2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

皐月賞の予想  元気!!

明日は皐月賞

かなりの混戦模様。オッズもかなり割れています。加えて前日の降雨。明日は天気が回復するようで、馬場状態は微妙。難しそうなレースですが、本命は決まっています。

カフナ&丸山元気騎手

当ブログで一番贔屓にしている丸山騎手が、ついにG1レースに出走します。
彼が初めて重賞制覇をするときは馬券も取って!と以前から書いていますが、それがまさか皐月賞になるとは!・・・・・なんて回顧を書きたいものです。

昨年の福島記念のディアアレトゥーサはかなりチャンスがあると思いましたが、勝てるだけの好騎乗をしながら、一世一代の快走をした伏兵馬に足許をすくわれました。今回は人気薄の馬ですが、チャンスは十分にあると思っています。

震災によって皐月賞は開幕週の東京に。前日の土曜に雨が降って、おそらく日曜の皐月賞は乾き始めの馬場の中で行われそうです。開幕週の乾き始めの馬場。利はイン、前にあると考えます。
逃げ馬は不在。スタートすぐに1コーナーを迎える東京2000mで真ん中の枠。この馬なら先頭付近のポジションが取れると思います。あとは果敢に4角先頭さえ取れれば勝負になると踏んでいます。丸山騎手ならやってくれるものとも!

カフナですが、現在14番人気。

新馬、2戦目は力を出せる仕上がりにあるのか疑わしいレース。ノーカウントでいいと思います。未勝利戦快勝後のエリカ賞、ホープフルSは位置取りの問題。エリカ賞はトーセンラーでさえ先頭の2頭に届かないレースなのに、それよりずっと後ろからではノーチャンス。ホープフルSは世代上位馬が集った1戦。仮にべルシャザールと同じ位置取りができれば(今ならできる)差は無かったと思います。

その後のあすなろ賞、若葉Sは丸山騎手に戻って、先行競馬。どちらも強い競馬。若葉Sはなかなかいいレース。1分59秒前半での決着。流れを考えれば勝ち馬より評価できる内容。後ろから差し切れるような飛び抜けた決め手を持っている馬ではないだけに、先行競馬が板についてきたのは何より。それが出来たのも丸山騎手のおかげですし、彼が当然皐月賞で手綱を握るべき馬!

たしかこの馬は陣営が新馬向きではないとかコメントされていた馬で、仕上がりが早くはなかった馬。重賞には出走せずに徐々に力を付けて、若葉Sで切符をゲット。これまでの1戦毎のレベルアップは間違いなくありますし、こういう馬だからこそ今回のレースで更なる伸びシロを見せる可能性もあります。
戦績に穴がない馬が集まる皐月賞では人気が上がりませんが、戦績に穴があっても、ハッキリとした理由(仕上がりの遅さやレース中の位置取り)があれば、問題ありません。しっかり先行できて勝ちに行ければ、すべて結果が付いてきている馬です。

初めての世代上位馬との対戦ですが、開幕週の乾き始めの馬場は間違いなく味方になります。レーススタイルも固まりました。それに若葉Sであれだけの競馬をしながら人気薄。加えて手の内に入れつつある丸山騎手が乗るのなら、この馬に本命を打たない理由はありません!!

明日は父である丸山侯彦元騎手(タマルファイターの主戦JK)を東京競馬場に招待しているようで、いい結果が出ればいいなと思っています。震災後で元気をなくしている方も多いでしょうから元気クンが被災地の競馬ファンを元気にするってシナリオがあってもいいかもしれません。

丸山騎手は乗馬経験もないまま、競馬学校に。デビュー後の初勝利は同期で一番最後。しかしながらその後の活躍は同期の中ではピカイチ、去年は新潟でリーディングを取るなどして92勝。徐々に力を付けて一流になりつつある丸山騎手がもしG1を取るなら、カフナような馬が合っているような気がします。

丸山騎手絡みと言うこともあり、ちょっとイレコミ過ぎ(笑)。


対抗は迷いましたが、サダムパテック

できれば対抗も先行馬から選ぼうと思いましたが、1番人気のこの馬にしました。東スポ杯の勝ち方は強烈。それ以来の東京コースでのレース。中山の皐月賞なら1番人気で重い印を打とうとは思いませんが、東京コースなら。震災の影響で開催変更になった時点でこの馬に風が吹いているような気がします。

