2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ダービー卿CTの予想 | トップページ | マイラーズCの予想 »

桜花賞の予想

今年もいよいよ3歳クラシックが始まります。
今回は第一弾の桜花賞。咲き誇る桜をバックに3歳牝馬の華麗なる競演!絵になるG1レースです。

I-PAT会員になり、馬券を買い始めてから何年も経ちますが、桜花賞は取れていません。競馬ファンとしてはクラシック3冠の馬券コンプリートは早めに成し遂げてしまいたいところですが、皆さんはどうでしょうか?
ちなみに牡馬3冠で取りあぐねているのはダービー・・・・・・。ダービーを取ったことがない競馬ファンとは何とも悲しいものです。今年こそは牝馬、牡馬の最後の1冠を!!と思っていますが(毎年思っていますが)、どうなりますやら。


桜花賞

外枠に入った馬の好走が多いようなイメージがあります。多頭数のマイル戦でごちゃつく内でストレスを受けるよりは、外目をストレスなく走った方が、レース経験も少なく、気難しいこの時期の牝馬には有利に働くのでしょうか?

こんなイメージも昨日のレースを見ていると吹き飛んでしまいます。1400mと1600mの重賞がありましたが、内にいるか前に行っていないと勝負にならないレース。昨日は多少雨の影響があったでしょうが、完全に乾ききった日曜に大きく変わるとも思えません。今回は内が止まりにくい馬場になっている事を想定します。

レーヴディソールが離脱して、ホエールキャプチャは当然1番人気になるべき存在。どんなレースでも出来て、且つ結果を残し続けているこの馬が馬券を外すことは考えづらかったのですが、入った枠は8枠。、「内が伸びる馬場&ある程度の時計勝負」となると外枠&持ち時計のないこの馬は疑う必要があるような気がします。

枠からするとある程度位置取りができるダンスファンタジアやマルセリーナが勝つチャンスが多いように思えますが、今回の桜花賞は人気薄から入ります。


ハブルバブル

実力からして不当に評価が低いと思えるこの馬が本命。枠もいいですし、1400mの速いラップを追走できる脚もありますし、1800m重賞で勝ち負けできるスタミナもあります。鞍上も藤田騎手。
問題なのはローテーション。お先真っ暗ローテ(笑)。2月の最終週にデビュー。3戦して無理やりクラシックに間にあわせました。この点を考えれば不当な評価ではなく、間違いなく正当・・・・・。

連闘明け&中1週で桜花賞迎える馬を本命!(最後の1冠を本当に当てる気あるのか?笑)

去年の桜花賞出走馬にオウケンサクラという馬がいました。ハブルバブルと同じような無理なローテでの出走。去年もある程度時計の出る馬場で内が止まらない馬場でした。オウケンサクラは逃げて2着。
仮にハブルバルブがオウケンサクラ並みのタフさと才能を持っていれば好走は可能。タフさは分かりませんが、才能は十分にあると踏んでいます。

デビュー戦は阪神1800m。外を捲り上げて5馬身差圧勝。2戦目は1400mでの速い流れを2番手から勝ちに行って4着。悲観する必要はなく、少々入れ込んでいてもメンバー中最も強い競馬。流れが向いて勝てたエイシンジャッカルは昨日のニュージーランドTでグランプリボスに先着。

タフなレースをしてしかも負けた後、連闘で迎えたフラワーC。メンバーは微妙でしたが、これも強い競馬。1800mでそんなに楽な流れでもありませんでしたが、外を捲り上げて2着。先着されたトレンドハンターは大外枠に入り、今回逆転は可能。

かなりの根性娘とお見受けしましたので、無理は承知でもう1戦を期待します。


対抗はマルセリーナ

4強のようなオッズの付き具合ですが、いくら波乱を期待したとしても、全馬馬券外に飛ぶことは考えづらく、ダンスファンタジアは当てにならない面、ホエールキャプチャ、トレンドハンターを外枠で嫌えば、この馬が残ります。桜花賞の軸馬はできるだけ関西馬から取りたいという考えもあります。

