2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

東京優駿(ダービー)の予想

東京優駿

2年前のダービーはとんでもない不良馬場でのレース。突然の豪雨でひどい馬場になってしまいました。先に馬券を購入していた者にとっては恨めし過ぎる雨・・・・。

殊にダービーは毎年良馬場で行われて欲しいと思っていますが、今回は不良馬場でのダービーになることは間違いないでしょう。残念なことですが、これもレース・・・・・。

2今年のダービーで左のゴール板を真っ先に走り抜けるのはどの馬なのでしょうか!!!

2年前とは違い、馬券を買う時点で馬場が不良だと分かっているだけに今年は納得できるレースになりそう。

コンディションは残念ですが、どの馬も条件は同じ。勝った馬は立派なダービー馬!
「運を持つ馬が勝つのがダービー」などと言われますが、ダービーは実力に加えて運も持っていないと勝てないレースなのかもしれません。

今年のダービーで運を持つ馬とは、不良の馬場を味方にできる馬????




★これまでのレースで一番気になるレースはスプリングS、次はホープフルS。この2レースで上位に来た馬は確かな力量をそなえていると思っています。

★ローテーション的には京都新聞杯、青葉賞、プリンシパルSで権利を取ってからのダービーは皐月賞組より苦しいはず。これらのレースからダービーで好走するためにはかなりの力量、もしくは皐月賞組のレベルが低いことが必要。
今年は魅力を感じる馬はいません。

★一番狙いやすいのが皐月賞よりダービーに目標を置いていたと思われる皐月賞組。該当すると感じている馬は、トーセンラーフェイトフルウォーナカヤマナイトの間隔をあけて皐月賞に臨んだ3頭。

★不良馬場に対する巧拙が着順に影響するのは明らか。これだけ馬場が悪くなるとまともなストライドで走れる馬はいません。一定区間で一気に進出するのは難しいはず。レースを引っ張る馬、騎手の思惑にもよりますが、あまり緩急のつくレースにはならないと思っています。

★この馬場でしかも緩急のつかないレースになると、小さな馬は不利だと思います。自身が軽いからこそ瞬間的な加速をするのは有利ですが、おそらくそれはあまり必要のないレース。とりあえずパワーが必要なレース。大きな馬を重視します。

★まともなストライドで走れる馬場ではないだけに、直線で思うように前との差を詰められないことも十分考えられます。おまけに普段はあり得ない泥ハネを嫌がる馬もいるかもしれません。前目にいた方が有利だと思います。

★全馬が初めて経験する異常な馬場。問われる適性はこれまでとまるで違います。走ってみないと分からない部分が多いレース。これまで経験した重馬場のレースとも違うと思います。人気馬から買うレースではないと思っています。


べルシャザールフェイトフルウォーの2頭で迷いましたが、本命はべルシャザール。フェイトフルウォーの鞍上はここ何年(あえて)本命を打っていないので、ダービーで本命を打つ気にはなれませんでした。


べルシャザール

最初の★の2レースでどちらも連対。500キロオーバーの一番の巨漢馬。この馬の最大の泣きどころである終いの斬れは不問のレース。運を持っている馬!!ビルドアップされた大きな馬体にはかなりの「パワーのもと(笑)」が詰まっていそう。

スプリングSで世代No.1のオルフェーヴルに負けたのは斬れの差。その斬れが問われないレースならば世代NO1の可能性あり。皐月賞の敗戦のみで人気が下がり過ぎ。

確かに皐月賞は負け過ぎですが、状態さえ戻っていればこの人気はおかしい。共同通信杯から皐月賞ならよかったのですが、スプリングSで反動があったかも?それでも状態が戻っている方にベットします。

ダービーでの乗り替わりはもちろん不安要素。できれば新馬から手綱を握っている騎手が引き続き乗ってくれることが望ましいことは言うまでもありませんが、後藤騎手は乗り替わりのスペシャリスト。この人の乗り替わり好走率は異常。この分野の天才だと思っています。

