2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

東京優駿(ダービー)の予想

いよいよダービー当日。予報には傘マークも入っていましたが、どうでしょうか?このまま良馬場でのダービーとなってほしいものです。

牡馬のクラシック3冠レースについて、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、ダービーは「最も運ある馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬勝つ」などと言う格言を聞いた事があります。

個人的な感覚では、皐月賞はもちろん2000m向きのスピードも必要ですが、中山内回りを巧く立ち回れて、底力を兼備した馬が有利かと、菊花賞は特に最近では、折り合いに不安の無い、距離の適性が長距離の方に振れている馬が有利だと思っています。

そしてダービーは「強い馬が勝つレース」!
順調にダービーに駒を進めた有力馬がそれぞれ一世一代の渾身の仕上げ。負荷を十分にかけられて、それに耐えられる本当に強い馬が力を発揮するレース。それに東京2400mはチャンピオンを決めるのに最も相応しいコース、皐月賞のように立ち回りの巧さが重要になるレースではありません。運の要素はあまり大きなウェイトを占めないと思っています。(去年の直前の豪雨については、運という事を強く感じましたが。)

昔、ダービーだけは30頭近い出走馬がいたらしく、これだけ出走馬が多いといろいろ展開面で有利不利を受ける馬が多く、その意味で「最も運のある馬が勝つ」と言われていたのかな?と思います。時代と共に格言も変わるのでしょうか?

今年のダービーについては間違いなく強い馬が勝つレースだと思っています

素直に一番強いと思っている馬が1着付けの本命。
本命はペルーサ

若葉S、青葉賞と全く質の違うレースを共に圧勝。3歳トップレベルにあるヒルノダムールを物差しにしてもこの馬の能力を疑う事は難しいと思います。
期待が大きすぎるかもしれませんが、この馬の能力は「豊作」と言われている今年の3歳牡馬の中でも抜けているのでは?と考えています。しかも特別な条件、東京2400mに圧倒的な適性を持っているのでは?とも!

対抗には不本意ながら皐月賞馬ヴィクトワールピサ

他の馬を対抗にもってくるつもりでしたが、それぞれに一長一短を感じてしまい、配当面を考慮に入れても思い切れませんでした。
6連勝は無いと思っていますが、馬券を外す事も相当考えづらく、この馬が2,3着付けの対抗。仮にペルーサを破って6連勝でダービー馬になるなら、古馬との対戦を前に早くも「名馬」と評価します。

最近1,2番人気の馬を◎○にして2頭軸の馬券を買ったのは、2年前のダイワスカーレットとウォッカで決まった天皇賞秋、ダイワスカーレットが圧勝して、マツリダゴッホが惨敗した有馬記念。去年のウォッカとディープスカイで決まった安田記念、レッドデザイアとブエナビスタの秋華賞くらいだったと思います。
レース数が少なく、成長途上で不確定要素の多い3歳のレースで、このような馬券を買うのはどうかとも思いますが、上に挙げたこれらのレースと同じくらい2頭が抜けた力量であると判断しました。(マツリダゴッホに関してはJCにピークが来てしまい、有馬では余力が残っていなかったと思っています。)

印は、

◎⑨ペルーサ
○⑦ヴィクトワールピサ
▲③ルーラーシップ
△⑫ヒルノダムール
△⑤コスモファントム
△⑰トゥザグローリー
△④サンディエゴシチー
×②レーヴドリアン
×①エイシンフラッシュ

馬券は3連単。

◎→○→▲△×
◎→▲△→○ の12点で勝負します。

こんなお堅い馬券はもっと買い目を絞るつもりでしたが、軸の2頭以外には一長一短が感じられるので少し買い目を拡げました。

とにかくペルーサの圧勝を期待しています!

青葉賞勝ち馬はダービーを勝てていないという「データ」があるそうです。

確かに青葉賞に出るような馬は皐月賞から直行で来る「王道路線」に馬に比べれば、何らかの理由で「クラシックに乗り遅れた馬」。そんなメンバー相手に勝ってもたかが知れたモノなのかもしれません。しかも間隔が1か月しかありません。ダービーの切符を手に入れるために、青葉賞でかなり仕上げた馬のピークをダービーまで維持するのは難しいのかもしれません。

一応説明可能な「データ」ではありますが、私はこの類いの「データ」と言われるものついて、全く、毛ほども気にしません!!ペルーサの2番人気については少々意外でしたが、このようなモノでペルーサの1着付けの馬券が少しでも嫌われているなら、私にとって幸いです。

そんな事よりも、藤沢調教師の管理馬という事が少しひっかります。
日本で最も優秀なトレーナーの1人だと思っている藤沢和雄調教師。他の調教師とは違い、ダービーは競走馬にとってゴールでもなんでもなく通過点。
成長途上の3歳馬を極限まで仕上げ、ダービーは制したものの、その後すぐに故障、またはパッタリ走らなくなる馬が多いような気がしますが、これはダービーを重く見過ぎている弊害だと思います。その点、藤沢調教師は馬の将来を見据えている分、更に優秀で、トレーナーとしての器も大きいと思っています。

シンボリクリスエスゼンノロブロイも将来に重きが置かれたので、後の活躍がありますし、逆に言えば、何としてもダービーを!を鼻息の荒い調教師のもとで仕上げられた馬にあと一歩及びませんでした。
この辺りは個人的な見解ですが、事実、この2頭に勝ったタニノギムレットネオユニヴァースもダービーまでの馬でした。仮に調教師、他関係者が将来を展望するだけの度量を持っていたらどうだったでしょう?後の種牡馬としての活躍を見てもジャパンカップを取れるだけの器の馬だったと思います。

