2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 福島記念、マイルCSの予想 | トップページ | JCダート、ターコイズSの予想 »

ジャパンカップの予想

日本の数あるレースの中でもその頂点にあるのがジャパンカップ。今年は特に才能溢れる馬が揃った感じがします。

そんな中一番人気は凱旋門賞勝ち馬のデインドリーム
これは意外でした。
今年の凱旋門賞のタイムは異常に速く、このレースを5馬身ぶっちぎったデインドリームが負担斤量53キロ。確かに力量も確か、斤量減、例年と違って持ちタイムを大幅に詰めなくてもいい凱旋門賞勝ち馬は魅力的ですが、評価が高すぎる気がします。

スノーフェアリーとの比較がその後押しになっていると思いますが、スノーフェアリーは58キロ負担の凱旋賞より軽い斤量で出走できるエリザベス女王杯が目標レースだったのでは?それにスノーフェアリーは日本の馬場(京都外回りコース)への適性がおそらく抜群の馬でした。

デインドリームは間違いなく目標は凱旋門賞。そこで5馬身突き抜けるほど走って、返す刀でジャパンカップへ。持ちタイムがあるとはいえ、日本の馬場への適性はやってみないと分かりません。目標レースを目一杯走った後のレースがアウェイで対戦相手は日本のトップホース。現4歳世代のトップは特に才能のある馬が揃っていると思いますし、稀代の名品ブエナビスタ、3歳№2のウインバリアシオンもいます。

その中で一番人気とは・・・・。仮にシーザスターズが辺りが来日したとしても、このメンバー相手ではこのくらいの人気でしょうからちょっと過剰評価のような気がします。レースが速くなりそうもないことも大きくマイナス。決め手勝負なら上を行く日本馬が複数頭いると思いますし、日本の競馬体系はジャパンを頂点にして成り立ち、馬の生産もこのレース(東京2400m)を勝てる可能性を高める方向で行われます。その意味でも特に怪物とまでは言えないような凱旋賞勝ち馬には負けて欲しくない!デインドリームは消しで。


外国馬はすべて消しますので、日本馬から本命を選びます。

天皇賞秋ですが、シルポートのおかげでかなり特殊なレース。今回は違った適性を要求されるレースになると思っています。したがってこの時の着順は大きくかわるとも。
このレースで恵まれたのはトーセンジョーダンとペルーサ。割を食ったのがエイシンフラッシュ。

トーセンジョーダンは今回も差しの競馬をすると斬れ負けすると思います。ペルーサも流れが緩めば不安のある馬ですし、加速ポイントで他の馬に一歩譲る所があります。最後はいい脚を使う可能性は高いですが上がりが天皇賞のように上がりが掛からないと勝ち負けまでは無理なような気がします。

エイシンフラッシュは厳しい流れを想定して、「差し馬」として天皇賞で◎を打ちましたが先行競馬。いつも通りの位置なら馬券に絡んでいた可能性は高かったと思っています。特殊ながらも一応同条件のダービーの勝ち馬でもありますし、引き続いて◎を打ちたくてしょうがない馬ですが、外枠。
この馬にとっては難しいことが多いような気がするので、本命はやめておきます。



目移りしてしまうほどの豪華メンバーですが、本命は天皇賞5着のトゥザグローリー

他に東京2400mで凄いパフォーマンスを見せた馬が何頭もいますが、なぜこの馬を選んだかと言うと、いい枠を引き、前目から速い脚が繰り出せる馬だから。

土曜の馬場状態を見ると、このハイレベルのメンバーが揃ったジャパンカップで外を回して突き抜けることはかなり難しいように感じました。好位から速い上がりを繰り出せる馬が勝利に一番近いのでは?

現状ではG2番長のようなキャラクターですが、この馬はまだ測れない部分があります。去年の今頃はかなり無理なローテを強いられていました。マイルCSを使って有馬でも好走。年明けも京都記念、日経賞と使われ両方圧勝。
いくらなんでも使い過ぎ。その後はガス欠。このまま終わってしまってもおかしくない馬でしたが、前走の天皇賞秋の走りには驚かされました。

大事に使われていたのならG1の一つもと思っていた馬ですが、天皇賞の走りは期待するに十分なもの。立て直しができたと判断します。外枠を引いたのであの流れの中、外を回されて勝ちに行く競馬。もの凄くいい反応の良さ。

今回ペースが緩んで好位でしっかりと折り合うことさえできれば、勝ち負けだと思っています。一貫した流れよりも多少緩んで、緩急ができたレースこそこの馬の好位からの反応の良さが活きると思います。

より立ち回りの良さ、自在性を活かせる有馬記念でこそ本命にしたい馬でしたが、あまり人気がないようですし、馬場、流れも味方になってくれそうなジャパンカップで本命を打ちます!名前の通り栄光に向かって!!


