2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 天皇賞秋の展望 | トップページ | みやこS、アルゼンチン共和国杯の予想 »

天皇賞秋の予想

季節外れの台風の通過によって土曜の東京開催は月曜に順延。日曜の天皇賞秋もたっぷり水分を含んだ芝でのレースになるかもしれません。

土曜のレースが行われていないだけに馬場状態がつかめない上に、時々刻々と変化していきますから、予想する側すれば迷惑この上ないレース。直前のレースまで見て馬場状態を判断できればいいのですが、今回はそれもできず、今判断しなくてはいけないので困っています。

良馬場なら順番を付けた3連単のお堅い馬券を買い目を絞って買おうと思っていましたが、判断の付きにくい馬場でお堅い馬券を買うつもりはありません。こんなシチュエーションは穴狙いで。

穴狙いと言っても本命はブエナビスタ
次のジャパンカップでも嫌うつもりはありません。嫌うなら目標レースを終えた後、秋3戦目の有馬記念。それに5歳になってから。

牝馬ながら間違いなく現役最強馬。類い稀な末脚の推進力を持つ「斬れ者」でありながら、これまた類い稀な底力をも兼備。またどんな質のレースなろうが、毎回コンスタントに力を出し切って走る頑張り屋さん、根性馬でもあります。

有馬記念を見る限り、同じ世代の牡馬のトップホースと比べても埋めようのない力の差がありますし、競争馬とピークを迎える今年は強力な3歳馬が出てこない限り全部勝ってしまってもおかしくない馬だと思っていました。

ただ、勝ち運の無さが付いてまわる馬でもあります。史上最大のアップセットかもしれないエリザベス女王杯、とても強い競馬をしながらあと一歩届かなかったドバイシーマC、内回りコースゆえに強力な先行馬アーネストリーを早めにとらえに行かなければならなかった宝塚記念

今回も良馬場なら確勝クラスだと思っていましたが、道悪はマイナス要素。この馬が走るレースの前日にこの時期に来ることのない台風が来てしまうこと自体何かを感じさせます。

また落馬負傷により主戦の横山騎手を失って秋のビッグレースを迎えなければならない事にも同様のことが言えます。
今回はフランスのトップジョッキー、スミヨン騎手
同じフランスのルメール騎手やペリエ騎手は日本の競馬をよく理解しており、乗る馬の本質(ライバルとなる馬の本質も)、レースの本質を見切って有利な位置取りをし、手綱を握った馬の強みを最大限発揮することのできるクレバーな騎手でした。

スミヨン騎手は上に書いた史上最大のアップセットかもしれないエリザベス女王杯でリトルアマポーラに騎乗していた騎手。
この史上最大のアップセットを現実のものとした一番の要因は彼でもあります。前年、斬れる脚が武器にならないリトルアマポーラはクラシック3冠すべて差す競馬(溜め殺し)で結果が残せず、ところがエリザベス女王杯初騎乗となるルメール騎手があっさりと先に抜け出し勝利しました。
スミヨン騎手はこのレースビデオを見たと思いたいのですが、実際には3番手の好位置に付けながらひたすら脚を溜める競馬。(これがレースに蓋をする事になりました。)斬れ者ブエナビスタの存在、遥か前にいる逃げ馬2頭、そしてリトルアマポーラの本質・・・・・これらについてどう考えていたのか?ちょっと理解に苦しみます。

ちょっと余計な事を書いて行数を増やしてしまいましたが、勝ち切る事を考えるとスミヨン騎手は非常に不安ですが、3着以内なら誰が乗っても持って来られるだろうと考えています。
今回はブエナビスタに穴馬を絡めて3連複の馬券を買うので、マイナス要素である馬場状態、騎手変更は気にしないことにします。


相手の穴馬は、ネヴァブションエイシンアポロン

4歳の秋・・・・一番競走馬が充実する時期だと思いますが、出走馬で4歳馬はブエナビスタのみ。5歳馬もアーネストリー以外はどうかな?と言ったメンバー構成。こういった場合は高齢馬か成長途上の3歳馬が天皇賞と言えども好走可能なレース。

この2頭は良馬場ならあまり買いたくない馬でしたが、季節外れの台風通過によって事情が変わった馬。

ネヴァブションは今年の宝塚記念でブエナビスタやナカヤマフェスタより上にはできませんが、4番手に評価した馬。内回りの上がりのかかるレースならトップホースと比べても遜色のない馬。
天皇賞秋、ジャパンカップは斬れ負けして無理ですが、有馬記念なら狙える馬です。
今回は道悪になって、シルポートが引っ張り、アーネストリーが早めの先頭を狙うレース。おそらく上がりが掛かるタフなレース。斬れ味勝負にならなければ、パワー型のこの馬にも出番が回ってくるかもしれません。

宝塚記念にしても、負けたのはナカヤマフェスタ、ブエナビスタ、アーネストリー、そしてこのレースに適性抜群のドリームジャニーのみ。次のエリザベス女王杯で本命予定の馬や、天皇賞春を制した馬には先着しています。
今年の宝塚記念は馬の実力、底力を測る上では都合のいいレースで、上位に来た馬はそれなりのモノを持っています。今回ネヴァブションだけが人気がありません。