あとは馬場をこなせることを願うだけです。



印は、

◎ペルシャザール
○デボネア
▲フェイトフルウォー
▲ナカヤマナイト
△トーセンラー
△ユニヴァーサルバンク
△ショウナンパルフェ
▽オルフェーヴル
▽クレスコグランド
▽ウインバリアシオン
▽サダムパテック

馬券は、

◎からの○▲△への馬連 6点。

◎○2頭軸から▲△▽への3連複 10点。

◎から▲へのワイド 2点。


本命対抗は1番大きな馬と2番目に大きな馬。両方ともパワー型の馬と判断してのもの。フェイトフルウォーを3番手に下げ、3連馬券の軸から外したのは単に騎手。かなり上がりが掛かるレースでの騎手としての経験値はデットーリは飛び抜けた存在。騎手が凄いと言っても馬の持っているもの以上には走りませんが、それでも。

ズブズブの体力勝負になることを期待します!!!

ヴィクトリアマイルの予想

ヴィクトリアM

先週のNHKマイルから安田記念まで東京競馬場で5週続けてG1レースが行われます。そのうち3つがマイル戦。数年前に新設されたヴィクトリアMくらいは京都か新潟でやってもいいのでは?

牝馬クラシックではそこそこ勝負になった馬でも、古馬になって対牡馬戦となるとなかなか厳しいものがあります。G1ともなると尚更!
秋のエリザベス女王杯に対して、春のヴィクトリアMを設けたことはいいアイディア!!牝馬を管理する側からしても、いい目標ができて張り合いが出ると思います。

しかし、そこに牡馬のトップホースすらも蹴散らしてしまうような牝馬が出走してしまうと、その辺りはどうなのでしょうか?仕方のないことでしょうが・・・・。


今回のヴィクトリアMには「最強馬」ブエナビスタと「3冠馬」アパパネが出走し、もちろん人気になっています。臨戦過程を加味すると同じくらいの人気になると思っていましたが、意外に差がある印象。


ブエナビスタ
当然の1番人気ですが、前走ドバイで帰国後の初戦。また、どんなレースで必ず勝ち負けの中心だった根性馬が初めての惨敗。(騎手の位置取りの問題だったと思いますが。)その後のレースだということを考えると1倍台の単勝は売れすぎ。

ドバイのレース同様、今回も多分流れは速くならないでしょう。JC、有馬記念、ドバイWCとスタートが一息だったことがひびきました。今回も、は十分考えられます。
スローが見込めての上がり勝負で後ろのいそうな馬の圧倒的人気は・・・。


今回は牝馬限定戦。それに絶好調の4歳馬が揃っている訳でもありません。

ブエナビスタが同世代の牝馬に負けるとは思えませんし、4歳世代の有力馬はアパパネ以外順調にこのレースを迎えられていないような気がします。

芝の状態が良さそうで、速い時計の出る馬場。メンバー的に流れは早くなりそうもないので、上がりの速いレースになるでしょう。
こういうレースはある程度前付けできて、速い上がりの脚を繰り出せる馬を狙うべきですが、逆転が期待できるほど魅力的な馬はいません。

ブエナビスタの鞍上は岩田騎手
3年前の安田記念。後方から速い上がりを使うという割の悪いスタイルに拘泥し、結果が残せていなかったウォッカをあっさり先行させ、完勝させてしまった騎手。

岩田騎手が後ろで悠長に構えていて、前の馬の上がりが速すぎたから差せませんでしたという言い訳をするのは考えづらいので、「売れすぎ」と言ったこの馬の1着馬券を買います。

牝馬なら5歳の後半になると能力に陰りが現れると思っています。次世代の馬を生むという重要な役割、機能があるため、牡馬よりも早く、そして顕著に。

去年のブエナビスタのレースはすべて強い競馬。負けたレースも展開のアヤであったり、ちょっとしたスタートの失敗で惜しくも落としただけ。とんでもない牝馬だと思っていますが、下の4歳牡馬には才能溢れる馬が揃っていますし、自身の衰えとあわせて秋には逆転されるでしょう。
次は鬼門の阪神内回りですし、この馬の1着付け本命はこれが最後になると思います。