引っかかるところと言うのは、何としてもダービーを!と言う情熱が、ダービー馬の称号を引き寄せるのでは?という事です。
勝負のアヤと呼ばれる範疇のモノだと思います。客観性が薄いので、客観性を含ませて言うと、仕上げの本気度の差。成長途上の3歳馬にとって危険なレベルまで踏み込んで行けるかどうか。その差が着順の差になるのではないかという事です。
まあ、説明できるようなものではなく、人間の情熱は様々なものを引き寄せる力がありますので、それ以上のモノかと。

ただ、今回のペルーサは少し違います。
皐月賞→ダービーも可能でしたが、あえて特殊なローテを組みました。最初は若葉Sのタフなレースが影響したのかと思いましたが、青葉賞を見る限り反動があったとはとても思えません。まず間違いなく、ダービーのために皐月賞を捨てました。
この「皐月賞を捨ててでもダービーを!」という情熱がダービー馬の称号を引き寄せてしまうかな?と。今回のスペシャルローテは実を結ぶといい風に考えています。

さて、展望を重ねたダービーですが、いよいよ当日。去年のような直前の豪雨により、何だか分からないレースは勘弁です。何が勝とうが、良馬場で純粋な才能と才能のぶつかり合いが見たいものです。

東京優駿(ダービー)の展望 その4  出走各馬について 

ダービーの展望を3強1頭ずつ書いただけで、早ダービー前日に。
つい先程知ったのですが、なんと、3強の1角、ダノンシャンティが骨折で回避!
この馬の脚元への不安はダノンシャンティの記事に書きましたが、ダービー直前に故障発生。この馬が類い稀な才能を持っている事はNHKマイルを見れば分かりますが、この馬が名馬と呼ばれる馬に育っていくかどうかは、この馬のもっている運も影響します。

NHKマイル→ダービーのローテを好む陣営の馬になったこと、そのNHKマイルが異常な馬場のもと極限のタイムレース。そしてこの馬は最後の直線で極限の脚を使わなくてはなりませんでした。そして間隔をおかずにダービー・・・・。
この馬は運のない馬だと感じていました
今回の故障の程度は分かりませんが、仮に故障なくダービーに出走していたらもっと程度の重い故障になっていたでしょう。この馬には運があるのかもしれません。無理に急がず、元気な姿、万全の状態でターフに戻ってくる事を願います。

今回のダービー回避についてはダノンシャンティには幸いかも知れませんが、ちょっと馬券的に困った事に。
元々、ペルーサ1着付けの本命、対抗を2,3着付けに3連単を買うつもりでした。対抗については色々考えましたが、一番馬券を外しそうもないと思える馬はやはりヴィクトワールピサ・・・・。全くなんの面白みもない馬券ですが、ダノンシャンティを外せば、それなりに配当が付くかな?と思っていました。その矢先にダノンシャンティの回避。

今回は、これまでに書いた3強以外の馬について書きますが、どうも評価の低い馬の中に魅力を感じる馬がいません。あまりに見返りが少ない馬券は買わない主義ですが、競馬を見始めて以来一番面白そうなダービー!お堅い馬券を握りしめてレースを見守る事になりそうです。
(本当は分けて書こうと思って記事ですが、土曜になってしまったので全部まとめました。ちょっと長いです。)

エイシンフラッシュ
休み明けでいきなり皐月賞を3着。さらに上昇してという期待感からちょっと人気になっています。個人的にはヒルノダムール、更にはコスモファントムより評価は下です。でもこの時期にかなりの成長曲線を描いているようなら、鞍上、内枠を考えても怖い馬。買うかどうかは思案中。

レーヴドリアン
東京競馬場に観戦に行った日、京都新聞杯に1番人気で出走。発馬で行き脚がつかないので、必ず後方から大外回し、そして見栄えのする末脚・・・・。この手の馬はなぜか分かりませんが、人気になるので嫌う馬。京都新聞杯もこの馬の差し損ねを願う馬券。差し損ねて3着も◎馬が2着に敗れたので馬券は外れ。

その前の皐月賞はひどいレース。お話にならないほどの出遅れ、押しても前に行かず最後方から。締まった流れの中、遅れを取り戻しつつの追走、そして4角で大外捲り上げ。その割には最後も伸びています。
こんなレースをしていては中山2000mの皐月賞や、先行馬が34秒前半で上がってしまう京都新聞杯では買えませんが、少々上がりがかかった場合の東京2400mなら、(人気がないなら)少し買えます。
後方から差して来れる質のレースになった場合、この馬よりビビッドな脚を持つダノンシャンティは出走しませんし、最後の1席に紛れ込める可能性は少しはあると思います。3着のみ、ヒモとして買います。

ルーラーシップ
この馬の走りは観戦に行ったプリンシパルSで生で見ました。凄いレース!ダービー馬の器とまで思いました。飛びが大きく、間違いなく東京コースは合う馬。勝負所での反応も良く、ストライドの大きな走りなので直線も容易には止まらない馬。
超良血馬。(個人的に)最強のダービー馬の父に名牝エアグルーヴ。まだ完成されていない部分がありそうな馬で、今後の成長カーブは想像ができません。去年グルーヴの仔、フォゲッタブルが3歳秋から急激な成長カーブを描いているので、この馬も!

