2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 菊花賞の予想 | トップページ | 天皇賞秋の展望 »

菊花賞の回顧

菊花賞ビッグウィークが完勝。

「去年の忘れものを取りに行く」とコメントしていた吉田隼人騎手の勝ちに行く競馬に競馬に期待したレースでしたが、忘れ物を取りに行けたのは川田騎手でした。(スプリンターズSの)

(今回の回顧は少々客観性を欠いていて、主観の強い回顧になっています。)

コスモラピュタ、意外にも逃げ宣言をしたサンディエゴシチーのどちらかが逃げ、その後ろにビッグウィークいて、トウカイメロディーシルクオールディーが持ち前の捲れる脚で4角先頭付近、アロマカフェ辺りもこれに続く・・・・と見応えのあるスタミナ寄りのレースを想定していました。

実際にはサンディエゴシチーとシルクオールディーは出遅れて一番後ろ(!)。見た目にはコスモラピュタの単騎大逃げになりますが、道中はペースを落としてスロー。斬れ味勝負では分が悪く、スタミナ勝負に持ち込みたい馬がいたはずですが、早めに動かず(動けず)。

レースの上がりは逃げたコスモラピュタとおかしな名前の1頭を除いては34秒台、33秒台を記録した馬も。これは残り600mの地点を各馬かなり余裕のある状態で迎えている事を意味します。

スタミナ勝負になっていない菊花賞。長距離G1ファンの私にとってこれほどつまらない菊花賞はありません。ダービーがあんなレースだっただけに、余計に見応えのある菊花賞を期待していましたが、残念です。

また輪をかけて◎トウカイメロディーのレースぶりが残念。斬れる脚がないかわりに豊富なスタミナ、捲れて長く続く脚があります。少しロスをしてでも3角前には自由に動ける位置にいなくてはこの馬の長所は活かせません。馬群の内にいて、自分の動くべき時に動けず、更には4角前に外に出ようと目をやりますが、直後に武騎手に見事に蓋をされてます。あとはそのままの位置でゴールに雪崩れ込むしか道はありません。

【この馬にとっては「勝ちに行く」競馬が最善の策】と書きましたが、全く勝ちに行けない競馬。同じ負けるにしても、自分でレースを動かして、スタミナを恃みに果敢に勝ちに行ってどうだったか、が見たいレースでした。


この馬を管理する後藤調教師はコメントを聞いていても思慮深さが窺えますし、優秀なトレーナーだと思っていますが、一番の目標として慎重に、かつ万全に仕上げてきた菊花賞でこのレースぶり。どんな気持ちで見守っていたのでしょうか?
吉田隼人騎手はまだ若手のジョッキーですし、G1の舞台も、関西のレースも経験が不足していますから、仕方がない部分もあります。今回は残念なレースでしたが、この失敗を今後の糧にしてもらえれば。(忘れ物を取りに行けるのはまだしばらく先になりそうです。)


レースは生き物!様々な思惑、駆け引きがあってその形を成します。もちろん理屈じゃないことは分かっていますが、何で決め手勝負に関しては抜けているローズキングダムがいるのにこのようなレースになるのか?
これが競馬の深遠さと言うなら、一生かかっても僅かな理解すらできそうもありません

集団の一番前にいたビッグウィークはともかく、その後ろも動かないのでラップが上がらず、容易にローズキングダムは前との差を詰められました。
京都の下り坂を利用してスムーズに加速できたのは、集団の一番前にいて自分のタイミングで仕掛けることのできたビッグウィークと、その後ろにいて同じく前に壁がないビートブラック。そして外を回したローズキングダムら
ヒルノダムールやレーヴドリアンは内で行き場が無く、トウカイメロディーは外側を蓋をされスムーズな加速ができませんでした。

この辺りが明暗を分けたポイントだと思っています。

ペースを考えれば、勝ったビッグウィークですら少し仕掛けが遅いようにも見えます。しかし、レースに蓋をして内の馬のスムーズさを奪うという点では正解なのかもしれません。(こういった菊花賞は見たくないのですが!)