前走の弥生賞は(中山の)皐月賞を意識してか出して行く競馬。トライアル仕様のデキで完勝。出して行く競馬したことが、今回のレースに繋がりそう。内枠を引き、馬群を捌ける岩田騎手が鞍上。東京コースでの決め手は最上位クラス。
弥生賞が後方から差す競馬で、今回外枠なら嫌いたい馬でしたが・・・・・。

スタートが決まってある程度のポジションが取れれば、馬券圏内が一番堅そうと考えての対抗。


3番手はべルシャザール

今でも共同通信杯はスタートさえまともなら勝っていて、3連単が本線で当たっていたと本気で信じていますが(笑)、あのレースはスタートがすべて。完全な上がり勝負を前や内で脚を溜める馬がいる中、この馬は出遅れたことで余計な脚を使い、更に外外を回り、終いの脚を無くしました。

前走のスプリングSは前目に付けますが、前の馬を捌くのに少し手間取り、外をスムーズに回って来たオルフェーヴルの決め手に屈しました。

ホープフルS後の2戦を落としていますが、それほど評価を下げる必要はないと思っています。単に決め手だけは限界がある馬なので、安藤騎手は必ず前で競馬するでしょうし、状態さえまともなら好走確率は高い馬だと思います。

3番手まで評価を落としたのは、跳びが大きく、決め手に難あり。多分消耗戦になったとしても簡単には止まらない馬だと思いますが、開幕週の逃げ馬不在の皐月賞がタフなレースになるとは思いませんし、今回のレースでこの馬にダイワスカーレットやダイワメジャーの競馬するには、スピードと決め手が足りないような気がします。
今回の枠は11番。安藤騎手なら無理にでも前に付けようとするでしょうが、この馬より内にスタートの速い馬は何頭かいます。

ただ、ホープフルS、スプリングSでの好走は世代上位馬としての能力を十分証明できるものですし、前に行く馬に利があるレースだと思っていますので3番手の評価。共同通信杯を出遅れず勝利して、スプリングSを余裕残しで迎えられたなら・・・・。


以下、
本命馬に勝ったダノンミル
川田騎手が馬群を割って来れたら怖い最内枠のステラロッサ
内枠を引いたナカヤマナイト
スプリングSの敗戦で評価が下がり過ぎた前付けできるリベルタス


◎⑨カフナ
○④サダムパテック
▲⑪べルシャザール
△⑥ダノンミル
△①ステラロッサ
△⑤ナカヤマナイト
△⑬リベルタス


馬券は

◎→○▲ の馬単2点が勝負馬券。(裏の2点はおさえ)

◎から△への馬連 4点。

3連複のオッズを見ると、1番人気を副軸にしているのにかなり付くので相手を増やしました。

◎○から▲△(+⑫⑭⑯⑰④) の10点。

マイラーズCの予想

重賞レースが目白押しの週が続きましたが、今週は土曜のメインが2場とも準OP、日曜はマイラーズCが唯一の重賞レース。
今週はマイラーズCを予想します。

なかなかのメンバーが揃いました。この後のヴィクトリアM、安田記念に向けての前哨戦。今後のG1に向けて必見のレース。


オッズは割れているので、馬券的にも好きな馬から入れそうです。
本命はゴールスキーにします。

昨秋のマイルCSはいいレースでした。ここで上位にきた馬はマイル路線の実力上位馬で間違いないと思います。2着ダノンヨーヨーと3着ゴールスキーが今回のレースに出走しますが、マイルCSでダノンヨーヨーが戴冠を逃し、ゴールスキーが賞金加算できなかったのはエイシンフォワードを操った岩田騎手によるところが少なくないような気がします。

今回はゴールスキーを本命にしますが、やはり前に付けられる馬の方に魅力を感じます。4歳になってのプラスαも期待できますし、今の阪神の馬場を考えても脚質的も有利。安田記念に向けて是が非でも賞金加算をしなくてはいけないと言う意味でも上位に取りたくなります。