内枠からブエナの後ろからついて行った事が好走の要因かもしれませんが、この馬についてはちょっと違った期待も持っています。
冬の中山専用馬のイメージがあった馬ですが、ちょっと今年は違います。宝塚記念もそうですが、ほとんど注目されなかった海外のビッグレースを逃げて好走。開幕週の毎日王冠は本来この馬には合わない条件。内外の馬場差があったにせよ、3着。
宝塚記念なんてブエナの後ろではなくて、積極的に前で競馬していればどうだったかな?なんて思えてしまいます。

宝塚記念を前にした陣営のコメントがコレ。

「道悪はある程度こなせますが、道悪だから勝ったんだと言われたくはないので良馬場でやりたいです。」

人気薄の馬とは思えないコメント。今年のネヴァブションに対しての自信がうかがえます。7歳にして馬が変わるなどにわかには信じられませんが、カンパニーの前例もありますし、全く無いとは思っていません。

良馬場なら魅力のない馬でしたが、道悪なら期待してしまいます。時計、上がりが掛かれば差はないかと。
後藤騎手はG1ではちょっと足りないエアシェイディの乗り方を工夫して馬券圏内に持ってくるような騎手。(勝ちの目を捨てることによって3着を拾う競馬、これができるのはある意味真のプロフェッショナル。)
ダービーでローズキングダムを2着に導きながら、お決まりの武騎手に乗り替わり。菊花賞の裏の東京でのブラジルカップをしぶとく勝利してあたりは「らしさ」を感じます。

宝塚のように内枠が引ければ、更に期待しましたが、外枠は少し残念。積極的なレースが必要かもしれません。


エイシンアポロンは内枠ゲット。
この馬は前付けできます。アーネストリーの後ろに付ける事も可能。レースはしやすいと思います。アーネストリーより強いとは思えませんが、母父にサドラーズウェルズを持つこの馬はおそらく道悪巧者。弥生賞を見てもそう感じます。アーネストリーが道悪に適性を持っていなかった場合、また3歳馬ならではこの時期の成長分があれば逆転の可能性もあると見ます。

前日が雨で、翌日天候が回復しつつある東京コースでは先に乾き始めるのが内なので、穴馬は先行して内を通りそうな馬から。

印は、

◎ブエナビスタ
○ネヴァブション
▲エイシンアポロン
△アーネストリー
△シンゲン
△アクシオン
△コスモファントム
△ジャガーメイル
△キャプテントゥーレ
△トウショウシロッコ
△ショウワモダン


今回は多分内を通った馬が有利と思いつつも、馬場状態が微妙。東京がとても合うとは思えないながらネヴァブションもオッズを考えれば魅力的で、ちょっと潔くない3連複で勝負します。

◎○から▲△への3連複
◎▲から○△への3連複 合わせて17点。

アクシオンまでの7点が勝負馬券。


ゲート練習のペルーサと大外枠を引いたアリゼオは消し。
ペルーサが好走すればその分今後が面白くなるということで。
アリゼオは最初から消すつもりでしたが、福永騎手はこのような刻々と変わる馬場状態の中でどこが伸びるか見極めるのが非常に巧い騎手。怖いのは福永騎手ですが、大外枠だとそこに乗せて来るのが難しいと思います。

道悪を見越して出走にこぎ着けたショウワモダンなんてまるで買う気が無かったのですが、最内枠に柴田騎手。そしてG1馬にこの評価。乾き始めの馬場を先行できたら怖いので買い目に入れました。

« 天皇賞秋の展望 | トップページ | みやこS、アルゼンチン共和国杯の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

ども!庶務2です。

②③の1,2着つけで3着④⑥⑦⑨~⑮以上20点。

「終わってみたらGⅠ馬ワンツーやん」
「終わってみたら外人やん」馬券です(*`ε´*)ノ

スミヨンの身元引受けが社台。
キャプテントゥーレ使ってシルポート潰し。
潰そうとすればハイペース。

差し届くんじゃないんですか?

当たる当たらない以前に、社台2騎の動きに注目してます。

まいど(・∀・)ノ

あっしもブエナ本命です(´ー`)ノ
◎ブエナビスタ
○アーネストリー
▲エイシンアポロン
△ネヴァブション
×アリゼオ
×シンゲン

目によってはトリプルヒットも
ありそうですな(*゚▽゚)ノ

たこぼさん、おめでとう?
(それともこの書き方は②-③軸流し?)

出遅れたペルーサが飛んで来れたのには、ちょっとびっくりしました。

ブエナビスタ、ホントに涼しい顔して勝っちゃいましたね。
ペルーサは改めて強さを感じましたし(まともに走れば)、アーネストリーもますます楽しみな馬ですね。
GⅠで牝馬を買いたくない私には残念な結果でしたが…

おつかれさまです。
当たりパンクとはまさに(^o^)
ブエナビスタ休み明けとはおもえない圧勝でしたね!
ペルーサ。。。

庶務2さんおつかれさまです(^o^)
軸は2のみです(^o^)
1000メートル58秒位だったんでそんなにローペースではなかったですね。
ペルーサあれスタートまた駄目でしたね笑
スタート完璧になったらスーパー鬼馬確定やないですか( ̄◇ ̄;)?

