2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 京都牝馬Sの予想 | トップページ | フェブラリーSの予想他 »

共同通信杯、京都記念の予想

「放牧中」ですが、今週と来週は参戦します。

2週前の京都牝馬Sが今年の1発目でしたが、最後の直線での斬れ味に期待した◎馬はまったく追われることなく終了。故障発生かと思いましたが、とりあえずは無事で何より。珍しくスタートが決まって馬が行きたがっているようにも見えましたが、最後どのくらい伸びるのか期待して見ていた者にとっては、「んー、なんだかなー」。

2発目、3発目は外れても納得のいくレースが見たいものです。

日曜の重賞レースは東で3歳戦、共同通信杯。西で伝統の京都記念。


共同通信杯


3歳のこの時期のレースということもあってか、たいてい1000mを1分1秒くらいで通過してラスト3ハロンに11秒のラップが並ぶ瞬発戦になりやすいレース。基本的に前有利のレース。力のある先行馬と上がり最速で差し込んで来れる馬が毎年馬券になります。

今年は昨日の降雪の影響もあり、馬場は回復するにしてもある程度力の要る馬場でのレースになると想定しています。逃げ馬らしい逃げ馬もおらず、例年通りの展開になると思いますが、堅い馬場ではないだけに前付けできる馬に利があると考えます。

本命はベルシャザール
540キロある大型馬。3歳のこの時期にして凄い筋肉の量。少々力の要る馬場はこの馬に有利にはたらきそうです。ホープフルSではナカヤマナイトに肉薄されましたが、跳びの大きいこの馬は東京のようなコースでこそ、より能力を発揮できるような気がします。

先に抜け出してしまえば簡単には止まらない馬だと思っていますが、デムーロ騎手ならその策をとってくれるだろうと期待しています。ホープフルSは僅差でしたが、まだ余力があるように思えましたし、東京替わりの+αもあると思っていますので、この馬は1着付けの本命にします。

対抗はナカヤマナイト
安易ですが、中山でのホープフルSでの1,2着馬が本命、対抗。
今回の共同通信杯ではラジオNIKKEI杯2歳Sの勝ち馬が1番人気になっていますが、レースの質も、メンバーの質も、「ホープフルS>>ラジオNIKKEI杯」だと思っています。

ホープフルSで◎馬と僅差、好位から安定していい脚を繰り出せるナカヤマナイトは素直に対抗。今回と同条件の百日草特別ではディープサウンドに完敗していますが、この時は馬場に入ってからのイレコミがきつかったらしく、一応の言い訳にもなります。
好位からの競馬が板についてきましたし、今回も好位からペルシャザールを意識してのレースを期待します。

印は、

◎ペルシャザール
○ナカヤマナイト
▲ユニバーサルバンク
△ロヴィンフッド
△オンリーザブレイヴ
△サトノオー
△ダノンバラード
△ディープサウンド

ユニバーサルバンクは躓いたラジオNIKKEI杯を除けば堅実な走り、好位からある程度の決め手を持っているのでこのレース向きかと。2000m戦のみの経験も距離短縮はプラスのような。
ロヴンフットはここ2戦の凡走はゲートに尽きます。スタートさえ決まれば馬券圏内も十分。東京替わりもプラス。
オンリーザブレイヴはまだ測れない馬。前走を見るとその前の2戦は完全に度外視可能。最内枠に外国人JK、そして人気薄。
サトノオー。距離延長がどう出るか。
ダノンバラード。豊様が下げて競馬をしてくれれば馬券圏外もあると思っています。人気に見合うだけの決め手を持っているとは思っていません。
ディープサウンド。ホープフルSが不可解、単勝1.7倍も当然の人気でしたが、おかしな競馬で最下位。まともなら勝ち負けクラスの馬だと思いますが、今回は一番下の△。

馬券は3連単。

◎→○→▲△
◎→▲△→○ の12点。



京都記念

有力馬の2011年の始動戦。有馬記念に出走せず、年明け1戦使って好走しているヒルノダムールには少しアドヴァンテージがあるような気がします。

ヒルノダムールは好きな馬で能力も高いのですが、一流馬相手となると勝負所での反応や終いの決め手という点で少し見劣るところがあります。今後2,3着期待の善戦マンとして付き合っていく予定なのでココでも2,3付けの対抗にします。加速に下り坂を利用できるこのコースは向くと思っています。

勝ち馬さがしになりますが、56キロで出走できるトゥザグローリーは一番可能性が高そうに思えますが、過密ローテで有馬記念を好走。そしてこのレース1番人気・・・・本命はやめておきます。
ダノンシャンティやオーケンブルースリはまだ復調の度合いがつかめません。復調していれば勝てるだけの力がありますが、同時に凡走の可能性も。特にオーケンブルースリは有馬記念でやむを得ず本来の型を崩す競馬をしました。京都の外回りで凡走は考えづらい馬ですが、凡走するなら今回だと思います。