現在ヒルノダムールの次の4番人気。四位騎手が巧く操り、この馬が幼さを出さなければ、この馬の方が上に来るかも。この2頭は若駒Sで対戦しています。ヒルノダムール+藤田騎手はルーラーシップを意識してルーラーシップの内に馬を入れると、ルーラーシップには進路がありませんでした。藤田騎手にやられた1戦。まともなら、前で脚を溜めていた分、ルーラーシップの方が斬れたかな?と思っています。
今回は東京で距離も伸びます。ヒルノダムールより人気が下ならこの馬を上に見ます。

ただ、分からないのが毎日杯。1番人気でのレースでしたが、らしくないレース。ザタイキの事故は関係なく、馬が走らなかったレース。この辺りが幼さなのでしょうか?馬の力量、ダービーへの適性は評価するものの、その分で軸にできません。

サンディエゴシチー
現在単勝154倍。全く評価されていません。戦績を見れば当然でしょうか。
東京スポーツ2歳Sは強い競馬!
スタートで前に付けるも一旦下げます。そしてなぜかもう一度前に行かせて先頭に。しっかり脚を溜めた馬が上位に来る中、4着で差は僅か。2歳馬にとって東京1800mガチンコ勝負は負担が大きいものですが、この馬は一番負担のかかる競馬をしました。
その後フレグモーネ発症など順調さを欠き、結果が出ていませんが、この馬は見直せると思います。内の枠に入りましたし、ここまで人気が無いなら買います。(堅い馬券の中に夢馬券も入れておかないと。)

コスモファントム
京都新聞杯、休み明けでも1着付けの◎。
この馬は強いと思っているので、あれだけ有利にレースを運びながら、ゲシュタルトにやられる辺りは、まだ完調ではなかったかな?と希望的観測。完調手前でダービーの切符を手に入れたとしたら、1戦叩いたダービーで期待できそう。京都新聞杯を完勝していない事で人気も付きませんし、上がり目があると勝手に期待。

人気は差し馬。同じ位置にいては斬れ負けする事は分かり切っていますし、鞍上は松岡騎手。積極的に乗って、勝ちにいくでしょう。インティライミやスマイルジャックのような強い差し馬を負かすためのレース運びを期待。(勝ってしまったら困りますが、好走は期待。)

アリゼオ
皐月賞で本命。
スプリングSは緩みのない皐月賞につながる流れを自ら作り出し圧勝。この流れの中、4角からの突き放し方も見事。競馬の完成度が高く、中山向きの馬と見ました。この馬を買うなら間違いなく皐月賞。】
こんな事を書いている以上、ダービーでは買えません。
ただ、皐月賞は大外枠ら逃げられなかったレース。おまけに先行馬につらい流れ。それで掲示板確保はかなりの力量。秋にセントライト記念に出てきたら間違いなく重い印。

ローズキングダム
思ったより人気になっています。オークス首差2着のローズバドの仔。良血馬。
直前でNHKマイルで極限のレースを強いられた(異常な馬場とエーシンダックマンによって)2頭の離脱はありましたが、例年にまして才能を持っていそうな馬が揃い、しかもその馬達が順調にダービーまで駒を進めました。

この馬は王道を歩むべき馬でしたが、皐月賞直前のスプリングSに出走し、しかも連勝が止まる3着。皐月賞も出走がどうのと言っていましたが、結局、出走。
この順調さを欠いた、どっちつかずの馬をダービーで買う気にはなりません
ダービーを本気で取りたいなら、状態な微妙な皐月賞は回避するべきだったと思います。それ以前も、ヴィクトワールピサがダービーを意識して2000mのラジオNIKKEI賞を選んだのに対して、この馬はマイルの朝日杯FS。

トーセンアレス
割愛。ダートレースでの賞金は別にしてほしいものです。

ハンソデバンド
共同通信杯の勝利はかなり恵まれた勝利だと思います。特に買いたい要素はありません。

ヒルノダムール
この馬は当初◎ペルーサに対して対抗にしようと思っていました。ただ、若葉Sを見る限りペルーサとの力の差は歴然。ダービーではペルーサがかなり前でゴールすると思っています。この2頭の間に複数頭の馬が入らなければ対抗評価でいいのですが・・・・。

今年のダービーは粒ぞろい。それにこの馬は勝負所での反応がイマイチの観があります。ラジオNIKKEI杯2歳S皐月賞ではそれによって前が壁になってしまいすし、それがヴィクトワールピサに勝てなかった一番の要因でもあります。

前に行けない事も軸からは外したい要素。終いの脚はしっかりしていますし、底力もかなりのモノ。ダービーで好走できるだけの能力は間違いなく持っている馬です。ただ、ペルーサやヴィクトワールピサ、ルーラーシップはこの馬より前で、勝負所でスッと反応して先に行きます。しかも容易には止まらない馬達・・・・・。

タフで上がりがかかるレースになれば差し込んで来れる馬ですが、逆の場合はかなり割の悪いレースをする事になります。よって軸からは外します。パンパンの良馬場でない事はこの馬にとって追い風だと思いますし、相手としては重く見る馬です。

ゲシュタルト
皐月賞12番人気で対抗評価。見どころのあったレース。最後の直線で夢が見れました。ただ、先行馬にとって、特に積極的にレースをしたこの馬に向かなかったレース。
次の京都新聞杯では◎馬を差し切ってしまい東京競馬場のオーロラビジョンの前で口あんぐり。多分相性が悪い馬。

スプリングSで10キロ絞って何とか権利を確保。本番皐月賞は厳しい流れの中、最も積極的にレースを運んだ馬。京都新聞杯の頃にはピークは過ぎていて勝ちは無いと思っていました。
皐月賞は見直せますし、京都新聞杯もレース間隔がないながら見事な勝利。もう一丁あっても?とは思いますが、元々アゼリオと同様に中山向きと評価していた馬。外枠に入ってしまいましたし、ダービーでは消し。

リルダヴァル
かなりの才能を持つ馬ですが、あのNHKマイルを経由した馬。激流のマイル戦の後に、東京2400mダービー・・・・・、何もいいことは無いと思います。ダノンシャンティですら消すつもりだったので、この馬を買う気にはなれません。
確かNHKマイル後、次は秋!と言っていたような。名伯楽池江調教士が最後のダービーになるので、無理やり参戦せられたのでは??

