2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | エプソムC、CBC賞の予想 »

東京優駿(ダービー)の予想

東京優駿

2年前のダービーはとんでもない不良馬場でのレース。突然の豪雨でひどい馬場になってしまいました。先に馬券を購入していた者にとっては恨めし過ぎる雨・・・・。

殊にダービーは毎年良馬場で行われて欲しいと思っていますが、今回は不良馬場でのダービーになることは間違いないでしょう。残念なことですが、これもレース・・・・・。

2今年のダービーで左のゴール板を真っ先に走り抜けるのはどの馬なのでしょうか!!!

2年前とは違い、馬券を買う時点で馬場が不良だと分かっているだけに今年は納得できるレースになりそう。

コンディションは残念ですが、どの馬も条件は同じ。勝った馬は立派なダービー馬!
「運を持つ馬が勝つのがダービー」などと言われますが、ダービーは実力に加えて運も持っていないと勝てないレースなのかもしれません。

今年のダービーで運を持つ馬とは、不良の馬場を味方にできる馬????




★これまでのレースで一番気になるレースはスプリングS、次はホープフルS。この2レースで上位に来た馬は確かな力量をそなえていると思っています。

★ローテーション的には京都新聞杯、青葉賞、プリンシパルSで権利を取ってからのダービーは皐月賞組より苦しいはず。これらのレースからダービーで好走するためにはかなりの力量、もしくは皐月賞組のレベルが低いことが必要。
今年は魅力を感じる馬はいません。

★一番狙いやすいのが皐月賞よりダービーに目標を置いていたと思われる皐月賞組。該当すると感じている馬は、トーセンラーフェイトフルウォーナカヤマナイトの間隔をあけて皐月賞に臨んだ3頭。

★不良馬場に対する巧拙が着順に影響するのは明らか。これだけ馬場が悪くなるとまともなストライドで走れる馬はいません。一定区間で一気に進出するのは難しいはず。レースを引っ張る馬、騎手の思惑にもよりますが、あまり緩急のつくレースにはならないと思っています。

★この馬場でしかも緩急のつかないレースになると、小さな馬は不利だと思います。自身が軽いからこそ瞬間的な加速をするのは有利ですが、おそらくそれはあまり必要のないレース。とりあえずパワーが必要なレース。大きな馬を重視します。

★まともなストライドで走れる馬場ではないだけに、直線で思うように前との差を詰められないことも十分考えられます。おまけに普段はあり得ない泥ハネを嫌がる馬もいるかもしれません。前目にいた方が有利だと思います。

★全馬が初めて経験する異常な馬場。問われる適性はこれまでとまるで違います。走ってみないと分からない部分が多いレース。これまで経験した重馬場のレースとも違うと思います。人気馬から買うレースではないと思っています。


べルシャザールフェイトフルウォーの2頭で迷いましたが、本命はべルシャザール。フェイトフルウォーの鞍上はここ何年(あえて)本命を打っていないので、ダービーで本命を打つ気にはなれませんでした。


べルシャザール

最初の★の2レースでどちらも連対。500キロオーバーの一番の巨漢馬。この馬の最大の泣きどころである終いの斬れは不問のレース。運を持っている馬!!ビルドアップされた大きな馬体にはかなりの「パワーのもと(笑)」が詰まっていそう。

スプリングSで世代No.1のオルフェーヴルに負けたのは斬れの差。その斬れが問われないレースならば世代NO1の可能性あり。皐月賞の敗戦のみで人気が下がり過ぎ。

確かに皐月賞は負け過ぎですが、状態さえ戻っていればこの人気はおかしい。共同通信杯から皐月賞ならよかったのですが、スプリングSで反動があったかも?それでも状態が戻っている方にベットします。

ダービーでの乗り替わりはもちろん不安要素。できれば新馬から手綱を握っている騎手が引き続き乗ってくれることが望ましいことは言うまでもありませんが、後藤騎手は乗り替わりのスペシャリスト。この人の乗り替わり好走率は異常。この分野の天才だと思っています。

あとは馬場をこなせることを願うだけです。



印は、

◎ペルシャザール
○デボネア
▲フェイトフルウォー
▲ナカヤマナイト
△トーセンラー
△ユニヴァーサルバンク
△ショウナンパルフェ
▽オルフェーヴル
▽クレスコグランド
▽ウインバリアシオン
▽サダムパテック

馬券は、

◎からの○▲△への馬連 6点。

◎○2頭軸から▲△▽への3連複 10点。

◎から▲へのワイド 2点。


本命対抗は1番大きな馬と2番目に大きな馬。両方ともパワー型の馬と判断してのもの。フェイトフルウォーを3番手に下げ、3連馬券の軸から外したのは単に騎手。かなり上がりが掛かるレースでの騎手としての経験値はデットーリは飛び抜けた存在。騎手が凄いと言っても馬の持っているもの以上には走りませんが、それでも。

ズブズブの体力勝負になることを期待します!!!

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | エプソムC、CBC賞の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

まいど(・∀・)ノ

あっしも巨漢馬をメインに予想しましたが
ペルシャザールは切りました( ̄ー ̄;

なので今回はWヒットの目はありませぬ(・×・)
どんな結果になるか楽しみです(´ー`)ノ

こんにちは、歳三さん。

これだけ雨が降っていますから、もっと馬場が悪くなっているかと思いましたが結構まともに走っていましたね。特に勝ち馬!!!

昨日のルーラーシップには強すぎてため息が出ましたが、オルフェーブルも「おおっー!」という強さ。上の世代との比較はともかく、この世代では抜けた存在。

いいレースだったと思います。


でも・・・・・・今年のダービーも的中せず。
いつになったらダービーの馬券が取れるやら・・・・。

来年こそ!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/40179446

この記事へのトラックバック一覧です: 東京優駿(ダービー)の予想:

« ヴィクトリアマイルの予想 | トップページ | エプソムC、CBC賞の予想 »