2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 東京優駿(ダービー)の展望 その2  ダノンシャンティ | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 その4  出走各馬について  »

東京優駿(ダービー)の展望 その3  ヴィクトワールピサ

今回は5連勝で皐月賞を制したヴィクトワールピサ

この馬もとても強い馬です。5連勝で皐月賞を完勝したのですから当たり前の話ですが・・・。
5連勝・・・・5連勝目が皐月賞。当然この5戦の中で調子の良し悪しがあります。その中で5回続けて勝ち続けることは能力が抜けていると見る方が自然。

特に同条件ながら弥生賞皐月賞は連勝することが難しいなどと言われていますが、ピークを弥生賞にもってきてしまうと、1カ月後の皐月賞の頃までもたないので、弥生賞は本番を見据えた仕上げが必要になります。
ヴィクトワールピサも賞金的に皐月賞出走は問題ないので、それなりの仕上げ。それでも皐月賞を権利を取るために躍起になっている(かなり仕上げてきた馬)を圧倒。

弥生賞、皐月賞を連覇した馬は後々名馬と呼ばれている馬が多いのですが、最も主要なトライアルレースを万全でない状態で勝てるだけの力量を備えているからだと思います。その点、弥生賞を落として、皐月賞を勝った馬は連勝馬より1枚落ちます。

この強い強いヴィクトワールピサですが、5連勝した内訳を見ると、内回り京都2000m2勝、内回り阪神2000m、内回り中山2000m2勝。
この字面だけを見ると、条件が変わってどうなの?東京長い直線の追い比べでどうなの?という穿った見方もできます。

弥生賞、皐月賞と内にもぐり込んでのレース、直線に入った所で、一瞬「出すとこが無いんじゃないの?」と思いましたが、共に内を抜けて完勝。馬ゴミもお構いなし、凄い闘争心。皐月賞などは馬自身が何処を抜ければ勝てるか分かっているような感じでした。去年の安田記念のウォッカのような感じ。

勝負所の4角辺りでゴチャつきやすい内回りのレースで、馬ゴミOK、内を突けるというのはこの手のレースに適性があると見ることもできますが、どうもこの馬は持っている能力の違いで勝ってしまっているように思えます。
弥生賞、皐月賞でもう少し外を回してレースをしてくれていれば、もう少しハッキリした事が分かるのですが・・・・。

この2レースの前のラジオNIKKEI杯2歳S
外外を回って4角を一捲り、スッと進出して直線半ばで先頭を射程圏に入れ、余裕をもって粘るコスモファントムを差し切りました。着差はクビ差ですが、着差以上に力量の差があったレース。
それよりも、ゴール前でコスモファントムが差せればそれで勝てるレースだったので、全力は出していないようにも見えます。もう一つギアを上げられるのに、それを隠しているような・・・・。
走り方を見ても、長い直線でパッタリとはちょっと考えにくい馬です。

馬券の配当を気にすることなく印を付けるならこの馬が対抗になりますが、できれば違う馬に対抗を打ちたいところ。

新馬戦からラジオNIKKEI杯2歳Sまでは完全にスローからの上がりの勝負。弥生賞、皐月賞は内で競馬した為、外を回した馬に比べると直線に入る前に少し脚を溜められたレース。
ダービーが締まった流れになって、長い直線でどれだけ末脚のスピードを持続することができるかというレースになった場合、そこに僅かな死角があるかもしれません。これだけの馬になってしまうと、実はその能力も非常に高かったなどという事が往々にしてありますが・・・・。


最後にペルーサとの比較ですが、
ペルーサは若葉S→(皐月賞回避)→青葉賞ダービー
ヴィクトワールピサは弥生賞皐月賞ダービー
ペルーサに比べて、ヴィクトワールピサは王道といっていいローテ。世代トップレベルの馬をねじ伏せて勝利をつかんできた馬。力量比較から言っても実力は折り紙つき。人気になって当然の馬。

