2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | ブエナビスタ »

有馬記念の予想

有馬記念

今年もいいメンバーが揃いました。天皇賞春、秋、宝塚記念、JC、古馬のビッグレースを制した馬がすべて出走。加えて海外に目標をさだめ見事にドバイWCを制したV.ピサ、それに3歳クラシックの3冠を取ったオルフェーヴル。

去年の有馬記念は道中に動きがあったりしてそれなりに見応えのあるレースでしたが、個人的には33秒台の上がりを使えてしまうような有馬記念はあまり好みではありません。

今年はアーネストリーが出走するので昨年のようなレースにはならないと思っています。


アーネストリー

幻の去年の本命馬。
1年の勝ち分をこの馬にそっくり乗せて勝負する予定だったので、出走回避を知った時はかなりガッカリしました。先行して自ら早めに動き抜け出し、そして押し切る。好きなタイプの馬。中山内回り2500mなら、鞍上も含めて、この競馬をして差されたらしょうがないと思える馬なので大勝負するのに何の躊躇いもありませんでした。

今年は宝塚記念を勝ち、オールカマーも別次元の競馬で圧勝。その後の天皇賞秋は惨敗。この馬が東京2000mの最高峰のレースで勝ち負けできるとは思いませんが、それにしてもの惨敗。
不利な大外枠、ハイペースに巻き込まれての敗戦だけに仕方ない部分もありますが、馬券圏内を外さない好走をずっと続けたきた馬だけに、この凡走には他に理由があったり、精神的に悪い影響がある可能性もあり、今回は本命にしません。あれだけ負けて人気据え置きでは。本命を打ちたくてしょうがない馬ですが・・・・。

条件好転は間違いなく、展開のカギを握れる馬なので、あとはこの馬が宝塚記念の状態にあるかどうかだと思います。

今年の展開予想ですが、玉砕覚悟で体力勝負に持ち込む可能性のあったマイネルキッツやシャドウゲイトが出走しないことで、おそらくはスロー~平均ペースの流れ。そしてアーネストリーが早めに動いて残り1000mくらいから速いラップが並ぶロングスパートの競馬。


この流れになった時に意外に分からないところがあるのが、1番人気のオルフェーヴル
菊花賞はとんでもなく強い競馬。もうこの馬の実力は疑いようのないものになりました。勝負所の加速能力も申し分なく、スピードの持続能力もあります。
ただ、ジワッと早めにペースが上がって数ハロン速いラップが並ぶレースは初めての経験。ウインバリアシオンしかライバルがいなかった3歳クラシックとは違い、初めての対一流古馬戦。

加速前に脚を溜めていた地点ではすでにレースが動いており、今までトップスピードまで一気にもっていく能力が他馬とはかけ離れていたので軽く捲り上げることができましたが、今回はそれほど楽ではないでしょう。

ただ、経験が無いだけで、走ってみたらこういうレースでも全く問題がなかったということも。今までで一番タフなレースになるでしょうが、菊花賞の時点で一流古馬と比べても遜色ないかそれ以上の力量があるように思えます。そんな馬が2キロ軽い斤量というのはちょっと反則。(笑)

強力な壁となるはずのブエナビスタは5歳秋でこれが引退レース。前走のジャパンカップは渾身の仕上げでした。(去年審議によって取り損ねているだけに。) 4歳牡馬は能力がある馬が揃っていると今でも思っていますが、どの馬も順風に乗って有馬記念を迎えた訳ではありません。

それにこの馬の最も驚くべきはその成長力!3冠馬になるような馬は3歳になった頃にはもう抜けた能力を持っています。シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト・・・・。
この馬は3歳になった時点は上の3頭と比べられるような馬ではありません。その後一気にパフォーマンスがアップした馬。クラシックの3冠レースを見ても、皐月賞→ダービー→菊花賞とレース毎に強くなっている気がします。その伸びシロもかなりのもの。完全に末一手の馬ではなくなっていると思いますし、更なる伸びシロまで期待できる馬はこの馬だけ。