メイショウウズシオ
シャイン
特に買いたい要素も、書きたい事も無し。

トゥザグローリー
この馬も強い馬で、今後の成長力によってはかなりの所まで行けるのでは?と思っています。ただ、名前のように栄光に向かうためには、今年の3歳牡馬は他に才能のある馬が多すぎます。
青葉賞もペルーサさえいなければ、優秀なタイムで青葉賞を完勝!と騒がれてもっと人気になっていたと思います。青葉賞は十分に強いレース。ペルーサに4馬身ちぎられたからか評価が低いですが、今回人気になっている馬が青葉賞に出走していたとしても同じようにちぎられていたのでは?とも。

スケベ心を出すなら、まだ測れないこの馬を対抗にするのもアリだと思いましたが、ジョッキーは戸崎騎手。大井の東京ダービーは制覇していますが、日本ダービーでどうでしょうか?一番外の枠からのレースですし、平常心を保てたとしても難しい事は多いと思います。
でもこの馬も買い。

東京優駿(ダービー)の展望 その3  ヴィクトワールピサ

今回は5連勝で皐月賞を制したヴィクトワールピサ

この馬もとても強い馬です。5連勝で皐月賞を完勝したのですから当たり前の話ですが・・・。
5連勝・・・・5連勝目が皐月賞。当然この5戦の中で調子の良し悪しがあります。その中で5回続けて勝ち続けることは能力が抜けていると見る方が自然。

特に同条件ながら弥生賞皐月賞は連勝することが難しいなどと言われていますが、ピークを弥生賞にもってきてしまうと、1カ月後の皐月賞の頃までもたないので、弥生賞は本番を見据えた仕上げが必要になります。
ヴィクトワールピサも賞金的に皐月賞出走は問題ないので、それなりの仕上げ。それでも皐月賞を権利を取るために躍起になっている(かなり仕上げてきた馬)を圧倒。

弥生賞、皐月賞を連覇した馬は後々名馬と呼ばれている馬が多いのですが、最も主要なトライアルレースを万全でない状態で勝てるだけの力量を備えているからだと思います。その点、弥生賞を落として、皐月賞を勝った馬は連勝馬より1枚落ちます。

この強い強いヴィクトワールピサですが、5連勝した内訳を見ると、内回り京都2000m2勝、内回り阪神2000m、内回り中山2000m2勝。
この字面だけを見ると、条件が変わってどうなの?東京長い直線の追い比べでどうなの?という穿った見方もできます。

弥生賞、皐月賞と内にもぐり込んでのレース、直線に入った所で、一瞬「出すとこが無いんじゃないの?」と思いましたが、共に内を抜けて完勝。馬ゴミもお構いなし、凄い闘争心。皐月賞などは馬自身が何処を抜ければ勝てるか分かっているような感じでした。去年の安田記念のウォッカのような感じ。

勝負所の4角辺りでゴチャつきやすい内回りのレースで、馬ゴミOK、内を突けるというのはこの手のレースに適性があると見ることもできますが、どうもこの馬は持っている能力の違いで勝ってしまっているように思えます。
弥生賞、皐月賞でもう少し外を回してレースをしてくれていれば、もう少しハッキリした事が分かるのですが・・・・。

この2レースの前のラジオNIKKEI杯2歳S
外外を回って4角を一捲り、スッと進出して直線半ばで先頭を射程圏に入れ、余裕をもって粘るコスモファントムを差し切りました。着差はクビ差ですが、着差以上に力量の差があったレース。
それよりも、ゴール前でコスモファントムが差せればそれで勝てるレースだったので、全力は出していないようにも見えます。もう一つギアを上げられるのに、それを隠しているような・・・・。
走り方を見ても、長い直線でパッタリとはちょっと考えにくい馬です。

馬券の配当を気にすることなく印を付けるならこの馬が対抗になりますが、できれば違う馬に対抗を打ちたいところ。

新馬戦からラジオNIKKEI杯2歳Sまでは完全にスローからの上がりの勝負。弥生賞、皐月賞は内で競馬した為、外を回した馬に比べると直線に入る前に少し脚を溜められたレース。
ダービーが締まった流れになって、長い直線でどれだけ末脚のスピードを持続することができるかというレースになった場合、そこに僅かな死角があるかもしれません。これだけの馬になってしまうと、実はその能力も非常に高かったなどという事が往々にしてありますが・・・・。


最後にペルーサとの比較ですが、
ペルーサは若葉S→(皐月賞回避)→青葉賞ダービー
ヴィクトワールピサは弥生賞皐月賞ダービー
ペルーサに比べて、ヴィクトワールピサは王道といっていいローテ。世代トップレベルの馬をねじ伏せて勝利をつかんできた馬。力量比較から言っても実力は折り紙つき。人気になって当然の馬。

それに対してペルーサは裏街道の特殊ローテ。(見方によってはダービーを取るためのスペシャルローテ?) 本来なら世代のトップレベルの力を持つ馬に乏しいレースで、力量比較が難しいのであまりに人気になるようなら疑うことができる馬。しかし幸いなことに若葉Sにはヒルノダムールが出走していました。

