2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 天皇賞秋の予想 | トップページ | 福島記念、マイルCSの予想 »

エリザベス女王杯の予想

外国馬2頭、クラシックを終えた3歳牝馬、重賞で連続好走中の古馬、去年の3冠馬、そして幻の3冠馬(?)の復帰とメンバーの揃った今年のエリザベス女王杯
3冠馬のアパパネが前走で初の大凡走、ディフェンディングチャンピオンのスノーフェアリーが去年とは違って超過密ローテであるということも手伝ってかなりオッズが割れています。

難解な1戦ですが、面白そうな1戦です。

今回の本命対抗はスノーフェアリーホエールキャプチャー。この2頭を軸にして3連馬券を買います。

スノーフェアリー

去年は完璧なレースぶりで内を抜けて後続を大きく離した勝利になりましたが、今年は大外枠。加えてかなりの過密ローテ。

危ない部分もありますが、この「雪の妖精さん」の強さは相当なもの。
たとえば4歳のブエナビスタが今年のスノーフェアリーと同じローテを組んだとしても、そう変わらない成績になると思います。

今年出走したレースで背負った斤量は59、60、59、58、57キロ。勝ちはありませんがすべて好走。470キロそこそこの馬体、相手メンバーの質も考え合わせれば、どれだけの根性娘(笑)かがわかります。

こんな酷な斤量を背負わされても好走を続ける馬なら、過密ローテも跳ね返してしまうかもしれません。
ムーア騎手はベストパートナー、そして日本の馬場、京都外回りに対しても適性は証明済み。馬場が荒れ始めて少々力の要る馬場になっていること、そして充実の4歳馬であることも含めて、この難解なレースでマイナスになる点の少ない馬。

ホエールキャプチャー

渾身の仕上げで最後の1冠を狙った秋華賞は惜しかったレース。
海外レースに出走したら角の立ちそうな名前ですが、名前の通りにはいかず、大きな鯨(クラシック)は3戦とも捕まえ損ねました。ただ、どれも惜しいレース。

オークスはハイレベルで負担の大きいレースだったと思います。
1,2着馬がその後精彩を欠いていることがそのことを物語っていますが、差の無い3着のこの馬はその後も問題なし。

秋華賞は内を巧く立ち回った馬に利があるレース。一番の強さを見せたのは外を回ったこの馬だと思います。

渾身の仕上げで臨んだ秋華賞後のレースですが、いまだに馬券を外したことのない馬。気の強さが持ち味で、相手を抜こうとする闘争心はかなりのもの。
デキ落ちの心配から人気が下がっていますが、このタイプの馬は気持ちで走るので、凡走するまで追いかけてもいいような気がします。

今回逃げ馬が不在で、スローからのロングスパート合戦が濃厚。
馬場は少々荒れていて先行馬が内を避けるため、後方から大外回しでは距離ロス相当なものになります。
位置取りの自在性もあり、内枠もゲット。決め手の脚もしっかりしているこの馬は魅力的。立ち回りの次第では大きな鯨がココで捕まえられるかもしれません。


印は、

◎スノーフェアリー
○ホエールキャプチャー
▲アニメイトバイオ
△フミノイマージン
△アパパネ
△レーヴディソール
△イタリアンレッド
△アヴェンチュラ
△ダンシングレイン
△エリンコート
△ブロードストリート


馬券は、

馬単。
◎⇔○ の2点。

3連複。
◎○から▲△への9点。

« 天皇賞秋の予想 | トップページ | 福島記念、マイルCSの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

´ω`)ノドモドモ

同じスノーフェアリー本命やったんですが
ホエールキャプチャが残念(・ε・)

WヒットはマイルCSで達成しましょう(´ー`)ノ

歳三さん!見事な見立て、見事な本線的中!おめでとうございます!!

私の方はまた一つG1連敗記録を更新。
途中で当たったと思ったのですが・・・。もういい加減当てたい・・・。(泣)

逃げ馬不在でスローを見越して先行してインを確保する池添騎手の作戦は、勝つためには間違いなく正解だったと思います。

まさかのシンメイフジの大逃げ。

2番手で追いかけた分、前のシンメイフジをとらえて満足してしまった分(?)の影響があるような気がします。


それにしても雪の妖精さんの強さは別格。
意外に後ろにいましたし、途中で内に入れていたので大丈夫かな?と思いましたが、抜けてくる脚が全く違います。
上位馬は十分「格」のある馬ですが、それと比べても別格。

去年同様、記憶に残る勝ち方でした。外国馬に日本のG1タイトルをさらわれるのは残念ですが、いいものが見れました。


(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

コメ有難うございます(´ー`)ノ

スノーフェアリーは今年もやっぱり
すーーーーーーーんごい脚を見せてくれました
ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

馬郡を縫っての脚なのでスピード感は目立ちませんが
実は去年よりも0.2速かった( ´ ▽ ` )ノ

ホンマエエもん見せてもらいました( ̄▽ ̄)b

いやーすーんごーい末脚でした!!

こういう圧倒的なものを見るのも競馬の楽しみです。

ムーア騎手の内に入れる判断、勇気(必ず捌けると自信)も凄いし、人馬共にさすが一流という気がしました。
(隣の枠に入った歳三さんの嫌いなあの人は、ただでさえ距離不安を持つ馬なのにずっと外を回っていて・・・。)

雪の妖精さんにとって56キロで出走できる日本のレースがベストの条件なのかもしれませんね。それにしてもあの苛酷なローテの後でのこのパフォーマンス。凄い馬です。

マイルCSもいいレースを期待しましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/42994005

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯の予想:

« 天皇賞秋の予想 | トップページ | 福島記念、マイルCSの予想 »