2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« エリザベス女王杯の展望  アパパネ | トップページ | エリザベス女王杯の予想 »

エリザベス女王杯の展望 2  プロヴィナージュ回避

火曜に展望を書きましたが、結局アパパネの事だけで終わってしまい、続きも書けずに早、土曜の夜になってしまいました。

3歳馬と古馬、それに外国馬。今回のエリザベス女王杯ではどの馬がどのくらいの評価を受けているのか確認することも楽しみの一つでした。
先ほどオッズを確認してみると・・・・・アパパネは単勝2倍で1番人気(まあ予想通り)、メイショウベルーガが4倍で2番人気(そんなところでしょう)、プロヴィナージュは・・・・☆マークが並んでいます。(!!!!) 出走取り消しのようです!!

これは困りました。
京都大賞典が終わった時点で、エリザベス女王杯で買う馬券はだいたい決まりました。翌週の秋華賞でアパパネがとんでもない強さで勝ったことから、配当面での期待もできるかな?と思っていました。

プロヴィナージュが出走しないので、無駄な記事になりますが、せっかく書いたので載せておきます。


【古馬牝馬のNo.1,2の不在のエリザベス女王杯で、2歳G1+クラシック3冠すべて制しているアパパネが馬券圏外にならないかな、と無謀な事を考えている訳ですが、まともな状態なら考えづらいものの、そこは3冠がかかった秋華賞から1ヶ月足らずで迎えるレース。間違いなく秋華賞の最高と思える状態は維持できていないはずで、それが一番の拠り所であります。

それでも軽い質のレースならそこそこ来てしまいそうな気もするので、牝馬にとってある程度タフなレースになることを期待します。
向正面から3コーナーにかけての坂越えをした後の長い直線を含むスピードの持続力比べ。万全でない状態にある馬が脆さをさらけ出してしまうのに十分な舞台だと思います。

多分現役を続けるだけの力が残っていないテイエムプリキュアが逃げ。ブライティアパレスセラフィックロンプこれに続くでしょう。しかしブライティアパレスは距離、折り合いに対して不安を持っていますし、セラフィックロンプも京都記念や府中牝馬Sを見る限り、上がり勝負を前で雪崩れ込む競馬が合っていそう。

この3頭だけでは持続力勝負にはなりそうもないので、期待したいのはプロヴィナージュの積極的に先に抜け出す競馬。哲三騎手ですし、ここを目標にしている馬。前走京都大賞典で距離への不安も無くなりました。

どの馬が先行しようと、プロヴィナージュは4角で先頭付近になる競馬をすると思っています!!今回の馬券は京都大賞典で買った馬券と同じ3連単の馬券を買うつもりです。

京都大賞典で牝馬が馬券に絡むことは稀です。最近男勝りの牝馬がポンポン出ているのでちょっと麻痺していますが、大雑把ながら牡馬と牝馬を比べると、距離が延びるほど牝馬は不利です。

京都2400mの重賞となると牝馬にとって楽な条件ではありません。過去に好走した馬と言えば、スイープトウショウダンスパートナーヒシアマゾン。紛れもない名馬であり、エリザベス女王杯で勝ち負けした馬であり、スピードの持続能力の優れている馬。

今年の京都大賞典ですが、逃げ馬ドリームフライトがゲートの出がイマイチで、鞭を2発入れ、1頭だけまるで最後の直線かと思ってしまうほど追って行ったので、大逃げの形になりました。1頭大逃げの形ですが、レース全体を見ても緩みは少なく、例年のような上がり勝負にはならず、少々上がりも掛かっています。

2着に入ったオーケンブルースリが+22キロと緩い仕上がりだっただけに直接牡馬トップクラスの馬との比較ができる訳ではありませんが、1着メイショウベルーガと3着プロヴィナージュは牝馬限定戦で、持続力が問われる流れになれば、かなり信用していいと思っています。
逆に3歳馬は怪しい部分があるような・・・。(アプリコットフィズが出走していれば3歳馬の中で一番評価するつもりでした。)

京都大賞典が終わった時点でエリザベス女王杯で買う馬券は決まっていました。そもそもエリザベス女王杯の前哨戦に、牝馬ながら京都大賞典を選ぶ辺りに、今回のレースへの本気度が窺えます。


メイショウベルーガは5歳馬ですが、今年がこの馬にとってピークの年。牝馬ながら3000mの阪神大賞典でタイム差無しの3着。京都2400mの日経新春杯、京都大賞典では牡馬を蹴散らして勝利。
坂越え2回、京都3200mの天皇賞春は牝馬には酷な条件なので、ここでの大敗はやむなし。宝塚記念、新潟記念は基本的に差せないレースでしたが、それでもいい脚を使って上位にくい込んで来ました。

スタミナに不安のない馬だけに前走より200m距離短縮になる分はややマイナスですが、京都2200はベストに近い条件。前走でもある程度の位置が取れていることはプラス材料、位置取りの自在性が付いてきただけに、スローペースの前残りにならなければ差し切れる馬だと思っています。

これまで連勝の経験がない馬ですが、このレースは間違いなく目標のレース。大舞台でも動じずに勝ち切るための競馬に徹することができる池添騎手が鞍上ですし、先行馬のプロヴィナージュが軽い質のレースにはしないでしょうから、1着固定の馬券を買います。


プロヴィナージュが対抗。京都大賞典ではメイショウベルーガに3馬身半差つけられましたが、この馬は200mの距離短縮はプラス。3馬身半差は詰まると思っています。
京都大賞典は1頭大逃げの形だったので、この馬はレースが難しかったと思います。今回のテイエムプリキュアはここまで無理な逃げ方はしないでしょうし、最後は必ず止まりますから前走よりはレースがし易いはずです。
ブライティアパレスやセラフィックロンプを出し抜いて、直線で1頭抜け出る積極策に期待します。

3歳馬との比較ですが、クイーンSでアプリコットフィズに敗れていますが、この時は武騎手が完璧なレース運びをしましたし、アプリコットフィズは洋芝巧者なのでは?と。(来年クイーンSに出てくれば本命にします。)
今回初めて背負う56キロですが、大型馬だけに特に気にしてはいません。】


とこれに他何頭かのコメントを付けてアップしようと思っていましたが、睡魔に負けてしまいました。

プロヴィナージュはかなりの確率で好走できる馬で、しかもレースを作る立場だっただけにこの馬の回避は、かなり影響があると思います。本命予定のメイショウベルーガにしても京都大賞典ではある程度の位置取りができましたが、今回も、という保証はありません。
仮にプロヴィナージュが出走しないことで、レースの動きだしが遅れ、上がりの速い競馬になった場合、京都大賞典とは違って多頭数のレース、後方からだと距離ロスが多くなり、届かないという事が十分考えられます。

上に書いたように2200m距離ではブライティアパレスやセラフィックロンプが積極的に勝ちに行くとは思えませんし、他の馬ではリトルアマポーラやサンテミリオンが思い切って前に行かない限り・・・・・。

今年のエリザベス女王杯は3連単の◎○も順番付けも決まっていて、後はヒモで拾う馬を決めるだけだと思っていましったが、レースを作る立場の○馬が回避してしまったので予想はやり直し。興味も薄れてしまいました。

これからもう一度予想し直すつもりですが、場合によっては武蔵野Sの方に鞍替えするかもしれません。

« エリザベス女王杯の展望  アパパネ | トップページ | エリザベス女王杯の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

いやあ、スノーフェアリー、内からするすると伸びましたねー。
アパパネもう少し内だったら際どかったかもしれません。
メイショウベルーガも、もうひと押しが足りなかった。
今回はG1チャンスだったのに残念でした。

こんばんは、勝ったのはオグリキャーップ♂ さん。

先日は勝手に勝ったのはオグリキャーップさんの事を男性だと判断してコメントを返しましたが、やはり♂でしたか(笑)

スノーフェアリーは強過ぎてビックリしました。
ジャパンマネーが強くて賞金額が凄いことになってますから本気度は高いと思いましたが、まさか馬場差を越えて強い馬だとは思いませんでした。

ベルーガにはG1を取って欲しいと思っていましたが、残念・・・。スタートで巧く中団に付けた時はかなりチャンスがあると思いましたが、1頭余計な馬が・・・・。

アパパネは3冠がかかった直後のレースにもかかわらず凄い馬です。このあとは休養に充てて、来年ブエナ、レッドに挑戦して欲しいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/37627904

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯の展望 2  プロヴィナージュ回避:

» エリザベス女王杯,武蔵野Sの予想、買いデータ&消しデータまとめ [激走!データ競馬ブログ]
[AD]儲かる高確率馬券の厳選無料情報を配信しています!! エリザベス女王杯の予想 ------------------------------------------------ ≪エリザベス女王杯まとめ≫ ------------------------------------------------ ○2番人気以内 (5-5-3-6) ×単勝100倍以上 (0-0-0-33)...... [続きを読む]

« エリザベス女王杯の展望  アパパネ | トップページ | エリザベス女王杯の予想 »