2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 宝塚記念の展望 2 | トップページ | 宝塚記念の展望 4 »

宝塚記念の展望 3

もう宝塚記念の出走表が出ています。

メンバーを見る限り、あまり速い流れにはなりそうもない気がしますがどうでしょうか?少なくとも、先行馬総崩れのようなレースにはならないと思います。

ブエナビスタは今回の条件がベストであるはずはないと思っていますが、まず勝ち負けになると踏んでいます。激流の有馬記念を前付けした競馬は相当強い競馬。末の決め手勝負だった馬が、いきなりの前付け、それも最高レベルでの底力勝負で勝ち負け。
今回の宝塚記念では中団辺りに付けるのでは?

前回、宝塚記念は世代間のレベル差がなければ、充実の4歳馬から買うレースだ、と言うような事を書きましが、ブエナビスタは人気面以外は何の抵抗もなく買えますが、他の4歳馬は。

フォゲッタブルセイウンワンダーイコピコは有馬記念で直接対戦しています。この3頭は3歳牡馬でトップレベルにある馬ですが、ブエナビスタとの力の差は歴然!この半年で成長している可能性もありますが、いくら成長しようがその差が埋まるとはとても思えません。

フォゲッタブル
まず菊花賞と有馬記念の間にステイヤーSを挟んだ事が余計。その割に有馬記念では強い競馬をしました。
良血馬ですし、今年が楽しみな馬でしたが、長い距離のレースを続けて使い、最後が一番タフな有馬記念。間違いなく疲労があるはずなのに、年明け初戦が1か月半後の東京のダイヤモンドS。わざわざ関東に行かずに3月後半の阪神大賞典を選んでいれば、と思ってしまいます。
体調が戻っていれば有力な馬でこの馬は買いますが、流れが速くなりそうもない事はこの馬にマイナス。その分でも印を下げます。

セイウンワンダー
贔屓馬なのでもちろん買います。宝塚は最初から視野に入っていたと思います。ただ、エプソムCはもう少し強い勝ち方をしても・・・・と贔屓馬だけに思ってしまいます。

イコピコ
有馬記念では後ろでジッと息をひそめていれば、と買い目に入れましたが、勝ちに行く競馬をして最後はパッタリと止まりました。
この馬も有馬の前に鳴尾記念を挟んだのが余計で、多少見直せますが、宝塚記念は条件的に合わない馬だと思っています。

4歳馬で魅力がありそうだと思っていたのは、有馬記念に出走していないナカヤマフェスタロジユニヴァース

ナカヤマフェスタ
人気を考えればこの馬が一番魅力的だと思っていました。
セントライト記念は非常に強い競馬。外外を回りながら早めに動き出し、捲りきって直線では先頭に立ち、そのまま押し切り勝ち。間違いなく一番強い競馬で、菊花賞でも少なくともセントライト組には負けないだろうと思っていましたが、菊花賞は12着。続く中日新聞杯は13着。
休み明けのセントライト記念でタフな競馬をしすぎた反動??ともかくこの2戦はナカヤマフェスタの力を考えれば負けすぎです。
間隔をとってメトロポリタンSから始動し、このレースを完勝。叩いた2戦目の上昇度、成長分を考えれば、ここで勝負になっておかしくない馬。菊花賞、中日新聞杯の凡走の原因がセントライト記念の反動だとしたら、この2戦はノーカウントにできるかもしれません。

前に付けられる事も含めて魅力的な馬でしたが、枠は外に。鞍上は柴田騎手。オークスのアグネスワルツのように関東圏のレースでは先団にいる馬なら頼りになりますが、阪神の2200m外枠だと普通に外外を回って掲示板に載るか載らないか、が一番ありそう。

ロジユニヴァース
ダービー馬ですが、東京2400mはこの馬には合わないと思っていました。直線で斬れ負けするだろうと。ところが泥んこダービーで、全馬上がりが40秒前後かかるレースに。世代トップの底力を持つこの馬のためのレース。
今回の阪神2200mはこの馬に合う条件だと思います。騎手は安藤騎手。馬の体調が戻っていて安藤騎手が早めにレースを動かし、直線の踏ん張り合いになれば、差して来れる馬は本当に力のある馬に限定されます。しかもその中でもこの馬はしぶとそう。
こう考えれば、ブエナが負けるシーンも見えてきます。

この馬は状態面がどうかがすべてだと思います。日経賞はダービー以来のレースだという事を考えれば上々のレース。あまりにブランクが長かったので、1戦叩いたくらいで古馬最強馬決定戦で勝ち負けできるレベルまで持ってこれるかはちょっと疑問。
多分ダービー馬という事である程度人気になるでしょうが、もし人気がなければ!!