ビッグウィークは休み明けの1戦。菊花賞の後を完全休養にしたことには好感。ただこのメンバー相手に2200mだと・・・・。しかも58キロ。

本命はメイショウベルーガ
エリ女→JC→有馬は牝馬には苛酷なローテ。有馬記念は余計だったと思います。ただ、有馬記念は参加しただけのレースだったので、負担も少なく1ヶ月半で回復していれば。

京都の外回り2200mはほぼベストの条件!!毎回乗り替わっているトゥザグローリーとは違い、ほぼ池添騎手で固定。彼が手綱を握る時は必ずいい脚を繰り出します。馬を完全に把握している騎手が乗り、馬自身がよく分かってコース。
末一手では京都記念では本命にしませんが、最近はある程度のポジションを確保しながら決め手が活かせるようになりました。

昨年の京都大賞典の頃の状態にあれば、相手は一流馬と言え、ほとんどが年明け始動戦、デキ次第になりますが、勝てるチャンスはあると思います。
エリザベス女王杯は勝てたはずのレースでしたが、不運にも1頭とても強い外国馬が参戦していました。同じ条件の京都記念でこの時の鬱憤晴らしを!!!

穴馬はプロヴィナージュ
今年はヴィクトリアMを目標にせず、中距離路線を歩むようで。人気がなさ過ぎますが、可能性は十分あると思います。距離が延びても何も問題ないメイショウベルーガとは違って、やはり牝馬は距離が延びると、対牡馬で考えた場合不利。京都大賞典より距離が短縮される京都記念。ビッグウィークが厄介ですが、荒れ馬場を前で巧く立ち回れれば。

印は、

◎メイショウベルーガ
○ヒルノダムール
▲プロヴィナージュ
△トゥザグローリー
△ダノンシャンティ
△ロードオブザリング
△ビッグウィーク
△オーケンブルースリ

馬券は3連単。

◎→○→▲△
◎→▲△→○ の12点。

◎○からプロヴィナージュ、ビッグウィーク、ロードオブザリングへの3連複の3点。


なにも雪が降って馬場状態が微妙な週に、張り切って一番当たりにくい3連単の馬券を買うこともないと思いますが・・・・・・・。(笑)

« 京都牝馬Sの予想 | トップページ | フェブラリーSの予想他 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ おひさです♪

ユニバーサルバンクがユニヴァーサルダンクに
なってますぜ( ̄□ ̄;)!!

とアラ捜しはさておき微妙に惜しい予想ですな(´~`)

ナカヤマナイトは自信があったのですが、
ユニバーサルバンクは盲点でした( ̄~ ̄;)

んでもってダノンバラードは意味不明の大敗(゚Д゚)

去年は高いレベルでの混戦模様でしたが
今年は低いレベルでの混戦模様っぽくて
難しいですな( ̄ー ̄;

まぁその方が予想のしがいがありますが(´ー`)ノ

フェブラリーSはキッチリ仕留められるよう
お互い頑張りましょう( ̄▽ ̄)ノ

こんばんは、歳三さん。

ユニバーサルバンクがユニヴァーサルダンクに。ご指摘ありがとうございます。2カ所も間違えるなんて失礼にも程があります。(笑)

両方とも悪い予想ではなかったと思いますが、ちょっと残念でした。

共同通信杯は4角先頭押し切り勝ちを期待した◎馬がまさかの出遅れで一番後ろから・・・。ちゃんとスタートが切れていればそこそこスピードがある馬と思っていただけに勝てていたんじゃないかなー・・・・なんて。そーしたら本線的中でしたが・・・。

京都記念はトゥザグローリーが勝ちに一番近いと思いながらも、配当が付かないので年末の過密ローテの影響がある事を期待しましたが・・・強いですね、この馬!!!
「ベルーガ差せー!」アツくなりましたが、逆転は無理な感じでした。

歳三さんは共同通信杯ユニバーサルバンク抜けだったんですかね。

お互い年明け1発目のG1、フェブラリーSで取り返しましょう!!!
そうそう土曜のクイーンCは的中されたようで!!おめでとうございます!!

今年のクラシックは牡馬の方は予想のし甲斐がありそうです。ここのところ毎年年末のラジオNIKKEI杯が出世レースになっていましたが、今年はちょっと違うと思いますよ。

まだ分かりませんが、来週は土曜日のダイヤモンドSが勝負レースになるかも????

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/38851418

この記事へのトラックバック一覧です: 共同通信杯、京都記念の予想:

« 京都牝馬Sの予想 | トップページ | フェブラリーSの予想他 »