対抗はアパパネ
本番をキッチリ仕上げてくる馬。春の目標はおそらくこのレース。ブエナの状態次第では逆転もあると思いますが、現状、ブエナより強い馬とは思えず、万全でないブエナビスタより下の評価。


とてもつまらない予想になってしまいました。


堅い馬券なので相手は絞って、

エイシンリターンズ
東京マイルは好条件。好位からのある程度の決め手も持っている馬。
3番人気のレディアルバローザは同条件の2走前にぶっちぎってます。休み明けで人気を落としているのなら3番手評価で。

アニメイトバイオ
鼻出血(肺出血)は大丈夫なのでしょうか?アパパネが同世代にいなければ2つG1を取れていた馬。位置取りが後ろにならなければ。

ショウリュウムーン
牝馬限定のマイル戦という括りを作るなら結構大威張りできる馬。いつ走るか分からない馬ですが、中団くらいに付けられれば。

カウアイレーン
スローの流れを前付けできれば鞍上込みで馬券圏内のチャンスあり。馬体の増減が激しかったここ2走を度外視すれば。


◎ブエナビスタ
○アパパネ
▲エイシンリターンズ
△アニメイトバイオ
△ショウリュウムーン
▽カウアイレーン


馬券は3連単。

◎→○→▲△▽
◎→▲△→○  の7点。

NHKマイルCと新潟大賞典の予想

NHKマイルC

去年のNHKマイルCは壮絶なレース。この時期の3歳馬が1分31秒台で東京マイルを走り抜けました。31秒台を記録した上位4頭は強い馬だと思いますが、うち3頭はこのレースによってその後のレース生活に支障をきたしました。・・・・・・もったない!!

特にとんでもない末脚で勝利したダノンシャンティ。それにこの無謀なペースの中、番手から勝ちに行って僅差の4着だったサンライズプリンス。個人的にはサンライズプリンスは歴史に名を刻むようなマイラーになっていたかも?と思っていただけに・・・・。

中距離路線だけでなく、マイル路線でも去年の3歳馬は質が高かったような気がします。

さて、今年の3歳馬のマイル王を決めるNHKマイルC。
去年に比べると小粒な印象があります。もちろん新たなスターホース誕生を期待しますが、ダノンシャンティやサンライズプリンスのような才能を持つ馬がいるとは思えません。


1番人気はサクラバクシンオー産駒のグランプリボス

流れが締まった東京のマイル戦ではちょっと危うい気もしますが、今年のメンバーでは能力上位と考えます。朝日杯の後のスプリングS、ニュージーランドTは本気で勝つ必要のないレース。目標はあくまで今回のレース。それにしては両方、特に質の高かったスプリングSは勝ちに行っての4着で強い競馬でした。折り合いさえつけば3着以内の可能性は高いと見ての対抗。


本命はニュージーランドTでグランプリボスを最後で交わしたエーシンジャッカル

半年間隔があいての3歳になって初戦と2戦目は強い競馬。馬が変わりました。初戦の500万のレースは前傾ラップを差して完勝。2戦目のニュージーランドTは前残りのレースを馬群を割いて後方から2着。
この馬は東京の長い直線もNHKマイルCの締まった流れも合うと思います。このレースでこそ買う馬だと考えて本命にします。

1200m、1400m経由で行きたがる馬も数頭いるでしょうし、逃げを譲らないと宣言している陣営もあります。緩いレースにはならないでしょう。ある程度時計が速くなり、コースロスが致命傷になりかねないことも考え合わせると、内枠、馬群を割れる岩田騎手というのも強み。ニュージーランドTの1戦だけで評価が上がり過ぎているのがちょっと不満。

印は、

◎エーシンジャッカル
○グランプリボス
▲ダンスファンタジア
▲リアルインパクト
△アドマイヤサガス
△テイエムオオタカ
△エイシンオスマン
△マイネルラクリマ
△プレイ

