2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 福島記念の回顧とマイルCSの予想 | トップページ | ジャパンカップの予想 »

マイルCS回顧とジャパンカップの展望

マイルCSは伏兵エイシンフォワードが勝利しました。
難解なマイルCSで、予想する側としてもかなり頭を悩ませた人が多いのでは?
この難解なクイズの答えはエイシンフォワード。正解率は相当低いはずです。

レースが終わった今となれば、不当に人気を落としていたなどと言えますが、個人的には相応の評価だったと思います。

コメントをくださったP.DONさんは自身のブログでこんなことを書いています。

>気になるのはエーシンフォワード。
全く人気がありません。前走は1番人気だったんですが。
鞍上も復帰した岩田騎手。
去年も冬場のレースは強かった馬。得意の季節になって評価を覆して欲しいところです。

P.DONさんの穴馬センサーにはいつも驚かされますが、「得意の季節になって」という部分はかなりあり得そうです。P.DONさんの見立ては正鵠を射ているように思えます。連続して好走したのは12月から3月の高松宮記念まで。押せ押せで6戦使って3勝、残りの3レースも馬券に絡みました。

岩田騎手にしても復帰してすぐのG1。心中期するところがあったでしょう。翌週のJCには乗る馬はいませんし、この馬に合わせて復帰時期を決めたのでは?なんて考えられれば。

P.DONさんのような精度の高い「穴馬センサー」を持っていない私はハナから消し・・・全然気になりませんでした。
昨年末から3月の好走にしても、一番印象に残っているのは1400mの阪急杯で、1400mがぴったりベストの馬、1200mにしてもマイルにしても「帯に短し襷に長し」的な馬で、G1ともなれば少なくとも勝ちはない馬。などと決めつけていました。
休み明けとは言え、前哨戦の1400m戦で大きく負けていては、今回のレース最初からヒモの候補からも外していました。

今回の勝利は岩田騎手の腕で引き寄せたという部分もかなりありますが、これだけ締まった流れで時計も速く、しかも勝ちに行っての勝利ですから、私の見立ては間違っています。

展望のところで、外国人騎手にG1を続けて持っていかれていたので、頑張れ日本人騎手!!なんて書きましたが、岩田騎手がやってくれました。
レース中はジョーカプチーノしか見ていなかったのですが、最後インから抜け出るエイシンフォワードを見て、「えっ、外枠じゃなかったっけ?」。
後でもう一度レース映像を見てみると、スタートした後、エイシンフォワードの内に馬が1頭もおらず、何事もなかったように最内に入れ込めています。これはかなりの幸運だと思いますが、勝ってしまう馬、騎手とはいうものは往々にしてこのような幸運に恵まれるのでしょう。

最内を確保した後は、腹を決めてのイン差し。抜け出た後の馬を残す技術、ゴール地点でお釣りなし。馬の能力を100%ムダなく出し切った見事な騎乗だったと思います。


2,3着のダノンヨーヨーゴールスキー
なかなかの決め手を持ったマイラーだと思います。富士Sが強いレースだったので、ダノンヨーヨーの方がずっと人気になっていましたが、この2頭は条件馬だった時に京都と新潟のマイルを勝っています。
大雑把な比較ですが、似たような力量、タイプかな?と思っていました。散々迷った予想の段階で、この2頭を軸にしての3連馬券という事も考えました。(エイシンフォワードは買えていませんが。)この2頭はジョーカプチーノがレースを引っ張る速い流れで最後どれだけの脚が使えるのかは未知数。人気も考えれば取れない選択肢でした。

この流れでの好走。この2頭は今後の展望が開けました。

ダノンヨーヨーはポートアイランドS、富士Sの間隔が20日しかありません。そして富士Sはかなり強い競馬。それでいて1カ月後のタフな流れのマイルCSでも好走。強いマイラーだと思います。ただ、タイプとしては安田記念よりマイルCS向きのマイラーかと。