ハブルバブルと同じく4戦目で桜花賞。
ローテーション、相手関係を見てもコチラの方がずっと信用できます。シンザン記念の1,2着馬は牡馬のトップホースだと思っていますので、2戦目でこの2頭に僅差の勝負ができたことはかなりの評価が必要。3戦目のエルフィンSも完勝。不安なのは馬体を減らして続けていること。

枠は真ん中、好位も取れる馬なので、スタートが決まれば勝つチャンスは高いと思っています。馬券的には一番3着以内がありそうと考えての対抗。


3番手はデルマドゥルガー

未勝利でしばらく引っ掛かっていた馬ですが、年が替わった辺りから馬が変わりました。中山と東京と条件の違うマイル戦で強い競馬。あまり器用な馬とは思えないので、内枠はジョッキー次第ですが、手綱を握るのは内田騎手。他の騎手なら狙いを下げたかもしれませんが内田騎手なら期待します。

前走のクイーンCは乗りへぐっての3着。スムーズに抜けたホエールキャプチャとは違い、内に進路を取ろうとして前が壁また壁・・・・・・・。最後はよく3着まで順位を上がられたものだと感心します。しかも0.2秒差。間違いなく能力はあります。

内田騎手は馬場に応じた騎乗ができる数少ないジョッキーだと思っています。隣の馬はどうせ一番前に行こうとするでしょうから最内が確保できます。最短距離でレースを運べて、直線で抜け出す所を見つけられれば、チャンスは大いにあります。乗りへぐった後の1戦だけに気合いの入る1戦、前走は馬の力でなんとか3着になりましたが、今回は騎手の力で!!

どうも気を抜いて走っているように見える時がある馬なので、ビッシリ追える騎手、桜花賞での流れは向きそう。


印は、

◎ハブルバブル
○マルセリーナ
▲デルマドゥルガー
△ダンスファンタジア
△スピードリッパー
△エーシンハーバー

外枠の差し馬が用無しのレースを願って、10番より外の枠は馬連ベースではバッサリ。
3連複のヒモでのみ、▽フレンチカクタス、▽ホエールキャプチャ、▽トレンドハンターを少額買います。


馬券は、

◎から○▲△への馬連の5点。

3連複は無理なローテの◎馬ではなく、○馬を軸にします。

○◎から▲△▽への7点。

○▲から△▽への6点。

« ダービー卿CTの予想 | トップページ | マイラーズCの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

祝福コメ有難うございます(´ー`)ノ

思いもよらぬフォーエヴァーマークの
粘りこみにヒヤヒヤしましたが、
安いながらも的中してよかったです(・∀・)ノ

今日は車のナビで見てたので何が来たのか
よくわからなかったのですが④着のメデタシは
確かに惜しかった( ̄ー ̄;

今回はW的中ならずでしたが1週おいて
特別開催の皐月賞でWゲットと行きましょうヾ(・∀・。)ノ

配当はちょっと残念でしたね。
でもクラシック6冠(!)制覇に向けていいスタート!!

皐月賞は来週ではないって今知りました。
東京での皐月賞ってもう見れないかもしれませんし、きっちり馬券で!

今年の桜花賞ですが、かなり内がごちゃついて結局スムーズにレースを運んだ外枠の馬が上位に来ちゃいました。

内の馬場は悪くなかったと思いますが、恩恵を受けたのは逃げ馬だけ。◎▲あたりは抜ける場所が・・・。難しいです。いつかは桜花賞を馬券で!!

◎ハブルバブルは今後も注目するつもりです。
無理なローテだったので、十分休んで今後に備えてもらいたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/39557517

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞の予想:

« ダービー卿CTの予想 | トップページ | マイラーズCの予想 »