マイルCSをあのタイムで走ってしまうと、必ずダメージがあったと思います。2頭ともいきなりのハイレベルなレースでの好走だっただけに、その後のレースでの敗戦も仕方ないかもしれません。この敗戦のおかげでオッズ的には混戦模様になっていますので、この2頭からの順番をつけた3連単を買います。

前走の東京新聞杯では、ゴールスキーは舌を越しながらの走り。最内から大事に馬場中央に出し伸びますが、スマイルジャックが少々ヨレて進路をなくしての3着。ロスの多い競馬だったような気がします。

ダノンヨーヨーは前半離されすぎ。一番後ろから大外回し。前目に付けた馬が上がり33秒台で勝ち負けしてしまっては用無しのレースですが、毎回必ずいい脚を繰り出すこの馬は強い馬だと思います。敗因は位置取りがすべてのレースだったので、さすがに今回は同じ轍は踏まないでしょう。

逃げそうな馬はシルポートかコスモセンサー。同厩舎の馬なので無理に張り合うことは無さそう。前に行ったからと言って不利なレースになるとも思えないので、ゴールスキーには好位を取って勝ちに行く競馬を期待します。


◎ゴールスキー
○ダノンヨーヨー
▲スマイルジャック
△ライブコンサート
△ガルボ
△シルポート
▽リーチザクラウン
▼ダンツホウテイ


アパパネは一頓挫あった休み明け、大外枠、初めての古馬一線級のマイラー相手となる今回は軽視します。前哨戦のチューリップ賞、ローズSを落としながら3冠馬となったスティルインラブとここまで同じような戦績ですが、今後まで同じ道を歩む馬だとは思っていませんが。

リーチザクラウンは後ろからだと鞍上込みで危ないと思います。ただ、中山記念は控える競馬で3着に飛び込み、3連複本線の馬券を紙屑にしてくれた怖い馬なので、ダノンの後ろ、3着欄には残します。

ダンツホウテイは完全に見限られています。外枠、斤量2キロ増、相手関係を考えれば人気が下がって当然ですが、下がり過ぎです。最低人気を争う馬とは思えません。前走は◎にしましたが、好位の最内を進みながら、○ライブコンサートに進路を奪われ、まともに追えず。普通に走れればライブコンサートと同じ位置くらいでゴールしていたと思います。前走の負けで必要以上に評価を下げる必要はないと思うのですが・・・・。
相手関係は厳しくなり、狙いにくい馬ですが、阪神マイルは合うと思いますし、これだけ人気が無いなら積極的に買います。
ダノンヨーヨーを初のOP勝ちと重賞勝ちに導きながらマイルCSでは乗り替わり。戻ってきた東京新聞杯でまずい騎乗でまた乗り替わり。ダンツホウテイも前走もったいない競馬をしてしまっているだけに北村騎手は頑張らないと!!


馬券は、

3連単。

◎→○→▲△▽▲ の6点。
◎→▲△→○ の4点。


▼から◎○のワイド2点。

桜花賞の予想

今年もいよいよ3歳クラシックが始まります。
今回は第一弾の桜花賞。咲き誇る桜をバックに3歳牝馬の華麗なる競演!絵になるG1レースです。

I-PAT会員になり、馬券を買い始めてから何年も経ちますが、桜花賞は取れていません。競馬ファンとしてはクラシック3冠の馬券コンプリートは早めに成し遂げてしまいたいところですが、皆さんはどうでしょうか?
ちなみに牡馬3冠で取りあぐねているのはダービー・・・・・・。ダービーを取ったことがない競馬ファンとは何とも悲しいものです。今年こそは牝馬、牡馬の最後の1冠を!!と思っていますが(毎年思っていますが)、どうなりますやら。


桜花賞

外枠に入った馬の好走が多いようなイメージがあります。多頭数のマイル戦でごちゃつく内でストレスを受けるよりは、外目をストレスなく走った方が、レース経験も少なく、気難しいこの時期の牝馬には有利に働くのでしょうか?