対抗はブエナビスタ

この馬も天皇賞秋で驚かされた馬。
これだけの馬をリアルタイムで見れることを競馬ファンとして幸せに思います。
「枯れない名牝」
ハイレベルな激戦をこれだけ走って闘争心の衰えを見せない馬。しかも2歳時からトップホースで5歳秋でもまだトップホース。走ったレースはすべて好走。惜しくも負けたレースでも常に負けて強し!とんでもな根性娘。

さすがに5歳になった今年は軽く見ようと思っていましたが、闘争心は衰えず。5歳秋になる天皇賞秋は調教もいいとは思えませんでしたし、惨敗まであると思っていました。しかしあの走り。

今回は明らかに調教を強化してきました。明らかに目標レース。適性としては東京2400mはほぼベストの条件。しかも流れは速くなりそうもなく、自慢の伝家の宝刀をふるうには申し分のないレース!
天皇賞に引き続いての内枠。前走は直線で詰まってしまって人気を裏切ってしまいましたが、岩田騎手ならもう一度馬群を割って抜け出す競馬をしてくると思います。

叩き台の天皇賞より状態は上がっていますし、人馬ともに馬群を割る技術、力量、瞬発力があります。このレースはこの馬の最後の輝きになるかもしれないと思っていますので重い印を打ちます。

ベストの条件でこれだけ仕上げたのですから、有馬記念は絶対に嫌うべきとも。


印は、

◎トゥザグローリー
○ブエナビスタ
▲エイシンフラッシュ
△ヴィクトワールピサ
△ローズキングダム
△ウインバリアシオン
△ペルーサ
▽オウケンブルースリ
▽ジャガーメイル

馬券は、

馬単。

◎から○▲△ 6点。

3連複。

◎○から▲△▽ 7点。

3連単。

◎→○→▲△ 5点。

« 福島記念、マイルCSの予想 | トップページ | JCダート、ターコイズSの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

´ω`)ノドモドモ

あっしのJCはスタート直後で
終わりました( ̄ー ̄;

先行すると思ったヴィクトがまさかの
最後方(゚Д゚)ハァ?

対抗のトゥザグローリー共々
2桁着順と予想的にはサッパリ( ̄З ̄)

でもまぁブエナが文句なしの
復活勝利を飾ってくれたのは
素直に嬉しいですわヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

おそらく引退レースになるであろう有馬は
今回のデキとメンバーが維持されれば
悲願の優勝もありそう( ´ ▽ ` )ノ

有終の美を飾って実質GⅠ8勝で
引退してもらいたいです(・∀・)ノ

こんばんは、歳三さん。

お互い馬券の方は残念でした。

あれだけ堅実に走っていたVピサが走らなかったのは意外でした。スタート直後に馬券を諦めなくてはいけなかったのは本当に残念でしたね。

でも歳三さん御贔屓のブエナは勝っちゃいました!!
凄すぎます!ホントとんでもない馬です!この馬を越える牝馬はもう現れないのでは???

リスクを冒しても馬群を割る騎乗を試みての勝利。岩田騎手はやはり一流の騎手。天皇賞秋で詰まっているだけにかなりの勇気が必要な決断でしたが見事でした。
インをぺったり回ってきた穴馬が3,4着。外を回したらノーチャンスのレースだっただけに余計に見事。

歳三さんの○、私の◎だったトゥザグローリーは先行しましたし、ラップタイム的には一番力の出せそうなレースだっただけになぜ伸び切れなかったのかよく分かりません。

2着のTジョーダンは秋天で差して結果を出しているのにスローになる感じて馬を出していったウイリアム騎手の判断にビックリ!

歳三さん御贔屓の2頭での決着。Vピサがいつも通り走ってくれていれば・・・・。

なんにしても私の方はまたG1連敗記録を更新・・・・。
スノーフェアリーをちぎっていることで過剰に人気を吸ってくれる馬がいたのでおいしいレースだと思いましたが・・・。

あと4つ残っているので何とか一つは!
有馬記念は歳三さんと違う予想になりそうなので、その前にダブルヒットを!!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/43162039

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップの予想:

« 福島記念、マイルCSの予想 | トップページ | JCダート、ターコイズSの予想 »