でもこの馬は本命にしません。
馬券で儲からないから・・・・・(笑)。想定した流れでは分からない部分もありますし、前走の菊花賞は3冠がかかったレースだけに渾身の仕上げで臨んだレース。菊花賞と比べれば少々のデキ落ちはあるはず。この馬は対抗にします。


本命はオルフェーブルよりコースロス無くレースを進められる馬。中山2500mを味方に付けられる馬。

アーネストリーを目標にして、それを追い落とす競馬をしそうなトーセンジョーダンはロングスパートになるタフな競馬は合うと思いますし、魅力的な馬です。この馬はスパッと斬れる脚がない所が最大の泣きどころ。上がりのかかるレースならば最強の1頭。JCは足りない部分を騎手のファインプレー、位置取りでカバーしましたが、それでも「ブエナの土俵」東京2400mで差の無い2着には驚かされました。有馬記念で無印なんてとてもできません。

ただ、天皇賞秋、JCで目一杯の競馬をしました。秋は札幌記念からの始動で有馬記念で4戦目。状態維持のために調教は軽め。今がピークだけに4戦目も好走して何の不思議もありませんが、前2走があまりに目一杯の競馬。余力に疑問を感じる馬には有馬記念では重い印を打ちません。


引っ張りましたが、本命は天皇賞秋に引き続いてエイシンフラッシュ

完全に見限られたオッズ。こんなオッズはダービー以来。そして内枠を引きました!隣のペルーサがいなくなったので内から4番目!

この馬は内枠歓迎の馬。折り合えるかどうかが好凡走の分水嶺となるこの馬にとって前に馬を置きやすい内枠は必須。鞍上はルメール騎手。エイシンフラッシュにとってベストパートナーだと思っていた騎手だけに個人的には大歓迎。

見限るには早い馬だと思っての本命。

天皇賞春は2着。ヒルノダムールとの差は折り合いに気を使わなくてはならない分、位置取りが後ろになった分。

宝塚記念は内田騎手は内ラチ沿いに馬を入れることを考えてスタート。スタート直後に一つ内の枠にいたルーラーシップにぶつけられますが終始インで折り合いに専念。これが叶えば勝負になります。レースをコントロールしてレコード決着を制したアーネストリーとの差は僅か。年末の中山の馬場ならこの馬の方に味方してくれる可能性も。2着ブエナビスタとの差はハナ差!彼女はJCを目一杯走った後の引退レース。逆転は可能。

天皇賞秋。本命にしたレース。内枠から先行。折り合いは問題ないように見えました。最後の直線に入って馬なりで先頭に出るエイシンフラッシュを見て「勝った!」と思ってしまいましたが、実際はひどい前傾ラップ。
最後の失速は当然の結果。先行した馬がズルズルと後退する中、この馬の動きはかなりのモノ。仮にペースが落ちついていたなら・・・・、と思ってしまう1戦。

今回は前傾ラップになる可能性はまず無いと思っていますし、有馬記念で同じ競馬ができればかなり可能性があるはず。馬を折り合わせることに関してはルメール騎手は相当長けていますし、内枠を引いた以上ある程度の位置取り、ラチ沿いは取りに行くでしょう。中山2500mの勝ち方もその味も知っている騎手ですから。

JCはあまり気にしないことにします。池添騎手は外枠から巧く乗ったと思いますが、やはり馬は行きたがっており、操るには難しいレースだったと思います。

内枠からラチ沿い確保。前に馬を置き、しっかり折り合っていれさえすれば必ずいいレースができると思ってレースを見守ることにします。アーネストリーが作るロングスパートのレースも問題なし、馬群が密集しない分コースロス無く回ったインの馬にも進路がありますし、同じくインにいるブエナよりは先に抜け出して!

