2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« マイルCS回顧とジャパンカップの展望 | トップページ | 今年も残り1ヶ月 »

ジャパンカップの予想

いよいよジャパンカップ
ジャパンカップだけに国際色豊かになるのは仕方ないのでしょうが、今年は半数近い8頭が外国馬、騎手にいたっては12人が外国人。日本人騎手は6人だけです。こんなジャパンカップを見るのは初めてです。

人気はブエナビスタが抜けた1番人気で、これに凱旋門賞好走のナカヤマフェスタ、3歳馬のペルーサ、ローズキングダムが続きます。
この4頭が単勝一桁人気。ローズキングダムの単勝が売れていることは少々意外でした。単勝の売れ具合は実績からブエナVSフェスタ、それに未知の魅力のペルーサが加わる図式になると思っていました。


比較の難しい外国馬が多いことには個人的に少々興が削がれますが、日本馬に関しては最近無かったような質の高さだと思います。古馬の実績馬、能力の高そうな3歳馬がほぼ出走してきました。最高レベルのレースを堪能できるかな?とワクワクします。


本命はブエナビスタ

このレースまでは全く嫌うつもりが無いので、人気でも本命です。
特に言うことの無い馬でしょう。
抜けた末脚の推進力、自在性を増した脚質、牝馬とは思えない底力、そして最大の目標レース。今年国内で唯一負けた宝塚記念にしても、馬場渋っていて逃げるアーネストリーを早めに競り落とさなくてはいけなかったレース。本来のこの馬の型を崩してのレース。最後にナカヤマフェスタに差されたのは展開のアヤ。

内回りの宝塚、有馬の両グランプリはこの馬にとって鬼門になり得ますが、東京コース、それも良馬場で毎回好走続ける根性馬でもあるこの名牝をどうやったら嫌えるやら。競走馬としても今がピーク。秋3戦目で迎える最大の目標レースでの凡走は非常に考えづらいと思っています。


対抗はジャガーメイル

京都大賞典が終わった時点はオーケンブルースリを対抗にするつもりでしたが、このレース後に歩様に乱れ。順調さを欠いてJCを迎えることになりました。馬のキャラクター的にも次の有馬記念では強みを活かせそうもない馬なので、少々不安があってもJCには出走しなくてはならいでしょう。
今回レースを積極的に引っ張りそうな馬もおらず、ペースが上がらなければ、エンジンの掛かりがあまりいいとは思えないこの馬は状態が万全であっても少々危ないとも思えます。

こんな点を考えると、魅力的なのはオーケンよりジャガーメイル。天皇賞での着順が影響してか7番人気を低評価。
もともと終いの決め手に優れている馬なので、好走する条件は東京や京都の外回りのレースに偏ります。宝塚記念、特に今年の宝塚記念はこの馬の強みが活かせないレース。2000mより2400mの方がレースがし易いのは明らか。良馬場の東京2400mはかなり向く条件だと思います。この人気なら間違いなく「買い」だと判断しました。

負けた天皇賞秋にしても、秋初戦、JCに向けての叩き台のレース。このレースでかなりいい反応をしています。レース中、副軸にしたエイシンアポロンを見ていました。なかなかの手応えで内から抜けて来そうでしたが、これを上回る反応で内に割り込んで来たのがジャガーメイル。無茶な騎乗で最内に入りましたが、垂れてきたシルポートが内にヨレて万事休す。結局、無茶な割り込みが審議に引っ掛かり最下位に降着。

最内を抜けられていれば・・・については分かりませんが、秋初戦のレースでかなりいい反応していたのは確かです。オーケンと同じく、次の有馬記念は間違いなく「向かない」レース。陣営も意識して東京と京都外回りのレースを選んで出走させている馬ですし、有馬記念に期待をもっていないでしょうから、ジャパンカップではおそらく渾身の仕上げ!
オーケンとは違って、前が詰まったことで、秋初戦のレースを目一杯走ってないこともプラスかもしれません。

今回ハイペースになるとこはないでしょうが、これだけ外国人騎手の揃ったレースで完全な「スローからの上がり3ハロン勝負」になることもないと思います。おそらくある程度の底力に支えられての決め手が求められるレース。やはりこの馬に期待したくなります。

デビューが遅く、レース数もあまり多くないない馬。5歳馬ですが、4歳馬と変わらないような馬。そして今年にピークが来ている馬。陣営にしても、私からしても(笑)ココで走ってもらわないと!!!


