2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« スプリンターズSの予想 | トップページ | マイルCS南部杯の予想 »

スプリンターズSの回顧

最近家のTVのチャンネル数が増えて、この後始まる凱旋門賞のレースが生中継で見れるようで楽しみです。

待っている間退屈なので、今日のスプリンターズSの回顧を。

去年のG1は一つも馬券が当たらず、今年の春のG1も全敗!秋のG1は全勝を目指していましたが(笑)、ただ勝つのではなく、どんな形で圧勝するかと思っていたロケットマンがまさかの敗戦。また一つG1連敗記録を伸ばしてしまいました・・・・・。


ロケットマン

外国馬なのでよく知っている訳ではありませんし、いくつかのレース映像と戦績表だけから評価ですが、どうしようもない能力を持ったスプリンター。せん馬なので凡走することなく早めの引退はないでしょうが、しばらくはどんなレースでも1200mのレースならば、連を外すことのない馬だと思っていました。

敗因はハッキリしませんが、個人的な印象では敗因の半分はスタート。
この馬のゲートからの1歩目は抜群に速いはずですが、今回はそれほどではありませんでした。
番手から早めに進路を確保して抜け出し、そして最大の武器であるスピードの持続能力で後続を完封するのがこの馬のスタイルですが、今回は内枠も災いしてコーナーで前に失速するヘッドライナーを置いて、外をエーシンヴァーゴウに蓋をされ、直線に向いてからはカレンチャンに進路を奪われ・・・・。ひどいレースぶりでした。

常に楽に先行していた馬ですからレース中にブレーキを踏むことはありませんでしたが、今回はスタートいまいちでまわりを囲まれ、自分の仕掛けたい所で仕掛けられないレースに。
ロケットマンの強さはスピードの持続能力。1200m戦でありながら2着馬との着差は毎回かなりあります。これはロケットマンが作る一本調子の流れに付き合った馬が失速する分で、それだけこの分野での能力に差があることを表すと思います。
逆に自分でレースを作れない、途中までブレーキを踏まなければいけないレースになった場合は危ない訳ですが、スタートが抜群に巧い馬なのでその心配はしませんでした。

それにしてもコーナー区間の動きはかなりずぶく見えましたし、敗因は他にあるかもしれません。
勝ちに行くロケットマンにどれだけカレンチャンが食い下がれるかが最大の注目するポイントでしたが、このガチンコ勝負が見られなかったのは残念です。前半33秒フラットで入っても終いあまり失速しないような馬場ではロケットマンには軽すぎるのでしょうか?


1着、カレンチャン

5連勝でG1馬に。成長途上の4歳馬の勢いでしょう。可愛らしい名前の牝馬ですが、これでスプリント路線で頂点に立ったと言っていいでしょう。騎手の指示にも従順、時計の掛かる馬場でも速い馬場でも問題なし。前に行ける馬ですし、踏ん張りも利きます。死角の少ないスプリンターになりそうです。同じクロフネの血を継いだスリープレスナイトを越える可能性もありそう。

レースはこの馬だけを見ていましたが、スタートは成功とは言えず中団前目から。コーナー区間で動きは抜群。外に進路を求めている当面の敵であるロケットマン対しそれを許さず見事な騎乗ぶりでした。
それにしても先週東西の重賞でそれぞれ1倍台の人気の馬勝たせた池添騎手と佐藤哲騎手は、方やロケットマンを降ろしてG1勝ち、方やゲートで放馬させてしまって除外とハッキリ過ぎるほど明暗が分かれてしまいました。


2着、パドトロア

かなりの前傾ラップを前目で粘ったキーンランドCの上位3頭は買い目の中で上位に取りましたが、この馬は速い馬場が不向きなような気がして印を少し下げました。
安藤騎手はこのタイプの馬を操るのは巧い騎手ですし、カレンチャンと同じく成長途上の4歳馬。現時点ではカレンチャンとは差がありますが、スプリント路線を盛り上げる1頭になってもらいたいです。

