2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« フェブラリーSの予想他 | トップページ | 中山記念の予想 »

フェブラリーSの回顧

今年のフェブラリーSはエスポワールシチーやスマートファルコンの出走がなく、混戦模様と思われていましたが、終わってみれば1番人気のトランセンドの完勝。

藤田騎手はスタート直後から押して押して先頭に馬を運びます。ハナは譲りません。最内に馬を入れ、その後はマチカネニホンバレと並走で直線へ。直線ではマチカネニホンバレを振り切って一人旅。少々力の要る馬場の中、正確に一定のラップを刻んでの押し切り勝ち。スピードの持続能力はさすがG1馬。

この馬は無印にしました。阪神1800mのJCダートでは勝ちましたが、逃げ馬ながらマイル向きのスピード馬ではないこと。それに昨秋の前哨戦みやこSとJCダートを比較すると明らかにJCダートのパフォーマンスが上がっていたので、次のドバイを見据えて前哨戦を使っていないことはマイナスだと思っていました。

先頭に立って主導権さえ握れば簡単には止まらない馬。最近は1分34秒台で決着するレースになっていましたが、今回は1分36秒台。少々時計を要する馬場状態であったこともこの馬向きだったと思います。
それでも強い馬です。余計なレースを使わずにJCダート、フェブラリーSを連勝、そしてドバイへ。立派な現チャンピオン馬。一番前でレースをコントロールできて、かなりのスピードの持続能力を持っている馬・・・・・後続の馬にとって、この型を持つトランセンドはかなり厄介な存在です。

東京マイルが一番危ないと思っていましたが、勝ってしまいました。この後しばらくはマイル戦がありませんし、1800m以上のレースでこの馬を嫌うのは難しいような気がします。課題はこの馬よりスピードのある先行馬のいるレースでしょうか?
楽に先手を取らせたら勝たれてしまうので、藤田騎手に喧嘩を売る「漢」がいるかどうか。


フリオーソはちょっともったいない競馬でした。ゲートは五分に見えましたがその後の行き脚がつきませんでした。芝の区間が終わり、ダートコースに入った所で後ろから2番目。
遅れた分をカバーし、外外を回り、どの馬より長い距離を走りながらの最後の豪脚。ゴール地点ではトランセンドから0.2秒差の2着・・・・・。

凄い闘争本能、集中力、そして底力!!スマートファルコンの1枚いや2枚落ち・・・・くらいに考えていましたが、失礼千万!7歳馬ながら今がピークのような気がします。
ただ、レースの型を崩した上に、相当負担のかかる競馬をしました。JBCクラシック→東京大賞典→川崎記念とG1を3つ使った後でもありますから、ちょっと心配ではあります。

12年前、メイセイオペラという馬がこのレースを制しましたが、地方の競馬の雄は中央で結果が出ません。ダートの質の違いそれにコース形態の違いからかな?と思っています。少々時計のかかる今の東京の馬場はフリオーソには追い風で、チャンスはありました。それだけに、特に地方競馬ファンにとっては残念過ぎる出遅れ・・・・。非常に強い競馬をしているだけに・・・・・。
「なんでデムーロなの?主戦の戸崎騎手を乗せておけ!!」という地方競馬ファンの声が聞こえるような気がします。


トランセンドとフリオーソ。この2頭の強さが印象に残ったフェブラリーSでしたが、レース後の藤田騎手、デムーロ騎手のコメントを見ると1600mは短いということを言っています。特にスピード勝負にならない今回のような馬場においては、3着以下の馬との力の差はかなり大きそうです。


年明け最初のG1レースでしたが、当てに行ったつもりが馬券は大外れ。馬券圏内オール無印。
見事すぎる討ち死に・・・・。真っ向唐竹割りでバッサリやられたような討ち死に。ぐうの音も出ないほどの見事な外れっぷり。これだけきれいに外れるサバサバしたものですが、G1連敗記録は更新中・・・・・。早く止めたいのですが次は1カ月以上先。(泣)

本命のセイクリムズンは返し馬からちょっとムキになっているように見えました。そしてレース中も・・・。あと1戦は・・・・と期待していましたが、前走がピークだったような。立て直してから今後のレースに期待します。
東京は合うと思いますし、もしマイルが長いと思われて人気が下がるのであれば、武蔵野Sあたりでもう一度本命を打ちたいと思っています。


ちょっと最後に土曜に東京競馬でもらってきたレーシングプログラム。

Photo_2 去年のフェブラリーSを制したエスポワールシチーと哲三騎手。ケータイのカメラで撮って載せたので鮮明ではありませんが、実物はお二人(?)とももう少し男前です。(笑)

いい写真だと思って大事に持って帰ってきました。
競走馬の力感、勝とうとする意志、集中力などが見事に表現されていると感じました。

できればこのコンビをフェブラリーSで見たかったです。

今年のフェブラリーSはいいレースだったと思いますが、仮にエスポワールシチー、それにスマートファルコンが万全の状態で出走していて、トランセンド、出遅れなかったフリオーソ・・・・この4頭、強い逃げ馬が凌ぎを削るレースになったらどうだったでしょうか?

競馬にファンにとってたまらないレースになったと思います。秋のJCダートでこの4頭が相まみえることを切に願います。

« フェブラリーSの予想他 | トップページ | 中山記念の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/38964916

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーSの回顧:

« フェブラリーSの予想他 | トップページ | 中山記念の予想 »