この時期のビッグレース(天皇賞秋、JC、有馬記念)だけ見事に馬券を外している戦績ですが、特にこの時期だけ走らない馬だとは思っていません。今年の天皇賞、去年有馬記念などは単に運がなかったレースかと。陣営はさぞもどかしい気分でしょうが、ココを勝てれば。


印は、

◎エイシンフラッシュ
○オルフェーヴル
▲アーネストリー
△トーセンジョーダン
△ブエナビスタ
×ルーラーシップ
×ヒルノダムール
×ヴィクトワールピサ
×トゥザグローリー
×ローズキングダム


馬券は、

馬単。

◎から○▲△ 表裏4点ずつ。

3連複。

◎○から▲△× 8点。

3連単。

◎→○→▲△
◎→▲△→○ 6点。

内枠歓迎のエイシンフラッシュと外枠歓迎のルーラーシップのワイド 1点。
(まさか4歳のこの2頭のワイドが70倍も付くとは・・・。)


有馬記念はとても好きなレースで毎年考えをまとめながら展望を書くのを楽しみにしていますが、今年は出遅れて当日予想になってしまいました。◎馬は出遅れませんように。

ブエナビスタはこれが最後のレース。鞍上岩田騎手、最内枠、共にこの馬にとってはプラスだと思います。重い印は打ちませんでしたが、彼女の最後の走りにも注目。とんでもない根性娘。これだけ走ってどのレースも主役。最後くらいはちょっとだけ弱さも見せてくれるのでしょうか?それとも最後まで強いブエナビスタであり続けるのでしょうか?

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | ブエナビスタ »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

なんとなく似た予想ですね(笑)

昨年ならお互いにアーネストリーで行けたんですが・・・。

スタートまであと1時間。待ち遠しいです。

では、またあとで。

こんにちは。

どうもp.donさんとは有馬記念の予想が近くなるようで。
p.donさんと被っていたエアシェイディはちゃんと来てくれましたから今回のエイシンフラッシュも来るのでは??

エアシェイディには着拾いに期待しましたが、今回のエイシンは勝ちまで期待してみました。

アーネストリーは去年本命にしようとしたp.donさんと私が印を下げたのだから勝たないで欲しいかな。もし勝っちゃったら「去年出とけよ!」とテレビ画面に向かって言っちゃいそう(笑)。

有馬記念いよいよですね。

おめでとうございますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

にしてもオルフェーヴルは強かったΣ(・□・;)
ちょうど10年前オペラオーが政権を
明け渡したように今年も政権交代(´・ω・)

ラストランは残念な結果ですが、
色々な夢を見させてくれて感謝です(´ー`)ノ

続きの夢は妹に託しましょう(*゚▽゚)ノ

おめでとうございます。

ゴール前ダブルヒットかとおもいましたが、残念でした。

ちなみにルーラーシップ惜しかったですね。

池添騎手は出遅れたのかそーと出したのか、最後方でじっとしてました。この人は度胸があるし、大一番に強いし、たいしたものだと思いました。

とにかくおめでとうございました。来年こそは・・・。

歳三さん、ありがとうございます。

や・・や・・・やりますた!いあ、やりました!!

G1連敗記録やっとストップしました!!長かったです。(泣)

それも有馬記念で、本命対抗ワンツー決着で。

ブエナビスタは名馬中の名馬!!この有馬の敗戦で評価が下がることは何もありません。年をとった時に若い競馬小僧にブエナの凄さを語ってやりましょう!!

夢の続きはジョワドに!!!
それにブエナにはビワハイジを越える繁殖牝馬としての活躍を期待しましょう。

数年後ブエナの仔にお互い本命を打って盛り上がるなんてことがあるといいですね!!!

p.donさんありがとうございます。

やっとG1当たりました。今、久しぶりに的中した余韻に浸っています。(笑)。リアルタイムで見ていて良かった!

>ちなみにルーラーシップ惜しかったですね。

そうなんですよ!
ワイド1点もそうですが、3連複はルーラーは多めに買っていたのに。JC本命のトゥザグローリーが・・・・・。

そんなことを言ったら贅沢になっちゃいますから◎○決着で満足です。

今回の有馬もお互い3冠馬とエイシンフラッシュを重く見てたのにp.donさんの馬券は残念でした。来年ぶちかましましょう!

池添騎手はかなりの勝負師。中途半端をしない腹の括り方は間違いなく一流の人!見ていて気持ちがいい騎乗でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/43502370

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念の予想:

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | ブエナビスタ »