それに対してペルーサは裏街道の特殊ローテ。(見方によってはダービーを取るためのスペシャルローテ?) 本来なら世代のトップレベルの力を持つ馬に乏しいレースで、力量比較が難しいのであまりに人気になるようなら疑うことができる馬。しかし幸いなことに若葉Sにはヒルノダムールが出走していました。

このヒルノダムールは個人的にかなり評価の高い馬です。
更に幸いなことに若葉Sでペルーサはヒルノダムールに的を絞ってのマッチレースに持ち込みました。結果はまるで子供扱いで楽勝。流れが締まったレースだっただけに如実に実力差が出ました。とりあえず底力勝負でヒルノダムールがペルーサより上に行くことはないと思えるレースでした。

そのヒルノダムールは皐月賞に出走。
道中の緩みが少なく、皐月賞らしい皐月賞。ヒルノダムールは外を回すレースでしたが、直線に入る辺りで前も横も他の馬に塞がれて不本意なレース。まともに追えたのは直線の途中から。それでも外から差し込んできて、ヴィクトワールピサから0.2秒差の2着。

終始インで競馬を進めたヴィクトワールピサとは全く違うレースをしているだけに比較は難しいのですが、ヴィクトワールピサに対して全く敵わない馬だとは思えませんでした。

若葉Sでは、ペルーサ>>>ヒルノダムール
皐月賞では、ヴィクトワールピサ>ヒルノダムール(できれば≧にしたいくらいの)

そして今回は東京2400mのダービー。
ペルーサは若葉Sで世代トップレベルのヒルノダムールを圧倒し、阪神2000mの締まった流れのレースにかなりの適性があると思ったのですが、青葉賞を見て考えが変わりました。ちょっと主観が強いかもしれませんが、
持って生まれたモノが違う馬!!しかも日本のチャンピオンコース、チャンピオンディスタンスである東京2400mに圧倒的な適性を持っているのでは?!とまで思ってしましました。

単純にヒルノダムールを物差しに2頭を比較してもペルーサが上だと思うのですが、舞台が東京2400mなら間違いなく合うと思える分、ペルーサが更に上。
ヴィクトワールピサも隠し持っている部分があるかと思いますが、東京2400mで分からない部分も多く、私の比較では今回のレースどうやってもペルーサが上になります。

« 東京優駿(ダービー)の展望 その2  ダノンシャンティ | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 その4  出走各馬について  »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

いつもながら詳細な分析に感服致しますo(_ _)o

枠がどこになろうとペルーサ本命は不動なのですが、
ちょいと気になる記事を見つけました(=゚ω゚)ノ

あっしの血統分析の師匠である栗山求氏のブログに
『ペルーサの弱点』なる記事が載ってました!!

http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/05/post-2075.html

要約すると『負けてないのが逆に不安』

負けてないが故に課題が見つかっていない、
弱点が露呈していないと言うのです。。。

確かにおっしゃる通り(´~`)

ノリさんがプレッシャーも不安も何も感じず、
無我の境地で乗ってくれれば大丈夫だと思うのですが
ちょいと不安を覚えた木曜の朝です(´・ω・`)

こんばんは。
ブログ見ました。栗山求氏、立派な方ですね。「ペルーサの弱点」という記事はとても書きにくいと思います。あれだけのパフォーマンスを見せた馬ですから。特に競馬関係の記事や予想で飯を食べている人は。

敗戦を経験していないことで、その馬の弱点が把握できていない事が弱点。
確かにそうですね。
1000万まで楽勝でステップアップしてきた馬が準オープンで人気になってあっさり負けてしまう・・・・楽勝を重ねてきた馬が突然強い馬とレースをしたときなどに意外な弱みを見せたりするという事でしょうか。

栗山氏はロングエースを引き合いに出しましたが、この馬の場合は折り合いだったようで。
皐月賞の敗戦で見えた課題を意識してダービーに出走し、そして勝利。
敗戦が糧になったダービー馬ですね。

