、菊花賞は距離と馬券圏内を外したレースの敗因は明らか。菊花賞などはフジキセキの仔でここまで走ればむしろ強い馬と評価すべきと思いました。

人気でもこの馬が一番馬券になる確率が高いと考えて対抗にしました。


印は、

◎オセアニアボス
○サダムパテック
▲マイネルラクリマ
△ショウリュウムーン
△ヤマカツハクリュウ
△ダノンシャーク
△ライヴコンサート
△ブリッツェン
△アスカクリスチャン
△タマモナイスプレイ


馬券は、

3連複。

◎○2頭軸から▲△ 8点。



中山金杯。

本命は、ビッグなお年玉を狙って(笑)、イケドラゴン

先行もできずに見せ場無し、そんなレースが続いていましたが、前走のディセンバーSは見せ場のあったいいレースをしました。

最内から手綱をしごいて先頭へ。ホクトスルタンを行かせて2番手で折り合う競馬。ナカヤマナイトには完敗ですが、最後は上がりが掛かる中、よく粘って他とはまったく差のない5着。なかなか強かったですし、久しぶりにこの型の競馬ができたことは中山金杯に出走するにあたり大きな収穫。

前走は中山1800mの最内枠。無理でもしごいて行けばすぐに1コーナーですから前目のいいポジションが取れましたが、今回は中山2000mで真ん中外目。幸いそれほど速い馬は揃っていないので、ここはどうしても行ってもらわないと。(名前が「行けドラゴン」ですから、最軽量ハンデを武器に行ってくれるでしょう、笑。)

鞍上は穴のエダテル。
中山コースは何度も穴演出した舞台。江田騎手には積極的な競馬を期待します。前に付けて4角先頭を目指す競馬をしてくれれば外れても大満足。

今年の干支の龍が名前に付いてしまっているのがちょっと嫌。


対抗はゲシュタルトにしたかったのですが、このレースに出てきてくれませんでした。コスモファントムは鞍上がなぜか初騎乗の丹内騎手・・・、怖くて軸にできません。

アドマイヤコスモスは過剰人気必至。5連勝中というのも軸にするにはマイナス材料。ビッグなお年玉を狙うならこの馬を軸から外すべきでしょうが、この馬は2年連続金杯で◎を打ち、それに応えて勝ってくれたアドマイヤフジの兄弟馬。巧く立ち回れるタイプの馬にも見えますし、この馬を対抗にします。


印は、

◎イケドラゴン
○アドマイヤコスモス
▲コスモファントム
△エクスペディション
△アクシオン
△ネヴァブション
△フェデラリスト
△ダイワファルコン
△トップゾーン

馬券は、

3連複。

◎○から▲△ 7点。






« ブエナビスタ | トップページ | 日経新春杯、京成杯の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/43622670

この記事へのトラックバック一覧です: 京都金杯、中山金杯の予想:

« ブエナビスタ | トップページ | 日経新春杯、京成杯の予想 »