夏場に3戦してかなり仕上げて迎えたG1で好走。最後は左に右にフラフラしていました。ちょっと休養した方がいいかもしれません。

3着、エーシンヴァーゴウ

この馬は要らないと思って無印にしましたが、なかなかのレースぶり。タフな馬です。
ローカル重賞を3戦。特に3戦目のセントウルスSはサマースプリントのタイトルを取るために万全に仕上げたはず。このレースまでお釣りがあったことに驚かされます。

今回は同世代のカレンチャンに完敗ですが、この後を休養にあて、同じようなローテーションで高松宮を迎えたら逆転の目も。


放馬で除外、ビービーガルダン

スプリンターズSで一番最初にゴール板を走り抜けたのはこの馬でした。(笑)
さぞ走る気満々だったでしょうし、キーンランドCの1,3着馬のワンツーとなるとこの馬から馬券を買っていた人はとても残念でしょう。

かなりの前傾ラップにカレンチャン、パドトロアほど付き合わなかったことがよかったとは言え、58キロを背負ってキーンランドC2着は立派。得意条件でのG1戦を前に復調は人気薄ですし狙い頃だったと思います。中山1200mは特殊なだけに最高のG1戦での2度の好走実績は無視できません。

スプリンターズSで△→○→○と3年続けて印を打って、今年は▲。気にかけてきた馬だっただけに、放馬で最後の一花のチャンスを失ったのは残念。


・・・・・、と書いている内に凱旋門賞が終わってしまいました。

今年は日本馬にとって残念なレースになってしまいましたが、陣営の果敢なチャンレンジ精神に拍手!!!

ヒルノダムールの藤田騎手は理想的なレース運びをしていたように思えましたが、馬が伸びず・・・・。アウェイは難しいことが多いようです。日本馬包囲網を敷かれたロケットマン然り・・・・・。

« スプリンターズSの予想 | トップページ | マイルCS南部杯の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

´ω`)ノドモドモ

ロケットマンのゲート入り映像を見てふと
ゲートボーイが居ないのはどうなのか???

香港やシンガポールに居るのかどうかは
知らんのですが、もし居るのなら
スタートに難ありかも・・・と思ったら
案の定の凡スタート(・◇・)

その時点で勝負ありですな(・×・)

レース後もパドトロワが降着なら的中なのに
パトロールビデオを見ても納得出来ん( ̄~ ̄;)

ほんまJRAの降着基準はいい加減で
腹立ちますわ( ゚皿゚)キーッ!!
まぁ今に始まったことじゃないですが( ̄ー ̄;

あと凱旋門は寝過ごして見れませんでした( ̄▽ ̄)
起きるつもりやったんですがね(´▽`*)

録画もしてないのでまだ見てませんが
そのうち動画がUPされるでしょう(´ー`)ノ

こんばんは。

ロケットマンはゲートでの反応が抜群な馬だと思っていたのですが・・・。
スプリントレースは一瞬のミスが致命傷になるので、一番馬券の荒れやすいと思っていますが、2年続けてよく知らない1番人気のよそ者を本命にしてしまっています。んー。でも今回はまず勝つだろうと思っていたのに!

中山1200はスタートしてずっと下り坂が続く特殊なコースなのでこの区間で位置取りを上げるのが難しいコース。それにこのような前半の時計の速さは海外競馬ではないでしょうから、戸惑った可能性もあるかもしれませんね。

パドトロアはかなり左右にフラフラしていましたし、最内を突いた馬は避けるスペースがないですから、私も降着で仕方ないと思いますよ。

凱旋門賞は巧くレースを運んだヒルノダムールが追い出す時点では勝っちゃうと思いましたよ!多分you tubeでアップされているでしょう。

カレンチャンのところで明暗が分かれたと書きましたが、哲三さん骨折らしいですよ!!週末の南部杯エスポ君や天皇賞のアーネストリーはどうなっちゃうんでしょうかっ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/42217991

この記事へのトラックバック一覧です: スプリンターズSの回顧:

« スプリンターズSの予想 | トップページ | マイルCS南部杯の予想 »