このヒルノダムールは個人的にかなり評価の高い馬です。
更に幸いなことに若葉Sでペルーサはヒルノダムールに的を絞ってのマッチレースに持ち込みました。結果はまるで子供扱いで楽勝。流れが締まったレースだっただけに如実に実力差が出ました。とりあえず底力勝負でヒルノダムールがペルーサより上に行くことはないと思えるレースでした。

そのヒルノダムールは皐月賞に出走。
道中の緩みが少なく、皐月賞らしい皐月賞。ヒルノダムールは外を回すレースでしたが、直線に入る辺りで前も横も他の馬に塞がれて不本意なレース。まともに追えたのは直線の途中から。それでも外から差し込んできて、ヴィクトワールピサから0.2秒差の2着。

終始インで競馬を進めたヴィクトワールピサとは全く違うレースをしているだけに比較は難しいのですが、ヴィクトワールピサに対して全く敵わない馬だとは思えませんでした。

若葉Sでは、ペルーサ>>>ヒルノダムール
皐月賞では、ヴィクトワールピサ>ヒルノダムール(できれば≧にしたいくらいの)

そして今回は東京2400mのダービー。
ペルーサは若葉Sで世代トップレベルのヒルノダムールを圧倒し、阪神2000mの締まった流れのレースにかなりの適性があると思ったのですが、青葉賞を見て考えが変わりました。ちょっと主観が強いかもしれませんが、
持って生まれたモノが違う馬!!しかも日本のチャンピオンコース、チャンピオンディスタンスである東京2400mに圧倒的な適性を持っているのでは?!とまで思ってしましました。

単純にヒルノダムールを物差しに2頭を比較してもペルーサが上だと思うのですが、舞台が東京2400mなら間違いなく合うと思える分、ペルーサが更に上。
ヴィクトワールピサも隠し持っている部分があるかと思いますが、東京2400mで分からない部分も多く、私の比較では今回のレースどうやってもペルーサが上になります。

東京優駿(ダービー)の展望 その2  ダノンシャンティ

今年の1月~3月は競馬を離れていましたが、その間なかなかいい走りを見せてくれる3歳の牡馬が現れ今年の牡馬クラシックは大いに盛り上がりそうです。

ダイワスカーレットウォッカブエナビスタ・・・・最近凄い才能を持っている馬が出てきたかと思えばなぜか牝馬ばかり。去年宝塚、有馬の両グランプリレースを制したドリームジャニーも凄い才能を持つ馬ですが、あの回転の速い小刻みなフットワークゆえに条件が限定されてしまう馬。日本のチャンピオンコース、チャンピオンディスタンスである東京2400mを走るには適性面でどうしても見劣ってしまいます。

やはり東京2400mで圧倒的なパフォーマンスを見せてくれる牡馬のスターホースの誕生は多くのファンが待ち望んでいるところなのではないでしょうか?
その意味で今回のダービーは注目すべきだと考え、今回(どうせお堅い馬券を買う羽目になるのにもかかわらず)このレースを展望を重ねてみようと思いました。

私は男ですし、基本的に競走馬は牝馬より牡馬の方が強いものだという持論がありますので、ビッグレースで牡馬のトップホースが簡単に牝馬に負けてしまうのはどんなものかと思っていました。

ダイワスカーレットとウォッカは引退しましたが、まだブエナビスタがいます。去年の有馬記念の走りには驚かされましたが、今年のドバイシーマCも本当に強い競馬!この馬キ●タ●ついていんじゃないか?(笑)と思えるような強さ!
この充実の4歳にある彼女を撃破する事が期待できるのは今年の3歳牡馬かもしれません。

その候補になりえる今年のダービー出走馬を1頭ずつ書いていくつもりですが、その前に残念なことになってしまった1頭を。

サンライズプリンス

【今回一番負担のかかるレースをしたのはおそらくはこの馬。次はダービーの予定のようですが、かなり将来性がある馬だと思っていますので、回避してくれる事を望みます。】

NHKマイルCの回顧でこんな事を書きましたが、先日屈腱炎の発症により1年以上の休養を余儀なくされた事が発表されました。これだけの才能のある馬、無事な状態での回避を望みましたが、本当に残念です。
マイル+αくらいの距離で相当活躍が見込めた馬。今の地盤沈下ぎみのマイル路線ならすぐにでも勝ち負けになる馬だと思っていました。同じ輝きをもって1年後ターフに戻ってきてくれる事を切に願います。


今回の出走馬で一番脚への負担が心配な馬。

ダノンシャンティ
今回はこの馬について。

ラジオNIKKEI杯2歳Sや共同通信杯を見る限りそれほど強い馬だとは思いませんでしたが、ルーラーシップやリルヴァダルといった評判馬の出走した毎日杯が大楽勝。それでも1800m~2000mの緩い流れしか経験していない人気馬を、ラップが締まると想定したNHKマイルで重く見る気にはなれませんでした。

異常に速い馬場だった事、最後方付近での競馬だった事を考慮に入れても、これまでよりかなり速いラップでの追走。にもかかわらず、真一文字に伸びた破壊力ある末脚!!
どれだけの才能を隠し持っていたんだ!と思ってしまいました。

馬場が良過ぎるためにレコード決着となるレースにありがちな、コースロスなく回って来た馬(内枠からある程度の位置取りにいた馬)が上位に。
1200mのレースのつもりで(?)逃げた馬によって厳しいラップになり、先行馬受難のレース、2番手に付けたサンライズプリンスは割を食ったにしても、止まらない馬場を考えれば2,3着馬がいた辺りが勝つためのベストポジションだったと思います。