有馬記念を見ると、どうしても4歳馬の中で、ブエナビスタと他の馬の間に力の差があるように思えるのですが、4歳馬以外で期待できるのは5歳馬。

アーネストリー
トールポピーを破った新馬が強い競馬で、将来に楽しみがある馬だと思ったのですが、順調にはいかず。4歳春で重賞に挑戦するまでになりましたが、この時は重賞の壁にはね返されました。
この馬が変わったのはこの年の秋から。順調さを欠いた馬だけに、成長曲線も少し遅れての上昇カーブ。今がピークに入っている馬だと思われます。
中日新聞杯、金鯱賞と連勝しますが、どちらもドリームサンデーが逃げて、それを差したら勝ちというレースですが、ちょっと流れが違います。今回の宝塚は特にロジユニヴァースがどう動くかで流れが変わるような気がしていますが、この馬は自分レースをすれば問題がなさそうです。

一気にメンバーの質が変わりますが、この馬の成長分は相当ありそうです。
前走の金鯱賞も道中かなり掛かっていますが、それでいながら最後の脚は見事。休み明けの分で行きたがったのでしょうから、今回はその辺りが解消されればワンランク上のパフォーマンスが引き出せるかもしれません。

内枠、先行脚質、勝ちに行ける鞍上、去年から目標は宝塚に定めていた馬で、かなり魅力があります。個人的にはこれまででベストのパフォーマンスを出せる可能性がかなり高いのでは?とも思っています。
ただ、調教師がタップを超えるとか何とか言っているようで、人気に上乗せがあるとちょっと・・・・。

« 宝塚記念の展望 2 | トップページ | 宝塚記念の展望 4 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

どうも!庶務2です。

なかなかUPされないので、Hangameの麻雀4でひまつぶし。。。
見事に庶民になってしまいました(笑)

>メンバーを見る限り、あまり速い流れにはなりそうもない気がしますがどうでしょうか?少なくとも、先行馬総崩れのようなレースにはならないと思います。

逃げ馬らしい逃げ馬がおらず、先行馬が結果逃げる形。
アーネストかナムラあたりでしょうか?

びっくりするほど脚質転換する馬もいないとは思うのですが、二ノ宮厩舎2騎はどうですか?
どちらかを「捨てて」逃がす腹積もりとか。。。(笑)
となると外枠からハナを奪いにいくので、ハイペースまでいかないまでも、そこそこ締まったラップになる可能性とかあるんですかね?(あるいは乱ペース)

伝説の2cmの天皇賞秋のウォッカ&Tキャプテン以来、そういう厩舎戦略が怖くて怖くて。。。
これが角居厩舎ならまず決め付けてかかるんですが。。。(笑)

基本、前目の馬から買おうとは思っているんですが、そういう「自爆馬」のアオリを食らうのも先行馬なので、余力あればタマルファイさんの見解をお願いします。

今現在(前々日11:07オッズ)でアーネストリーは2番人気¥440
ブエナには負けたが、他のGⅠ馬を抑えて2番人気は売れすぎ。
穴っぽいと思っていた馬がマジョリティを得ていると不安になりますね。
最終オッズまでに他のGⅠ馬の下くらいになっててほしいです。

こんばんは、庶務2さん。

アーネストリーのオッズは付き過ぎです!!ドリームジャーニーより上とは。
初めての一流馬との対戦、初めてのG1レース出走馬なのに・・・・。ちょっと考えなくてはいけないかもしれません。

そして明日雨予報になってしまいまたね。しかも今日は一日雨で不良馬場だったとか!!
明日もおそらく不良か、良くても重馬場。

より前が有利になると思いますが、騎手がどういう戦略を立ててくるかは難しそう。
アーネストリーは哲三さんですし、内枠、逃げには拘らないでしょうが、少なくとも番手くらいには付けたいところ。ロジも前に行かないと強みが活かせない馬。人気がないネヴァブションなどは阪神2200m不良馬場は絶好の舞台かと!!!逃げか番手なら結構可能性がありそう。海外帰りでなければ本命にしたいくらい!!!
ブエナも中団より前に付けるんじゃないかなーと。

庶務2さんの二宮厩舎の2頭どちらかが援護射撃の逃げの可能性ですが、無いと思いたいです。ファンの祭典でそういう無粋な事はしないと思いたいです。
ナカヤマフェスタは中団より後ろだと鞍上も考えて外を回って終わりのような気がしますが、スタートを決めて前に付けられればかなり可能性がありそうな気がします。

出走のどの馬も本質逃げ馬ではありませんし、スタートから1コーナーまでは距離がある舞台。前有利の意識から多少ポジション取りが激しくなる可能性はありますが、隊列が決まればある程度流れは落ち着くかと。
ただ、3~4角で早めに前に進出したい馬は何頭かいそう。ヌルいレースにはならないでしょう。
馬場が悪ければ悪いほど、勝負所で一気に位置取りを上げることが難しくなるので、そういう所に強みを持っているには向かないレースになるかも。

急加速の区間の無い、ワンラップのレースで、スピードの持続能力に優れる馬を取りあげたいレースです。


・・・・・と書き続けてしまうとこれから書くことがなくなってしまうので、続きは展望の4で。(ごめんなさい)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/35496842

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念の展望 3:

« 宝塚記念の展望 2 | トップページ | 宝塚記念の展望 4 »