ゴールスキーは初重賞が今回のマイルCS。初めて経験する「激流」でトップマイラー相手にこの走り!まだ、手前を替えるのが遅いというところもあるようで、更に化ける可能性も!!常に好位からいい脚が繰り出せる馬でもあり、かなり魅力的な馬。今後1着付けの本命にしたいタイプの馬。


あと気になったのはスマイルジャック
今回のレースはおそらく内外の馬場が少なかったと思いますが、ピンチヒッターの川田騎手は最初からインにこだわる作戦。しかも前付けの積極策。勝つための競馬。不運だったのはジョーカプチーノの逃げが速すぎたこと。
前に出し過ぎると終いの脚が鈍る馬だと思っていましたが、この流れを前付けした割りによく走っています。仮にペースがもっと遅ければ・・・・・。
人馬共にちょっと今回は運が無かったような気がします。

本命のジョーカプチーノ
難解すぎて、予想がまとまらず。この馬がどう逃げるかで結果が変わる・・・・ならカギを握る馬を本命に!!もちろんワンペースで京都マイルを押し切るだけの力を持っている可能性がある馬だと思っていました。

12.1 - 10.7 - 10.9 - 11.6 - 11.4 - 11.1 - 11.9 - 12.1

積極的な騎乗を期待しましたが、これはちょっと速すぎます。しかもこのペースで逃げながらも離した単騎逃げではなく、後ろがついて来ました。かなり厳しいレースになってしまいました。
前半これだけの脚を使って、坂を越えて、そして長い直線で粘れたら化け物です。今後のレースに期待します。来年の安田記念までにレース運びの完成度を高めて欲しい馬。
個人的にはコンゴウリキシオーのイメージを持っています。

インの馬場がそれほど悪くなく、馬場状態イーブンでのレース。それぞれの馬がそれぞれのスタイルで勝ちに行ったレース。G1らしいいいレースでした。
非常に流れの速いマイル戦で、コースレコード。かなり負荷がかかった馬もいるので、全馬無事でありますように。


ジャパンカップの展望

登録メンバーを見ると。

現役トップのブエナビスタ
凱旋門賞2着の後の凱旋レースになるナカヤマフェスタ
どれだけの才能を秘めているのやら、ペルーサ
去年ハナ差2着のオーケンブルースリ
皐月賞馬、ヴィクトワールピサ
ダービー、菊花賞共に2着のローズキングダム
ダービー馬エイシンフラッシュ
天皇賞春を制したジャガーメイル
3冠馬を破ってエリザべス女王杯圧勝のはずだったのに・・・・の円高と報奨金のおかげで強い外国馬が来てしまった間の悪いメイショウベルーガ
1年弱の休み明けでオールカマーを勝った東京巧者シンゲン

間違いなく豪華メンバー!!

っと、1頭忘れていました。ネヴァブション。この馬だけ異彩を放っているような気がしてしまいます。今年一番充実しているように思える馬なので、余計なレースは使わず、目標を有馬記念に絞った方がいいような・・・・。このメンバー相手に東京では・・・・。

少数精鋭!このメンバーだけのジャパンカップを行えば、少頭数だけに有利不利もなく、とても面白いレースになると思うのですが・・・・。

なんだかとても多くの外国馬の登録があります。
名前を見ても全然分からない馬達です。
ネットで調べればレース映像くらいは見れるかもしれませんが、比較するのは相当難しいため、ハッキリ言ってこれだけ多いと迷惑です!!円高と高すぎるJCの賞金のせいでしょうか??