馬券は3連複。

◎○から▲△への 7点。

3連単。

◎→○→▲▲
◎→▲▲→○ の4点。

◎エイシンジャッカルと△アドマイヤサガスの「フジキセキワイド」 1点。



新潟大賞典

去年は土曜日。ちょうど東京競馬場に観戦に行った日で、このレースのおかげでおいしいお酒を飲むことができました。

去年の本命馬に丸山元気騎手が乗ります。
1秒で本命が決まりました!(笑)
福島記念、皐月賞と丸山騎手の初重賞制覇を期待しましたが、3度目の正直(?)でこのレースで決めてもらいたいと思っています。

本命はセイクリッドバレー

間違いなく新潟は合います。ハンデも手ごろな56キロ。丸山騎手は新潟の勝ち方が分かっている騎手。メンバー的にも大いにチャンスあり!!勝ち切れないタイプの馬ですが、それを勝たせてこそ1流ジョッキー!!

対抗はサンライズベガ

好位からある程度の決め手を持っている馬。この馬もこの条件は合います。馬券圏内の可能性が高いと考えての対抗。ちょっと衰えたかと思っていましたが、前走で初重賞制覇。7歳馬ですが、まだまだやれそうです。


印は、

◎セイクリッドバレー
○サンライズベガ
▲ヤングアットハート
△マイネルゴルト
△マッハヴェロシティ
△キタサンアミーゴ
△アドマイヤメジャー
△タッチミーノット

馬券は・・・・セイクリッドバレー1着固定の馬単、3連単!と行きたいとこですが、やはり勝ち切れないタイプの馬なので、3連複で。

◎○から▲△への 6点。



天皇賞春の予想

天皇賞春

淀の3200m。今の競馬の主流から外れる距離で行われるG1レースなので、嫌う方もいるようですが、個人的にはとても好きなレースです。騎手の駆け引きも含めて3分以上レースを堪能できるのですから!


去年は残念ながらあまり楽しめませんでした。
ナムラクレセントは菊花賞で本命にして以来、長距離レースでこそとずっと注目してきた馬。4歳時には天皇賞春には出走せず、5歳でこのレースを迎えましたが、鞍上は小牧騎手。
ジャガーメイル本命の記事を書きましたが、やはりここで買ってこそのナムラクレセント!すべて消して書きなおしました。早めに先頭に取り付く競馬を期待しましたが、差す競馬に・・・・。結果、幸四郎騎手が前で巧く立ち回らせたメイショウドンタクをとらえ切れずに4着。んー。


今年は和田騎手をパートナーに参戦。
菊花賞は和田騎手の好騎乗あってこその3着。今年の日経新春杯は和田騎手に乗り替わっていることと人気の無さを知り、急遽馬券を購入しましたが、4着。ルーラシップとの2頭軸3連複は紙屑になりました。それでも去年の天皇賞春の4着とは雲泥の違い、納得の4着。

ナムラクレセントは一線級の相手となると間違いなく斬れ負けする馬。勝負所での反応も劣ります。足りない分を位置取りや先に動くことでカバーしなくてはなりません。和田騎手はその辺りを十分に考慮してレースを組み立てているような気がします。

自身は6歳と更に一つ年を重ねた上に、強い4歳世代が多数参戦。オマケにあまり質の高かったと言えない前哨戦の阪神大賞典を勝ってしまっているだけに、評価が高くなってしまっています。

それでもこの馬が本命!!