あ、でも、ヒシアマゾンとダイワスカ-レットの強さは認めてます、ブエナビスタもそんな馬の一頭になるのかも。

こんばんは、沢山のコメントありがとうございます。ペルーサみたいに出遅れ気味のタマルファイです。

ブエナビスタ凄い馬です。ちょっとケチをつけたスミヨン騎手も申し分のない好騎乗。どうしようもない勝ち方です。

ただ、1分58秒2って・・・前日の台風でかなり降った雨の影響はほとんどないのでは???
東京競馬場の水はけの良さを学習しました。


【庶務2さん】
ほとんどの騎手が内が伸びると感じていたせいかかなり密集した状態でのレース。
その中でジャガーメイルは凄い所に凄いタイミングでこじ入れてきましたね。あれは危ない。
巧く進路が取れていれば馬券になった可能性があったような。

【歳三さん】
結構予想が近かっただけに残念でした。
どうでしょうか?もう少し雨の影響が残ってエイシンアポロンが内から抜けられていれば・・・・。
あっ・・・ペルーサが突っ込んで来たのでどうせ外れてますね。

こんな堅い馬券はいりません。勝負はG1谷間の来週。ハンデG2戦で!!


【勝ったのはオグリキャーップ さん】
ブエナビスタは凄い馬です。(牝馬とか言ってますがキン●マ付いているんじゃないかと、笑)
ペルーサもやっと大器の片鱗を見せてくれました。
この2頭の才能は抜けていますね。

アーネストリーは有馬記念でこそ強みが活かせる馬だと思っています。どうやら次走は有馬記念のようで、早くも本命が決まりました。天皇賞、JCを連勝したブエナビスタには有馬記念を勝つだけの余力は無いはず!!撃破可能!!

ヒシアマゾン、ダイワスカーレットは牝馬という事を抜きにしても本当に強い馬です。(私も名牝2頭を挙げろと言われればこの2頭にします!!!)
ブエナビスタもこの2頭に肩を並べるような名牝かもしれませんね。

人間社会同様、女性が強すぎて私達男性の立場は??(勝ったのはオグリキャーップさん は♂と「GⅠで牝馬を買いたくない」から勝手に判断しました、違っていたらゴメンナサイ。)

【たこぼーるさん】
ブエナビスタ強かったです!
痺れました。

馬券の方はトリガミでしょうか?
まあ、外れていないですし、あの菊花賞の後にスッキリといいレースが見れたという事で!!

てっきり雨の影響が残るレースだと思ってしましたが、時計速過ぎます。晴れてもいないのに東京の馬場乾くの早過ぎ!!!!

青葉賞の後にペルーサについて記事にしましたが、ここでやっと能力の違いを発揮する事ができました。
今回のレース普通は後ろから外を回していては勝負になりません。
凄い才能!!!でもまたゲート練習(笑)
これだけの才能に恵まれながら困った馬です。(今後、馬券的にも困った馬になりそう。)

こんばんは(^o^)
ペルーサは出遅れず好位置でレースをはこんでいれば差は無かったですよね。。この子は今後プロ馬券師があれやこれや詮索する困ったちゃんになりそうな予感www

こんばんは、たこぼーるさん。

ペルーサは天から与えられたモノが他の馬とは違いますね。それなのにゲート難・・・。

若葉Sと青葉賞の走りに魅せられた人達は多分「なんてもったいない」と思っているのでは?

かくいう私もその一人で、

【今回のダービーではこの馬の単なる勝利には期待していません。どうしようもない才能だとため息が出るような圧勝を期待しています。

「行列に並ぶ価値がある」、「一番面白そうなダービー」と前述したのは、才能溢れる馬達の激突と言った意味ではなく、例年のダービーで言うところの才能の溢れる馬達さえも遥かに凌駕してしまう馬が現れるかもしれない。そしてその馬が初めて本当の全力を出すレースが見れるかもしれないという意味です。】


今年のダービーの展望記事ではいきなりここまで入れ込んでます。(笑)


応援したい馬ではありますが、競馬の完成度が低いくせにポテンシャルを買われて人気になるタイプはこの馬に限らずあまり買いたくないんですよ!!!


馬券的に凄く「困ったちゃん」です!!

名馬サイレンススズカも3歳時にはゲートをくぐったりしてやんちゃしてたみたいですから、ペルーサも4歳の頃にはちゃんと大人の馬になって才能を開花してほしいと思っています。


レーススタイルが確立されれば、(できれば先行できる馬に!!)最強馬への道もひらける!とまでの過剰な期待感を持っています。

熱い!!!
熱いでぇーーーーー!!! 最高や!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/37468735

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞秋の予想:

« 天皇賞秋の展望 | トップページ | みやこS、アルゼンチン共和国杯の予想 »