これだけ多いと、実は日本の馬場に適性があった!なんて馬が1頭くらいいるかもしれませんし・・・・。

ブエナビスタが1番人気でしょうが、去年の有馬記念で降参して、4歳の今年は逆らうつもりはないと書きました。鬼門は内回りの宝塚記念と有馬記念などとも書きましたが、宝塚記念は負けて強しの2着。1着馬は凱旋門賞で好走。

飛び抜けた推進力をを持つこの馬を東京2400mのジャパンカップで逆らうつもりは全くありません。競走馬としてピークにあり、位置取りの自在性を増した今、この馬を負かすことはかなり難しいと思います。
手綱を握るスミヨン騎手も東京での勝ち方をマスターしているように思えますし、ブエナビスタの強みも十分すぎるほど理解しているように思えます。
できれば100%以上の力を出して完勝してほしいと思っています。

ブエナビスタは天皇賞秋でかなり強い競馬をしました。そして最大目標のこのレースでも強い競馬をするでしょう。タフさもあるので王道3連戦の2戦目もあまり問題ないでしょう。

取れる所は全部取るなどと言っていますし、次はおそらく有馬記念。どんな強い牝馬でも王道3連戦(天皇賞秋→JC→有馬記念)の3戦目は危ないと思っています。

有馬記念で嫌うつもりなので、最高峰のジャパンカップで渾身のベストパフォーマンスを!!!

« 福島記念の回顧とマイルCSの予想 | トップページ | ジャパンカップの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

恐れ入ります。p.donです。

「穴馬はあたり・馬券はハズレ」

ただ、今回はエーシンフォワードよりテイエムオーロラの方にセンサーは向いていました。

そこが甘いところなんでしょうか??

気分を入れ替えていきましょう。
まだまだG1は続くのですから・・・。

さて、JC。

「ブエナビスタには逆らうな」

軸はこの馬ですかね、やはり。

タマルファイさんと同じく、JCまでは強い競馬を希望。

中山2500mにはやはり得意な舞台ではないと思いますし、何より本命馬は決まっていますから。

相手ですが、今のところではオウケンとジャガーメイルの2頭ですね。

外国馬はわかりませんし、デットーリだけは怖いですが。あとは日本馬に乗ってきた外人騎手ですね。

こんばんは、よかったこの時間にp.donさんからコメントがもらえて!!
この後、2日間インターネットができない環境になるので、勝手にブログの記事の一部を使わせてもらって大丈夫かな?と。コメントをもらえて安心しました。


今回のレースでエイシンフォワードが気になると言った人は少ないと思います。

今回のp.donさんの予想に印を付けるとしたら
◎テイエムオーロラ
○ダノンヨーヨー
▲エイシンフォワード

でしょうか?

エイシンからのワイド2点にしていれば・・。でもワイドを本命馬との1点にする潔さが素晴らしいと感じ入ってます。

テイエムオーロラもこの流れの中かなり走っていますね。私の本命馬がかなり邪魔だったことでしょう。(笑)

私もオウケンとジャガーメイルには対抗馬として魅力を感じています。

オウケンは京都大賞典後、問題があったようですが、大丈夫なのでしょうか?去年はルメールに負けただけで実質ジャパンカップ馬だと思っていますから。
ベストは直線に向けての下り坂が使える京都の外回りでしょうから、東京でブエナより上ははないと思っています。安心して2,3着にできる対抗馬。間に複数頭入らなければですが。(笑)

ジャガーメイルは内で詰まりましたが叩き台の天皇賞秋かなり反応よかったですよ!距離が延びた方が絶対にいい馬ですし。京都記念の再現も。3歳馬に評価が集まれば、人気薄になるかも?

ブエナは目標レースを終えた王道3戦目。不向きな舞台での1番人気で負けてもらいましょう!
(勝ち逃げは許しません、笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/37796167

この記事へのトラックバック一覧です: マイルCS回顧とジャパンカップの展望:

» ジャパンカップ(2010年)データ分析[1]、信頼度抜群の複勝率100%データで中心はアノ馬! [激走!データ競馬ブログ]
[AD]出走馬の本当の状態。それは一般には出回らない衝撃の事実が…コチラから無料で! 2010 ジャパンカップ データ[1] 2010年11月28日5回東京8日  第30回ジャパンカップ(G1)東京芝2400m 3歳上 定量 ジャパンカップは文字通り、日本を代表する国際レースですね。 もちろ...... [続きを読む]

« 福島記念の回顧とマイルCSの予想 | トップページ | ジャパンカップの予想 »