2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 有馬記念の出走各馬について (内枠) »

有馬記念の思い出

競馬ファンにとって一年の最後の日曜日と言えば、一も二もなく有馬記念

有馬記念をやらずに年は越せないという競馬ファンも多いことでしょう。一年前に書いた「競馬ファンって最高」の記事で友人のA君のことを書きましたが、彼は昨年末悪性のインフルエンザに罹ってしまいました。それでも有馬記念で大好きだったステイゴールド産駒のドリームジャーニーの単勝を買わねば!と完全防備でWINSに向かったそうです。

ここまで競馬ファンを駆り立ててしまうのが有馬記念。

有馬記念はジャパンカップのように部外者(外国馬)が出ることはありません。出走するのはファン投票で選ばれた身近な馬達、ファンにとって思い入れの深い才能溢れる馬達!!
競馬ファンそれぞれが思い入れの深い馬から馬券を買って、中山競馬場で、WINSで、またテレビの前で「行けー!」「頑張れー!」と声を出したり、心の中で願うのが有馬記念。

有馬記念はすべてのレースの中で一番好きなレースです!!

有馬記念が行われるのは中山2500m。
コーナーを6回通過する内回りのレース。根幹距離でない2500m。そして冬の重めの芝。この少し特殊な条件がドラマを生んだりします。
また、それぞれ目標レースを終え、余力が多少削がれた状態、万全から少し落ちる状態で迎えたりすることもあるレース、それが有馬記念を一層興味深いものにしています。

このブログを見ている皆さんにそれぞれ有馬記念の思い出深いエピソードがあると思いますが、私もあります。

2002年はまったく評価されていなかったタップダンスシチーが悠然と1番人気のファインモーション交わしていく衝撃的シーン。何が起こったのかと思いました。
2003年はシンボリクリエスどうしようもない強さ
あまりに割りの悪いレースぶりから3歳時は1着否定の馬券を買い続けたのに、すべて1着になりやがったなったディープインパクトに完全的中で一矢報いた2005年。
マツリダゴッホが低評価を覆して完勝した2007年。
ダイワスカーレット1着付け、エアシェイディ3着付けの「夢馬券3連単」を買いながら、夢馬券にしてはアドマイヤモナークが抜けていた2008年。
そして睡眠時間を削ってまで一番熱心に展望の記事を書き、競馬を始めてからただ一度の大勝負をした去年。

それぞれが思い出深いレースで、今でも鮮明に思い出せますが、今回の話は一番最初に馬券を買いに行った有馬記念。

2001年の有馬記念。3歳のマンハッタンカフェが勝った年の有馬記念です。

まだ、競馬に興味を持っていない頃です。当然競走馬に何の思い入れもありません。
付き合いでWINSに馬券を買いに行きました。同行した友人はアメリカンボスと言う馬を高く評価していて自信満々。相当思い入れのある馬のようです。
私は何も知識が無いながらも、1、2番人気のテイエムオペラオーとメイショウドトウはその前年はどうしようもなく強かったらしいのですが、今年の着順を見るとどうも力を落としているような気がしたので3歳馬のマンハッタンカフェから馬券を買いました。

的中したと思うでしょうが、的中したのは友人だけです。

実はその前のジャパンカップが彼と馬券を買いに行った初めてのレースでした。
何も分からないので経験者である彼の推すアメリカンボスからワイドの馬券を買いました。
WINSのモニターでこの馬を見ていましたが・・・・・・・全然勝負になっていない。まったく見せ場なく、まったく熱くなることなく馬券は紙屑に。正直つまらないレースでした。

有馬記念ではどんなに人気が無かろうがハナから消し!競馬をよく知る友人がどう言おうが100円も買わないと決めていました。

WINSのモニターにかじりついて有馬記念スタート。
すぐさま一つ気付いたことがありました。

あれっ?逆に回っているんじゃないの?」(笑)

マンハッタンカフェからの馬券(馬連)を買っていたので、レース中は「青い帽子で黄色っぽい服、そして4番」の馬だけをじっと見ていました。
そして最後の直線・・・・・・。
「来た来たっ!青い帽子っ!黄色い服っ!そして4番!間違いないっ!」

一番前で逃げているトゥザヴィクトリーという馬との2頭で決まりそう!
騎手の名前なんて誰も知りませんが、武豊騎手だけは知っていました。ただこれだけの理由で武騎手の乗るトゥザヴィクトリーとの組み合わせは厚く買っていました。

ジャパンカップとは打って変わって心臓バクバクです。

結果は競馬ファンの方はご存じのように、ゴール直前で1頭白い帽子の穴馬がこの2頭に割って入ります。
そう、アメリカンボス・・・・・。
最低人気の超穴馬が2着に飛び込み馬券は大荒れ!

友人は直線に入る前から、「ボス行け!ボス行けっ!!」と頻りに声に出して応援していました。そして2着!渾身のガッツポーズ!!2着だっただけにワイド馬券で勝負していたことがちょっと悔やまれますが、それでも会心のビッグヒット!!

競馬ファンではない頃の出来事ですが、その私でさえ、この時友人が取った馬券はおそらく競馬ファンとして忘れることのできない最高のものであったことは容易に想像できます。

人気(世間の評価)に関係なく、思い入れのある馬が必ず好走できると信じ、声を張り上げて応援し、そしてその通りになった。年末のビッグイベント有馬記念で!しかも信じたのが思い入れのある最低人気の馬!