勝ったビッグウィークは完勝ですからもちろん力があります。神戸新聞杯では3番手のインで前が開くまで仕掛けられなかったので、早めに抜け出せていれば上位2頭との差はもっと詰まっていたでしょう。
今回は実質レースをコントロールできる立場。
早めにトウカイメロディーに捲られてスタミナ勝負に付き合わされる想定だったため、後傾ラップで結果を残してきたこの馬は軸にできませんでした。


ローズキングダムはあまり迷わずに消しにしました。トウカイメロディーらが果敢に勝ちに行く流れの中、どれだけの脚を発揮できるかに興味がありましたが、それは見れずじまい。
相変わらず武騎手の京都外回りの乗り方は至ってスムーズ。
思っていたより強い馬でした。流れがどうであれ、3000mであれだけの脚を見せられる馬はなかなかいないでしょう。今後の古馬との対戦では軽視します。次走の有馬記念では1銭も買いません。


コスモラピュタの津村騎手は惜しかったと思います。果敢な逃げ・・・と思わせていてこっそりペースを落として、後続も一緒にペースダウン。差を詰めてきません。まんまの逃げ。この馬にもう少し力を具わっていれば大波乱の主役になれたかも?


ヒルノダムールは評価を落としたくない1頭です。
藤田騎手が狙っていたのはおそらく去年のフォゲッタブルのような競馬。後半の流れが締まった場合、スタミナ切れで下がってくる馬さえ捌ければ、インでコースロス無く進めた分の優位が大きくなります。
この馬は自分でレースを動かすタイプではありませんし、最内枠。勝つためにはこの戦法しかなかったと思います。
しかしスローでレースの動きだしも遅いレース。前は詰まりますし、差し馬が外から捲ってきますしでどうしようもない状況。
瞬時の加速が得意な馬ではないので、下り坂を利用してスムーズに加速できなかった時点で万事休す。
京都の3000mのスタミナ比べ、上がりの掛かるレースで面白そうな馬と思っていただけに残念。今後に期待します。春先の重賞に出てくるなら。

« 菊花賞の予想 | トップページ | 天皇賞秋の展望 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

庶務2です。ども!
早速がんばってくれてますね。


>(今回の回顧は少々客観性を欠いていて、主観の強い回顧になっています。)
これでOKです。
タマルさんのブログなんですから、やっちゃって下さい(笑)


スタミナ勝負にならなかった菊を憂いておりますな。

自分は今回勝負しませんでしたが、
>「やはりスローに流れて神戸新聞組。。。つまらん」と書かせてもらいました。
思い出してしまったんです。


>今どき「牝馬でもそこまでやらない」おっかなびっくりの超スローペース


覚えてますか?すごい印象的な表現だったので忘れません(笑)


言ってみればこれで前科1犯。
神戸新聞杯で前科2犯。
菊でスタミナ勝負になるだろう。。を信じる前に、仏の顔になれませんでしたね。


スローに流れるならローズは切れない→配当安い。。の思考から菊は家計的にも無理をしない方向で見学に決まりました。


結果、神戸新聞杯組が来てしまいましたが、全然OK。
(配当的にローズがらみにしては結構ついたなという部分は正直びっくり)
これで買えなくて悔しかったとか言ったら、Bウィークという王道から入った馬方さんに申し訳なし(*´v゚*)ゞ


今週は天皇賞(秋)ですね。
強いとされる充実の4歳世代が、ブエナ・Sワンダー・ジャミールですか。。。
さみしっす。

まいど(・∀・)ノ

タマルさんには残念無念な心情が
そこかしこに滲み出てますな(´~`)

最近の騎手はヘタレばっかりで
困ったもんですわo(`ω´*)o

こういったレースでは誰も彼もが
動くに動けなかった。。。
とかほざいてますがアホちょうか←
(そこまでは言ってませんが( ̄▽ ̄))
と一石を投じている競馬評論家がおります(*゚▽゚)ノ

>ペースを読める騎手がいなくなったのか、あるいは現代の競馬ではそもそもその類の冒険は成立しないのか、馬乗りに関して素人の私には分かりません。ただ、3000mのレースで上がり33秒台後半~34秒台前半の馬たちが枕を並べて討ち死にしているのを見ると、違和感を感じずにはいられません。「動くに動けない」「先に動いたら負け」という言葉はよく耳にしますが、動かずに負けてしまったら元も子もないと思うのですが。

全くおっしゃる通りです( ̄~ ̄;)
同じ負けるなら積極的に動いて負ける方が
調教師・馬主も納得いくと思うんですがね( ̄ー ̄)

若いくせにジジイみたいな乗り方しか出来ん
若手・中堅は思い切って干すべきでしょうなΨ(`∀´#)