こんなイメージも昨日のレースを見ていると吹き飛んでしまいます。1400mと1600mの重賞がありましたが、内にいるか前に行っていないと勝負にならないレース。昨日は多少雨の影響があったでしょうが、完全に乾ききった日曜に大きく変わるとも思えません。今回は内が止まりにくい馬場になっている事を想定します。

レーヴディソールが離脱して、ホエールキャプチャは当然1番人気になるべき存在。どんなレースでも出来て、且つ結果を残し続けているこの馬が馬券を外すことは考えづらかったのですが、入った枠は8枠。、「内が伸びる馬場&ある程度の時計勝負」となると外枠&持ち時計のないこの馬は疑う必要があるような気がします。

枠からするとある程度位置取りができるダンスファンタジアやマルセリーナが勝つチャンスが多いように思えますが、今回の桜花賞は人気薄から入ります。


ハブルバブル

実力からして不当に評価が低いと思えるこの馬が本命。枠もいいですし、1400mの速いラップを追走できる脚もありますし、1800m重賞で勝ち負けできるスタミナもあります。鞍上も藤田騎手。
問題なのはローテーション。お先真っ暗ローテ(笑)。2月の最終週にデビュー。3戦して無理やりクラシックに間にあわせました。この点を考えれば不当な評価ではなく、間違いなく正当・・・・・。

連闘明け&中1週で桜花賞迎える馬を本命!(最後の1冠を本当に当てる気あるのか?笑)

去年の桜花賞出走馬にオウケンサクラという馬がいました。ハブルバブルと同じような無理なローテでの出走。去年もある程度時計の出る馬場で内が止まらない馬場でした。オウケンサクラは逃げて2着。
仮にハブルバルブがオウケンサクラ並みのタフさと才能を持っていれば好走は可能。タフさは分かりませんが、才能は十分にあると踏んでいます。

デビュー戦は阪神1800m。外を捲り上げて5馬身差圧勝。2戦目は1400mでの速い流れを2番手から勝ちに行って4着。悲観する必要はなく、少々入れ込んでいてもメンバー中最も強い競馬。流れが向いて勝てたエイシンジャッカルは昨日のニュージーランドTでグランプリボスに先着。

タフなレースをしてしかも負けた後、連闘で迎えたフラワーC。メンバーは微妙でしたが、これも強い競馬。1800mでそんなに楽な流れでもありませんでしたが、外を捲り上げて2着。先着されたトレンドハンターは大外枠に入り、今回逆転は可能。

かなりの根性娘とお見受けしましたので、無理は承知でもう1戦を期待します。


対抗はマルセリーナ

4強のようなオッズの付き具合ですが、いくら波乱を期待したとしても、全馬馬券外に飛ぶことは考えづらく、ダンスファンタジアは当てにならない面、ホエールキャプチャ、トレンドハンターを外枠で嫌えば、この馬が残ります。桜花賞の軸馬はできるだけ関西馬から取りたいという考えもあります。

ハブルバブルと同じく4戦目で桜花賞。
ローテーション、相手関係を見てもコチラの方がずっと信用できます。シンザン記念の1,2着馬は牡馬のトップホースだと思っていますので、2戦目でこの2頭に僅差の勝負ができたことはかなりの評価が必要。3戦目のエルフィンSも完勝。不安なのは馬体を減らして続けていること。

枠は真ん中、好位も取れる馬なので、スタートが決まれば勝つチャンスは高いと思っています。馬券的には一番3着以内がありそうと考えての対抗。


3番手はデルマドゥルガー

未勝利でしばらく引っ掛かっていた馬ですが、年が替わった辺りから馬が変わりました。中山と東京と条件の違うマイル戦で強い競馬。あまり器用な馬とは思えないので、内枠はジョッキー次第ですが、手綱を握るのは内田騎手。他の騎手なら狙いを下げたかもしれませんが内田騎手なら期待します。

前走のクイーンCは乗りへぐっての3着。スムーズに抜けたホエールキャプチャとは違い、内に進路を取ろうとして前が壁また壁・・・・・・・。最後はよく3着まで順位を上がられたものだと感心します。しかも0.2秒差。間違いなく能力はあります。

内田騎手は馬場に応じた騎乗ができる数少ないジョッキーだと思っています。隣の馬はどうせ一番前に行こうとするでしょうから最内が確保できます。最短距離でレースを運べて、直線で抜け出す所を見つけられれば、チャンスは大いにあります。乗りへぐった後の1戦だけに気合いの入る1戦、前走は馬の力でなんとか3着になりましたが、今回は騎手の力で!!