ダノンシャンティは外枠から最後方付近を追走。3角を過ぎてから進出をはじめ、4角では大外を一捲り。それでも直線に入った所でかなり後ろ。直線ブレることなく真一文字に伸び、全馬ぶっこ抜いて完勝!
前傾のラップとは言え、速い馬場でのタイム勝負のレース。一番距離ロスをしながらレコードタイムで完勝。並みの馬ではできない芸当。脚を使った距離が相当長い上に、最後までしっかり伸びています。とんでもない馬・・・・。

ペルーサヴィクトワールピサがいますし、この馬のローテは嫌われるので、おそらく3番人気でしょう。NHKマイルで異次元の強さを見せたキングカメハメハも、あれだけのパフォーマンスを見せながら2番人気馬とほとんど差のない1番人気でした。
東京コースは間違いなく合いますし、この人気をどう見るかは人それぞれでしょう。
実際、まだ測れないところのある馬で、勝つ可能性もあるとは思いますが、

私は消しか3着までの評価。

NHKマイルの回顧で、緩みが少なければ少ないほど、タイムが速ければ速いほど距離の適性はシビアに問われるなどと書きましたが、この激流のマイル戦でのダノンシャンティの終いの斬れ味が見事すぎます!!この馬は適性がマイル寄りにあるのでは?と思いました。

感覚的な事で申し訳ありませんが、キングカメハメハはその逆に感じました。それに現状キングカメハメハと肩を並べる力量の馬だとは思っていません。

それにこの馬はフジキセキの仔ですが、どうもフジキセキの仔は中距離馬と言っても1600m~1800m辺りに適性がきている馬が多い気がします。
ドリームパスポートはダービーで本命にした馬で、今でもあの時、内外の馬場差がなければ・・・などと思っていますが、この馬はちょっと特別。

そして見事すぎる斬れ味はもう一つの事を連想させます。
ダービーを見据えた仕上げなどと言っていましたが、完璧に仕上がっていたのでは??余裕残しの仕上げであの脚を発揮できる馬はいるのか??仮にほぼ万全に仕上がっていた状態で、異常な馬場のもと、あの極限のパフォーマンスを発揮したするなら、ダービーはかなり危ないと思います。
好走できるかどうか云々ではなく、ダノンシャンティ自身が。

東京優駿(ダービー)の展望 その1  ペルーサ 

オークスは写真判定の末にサンテミリオンアパパネは同着、これにより史上初2頭のオークス馬が誕生。完成するのが比較的早かったマイラーと見ていたアパパネ、大外枠で中団外外を回された時点で馬券圏内もないと見たサンテミリオンには素直に脱帽!◎馬アグネスワルツも妙な逃げ方をする馬に理想のレース運びを邪魔されながらもよく3着に!○馬のショウリュウムーンは大凡走??などとこのレースの回顧を書こうと思っていましたが、回顧はやめて来週のダービーの展望の記事を書きます。

今週ブログを書く時間が取れるかどうかは分かりませんが、有馬記念以来久しぶりにレースの展望を重ねたいと思います。

言わでものことですが、ダービーは特別なレース。馬主にとっても、調教師にとっても、騎手にとっても、競争馬に関わる人すべてにとって特別なレース。そしてもちろんファンにとっても!!!

2007年に生まれたすべての競走馬の頂点を決めるレースがダービー。競走馬にとって最高に名誉なタイトルでありながら、チャンスは一度限り。舞台は実力を発揮するのに申し分のない東京2400m。この晴れの舞台に立てる馬は選ばれた特に才能のある十数頭のみ。
その数十頭がそれぞれ渾身の仕上げを施されて臨むレースがダービー!鞍にまたがるジョッキーも当然渾身の騎乗。騎手もまた、この最高に名誉なタイトルに挑戦できるのは年に一度あるかないか。名ジョッキー柴田政人騎手をして、「ダービーが勝てたら騎手を辞めてもいい」と言わしめるものこそがダービー!!

このようなレースが面白くない訳がありません!!!

そんなダービーですが、競馬ファンにとって出走する数十頭の中にわくわくするような才能を持つ馬が何頭いるかでその面白さの度合いが変わります。もちろん多いほどいいのですが、今年は明らかに多士済済!有力と目される馬が怪我もなく順調にダービーに駒を進めました。(先日屈腱炎を発症してしまったサンライズプリンスは残念でしたが。)そして有力馬がそれぞれかなりの才能を持っているように思えます。

私は競馬観戦に行くとしたら土曜に行くことが多いのですが、G1レースの前日にもかかわらず多くの人が列をなしている光景を目にします。特に寒い時期のフェブラリーSのために並んでいる人を見ると凄い情熱だなと感心します。(競馬ブログを開設するほどの自称競馬ファンでも行列に並ぶのが苦手な私にそこまでの情熱はとてもありません。)
この列に並ぶ並ばないはその人の価値観や好奇心が決めることだと思いますが、冷めた目で見ていた私でさえ、今回のダービーは並ぶ価値があるんじゃないかとまで思ってしまいます。

今年のダービーは競馬を見始めて以来、一番面白そうなダービー!

力と力、才能と才能のぶつかり合いが高いレベルで期待できるレース。冒頭で展望を重ねたいと書きましたが、予想の結論の半分はもう出ています。史上空前のハイレベルなダービーなどと騒がれていますが、私の見方では1頭とてつもなく強い馬いて、数頭の強い馬がいるダービー。3連単馬券の1着付けにする本命馬が決まっているので、後は2,3付けにする対抗馬とヒモとして買い目に入れる馬を決めるだけです。

今回はその本命馬について。

このブログを訪れてくれる方は、日本ブログ村の競馬のカテゴリーで知った方、ウマニティのプロフィールを見た方、もしくはある言葉を検索にかけて、たまたまこのブログを見つけた方、そのいずれかだと思います。
最近、「ペルーサ」と打ち込んで、Google経由でこのブログに訪れる方が多かったので、Googleにペルーサと打ち込んでウェブ検索してみると、有名な馬の名前なので16万件くらいヒットするらしいのですが、なぜかこのブログが上から3番目に載っていました。wikipediaやyahooスポーツ競馬より先に?