たこぼ~るさんの穴人気理論
成程納得です(´ー`)ノ

あっしも上位人気馬の過去実績は
チェックしますが、穴人気馬の
成績まではチェックしとりませんわ(´~`)

色んな人の色んな見解を聞くのは
自分に無い視点に気づけるので
勉強になります(*゚▽゚)ノ


庶務2さん
仰るとおり強いはずの4歳馬の
メンバーがサミシ~( ̄Д ̄;;

おそらくアホJRAの愚策が
原因と思われますo(`ω´*)o

4歳秋の収得賞金半減について
http://keiba.nifty.com/cs/column-detail/pdetail/mizukami20100929/1.htm

最近高齢馬がGⅠで幅を利かしてますが
それもよく考えるとルール変更以降の
ような気がします( ̄~ ̄;)

今後、4歳馬は3歳時に賞金を稼ぎまくって
半分にされても十分OKみたいな
馬しか買わん方がエエような気がします( ̄ー ̄)

馬方さん、リンク先みました。
そういう理由ですか。。。

しかし、水上(学)さんすげーな。
Gバーディが一番頼れるって書いているヽ(*≧ε≦*)φ

こんばんは、庶務2さん、歳三さん。

コメントありがとうございます。
毎回毎回、労力、貴重な時間をこんな駄ブログのコメント欄のために割いていただいて・・・・。

天皇賞秋について盛り上がれるように先に展望の記事をアップしておきました。その分、コメントが遅れました。


【庶務2さん】

長距離G1が特に好きなので、菊花賞、天皇賞春では毎回ある程度のスタミナ勝負になる事を想定して予想することにしています。スローを想定して予想した事はありません。

「いいレースが見れて、馬券も取れて」を目論んでいる強欲者なので。(笑)

その分で取れるレースもあれば、こんなガッカリすることも。

ダービーがあんなレースになった世代で、神戸新聞杯も同じようなレース。更に距離延長される菊花賞では・・・、と考える人もいるでしょうが、今回は軽いレースになる要素が少ないと思っていました。

コスモラピュタの他にサンディエゴシチーの逃げ宣言、自分で捲り上げる型を持っているトウカイメロディー、コスモオールディーのスタミナ自慢の2頭。

レース終盤に向けて後ろの馬が差を詰めにくいラップが刻まれるのは間違いないとまで思っていました。
ローズキングダムは武騎手で後方になるでしょうから、これはチャンスと。

サンディエゴシチーとコスモオールディーが出遅れて一番後ろからになった時に嫌な予感がしました。


メンバーを見ての想定がどうであれ、ぬるい菊花賞の馬券なんて最初から当てる気がありませんから、スタミナ寄りのレースになんの実績もなくして圧倒的1番人気のローズキングダムは切るべきして切った馬ですから何の悔しさもありません。

残念なのは年に一回しかない楽しみにしている菊花賞で勝ちに行くという気概を持った騎手が少なすぎたという点です。

【歳三さん】

昔、安藤騎手に「たとえば、自分が後ろにいて、スローに落ちている分かっている流れ、このままでは勝ち目が無いのになんで先に仕掛けないの?なんでこの流れを自分からぶち壊さないの?」と質問した人がいましたが、私もこれについてはずっと疑問に思っていました。

安藤騎手は欧州のトップジョッキーに一番近い考え方、そして実際に騎乗法をとっていると思っていますが、この質問の答えには驚きました。

「そういう事をすると次の機会、逆の立場の時にやり返されるから。」

安藤騎手をしてこの答えですから、他の騎手の考え方は推して知るべしかな?

若手では松岡騎手や川田騎手辺りはこの枠におさまってない感じがあります。昔で言ったら本田騎手あたり。

プロなんだから、変にもたれ合っていないで、勝ちに行ってもらわないと馬券を買う方も困ります。
動けば可能性があるのに動くべき時に動かないで負けるのが一番消化不良になります。

予想をするとき、まずは先行馬から◎候補にしますが、この辺りのことも影響しています。

なんだか去年の有馬記念で歳三さんが見事な最後と言ったマツリダゴッホ+蛯名騎手、無理な流れと分かりつつもマツリダゴッホの動くべき時に動いてチャンピオンホースらしく負けたを勇姿を懐かしく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/37390947

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞の回顧:

« 菊花賞の予想 | トップページ | 天皇賞秋の展望 »