どうも気を抜いて走っているように見える時がある馬なので、ビッシリ追える騎手、桜花賞での流れは向きそう。


印は、

◎ハブルバブル
○マルセリーナ
▲デルマドゥルガー
△ダンスファンタジア
△スピードリッパー
△エーシンハーバー

外枠の差し馬が用無しのレースを願って、10番より外の枠は馬連ベースではバッサリ。
3連複のヒモでのみ、▽フレンチカクタス、▽ホエールキャプチャ、▽トレンドハンターを少額買います。


馬券は、

◎から○▲△への馬連の5点。

3連複は無理なローテの◎馬ではなく、○馬を軸にします。

○◎から▲△▽への7点。

○▲から△▽への6点。

ダービー卿CTの予想

久々の更新になってしまいました。
3月は一度も更新せず、この間訪れてくれた方には申し訳なく思っています。

先月の11日に大震災があり、東北、関東の特に海岸線沿いでたいへんな被害。多くの人命が奪われ、今なお不安を抱えたまま不自由な暮らしが続いている方々がいます。

私の住む所は特に地震の被害もなく、計画停電があったと言っても1日3時間程度、ガソリンの給油に6時間並ぼうが、電車が早朝と深夜のみの運行になろうが、少々モノ不足になろうがたしたことではありません。

ただ、身内の者が立て続けに体調を崩してしまった事には・・・・。
入院やら何やらでバタバタとして、家に帰ってみれば停電でロウソクを灯して・・・ということになると少々ぐったりします。加えてしばらくの間、宮城に住む親戚と連絡がとれなかったりで、何が何やらの毎日でした。

今では家族の体調も戻り、宮城の親戚の方も窓ガラスが割れた程度で済み、私事に関しては幸いでした。

が、被災地はそうではない方が大勢いて、しかもここしばらく私が感じていた不安な気持ちとは比ぶべくもないほど重いものを背負ってその日その日を暮らしていることは、心の片隅に置いておきたい思っています。


ダービー卿CT

昨日の日経賞、今日の大阪杯の出走メンバーは綺羅、星の如しですが、コチラは何とも言えないメンバー構成。しかもハンデ戦。難解なレースです。

1番人気はキングストリート
近2走を見れば順当な人気だと思います。ただ、平坦コース巧者の可能性もあります。戦績を見ると平坦コースで勝って人気を上げて、阪神、中山でそれを裏切っています。しかもトップハンデ。今回は軽視しますが、ここを完勝するようなら、この先楽しみな馬かもしれません。


本命はダンツホウテイ

ちょっと人気が付き過ぎているような気がしますが、阪神マイルはかなり合う馬だと思いますので素直に本命にします。好位から脚を伸ばせて、ゴール前の坂も苦にしません。前走勝利で斤量は55キロ。チャンスだと思います。ここでも好走すれば北村友一騎手のお手馬決定でしょう。

対抗は人気薄から選んで高配当を狙いたいレースですが、どの馬も軸にはちょっと・・・・。
この馬も人気の一角ですが、ライブコンサートが対抗。

上がりが速くなり過ぎると凡走もありそうですが、ある程度流れてくれれば馬券圏内にいる可能性は高いと思っての対抗。

この2頭からの3連複を買います。
キングストリートが人気を裏切ってくれれば、この2頭軸でも配当は期待できます。スケベ心を出して人気薄のヒモは多めに。


◎ダンツホウテイ
○ライブコンサート
▲ブライティアパレス
△キョウエイストーム
△スピリタス
△スマートステージ
△コスモセンサー
△ダイシングロウ
△スズジュピター
△コパノオーシャンズ
△スズカサンバ

馬券は、

3連複。

◎○から▲△ の9点。

ワイド。

◎▲の1点。




« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »