2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 京都大賞典の予想 | トップページ | 菊花賞の展望 »

秋華賞の予想

今週、来週は牝馬、牡馬のそれぞれクラシック最後の1冠。今週は秋華賞
春の2冠とは違い、秋になってようやく本領発揮という馬がいるかもしれませんし、春の有力馬にしても夏を順調に越せたかどうか、など予想をする側にしても様々な妄想が拡がります。(?)


アパパネが2冠を制していますが、去年のブエナビスタ、レッドディザイアのようにどうしようもない強さとは思っていません。去年はこの2頭でどうしようもないと思ったので、2頭に順番を付けて買い目を絞った3連単で勝負しましたが、今年はあまり堅い馬券は買う気になれません。

桜花賞の上位10頭+フローラSの1,2着馬が今年の世代の上位馬となっていますが、去年ほどの実力差はないでしょう。
この春の勢力図に最後の1冠に間にあった上がり馬が加わります。

その上がり馬の中でスマートシルエットが非常に魅力的でしたが、除外!!
春のクラシックに乗り損ねた上がり馬は何らかの問題があるものですが、この馬がダートを使っていたことが出世を阻んでいました。芝転向後の2戦を見る限り、バネがある走り方をしていますし、かなりの資質を持っているように思えました。
しかも松岡騎手が手綱を握る予定で、先に抜け出せれば、かなり可能性がありそうで楽しみにしていましたが・・・・・。

本命選びからやり直し・・・・。
秋華賞ではオウケンサクラやアグネスワルツが脚質、適性的に合うかな?と思っていましたが、2頭ともローズSでまさかの凡走。
ローズSは判断の難しいレースです。序盤が速く、中盤はしっかり緩んで、結局決め手のある差し馬で決着したレース。レースの入りが速くても、中盤これだけ緩んでいれば前にいる馬がもう少し残れても・・・・。

アグネスワルツはオークスで本命にした馬ですが、オークスは強い競馬でした。しかも渋った馬場で内外に馬場差があるように思えたのでこの馬の評価は高いです。それだけにローズSが不可解。渋った馬場により負担の大きかったオークスの反動かもしれません。
今回、ローズSで迷惑だったトニーポートや、個人的に強いと思っているスマートシルエット、この2頭の逃げ馬が除外になったことは単騎逃げが見込め、これはかなりの追い風ですが、調教師曰く、オークスを10とすれば今回は8.5とか言うコメントが出ていますが、これでは重く見れません。オークスでダメージがあったとしか思えません。

ローズSで上位に来た差し馬にしても、秋華賞では中盤がこれほど緩むことはありません。ローズSは序盤が速くて、中盤が大きく緩んだことは差し馬にとって差しやすいレースでした。
今回はローズで序盤の速い流れを作ったトニーポートは除外。おそらく序盤が速くなることはなく、レースの動きだしは早く、レース後半にスピードの持続力が問われる流れになると思います。ローズSとは逆に差し馬が前との差を詰めにくいレースを想定しています。

オークスは渋った馬場、主要ステップであるローズSは先行馬壊滅のレース。この2つのレースはレースレベル、各馬の力量差が測りづらいレースでしたので、春先のレースになりますが、桜花賞好走馬の中から本命を選びます。


本命はショウリュウムーン

チューリップ賞ではアパパネに完勝。それがフロックでないことは差し損ねた観のある桜花賞を見れば分かります。オークスは全く走っていないので度外視。(笑)
前走クイーンSは秋初戦、大凡走のオークスの後のレースだということを考えれば悪くないレースでした。最内枠から中団の付けましたが前が思うように開かず、最後も前が詰まっての5着。このレースでは3歳馬で古馬混合重賞を制したアプリコットフィズがクローズアップされましたが、前で巧みにレースを運んだこの馬との差はレース運び、位置取りの差。

この馬に秋華賞向きの器用さがあるかどうかは疑問、外枠を引いたら多分本命にはしませんでした。今回は内枠を引き、鞍上は四位騎手。彼の去年の秋華賞の手綱捌きは秀逸。ブエナビスタを意識しながらレースを進め、先に抜け出してブエナを封じました。

ブエナを封じたレッドディザイアのような器用さや力量がショウリュウムーンにあるとは思っていませんが、去年に比べればメンバー的に落ちるレースです。
チューリップ賞、桜花賞を見ればアパパネとは差がありませんし、秋華賞は鞍上の乗り方一つ!秋華賞の勝ち方が分かっている四位騎手ですし、京都の2000mはスタートしてすぐに1コーナー、イン、アウトの差で内枠なら前目に付けることも可能。中団あたりに付けられれば勝ち目はあります。
先行抜け出しを図る隣の枠のアプリコットを目標にこの馬を差せるレースができれば!


印は、

◎ショウリュウムーン
○アプリコットフィズ
▲エイシンリターンズ
△アグネスワルツ
△ワイルドラズベリー
△アパパネ
△オウケンサクラ

▽コスモネモシン
▽レインボーダリア
▽アニメイトバイオ
▽ディアアレトゥーサ
▽サンテミリオン

馬単。

◎⇔○ の2点が勝負馬券。

◎1着付け ▲△へ5点。

3連複。

◎○から▲△▽ への10点。


アパパネがかなりの1本被り。実力差が大きくない世代だと思っているので軸から外します。アパパネが馬券を外せば3連複はどの馬券でも万馬券になります。3連複のヒモは無理に削りませんでした。

2歳女王にして、桜花賞馬、オークス馬であるアパパネが弱いわけがありません、ローズSにしても叩き台としては悪くないレース。でも大雑把な見方をすればオークスは負けに近い同着。ローズSでは馬券を外しました。ちょっと追いつかれ気味。春の終わりで1頭に追いつかれ、秋に3頭に追いつかれていれば・・・・。
外枠を引き、内回りコースで外外を回されれば?蛯名騎手の出遅れ希望。(笑)


アプリコットフィズは随分アパパネとオッズに差ができたなと印象。この馬は強いと思っているので素直に○。

エイシンリターンズは自在性があるので好位差しを期待します。ワイルドラズベリーは差し馬ですが、回転の速いフットワーク。鞍上とも併せてドリームジャニーのようなタイプ。このフットワークは内回りコースで武器になると思っています。このローズS2,3着馬は1着馬と違って余裕残した状態での好走。上積み、成長力ともにあると思いますし、乗り方一つで。

アグネスワルツオウケンサクラは確固たる逃げ馬不在で展開利が見込める馬。状態の一変があれば。

« 京都大賞典の予想 | トップページ | 菊花賞の展望 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

まいど(・∀・)ノ

今回はあっしも久しぶりに
予想記事を書きました

http://keibaojisan.seesaa.net/article/166005187.html

今週はWヒット無しですわ( ̄~ ̄;)

ども!庶務2です。


結論的には⑬⑮の2軸マルチで相手が③④⑤⑥⑨⑩⑯⑰=48点。


今年の紫苑Sはレベル高し(タイム的な裏づけ含めて)
なのに過去データ的な消去法の結果なのか?
紫苑S組が単勝10人気以下になっています。
ここを狙ってみます。

買い目的にはアパパネの3冠達成を肯定してますが、かなり懐疑的です。

ただし、ブエナにレッド、ウォッカにDスカーレット、スイープトウショウにAグルーブ。。みたいな分かりやすいライバルがいないのも事実。
サンテミリオンの同着の実力裏づけをここでやるのか?とも考えましたが、オークスで指数がそんなに伸びなかったので却下。
やはりアパパネ基準で未対戦の紫苑S組に一発逆転を求めます。


ところで現在最低人気の⑫アンティフリーズ。
父タップダンスシチー母父シングスピール。
。。。逃げが見たい!

すいません。
スイープトウショウでなくてスティルインラブでした(^-^;

PS。。
馬方さんリンク先見ました。
微妙にトリプルヒットもなしです。
ところで。。。
おじさんと書いてありますが、自分より全然若いです( ´艸`)プププ

皆さん、お疲れ様です。
3連複軸1流し
10ー3・4・8・9・11・15・17複勝

13
16
18
でいきます^^

タマルファイです。

もうすぐ出走時間なので、簡単に。

スマートシルエットが除外になったのでテンションが大幅に下がりましたが、楽しみなレースです。

アパパネの3冠がかかるレース注目しましょう!!!

参りました。

外外を回って差し切り。文句無しの完勝!横綱相撲です。(牝馬だから相撲になぞらえちゃダメかな?)

アパパネを外した馬券に期待しましたが、これだけ鮮やかに3冠達成されてしまうとかえって気分がいいです。

歳三さん、たこぼーるさん。

的中おめでとうございます。
お二人ともアニメイトバイオをしっかり評価されての的中。たこぼーるさんは軸ですから凄いです。
私はヒモに入れましたが、全然評価していない馬でした。

来週の菊花賞もいいレースを期待しましょう!!!

まいど(・∀・)ノ

アパパネ完勝でしたな(*゚▽゚)ノ

4角回った時点で、こら勝つで!!
と思いました( ^ω^)

金子オーナーは牡牝W3冠達成
ほんま凄い人ですわ( ̄▽ ̄)b

軸外した事を申し訳なく思います。
僕の理想通り外目でレースを運び、歳三さんのおっしゃる通り4角回った時点でこれは…!
と、直線はちょっとぞくっとしました。
おめでとう!!

やりましたね、歳三さん。

私は直線に入った所でアパパネが勝っちゃったなと思いましたが、歳三さんは4角を回った所で確信。

アパパネを◎にしてレースを見守った人にはたまらないレースでしたね。3冠達成なんてなかなか見れませんし、記憶に残るのでは?

オーナーもそうですが、管理した国枝調教師はかなり優秀な調教師ではないでしょうか。
牝馬の管理は難しいですし、3冠のうち2冠は関西でのレース。

次はエリ女に出るんですかね。

まずはおめでとうございます。
馬方さん、たこぼさん、アパパネさん。。

うーーん!エビナSPを正当化する馬の絶対能力を見ました( ̄ー ̄)ニヤリ

何かエビナが大外ぶん回して、武が内を捌いて。。って時間の流れですかねぇ。

´ω`)ノドモドモ

タマルさん、庶務2さん
祝辞コメント有難うございます(*゚▽゚)ノ

タコボールさんWヒット
おめでとうございます( ̄▽ ̄)b

タマルさんの仰るとおり
今年はかなり記憶に残る年ですわ(´ー`)ノ

桜花賞はアパパネ本命☆(馬券は③着が外れ)
http://keibaojisan.seesaa.net/article/146224269.html

オークスはサンテミリオン本命☆
http://keibaojisan.seesaa.net/article/150772865.html

秋華賞は再びアパパネ本命☆
と牝馬3冠レース全て①着的中ヽ(´▽`)/

密かに牝馬3冠馬券師誕生ですわ( ̄▽ ̄)

御三方、祝辞コメントありがとうございます><
恐縮です^^;
タマルさんの展望記事がなかなかUPされなかったんで
焦ってました(笑)
アニメイトは大好きな馬なんです^^桜花賞から軸にしてきて外しはしてましたが愛着がありイチ押しだったもので^^
菊花賞も皆さんの展望が見れる事を楽しみにしてます!
とりあえず、お疲れ様でした!

こんばんは、タマルファイです。

庶務2さん。
今回は外れ組になってしまいましたが、菊花賞では一発ガツンと当てにいきましょう!

圧倒的に人気のアパパネってどうなの?
でしたが、あの勝ち方ではこの世代では抜けていると認めざるを得ませんね。

この馬については成長力も疑っていましたが、今回が一番強い競馬。参りました。
早くからの完成度を求められる阪神JFを勝ち、それぞれ距離の異なる3冠をすべて勝利。
んー、もう名馬です。

歳三さん。
牝馬3冠すべて◎馬が勝利。
3冠達成!!!
女心が分からない私は一生無理です!!

これはエリ女も◎馬勝利で4冠を達成しないと!!

たこぼーるさん。
予想記事が遅れてすいません。
今週は日曜に午前中に書けるかな?と思っていたら午後になっちゃいました。
できるだけ早めにアップするように心掛けます。

ども!庶務2です。

>圧倒的に人気のアパパネってどうなの?
でしたが、あの勝ち方ではこの世代では抜けていると認めざるを得ませんね。

結局、オークスとローズSがミスディレクションでしたね。
(個人的には紫苑Sもミスディレクション)
ただあの走りをエリ女でやったら化け物です。
常識ある調教師なら「歩様が。。。」とか適当なことでも言って回避させるべき。
ただでさえ放牧(夏休み)が無かったのですから。。。

そう言えばドリジャも秋天回避。
。。こういう風に休ませないと( ^ω^ )
。。というか「有馬」目標かい(*≧m≦*)
オッズが下がるんでやめて欲しいなぁ。

タマルファイです。

アパパネは無理使いして欲しくありませんね。
エリ女は完璧な目標レースの後のレースですから(しかもかなり負担のかかったレース)出てくれば馬券的には人気を吸ってくれるいいお客さんですが・・・・。

>常識ある調教師なら「歩様が。。。」とか適当なことでも言って回避させる

(笑)・・・・理想的な調教師です!!!

もうずっと頑張ってたっぷり賞金稼いでくれたのですから陣営も良識ある判断をしないと!

それにしても見当違いをしていたにしても、まったくの完勝で気分がいいです。
中途半端な勝利だと、スマートシルエットが抽選通ってたら先に抜け出して勝っているなんて言いかねないところでしたから!(笑)

>(ドリームジャニー)オッズが下がるんでやめて欲しいなぁ。

同感です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/37271925

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞の予想:

» 的中! 秋華賞 [ヘルズ ダイアリー]
ウィーッス!昨日の秋華賞は見事に的中しかしアパパネは強いですね〜勝ち方自体は地味ですが確実に差し切る脚を見せてくれますね見ていて安心します今度はエリザベス女王杯ですねこちらも奪取して欲しいものですでは 手... [続きを読む]

« 京都大賞典の予想 | トップページ | 菊花賞の展望 »