3歳馬については人気に「期待値」が上乗せされています。実際この時期にグッと伸びる馬もします。しかし最高峰のレースで古馬トップの壁にはね返されるのもジャパンの歴史です。3歳馬の勝利はジャングポケットやエルコンドルパサーまで遡らなくてはいけませんが、だいたいこういう年は強い4歳馬が不在の年です。
今年はかなり強い4歳馬がいます。逆転するのはかなり難しいと思います。

もともとこの世代ではペルーサが抜けた力を持っていると評価していますが、確かにこの馬なら逆転の可能性まであると思います。才能だけなら現役トップかとも!!
しかしながらレースの完成度が低すぎます。馬もまだ幼く、恵まれた才能が活かせないでいます。こういう馬は軸にしません!!上がり勝負に特化した馬ではなく、総合力の高さで他馬に差をつける馬ですから、レースレベルが上がるほどこの馬向きになるかもしれません。

ナカヤマフェスタのベストパフォーマンスはセントライト記念、宝塚記念、凱旋門賞のいずれか。ちょっとひねくれた見方をすれば、極悪馬場で後ろ過ぎたダービー。
重めの馬場、道悪馬場ではおそらく鬼。底力はかなりのモノ。ただ、良馬場東京2400mの決め手勝負になった時にどうかはちょっと疑問。決め手負けすることは十分に考えられます。蛯名騎手だったらそれを補うために前目で競馬をするかもしれませんが、後ろになったら・・・。

この馬はコース形態的にも、馬場状態からも次の有馬記念の方が向くと思います。帰国初戦で東京での決め手となるとこの人気では買いづらい馬になります。帰国後、状態を見ながら1戦使って有馬記念で!と言うのが陣営の青写真なのでは??

凱旋門賞で好走したとなると、圧倒的に強い馬というよりは、重めの芝にかなりの適性がある馬と思ってしまいます。今の東京は軽すぎる芝ではありませんが、有馬記念よりは評価を落とす必要があるかと。


牝馬の中1週でのJCにはキツイものがあります。京都外回り以外のレースでは割り引いた方がいいと思いますし、関東圏でのレースも割引き。それでもメイショウベルーガの評価は低いと感じます。長距離に対応してしまう牝馬、決め手があり、脚質の自在性も増して競馬の完成度も高まりました。ペルーサ以外の3歳馬より上に取ります。

印は、

◎ブエナビスタ
○ジャガーメイル
▲ペルーサ
△メイショウベルーガ
△オーケンブルースリ
△エイシンフラッシュ
△シンゲン
△ローズキングダム


馬券は◎ブエナビスタと○ジャガーメイルとの心中馬券です。

馬単。
◎⇔○ の2点。

3連単。

◎→○→▲△
◎→▲△→○ の12点。

○▲→◎→○▲ の2点も。

3連複も意外に配当が付くので買います。

ヒモを増やして。
宝塚で重く見ながら外枠、善臣騎手という要素で1着付けの2点を省いて悶絶させられたナカヤマフェスタ
普通に強い馬なので凱旋門帰りでも結局買い目に、内枠のヴィクトワールピサ
外国馬の中で一番強そうなジョシュアツリー
最内、デムーロ騎手と言うだけでヴォワライシ
ブエナと同枠からブエナをマークしてレースを運ぶと公言しているシリュスデゼーグル

以上☆5点を追加して、

◎○2頭軸から○▲△☆ の11点。


いろいろ買いましたが、ホームのチャンピオンを決める条件(東京2400m)では日本馬の掲示板独占を期待します。
今回は随分買い目を増やしましたが、◎○2頭が好走すれば何か引っ掛かるでしょう。(笑)
最近他のレースでは当たるようになりましたが、G1は全く的中していないので何とか!!

« マイルCS回顧とジャパンカップの展望 | トップページ | 今年も残り1ヶ月 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

まいど(・∀・)ノ

フンフン♪しながら読んでたら
印を見てビックリ( ̄□ ̄;)!!

オーケン・シンゲン・エイシン以外は
全て買ってますヽ(´▽`)/

この辺りが来なければWヒット確実ですな( ̄▽ ̄)b

ちなみにフェスタの父はステイゴールドですぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

こんにちは、歳三さん。

むむっ!!!ダブルヒットありそうですよ!!(毎回印が重なった時は言っているような・・・)

JCでダブルヒットなら初G1DH(ダブルヒット)!!