弥生賞→皐月賞→ダービーとロングエースとランドプリンスという馬が1,2番人気。そして一騎打ちのレース。ロングエースが折り合いを欠いた分だけ皐月賞でランドプリンスが勝利といったところでしょうか?(今回の記事の中の弥生賞→皐月賞のところの、ピークが皐月賞までもたずに折り合いに影響が出たのかなとも。)

この2頭はここまでのスケールだった馬。ダービー以後パッタリと走らなくなります。
上に書いた1000万まで連勝して準オープンで負けた馬もそこまでのスケールだった馬。
折り合いだったり、クラスが上がってペースが速くなると対応できない馬だったり・・・・。

ペルーサは相当な器の馬だと思っています。(ちょっと期待が大きすぎて・・・・自分でも期待しすぎていると自覚しています。)
折り合いに難があるようには見えませんし、たとえばいきなり今、古馬のトップレベルと対戦しても互角(以上)に戦える馬かもしれないとまで思っています。
この馬が意外な弱点をさらして敗戦、それを糧にするようなレースがあるとすると・・・・凱旋門賞とかになるんじゃないかと。

ディープインパクトの弱点は前に行けない(行かさなかった)事、割の悪い後方から4角大外回ししかレーススタイルを持たない事。
弥生賞では先に抜け出した横山騎手の好騎乗のために危うく負けるところでした。
ここで十分に今後負ける時のシーンが想像できましたが、ディープはスタイルが変えず、そのまま3冠馬に。スケールの大きい馬は才能が弱点をカバーしてしまうと思います。

それに若葉Sと青葉賞は質の全く違うレース。弱点らしい弱点があるならどちらかのレースで出ていると思います。

栗山氏は最後にこう結んでいます。

「ここまで楽勝続きのペルーサ。はたして横山典弘騎手はこの馬の“弱点”を把握しているのでしょうか? あるいは、そもそもそんなものは存在しないのでしょうか? ここを難なく勝つようならシンボリルドルフ、ディープインパクトのカテゴリーに含まれる馬でしょう。」

弱点はどの馬にもあると思いますが、スケールが大きすぎて弱点がカバーされてしまっているのが、ルドルフであり、ディープ。私はもうこの名馬中の名馬と肩を並べるほどのスケールを持っていると思ってしまっています。

私のような凡人は失敗して負けて、また失敗して負けて・・・・・。その中からちょっとだけ糧を得て、ほんの少し成長しますが、世の中にはそんな事をわざわざ経験しなくても擢んでている人がいます。

人間と競走馬を重ね合わせるのはちょっと無理がありますね。
競走馬は人間ほどあれこれ考えて進化する動物ではありませんから、神様から授かった才能がその馬のスケールを決めます。ペルーサは授かった才能が途方もないもので、敗戦をわざわざ経験しなくても同世代のレースなら簡単に擢んでてしまう馬かと!!!

でもまあ、馬のやる事ですからどうなるかは馬の気分だったりしますが・・・・・。(笑)

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

>それに若葉Sと青葉賞は質の全く違うレース。弱点らしい弱点があるならどちらかのレースで出ていると思います。

↑なるほどΣ( ̄Ο ̄;)ハッ

言われてみればその通りですな!!
完全に不安は払拭出来ました(*゚▽゚)ノ

ルドルフ・ディープのような次元の違う走りを
期待しましょう( ̄▽ ̄)b

確かにこのメンバーで、 ペルーサが難なく勝てば
将来は期待大ですね!

ただ展開としては、ペルーサ、ピサ鼻差で、2強時代の
幕開け…というのも面白いかと…。

これにダノンがからめば、TTG3強の再来かっ!
(またまた古くてすみません)

1強もいいですが、ライバル対決はもっと楽しいかも。

こんばんは、歳三さん。
もう土曜日になってしまいました。
今週は毎日展望を重ねたかったのですが・・・・。

ペルーサに関しては期待が大きすぎて、ちょっと独善的な見方になっているかもしれません。
ダービーは現地に行く歳三さん。どこかしら不安を抱えたままでは、ペルーサの馬券を握りしめて純粋に熱狂する事はできませんから。
私の言っている事は的外れかもしれませんが、純粋に熱狂できるようになったという点ではお役に立てたでしょうか???