強い4歳馬と言っても、ルーラーシップはドバイに向かったために出走しません。跳びの大きいこの馬は確勝級の馬だと思っていましたが。トーセンジョーダンも強敵だと思っていましたが、こちらも参戦しません。

4歳馬が強いと言っても、コスモヘレノス、ビートブラック、コスモメドウ以外の馬・・・人気になっている馬は、今のところ3200mという距離がプラスになるとは思えない馬ばかり。菊花賞があんまりなレースだっただけに、長距離適性についてはこのレースが終わってから評価が決まると思います。加えて馬場が悪化することも、後続の馬の決め手を削ぐと意味では好都合。

2年前の阪神大賞典は重馬場の中、テイエムプリキュアが大逃げ。天皇賞春の前哨戦なのにムダにタフなレース。上位馬は本番で枕を並べて大惨敗となるもとになったレースですが、この重馬場、グダグダのレースで3着ながらナムラクレセントはいい脚色をしていました。
跳びが大きい馬なのであまり馬場が悪くなってしまうと心配ですが、重馬場くらいなら他の馬が苦にする分プラスだと思っています。

そもそもこの馬に目を付けたのも、菊花賞トライアルの神戸新聞杯でのレースぶりがいかにも距離が延びてこそと感じたから。
今年の日経新春杯での4着も、距離が3200mになれば逆転の目は十分!!さすがに1着馬は無理そうでしたが、出走はなし。阪神大賞典はメンバーの質が微妙なレースですが、手応えが悪そうに見えながら完勝していれば問題なし。
この時より状態がアップしていることが必要ですが、どうやら調子は良さそう。

賞金不足で2000m前後のレースを使ったりして回り道をしましたが、長距離重賞ウィナーとなって大威張りで迎える天皇賞春。しかもベストパートナーが鞍上。
内枠が引けましたし、前に行くでしょう。誰も行かなかったら逃げてもいいですが、誰かが逃げての2、3番手で折り合うことが理想。多分このメンバーでは道中速くならないので、京都の下り坂を利用して早めの動き出し、4角先頭は必須。

直線に入った所で縦長の隊列の一番前にいれば!!

京都の長丁場はベストの条件だと思っています。枠、鞍上、馬場(後続の決め手を削ぐ、スタミナを要すると意味で)と好走の条件は揃っています。ずっと気にかけてきた馬を本命にするべきレース。あとは相性No.1(笑)の和田騎手にすべてを託します。


今年の4歳馬のレベルの高さは明らか。この後の中距離G1はすべて4歳馬が勝つと思っています。ただ、道悪、フルゲート18頭での淀の3200m戦なら馬券的に荒れるレースになっても不思議はないでしょう。荒れるなら中距離向きの要素があまり問われないレース。


荒れることを願って、対抗はマイネルキッツ

叩き良化型のイメージがあります。冬場の重賞を叩いて、日経賞をステップに天皇賞春で100%に。
今年は間隔があいて日経賞が休み明けのレース。この事と一つ年を取ったことが心配ですが、この馬は間違いなく天皇賞春が最大の目標レース!他のG1レースは勝負になりませんから、出遅れた分を考えて悔いのないようキッチリ仕上げてくるはず。

京都3200mの適性は申し分なし、ロングスパートのきくスタミナホース。日経賞は4着も、天皇賞を見据えたレースはできていました。休み明けにしては悪くないレース。
このレース向きの型を持っている馬。4角で先頭付近まで押し上げがきき、簡単には止まらない馬。そしてコチラも積極的なレースを仕掛けてくる松岡騎手が鞍上。日経賞よりは前で競馬を。



印は、

◎ナムラクレセント
○マイネルキッツ
▲ビートブラック
△エイシンフラッシュ
△コスモヘレノス
△ペルーサ
△オーケンブルースリ


馬連。

◎から○▲△への6点。

3連複。

◎○の2頭軸から▲△+②④⑨⑬ の9点。

3年前の菊花賞の◎○は翌年(翌々年)の天皇賞春でもそのままの印で行くつもりでした。3年後の天皇賞春でやっと2頭ともの出走。オーケンブルースリは良化具合がかなり疑問ですが、京都3200mは適性は抜群のはず。ワイドで150倍も付くなら。

ナムラとオーケンのワイド 1点。


明日の馬場がどうなるかは分かりませんが、雨の影響である程度力の要る馬場でスタミナの問われるレースになり、中距離向きの斬れ味が全く活きないレースでした、という結果になれば。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »