2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 皐月賞の予想  元気!! | トップページ | NHKマイルCと新潟大賞典の予想 »

天皇賞春の予想

天皇賞春

淀の3200m。今の競馬の主流から外れる距離で行われるG1レースなので、嫌う方もいるようですが、個人的にはとても好きなレースです。騎手の駆け引きも含めて3分以上レースを堪能できるのですから!


去年は残念ながらあまり楽しめませんでした。
ナムラクレセントは菊花賞で本命にして以来、長距離レースでこそとずっと注目してきた馬。4歳時には天皇賞春には出走せず、5歳でこのレースを迎えましたが、鞍上は小牧騎手。
ジャガーメイル本命の記事を書きましたが、やはりここで買ってこそのナムラクレセント!すべて消して書きなおしました。早めに先頭に取り付く競馬を期待しましたが、差す競馬に・・・・。結果、幸四郎騎手が前で巧く立ち回らせたメイショウドンタクをとらえ切れずに4着。んー。


今年は和田騎手をパートナーに参戦。
菊花賞は和田騎手の好騎乗あってこその3着。今年の日経新春杯は和田騎手に乗り替わっていることと人気の無さを知り、急遽馬券を購入しましたが、4着。ルーラシップとの2頭軸3連複は紙屑になりました。それでも去年の天皇賞春の4着とは雲泥の違い、納得の4着。

ナムラクレセントは一線級の相手となると間違いなく斬れ負けする馬。勝負所での反応も劣ります。足りない分を位置取りや先に動くことでカバーしなくてはなりません。和田騎手はその辺りを十分に考慮してレースを組み立てているような気がします。

自身は6歳と更に一つ年を重ねた上に、強い4歳世代が多数参戦。オマケにあまり質の高かったと言えない前哨戦の阪神大賞典を勝ってしまっているだけに、評価が高くなってしまっています。

それでもこの馬が本命!!

強い4歳馬と言っても、ルーラーシップはドバイに向かったために出走しません。跳びの大きいこの馬は確勝級の馬だと思っていましたが。トーセンジョーダンも強敵だと思っていましたが、こちらも参戦しません。

4歳馬が強いと言っても、コスモヘレノス、ビートブラック、コスモメドウ以外の馬・・・人気になっている馬は、今のところ3200mという距離がプラスになるとは思えない馬ばかり。菊花賞があんまりなレースだっただけに、長距離適性についてはこのレースが終わってから評価が決まると思います。加えて馬場が悪化することも、後続の馬の決め手を削ぐと意味では好都合。

2年前の阪神大賞典は重馬場の中、テイエムプリキュアが大逃げ。天皇賞春の前哨戦なのにムダにタフなレース。上位馬は本番で枕を並べて大惨敗となるもとになったレースですが、この重馬場、グダグダのレースで3着ながらナムラクレセントはいい脚色をしていました。
跳びが大きい馬なのであまり馬場が悪くなってしまうと心配ですが、重馬場くらいなら他の馬が苦にする分プラスだと思っています。

そもそもこの馬に目を付けたのも、菊花賞トライアルの神戸新聞杯でのレースぶりがいかにも距離が延びてこそと感じたから。
今年の日経新春杯での4着も、距離が3200mになれば逆転の目は十分!!さすがに1着馬は無理そうでしたが、出走はなし。阪神大賞典はメンバーの質が微妙なレースですが、手応えが悪そうに見えながら完勝していれば問題なし。
この時より状態がアップしていることが必要ですが、どうやら調子は良さそう。

賞金不足で2000m前後のレースを使ったりして回り道をしましたが、長距離重賞ウィナーとなって大威張りで迎える天皇賞春。しかもベストパートナーが鞍上。
内枠が引けましたし、前に行くでしょう。誰も行かなかったら逃げてもいいですが、誰かが逃げての2、3番手で折り合うことが理想。多分このメンバーでは道中速くならないので、京都の下り坂を利用して早めの動き出し、4角先頭は必須。

直線に入った所で縦長の隊列の一番前にいれば!!

京都の長丁場はベストの条件だと思っています。枠、鞍上、馬場(後続の決め手を削ぐ、スタミナを要すると意味で)と好走の条件は揃っています。ずっと気にかけてきた馬を本命にするべきレース。あとは相性No.1(笑)の和田騎手にすべてを託します。


今年の4歳馬のレベルの高さは明らか。この後の中距離G1はすべて4歳馬が勝つと思っています。ただ、道悪、フルゲート18頭での淀の3200m戦なら馬券的に荒れるレースになっても不思議はないでしょう。荒れるなら中距離向きの要素があまり問われないレース。


荒れることを願って、対抗はマイネルキッツ

叩き良化型のイメージがあります。冬場の重賞を叩いて、日経賞をステップに天皇賞春で100%に。
今年は間隔があいて日経賞が休み明けのレース。この事と一つ年を取ったことが心配ですが、この馬は間違いなく天皇賞春が最大の目標レース!他のG1レースは勝負になりませんから、出遅れた分を考えて悔いのないようキッチリ仕上げてくるはず。

京都3200mの適性は申し分なし、ロングスパートのきくスタミナホース。日経賞は4着も、天皇賞を見据えたレースはできていました。休み明けにしては悪くないレース。
このレース向きの型を持っている馬。4角で先頭付近まで押し上げがきき、簡単には止まらない馬。そしてコチラも積極的なレースを仕掛けてくる松岡騎手が鞍上。日経賞よりは前で競馬を。



印は、

◎ナムラクレセント
○マイネルキッツ
▲ビートブラック
△エイシンフラッシュ
△コスモヘレノス
△ペルーサ
△オーケンブルースリ


馬連。

◎から○▲△への6点。

3連複。

◎○の2頭軸から▲△+②④⑨⑬ の9点。

3年前の菊花賞の◎○は翌年(翌々年)の天皇賞春でもそのままの印で行くつもりでした。3年後の天皇賞春でやっと2頭ともの出走。オーケンブルースリは良化具合がかなり疑問ですが、京都3200mは適性は抜群のはず。ワイドで150倍も付くなら。

ナムラとオーケンのワイド 1点。


明日の馬場がどうなるかは分かりませんが、雨の影響である程度力の要る馬場でスタミナの問われるレースになり、中距離向きの斬れ味が全く活きないレースでした、という結果になれば。

« 皐月賞の予想  元気!! | トップページ | NHKマイルCと新潟大賞典の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

歳三さん。

これから数日出掛けてしまうので、コメント欄に書いておきます。

対抗は歳三さんも評価しているマイネルキッツになりました。
4歳馬が強い時は普通に4歳馬が勝つレースだと思っていますが、ダービー、菊花賞が超スローでしたし、長距離戦では分からないことの多い世代でもあるかな?と。

歳三さんのブログを見ると、ナムラクレセントも高評価のようで、これはダブルヒットも????

4歳馬に逆らって6歳&8歳馬を軸する暴挙ですが、馬場悪化も含めてスタミナを要するレースになれば可能性はあると思っています。

パンパンの良馬場なら違う予想になったと思いますが・・・。

さてさてどんな3分間になりますやら。楽しみです。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

あっしも初志貫徹で
本命はマイネルキッツ
対抗はナムラクレセント
です( ´ ▽ ` )ノ

過去好走馬の臨戦過程を調べると
4歳で3000m未経験は皆無(・ε・)

なので相手は4歳でも3000mの経験がある
コスモ2騎・ローキン・ビートブラックに
しました(´ー`)ノ

あっしも天皇賞(春)は好きなレースなので
3分目一杯楽しみましょう( ̄▽ ̄)b

こんばんは、歳三さん。

今年の天皇賞春。馬券は外れましたが、レースは十分に楽しめました。ナムラクレセントが出遅れた時はあちゃー、って感じでしたが、スローと判断して先に動いて先頭を取ったのは間違いなく正解。

4角先頭で突き放しにかかった時はアツくなりました。(マイネルキッツもすぐ後ろにいましたし、これは歳三さんとのダブルヒットかっ!!と。)

3歳から気にかけてきて、天皇賞春でこの馬からの馬券を取りたいと思ってきましたが残念です。7歳になる来年は厳しいような気がします。

勝ったヒルノダムールは去年の菊花賞の対抗馬。(大阪杯を1分57台で勝ってしまったので長距離馬じゃなくて2000mくらいがベストの馬かな?とだまされちゃいました。)

2着のエイシンフラッシュは対抗にする予定でしたが、馬場が悪くなったことで4角先頭付近にいそうな馬を上に取ってしまいました。


今週はNHKマイル。
面白そうですよ!
あと新潟大賞典もメンバー的に大混戦で、しかもハンデ戦。
去年の新潟大賞典の◎馬に元気クンが乗るそうで!コチラは早々と本命決定!人馬ともに初重賞制覇を!!


´ω`)ノドモドモ

天皇賞の直線入った時点では
ボルテージとアドレナリンが
MAX500%でしたヾ(・∀・。)ノ

直線入り口がゴールやったら
Wヒットやったんですけどね( ̄ー ̄;

あっしもナムラが出遅れた時は
アチャー(;´д`)と思いましたし
先頭に立った時は大丈夫か(゚Д゚)
と心配もしましたが、結果3着なので
一番強い競馬でしょう( ̄▽ ̄)b

キッツはコスモ2騎が先手を
取れなかったのがキッツかった
ですね( ̄ー ̄)

コスモ2騎がキッツ向けのペースを
作ると思ってたので( ̄~ ̄;)

でも内容には満足です( ̄▽ ̄)ノ

GⅠシリーズはまだまだ続くので
面白いレースを期待しましょう(´ー`)ノ

どうもどうも。

>天皇賞の直線入った時点では
ボルテージとアドレナリンが
MAX500%でしたヾ(・∀・。)ノ

やはりそうでしたか。私もです。(笑)

マイネルキッツはちょっと行きたがっていたのがスタミナのロスに繋がったような気がします。トゥザグローリーに後ろに入れていましが、その馬が1000m過ぎで行ってしまったので付いて行ってしまいましたし。

道中脚を溜められてからのロングスパートができればもう少し上にいたと思います。

ナムラの出遅れとセットで残念でしたが、この2頭は想定通り4角先頭と2番手。何の不満もありません。
溜め殺しで悶絶させられた去年に比べれば!!

和田騎手グッジョブ!!今後も応援します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/39814400

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春の予想:

« 皐月賞の予想  元気!! | トップページ | NHKマイルCと新潟大賞典の予想 »