2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 今年も残り1ヶ月 | トップページ | 阪神ジュベナイルフィリーズの予想 »

中日新聞杯の予想

先週のJCDは参戦できませんでした。
今週は中日新聞杯、阪神JFの2本立てで。

中日新聞杯

今日はWINSのある駅で飲む予定。どうせならその前に馬券を買ってという話になり、中日新聞杯他に参戦します。
WINSに馬券を買いに行くのは久しぶり。去年の年明け金杯以来。
約2年ぶりになります。この時は本命のアドマイヤフジが勝ち、相手は人気薄のミヤビランベリかっ!と思いましたが、ヤマニンキングリーに馬券を割られ悶絶。(笑)
近くのゴミ箱にリッチなディナーに化ける予定だった馬券を投げ入れ、しょんぼりとWINSをあとにしました。

今回は意気揚々とWINSを出たいものです。

今回の中日新聞杯は中京の2000mではなく、小倉2000mで行われます。中京は今のコースだからこそ面白いと思っていますが、(余計な)改修工事をおこなっているようで・・・・。

小倉のレースはあまりやりません。なじみがない上にかなり苦手にしています。
今年の小倉記念はブログにアップしましたが、◎バトルバニヤン、○アドマイヤオーラで◎1着付けの馬単と◎○からの3連複での勝負。直前で○馬が除外になったので実質◎馬からの馬単勝負になりました。
結果はハナ差で万馬券を取り逃がすことに。

苦手な上に、相性も悪そう。あまり当たる気がしませんが、この難解な小倉メインを勝負レースにします。


小倉2000mに重賞級の馬が集まるレースは小倉記念しかありませんが、このレースはまず緩み所のないレースになります。先行馬受難のレースになりやすく、差し馬がかなり馬券に絡みます。
ただ、今回は開催3日目のレース。時計が出る馬場で内の傷みもありません。すべては流れ次第ですが、悠長に距離ロスの多い競馬をしていては時計に対応できない可能性もあります。

気があるのは内枠のトゥザグローリー、バトルバニアン、スリーオリオン。

トゥザグローリーは多分今後どこかで重賞を取る馬でしょう。小回りコースで能力がしっかり発揮できるかという不安はありますし、休み明け以後間隔が詰まっての4戦目でどうかとも思いますが、力は抜けています。
最内枠は何とも言えませんが、鞍上はデムーロ。
「出稼ぎ」に来ている外国人ジョッキー達が香港に向かった中、デムーロ騎手は日本に残りました。多分、この馬に乗るため。最内枠にデムーロ騎手。マイルCSはスタートがすべて。今回はスタートに細心の注意を払うと思います。
福島のラジオNIKKEI賞は酷過ぎる競馬。出遅れて最後方。早めの外を上がって先頭付近に。これでコンマ2秒差で掲示板確保は強すぎます。まともにスタートが切れていればおそらく楽勝。小回りを理由に必要以上に嫌うことはないと思います。スタートを決めれば。

バトルバニアンは小倉巧者。小倉特有の流れはこの馬を浮上させます。小倉記念の予想では2000mよりは1800mなどと書きましたが、なかなか強い競馬でした。小倉芝の成績がひどい藤岡康騎手は不安ですが、東京メインで圧倒的人気のジョーカプチーノを降ろされての小倉での騎乗・・・・・心中期するところがあるでしょう。

スリーオリオン
アルゼンチン共和国杯は強い競馬。内田騎手は明らかに直線で最内の伸びる馬場に乗せるつもりでレースを組み立てました。最内を確保するための先行策。
しかしながら速い流れになり、先行した馬にとってきついレースでした。このタフなレースでのダメージがなければ。
今回は武騎手ですが、小倉ではむしろプラス。



この3頭からの馬券を予定しています。あとはWINSで決めます。

阪神メインはワンダーアキュート。東京メインはダイワマックワンに興味があります。

« 今年も残り1ヶ月 | トップページ | 阪神ジュベナイルフィリーズの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

´ω`)ノドモドモ

あっしも◎バトルバニアンで勝負しましたが
①③⑤着でハズレ(;´д`)トホホ…

3歳牡馬世代がワンツースリーと
相変わらず冬の重賞を荒らしまわって
おりますな(´ー`)ノ

久しく牡馬不遇の時代が続きましたが
今年の3歳牡馬は来年も期待してます( ̄▽ ̄)b

只今帰りました。

バトルバニヤン(「ヤン」らしいですね。ブログでも「ヤン」と書いたり「アン」と書いたりしちゃってます。)残念でした。

トゥザグローリーの真後ろ、最内に付け、「これは藤岡騎手分かっていらっしゃる!」と思ったのですが・・・・・。

なぜか幸四郎騎手が内をあけ、スルスルと労なくして位置取りを上げるグローリーにそのまま付いて行って2,3着を拾えばいいのに中途半端な競馬。
状態は良さそうだっただけにかなり残念!!

それにしてもこのメンバーの小倉2000mで上がりが33秒って・・・。かなり特殊なレースだったと思います。

お互い明日のG1で取り返しましょう!!!!

久しぶりのWINSはちょっと違和感を感じました。やはり競馬場の方が楽しめるような気がします。

今年の3歳牡馬は粒ぞろいですね。(芝馬に限りますが。)これからの重賞でも楽しみ!!

まだ酒がまわっていて今晩の予想は無理なので、明日起きてから予想をまとめてブログにアップします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/38037774

この記事へのトラックバック一覧です: 中日新聞杯の予想:

« 今年も残り1ヶ月 | トップページ | 阪神ジュベナイルフィリーズの予想 »