競馬ファンとなった今となっては、この時の友人をとても羨ましく思います。生涯で一度でいいから有馬記念でこのような馬券を取ってみたいと心から思います。

去年の有馬記念は一年間のプラス分をほぼすべて突っ込んでの大勝負。展開を重視した結果、最終的に◎はドリームジャーニー。対抗はセイウンワンダーかエアシェイディでちょっと迷いました。エアシェイディもよく2,3着付けの軸にする思い入れのある馬ですが、新馬から気にかけてきたセイウンワンダーほどではありません。結局セイウンワンダーを対抗にして馬券を買いました。

初の大勝負で馬券を外すことになりましたが、結構納得ができて自分でも驚きました。有馬記念はやはり特別!思い入れのある馬が勝負になると判断できるならその馬を軸にするべきレースだと思います。

競馬ファンにとって1年の締めくくりのレース有馬記念。それぞれが納得のいく馬から馬券を買って大いに盛り上がるファンのための祭典。やはりこのレースが一番です!!


最後にちょっと2001年有馬記念を話を続けます。

なまじ勝ったマンハッタンカフェを本命にしていただけに余計に悔しい結果となってしまいました。配当は馬連で48650円。何も知らないくせに経験者の言うことに耳を貸さなかった自分の頑固さを大いに反省することになりました。(笑)

ただ、やはりよく分からないので、なんでジャパンカップでまったく勝負にならなかったアメリカンボスが好走できたか友人に訊いてみました。

中山替わり、内枠は好材料。そしてアメリカンボスは叩き良化型、レースを使いつつ調子を上げてくるタイプの馬だそうです。

東京と中山の違いさえも知らない当時はチンプンカンプンですが、今なら凄くよく分かります。
逃げ馬らしい逃げ馬が不在、ペースは速くなりそうもないレース。先行できて、内枠からインべったりに最短距離を走れそうな中山を器用に立ち回れる馬、冬の中山の芝への適性は証明済み・・・・・馬券から外すことは考えられません。それが人気薄ならなおさら!


今回この随分前の思い出話を取り上げたのは、今年の有馬記念でも先行できて、最内を確保できそうな馬が有利にレースを運べるのでは??と思ったからです。

2001年はトゥザヴィクトリーの武騎手がかなりペースを落として逃げ、自分自身が残れるレースを演出しました。ここまでのペースにはならないと思いますが、まず速くなることはないでしょう。去年とはまったく別のレースを想定します。
今年は枠と道中の位置取りが重要になってくると考えています。

詳しくは今後の展望の記事で。

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 有馬記念の出走各馬について (内枠) »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

ども!庶務2です。

2001年の有馬記念は、同年おきた「アメリカ同時多発テロ(2001.9.11)」との兼ね合いで、忘れがたいレース結果でしたね。
つまり。。。
1着。。。「マンハッタン」カフェ
2着。。。「アメリカン」ボス
3着。。。トゥザ「ビクトリー」
こういう絵にかいたような結果もあるんだなとか思いました。

その年の最後に行われる有馬記念がその年を総括する。。。。

そういう意味でいうと。。。今年は 「就職氷河期」 でしょうか?
大学出ても就職先がないエリートがゴロゴロしてるとか。。。

今年は3歳馬の登録がやけに多いですが、「この就活」。。。「この週、勝つ」となりますか?(笑)


そう言えばJRAのHPに、こんな記述(サイン?)が。。。


>12月26日(日)に中山競馬場で行われる「ハッピーエンドプレミアム」は、今年7月3日(土)にこの世を去ったオグリキャップ号を追悼するとともに、有馬記念(GI)を2度優勝した同馬の功績を称え、(オグリキャップメモリアル)として行うことに決定しました。


有馬記念を2度優勝した(笑)
じゃあアイツの単勝ですか?(笑)

こんばんは、庶務2さん。

2001年の有馬記念は「アメリカ馬券」なんて言っている人もいました。
なんでこうなっちゃうかなーって。(笑)

ジャパンカップを買いに行ってなければ多分経験者の言うことを聞き入れてスマッシュヒット!どこからどう見てもビギナーズラックって話になったと思うのですが・・・・・。

競馬に限らず私は本当にビギナーズラックとは無縁の人らしいです。

有馬記念は普段競馬をやらない人も馬券を買いますし、色んな見方、話題が出てきて面白いレース!!

ちょっと出遅れちゃいましたが明日有馬記念の展望について書こうと思っています。
(前もって書いた分はアーネストリーがレースを作ってそして勝つ!という前提でのものだったのですべてボツにしました。)

アイツとはドリジャニですか。
去年は展開を重視して1着付けの◎にしましたが、ピークを過ぎた感じがする今年はちょっと難しいような気がします。

まだ有馬まで日数がありますから、よく考えて悔いのない馬券を買いましょう!

それにしても今回の有馬はどの馬が逃げるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/38140614

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念の思い出:

» 有馬記念(2010年)データ分析[2]、買える馬と消せる馬! [激走!データ競馬ブログ]
[AD]破壊力抜群の馬単1点予想を無料で毎週配信中! 2010 有馬記念 データ[2] 2010年12月26日5回中山8日  第55回有馬記念(G1)中山芝2500m 3歳上 定量 前回に引き続き、有馬記念のデータを ... [続きを読む]

» 有馬記念 part2 [ヘルズ ダイアリー]
ウィーッス!今日はヘルズの思い出の有馬記念をUPします思い出と一言で言っても沢山ありますが・・・大当たりの有馬記念と言えば・・・1993年のトウカイテイオーの時一緒にWINSに行った友人達に大振る舞いしました名勝負の有馬記念と言えば・・・1999年のグラスワンダーの時スペシャルウィークと4cm差の勝負は最高でした3歳馬強しの有馬記念と言えば・・・1994年のナリタブライアンの時ブライアンの強さはもちろんですが牝馬のヒシアマゾンの強さも光りましたざまーみろの有馬記念と言えば・・..... [続きを読む]

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 有馬記念の出走各馬について (内枠) »