京都大賞典ではたった一つしか重なっていなかったベルーガ、オーケン、プロヴィの目でダブルヒット!!
あの時お世話になったベルーガ嬢が相手になればかなりのヒットになりますね。

今回のJCは楽しみなメンバーが集まったのでワクワクしますよ。これだけの日本馬が集まったのですから、日本のチャンピオンを決めるこの条件では掲示板独占を!なんて思ってます。

お互い訳の分からない外国馬に突っ込まれるのが一番嫌っ!!

>ちなみにフェスタの父はステイゴールドですぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

ありがとうございます。
読んだ人は「何言っているの??」って思ったでしょうね。ココの一文は削除しました。

上の方は昨日書いていて途中で眠ってしまったのですが、何で????凱旋門賞、蛯名騎手、二ノ宮厩舎でついでに父親も・・・ってダブっちゃったのでしょうか??(謎)

歳三さんもブエナが本命です!是非勝ってもらいましょう!!それもお釣りが無くなるほどの強さを見せて!!有馬記念は「この馬はどうしようもないでしょう」って雰囲気になるくらいの勝利を!!

(外枠ですから外外を回されるのを嫌って前目に、そして早めに抜け出す競馬、更には後続が詰め寄って行く時にもうひと伸び!って感じが一番負担がかかる勝利でしょうか?それとも出遅れて後ろから早仕掛けで大外ブン回しの方が・・・・ってこれじゃ負けちゃいますし・・・・・ちょっと気分は有馬記念です、笑)

´ω`)ノドモ

JRAのクソ裁定に怒り心頭ですわo(`ω´*)o

ツイッター上でも様々な意見が出てますが
降着の定義が曖昧なのが一番の悪因(# ゚Д゚)

一昔前のオークス:トールポピーがOKで
ブエナがNGってホンマ意味不明ですわ( ゚皿゚)キーッ!!

下衆の勘繰りですが、
ブエナに3冠ボーナスを払いたくないのと、
ボケ豊にGⅠ連続勝利記録を維持させる
ための降着と思ってます( ̄~ ̄;)

まぁJRAには更なるファン離れといぅ
しっぺ返しがあるでしょう( ̄ー ̄)

まぁあっしは筋金入りの馬券オヤヂなので
一生離れる事はありませんがね( ̄▽ ̄)b

どうも歳三さん。

途中で「これはダブルヒットか!」と思いましたが、ジャガーメイルは4着まで・・。最後ブエナに併せに行ったヴィクトワールピサの方が審議対象かと思っていたので、降着を願いましたが・・・棚ボタならず!!

残念です!!

ブエナ2着に降着。
まだJRAのHPでパトロールビデオも見れないので何とも言えませんが、どうでしょうね。

オークスでのトールポピーは明らかに馬をなぎ倒す勢いで斜行していますから、アレがOKで、今回のブエナがNGってのは納得できないでしょうね。どう見ても他の馬とは脚色が違いましたし!
まあおかしな判定で、怒り心頭ごもっともです!


2年前のオークスの回顧【ギャンブルが成り立つ為の本質】でこんなことを書いています。(歳三さんと知り合いになるちょっと前です。)

>裁定はJRAの審議委員に委ねられるのですが、皆さんもご存じの通り、事無かれと言うか実に不明瞭な裁定。この辺りにそろそろ明瞭な「線引き」が必要でしょう!

今考え直してみると、競馬のレースで「フェア」と「アンフェア」の線引きは非常に難しいような気がします。

中でも一番の問題は多くのお金がかかっているレースの裁定を一定の時間内で行わなくてはいけない所にあると思います。

しかもジャパンカップですから、多くの馬券を買ってくれたファンがヤキモキしながら待っています。
これはかなりのプレッシャーで裁定が玉虫色になってしまうのも、(お役人体質のJRAでは)ある面、仕方のない事かもしれません。

「今回のレースの裁定は非常に難しいので、よくよく審議を重ねた上で、後日発表します。馬券はそのままお持ちください」

なんて方法が取れれば一番フェアだとは思いますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/37874624

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップの予想:

« マイルCS回顧とジャパンカップの展望 | トップページ | 今年も残り1ヶ月 »