私もリアルタイムでテレビ観戦するつもりです。
ペルーサの圧勝を願って、とびきりの才能を持つスターホースの誕生を願ってレースに熱狂しましょう!

そしてもし、意外な弱点が露顕して負けてしまう事になったら、リアルタイムで一緒にアボーンと呆けましょう!(笑)

こんばんは、sachisachiさん。

「TTG3強の再来かっ!」
さすがsachisachiさん。年季が違います!

とびきりの才能を持つ今年の3歳馬が、この後日本の競馬界をリードしていく「3強」とかになれば、競馬ファンとしてたまりませんね!!!

ペルーサ、またはヴィクトワールピサの「1強」なのか?この2頭の「2強」なのか?ダノンを加えて「3強」なのか?その答えはダービーで!・・・・・たまらないレースです!!

ルーラーシップも今後の成長曲線によっては彼らに追いつくこともあるかな?と思うと更にワクワクします。

ダイワスカーレットとウォッカの天皇賞秋の回顧で、お互いがライバル視しているからこそ、お互いがお互いを高める・・・・「Mix Up」なんて事を書きましたが、才能溢れる今年の3歳馬がお互いを高められる関係になれれば・・・・・。凄い事になりそうです。

sachisachiさんのおっしゃるように、確かに「1強」時代になってしまうと、ファンとしても退屈です。たとえば大相撲などはこれから退屈な時代になってしまうでしょう。

「2強」「3強」のライバル対決の方が絶対ファンとして楽しい!!でもペルーサが飛び抜けている走りをしてしまう姿も見てみたい・・・・。んー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/34895115

この記事へのトラックバック一覧です: 東京優駿(ダービー)の展望 その3  ヴィクトワールピサ:

» ペルーサ ウィキ [なんでも情報]
うーーーん、私には少し、難しい内容です。【送料無料選択可!】Informacion y Turismo / オムニバス..... 東京優駿(ダービー)の展望 その3 ヴィクトワールピサ: タマルファイ ... それに対してペルーサは裏街道の特殊ローテ。(見方によってはダービーを取るためのスペシャルローテ?) 本来なら世代のトップレベルの力を持つ馬に乏しいレースで、力量比較が難しいのであまりに人気になるようなら疑うことができる馬。 ...(続きを読む) 野生のイルカのおはなしイルカって、人を癒す能力を... [続きを読む]

» ダービー 枠順発表 [ヘルズ ダイアリー]
ウィーッス!ダービーの枠順が発表されましたね#63899;#63899;#63899;気になる枠順は以下のとおりです( )内は性齢、騎手、所属・厩舎1-1 エイシンフラッシュ(牡3、内田博幸、栗・藤原英昭)1-2 レーヴドリアン(牡3、藤岡佑介、栗・松田博資)2-3 ルーラーシップ(牡3、四位洋文、栗・角居勝彦)2-4 サンディエゴシチー(牡3、浜中俊、栗・作田誠二)3-5 コスモファントム(牡3、松岡正海、栗・宮徹)3-6 アリゼオ(牡3、C....... [続きを読む]

» 【日本ダービー】エイシンフラッシュV 2強崩れる [堺市の賃貸不動産屋で働く、営業マンの日記]
今日は競馬の祭典「日本ダービー」でした。1番人気のヴィクトワールピサは3着。少し不利もありましたし、ちょっと位置取りが悪かったですね。残念でした。今日のような競馬になった最大の理由は・・・... [続きを読む]

« 東京優駿(ダービー)の展望 その2  ダノンシャンティ | トップページ | 東京優駿(ダービー)の展望 その4  出走各馬について  »