2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 共同通信杯、京都記念の予想 | トップページ | フェブラリーSの回顧 »

フェブラリーSの予想他

2011年の最初のG1レース、フェブラリーSエスポワールシチースマートファルコンが不在で混戦模様。東京マイルなら観戦しに行ったユニコーンSで本命にして思い入れのあるグロリアスノアに本命を打ちたいを以前から考えていましが、この馬も不在。
どの馬に本命を打つか・・・・難しいレースだと思います。

予想の前にちょっと昨日の事を。

昨日は朝一から東京競馬場に行ってきました。
日中は陽が射す時間帯もあり、まずまずの観戦日和。
東京のレースは全レース購入。そして勝負レースはメインのダイヤモンドS
2011_2_23400mのハンデ戦。かなり難しいレース。当然のようにオッズは割れに割れていました。こういうレースは3連馬券を買うことにしていますので、3連複で勝負!

◎コスモメドウ
○スリーオリオン
▲スノークラッシャー

コスモメドウから前で競馬をすると思っていたスリーオリオンと後方からいい脚を伸ばすだろうと期待したスノークラッシャーをそれぞれ軸にした2段構えの馬券。

実際は副軸2頭は後方からの競馬・・・・。コスモメドウが勝ちましたが、○は最下位(泣)、▲は一番後ろから届かず。
マイナス収支でメインを迎え、この馬券で豪遊を夢見ましたが撃沈・・・・、この後居酒屋で安いお酒をあおりながらの反省会(グチのこぼし合い)に突入。

馬券はダメでしたが、観戦に行った時はなぜか必ず3着以内に馬を持ってきてくれる大庭騎手の100勝達成が見れたことはラッキーでした。

1002Rの新馬戦で 単勝81倍の穴馬を勝利に導いての100勝達成。彼らしい100勝達成劇となりました。
これからの目標は、「少しでもうまくなるように努力するだけです!」だそうで、私も大庭騎手が騎手を続ける限り応援し続けます。

驚いたのが左の100勝達成のインタビューの後、大庭騎手のサインを求めた人の多さ。皆さんちゃんと色紙を持ってきていました。

100勝達成した後、すぐに色紙を買いに行ったのでしょうか?それとも勝てるチャンスの薄い馬に乗る彼の勝利を信じてまえもって用意してきたのでしょうか?
もし後者なら、ちょっと凄いなー、と思ってしまいます。

過去のレース内容から予想を導き出す方法なので、新馬戦はあまり興味がありません。100勝を達成したレースを馬券で引っ掛けられればよかったのですが・・・。

今後200勝、300勝と勝ち星を伸ばして行くことを期待します。そしていつかは重賞制覇、G1制覇を!その時は馬券で取りたいものです。


少し前置きが長くなりましたが、フェブラリーSの予想を。

土曜はダートの時計が掛かっていることが気になりました。そして差しが決まらず前に付けた馬の好走が目立ったような気がします。一日経って状態に変化があるかもしれませんが、後方一気の馬は難しいと思っています。

本命はセイクリムズン

あまり強い馬だと思っていなかったのですが、昨年末の霜月Sあたりから急激に力をつけたような気がします。
昨日のダイヤモンドSはコスモメドウ、コスモヘレノスの「コスモ決着」でしたが、両馬とも3歳秋から4歳にかけて一気に充実した馬です。ハイレベルだったアルゼンチン共和国杯のヘレノスの方は正直なんで来ちゃったのかなー?と思っていましたがその後の活躍を見ると馬が変わったとか言いようがありません。先週のトゥザグローリーにも同じことが言えると思います。

3歳秋から4歳にかけて急激に力につける馬はたまにいますが、5歳にかけてとなるとちょっとかなり稀。しかしこの馬の急激な成長(もしくは何かきっかけをつかんだこと)に期待します。

手綱を握る幸騎手は昨日、東京ダートの1400mと1600mのみの騎乗。好騎乗が多かったと思います。乗れていますし、フェブラリーSのイメージは完全に出来上がっているでしょう。セイクリムズンについても手の内に入れていますし、彼ならすべてを託したくなります。

距離について何かと言われていますが、マイルなら問題ないと思っています。1200mよりはむしろ合うのでは?とも。好位から決め手を活かせる馬で、勝ちも期待しやすいと思っています。心配は連戦の疲労ですが、今がピークの馬なので、もう1戦は乗り切ってくれるものと!!

印は、

◎セイクリムズン
○ダノンカモン
▲ライブコンサート
△オーロマイスター
△シルクメビウス
△マチカネニホンバレ

ダートにおいては根幹距離であるマイルが主流になっていません。他の競馬場では1800m。1800mよりマイルが良さそうな馬を拾ってみました。

ライブコンサートは敗退した新馬、未勝利戦以来のダート戦になりますが、シングスピール産駒なら可能性はあると思っています。富士S、マイルCS、京都金杯と勝ち馬との差は僅か。かなり充実しています。微妙な馬場を見極めることの巧い福永騎手もプラス。

シルクメビウスはユニコーンSの走りが印象に残っています。現地でグロリアスノアを応援していましたが、脚色が1頭抜けていて途中で諦めました。東京マイルはかなり合います。あとは良化と位置取りしだい。

マチカネニホンバレは完全に頭打ちになっていますが、東京マイルの外枠なら買ってしまいます。

買い目は、

◎1着付けの馬単。
◎から○▲△ の5点が勝負馬券。

◎2着付けの馬単。
◎から○▲△ の5点も。

▲から◎○へのワイド2点。

« 共同通信杯、京都記念の予想 | トップページ | フェブラリーSの回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

今日はどちらも討ち死に( ̄~ ̄;)

セイクリムズンは予想外の3番手先行( ̄○ ̄;)!
オーロマイスターは予想外の大幅体重増(゚Д゚)ハァ?

今年最初のGⅠだってのに何だかなぁ(´~`)
って消化不良なレースでした(;´д`)トホホ…

まぁ過去のフェブラリーで不振のBT産駒が②③着に来た時点で
どう逆立ちしても当たりっこありませんが(# ̄З ̄)

次の機会にまた頑張りましょう( ̄▽ ̄)ノ

こんばんは、歳三さん。

今年の初G1は見事に討ち死に・・・・。
馬券圏内オール無印ですからぐうの音も出ないほどの!

セイクリムズンは返し馬からちょっとおかしかったです。スタートしてすぐにダメだと思ったので、あまり楽しめなかったがまた残念・・・・・。

でもこれだけ全くの的外れだとダメージが少なくていいかも?!(笑)

歳三さんの◎オーロマイスターもG1で522キロって・・・・。

お互い楽しめませんでしたが、まだ1発目。高松宮でガツンといきましょう!!!

勝ちタイム1分36秒4。
ちょっと馬場が例年と違っているような気がしました。BT産駒向き??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/38943391

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーSの予想他:

« 共同通信杯、京都記念の予想 | トップページ | フェブラリーSの回顧 »