インターネットは匿名性が高く、ゆえに虚偽や嫌がらせ、中傷などやろうと思えば平然と行えてしまうものですが、私はそんなに悪いものだと思っていません。全く知らない人、インターネットがなければ絶対に生涯かかわる事になるはずのない方とかかわる事ができます。現代風のちょっとした・・・・「縁」だと思っています。
一見さんもブックマークを打ってくれた方もコメントまでくださった方もちょっとした「縁」。今回はペルーサのおかげでちょっとした「縁」が広がったかな?と。

余計な話を挿みましたが、そのペルーサが本命。
この馬については「青葉賞 ペルーサ」の記事でだいたい書いてしまいましたが、競馬を見始めてからこれまでダービー前の3歳馬にこの馬以上に才能を感じたことはありませんでした。(ディープインパクトは除きます。)

締まった流れの若葉Sで楽に4角を捲り上げ、実力馬ヒルノダムールを子供扱い。余裕をもっての完勝。かなりの底力を持ち、持続ラップの適性については疑いようのない事が分かりました。
そのペルーサは皐月賞を回避して、青葉賞→ダービーだとか。わざわざ関西圏まで行き、皐月賞の適性検査のようなレースになった若葉賞を完勝したのに最初の1冠を回避??反動があったのかな?とも思いました。

が、青葉賞では驚くべきパフォーマンス。おそらく反動などとは無縁。レースの入りは遅くはありませんが、道中緩んでの瞬発力勝負。若葉Sとは異なる適性が求められたレースになりましたが、全くの独擅場!!

条件が変わってどのくらいのパフォーマンスを見せるか注目していたレースではありましたが、この馬は想像の遥か上を行きました。「もう適性がどうとか、せせこましい枠でとらえるような馬ではないな」と。明らかに持って生まれたモノが違う馬。

確実にダービーの切符を手に入れるために更に馬体を絞ってこのレースに臨んだ2着、トゥザグローリーも強い馬だと思いますが、どんな流れだろうが、何度レースをしようが逆転に至るシーンは想像だにできません。

ここで一つ書いておかなくてはいけない事は、ペルーサにとって青葉賞はダービーの切符のためにある程度の仕上げが必要だったレースではなく、ダービーで万全に持っていくためにレースの間隔を考えて一度使った方がいいと言う程度のレース。まず万全には程遠い状態。それでいてあのパフォーマンス。

万全に仕上げて、タイトなレース運びをし、最後までビッシリ追ったらどれだけ強いんだろう?!
今回のダービーではこの馬の単なる勝利には期待していません。どうしようもない才能だとため息が出るような圧勝を期待しています。

「行列に並ぶ価値がある」、「一番面白そうなダービー」と前述したのは、才能溢れる馬達の激突と言った意味ではなく、例年のダービーで言うところの才能の溢れる馬達さえも遥かに凌駕してしまう馬が現れるかもしれない。そしてその馬が初めて本当の全力を出すレースが見れるかもしれないという意味です。

優駿牝馬(オークス)の予想

雨の降りしきる中でのオークスになりそうです。
レース時にどのくらいの馬場になっているかは分かりませんが、ある程度力の要る馬場になっているのは確かだと思います。

桜花賞の回顧で「オークスでの本命決定」と書いたショウリュウムーン。馬場が悪くなったからと言って嫌う馬ではありませんが、今回の人気についてはがっかり。

それほど力の差があるとは思えない今年の牝馬クラシック。距離が延びて2400m、すべての馬にとって初の距離、おまけに道悪。馬券を買うにも拠り所に乏しいレースで、重馬場のチューリップ賞を完勝し、桜花賞でいかにもマイルが短そうに見えたショウリュウムーンに人気が集まってしまったのだと思います。こんなレースは穴っぽい馬から入りたいところですが。

ショウリュウムーンは対抗評価にして、アグネスワルツを本命にします。

この時期の3歳牝馬には長い距離である2400m。しかも道悪。
騎手も積極的にレースを進めたいとは思わないはず。流れはおそらくスロー、オークスはスローが見え見えのレースですが、今回はさらに流れが緩む可能性も。脚元を気にする分、行きたがる馬も少ないはず。
スローからの瞬発力に賭けたい馬も多少は馬場の影響を受けそう。有利なのは前にいる馬だと考えます。

アグネスワルツは絶好の内枠。スピードがあり楽に先手が取れる馬なので、2400mを距離ロスなく走れます。鞍上は柴田騎手。この人はラップを踏み間違えません。何かに差される可能性は高いかもしれませんが、3着以内なら期待ができます。

フローラSはサンテミリオンに完敗ですが、あのレースは骨折明け、5カ月ぶりだったレース。大事な時期を骨折で棒にふり、大きなブランク、休み明けのハンデがありながらのトライアル戦2着は相当評価できます。しかも実力馬サンテミリオンに最後まで抵抗できました。
調教師も言っているように、今回は更なる上積みが期待できます。同型のサンテミリオンは大外枠。1戦叩いた上積みで逆転もあると思っていましたが、枠も味方に。サンテミリオンはそれほど発馬がいい馬だとは思いませんし、外外を回される可能性も。

道悪、距離はやってみないと分かりませんが、人気の割に可能性は高い馬だと思っています。

以下気になる馬は、アプリコットフィズエイシンフラッシュブルーミングアレー

アパパネの評価は桜花賞の回顧で書いたとおり。道悪、距離延長、他の馬の成長力、桜花賞と比べて、オークスでこの馬に味方になる要素はほとんどないかと。

桜花賞の回顧の時点ではオークスで重く取りたいと思ってシンメイフジは道悪のため評価下げ。この馬はいかにも斬れ者といった印象。馬場のためにその長所が活きないレースと見ます。

キンザボザンナはオークスでは買わないつもりでしたが、道悪、内枠で買い目に入れます。前目で巧く立ち回れれば十分可能性があると思います。


印は、

◎アグネスワルツ
○ショウリュウムーン
▲アプリコットフィズ
△エイシンフラッシュ
△ブルーミングアレー
△オウケンサクラ
△サンテミリオン
△ギンザボザンナ
△コスモネモシン
×アパパネ、シンメイフジ (少額)

馬券は3連複。

◎○2頭軸から▲△×への9点。

馬単。

◎⇔○▲への4点。(◎2着付けの2点が勝負馬券)

ヴィクトリアマイルの予想

ヴィクトリアマイルは4年前に新設されたG1レースです。
古馬牝馬のG1は秋のエリザベス女王杯だけですから、2200mが長い牝馬にとってはG1を目指すには牡馬を撃破するしかない・・・・・。そこでヴィクトリアマイル。牝馬のマイラーへの救済の意味合いがあると思っていました。

ところが牡馬にとって頂点のレースである、ダービー、JCを勝ってしまうウォッカのような馬が出走すると他の馬にとって夢も救済もへったくれもありません。
そのウォッカが引退して、さて今年は・・・・・・、ブエナビスタレッドデザイアが出走。去年の牝馬クラシックを牛耳った2頭。秋天やJCでも勝ち負けになってしまいそうな馬。牡馬混合重賞も制していない馬達(アルコセニョーラ以外?)がどうしろと!

ただ、今回はこの2頭にちょっとハンデあります。
2頭とも海外帰りの国内初戦。そして異常に速い馬場。(本質中距離馬のこの2頭にとっては前が止まらないマイル戦はハンデだと思います。)
まあ、この名牝達にとっては些細なハンデでしょうが・・・・。

昨日の京王杯SCは明らかに異常なレース。前に行っていないと勝負にならないレース。馬場のよるところの大きいレースになりました。1400mのレースでしたが、1200mにも対応可能な馬が上位を占めました。
今回のヴィクトリアマイルは先週のような逃げはないでしょうし、速い流れにはならないと思います。直線の斬れ比べのレース。もちろん斬れ比べではブエナビスタに勝てる馬はいませんが、馬場が異常だけにブエナに対する上がりタイムの不足分を位置取りでカバーできるようないれば。

夢のような話ですが、これだけ軽い馬場だと1400mくらいに適性がある、楽に先手を取れそうな馬を評価してみます。

ワンカラットアイアムカミノマゴプロヴィナージュ

3頭とも1400mベストの馬だと思っています。今回は馬場のアシストがあり、恵まれた馬達。ただ、すべて外枠、枠には恵まれませんでした。時計勝負が分かっているレースではロスの無いコース取りも重要になります。

この中で先行という点で一番微妙ですが、アイアムカミノマゴを本命にします。
現地観戦に行ったオーロカップは圧勝劇。次の阪神牝馬Sも圧勝。この馬は力をつけています。1400m戦でこれだけ走れれば、(インチキ馬場で)マイル戦のスタミナ、底力を問われないのであればチャンスはありそう。秋山騎手には前を意識した競馬を期待します。少なくともブエナビスタやレッドデザイアよりは前で。
マイルは長いなどと考えて脚を溜めるような競馬だけは勘弁。果敢に勝ちに行ったオークスのような気概を持って!

対抗は去年の有馬記念で完全に降参し、この馬は「スペシャルな馬」と認定した馬、ブエナビスタ。
横山騎手は昨日のアーバニティで逃げをうったように、明らかに馬場を意識してレースを組み立ててくる騎手。ブエナビスタにも多少無理をさせてでも前目に行かせるでしょう。末脚の推進力が違いすぎる馬だけによほど後ろにいない限り少なくとも馬券圏内にはいるかと。
海外帰り初戦についても、この馬は「スペシャルな馬」(?)なのでそれなりには走ると思います。

印は

◎アイアムカミノマゴ
○ブエナビスタ
▲ワンカラット
△プロヴィナージュ
△ラドラーダ
△ウェディングフジコ
△ヒカルアマランサス
△ベストロケーション
△レッドデザイア

馬券は馬単。

◎→○▲⑱④の3点。

3連複。

◎○2頭軸から▲△への 7点。

NHKマイルの回顧

今の季節限定でちょっと壁紙を変えてみました。
今までの壁紙は「秋の食材」という壁紙だったようで、あまりに季節感がないので「若葉」という壁紙にしました。前の壁紙が気に入っているので、しばらくしたら元に戻します。

昨日行われたNHKマイルダノンシャンティが圧勝。
勝ちタイムは1分31秒4!日本レコードでの圧勝・・・・。

12.1 - 10.4 - 10.9 - 11.4 - 11.5 - 11.5 - 11.6 - 12.0

これがレースラップ。
逃げたエーシンダックマンは1200mを全力で走るようなレースをしています。今の東京の馬場はかなり良いため、他馬も速いとは思いつつもこの馬に続きました。
マイル以上のレース経験を持たずにNHKマイルに出走した逃げ馬は2004年のタイキバカラ以来。そのため予想の記事の冒頭でタイキバカラが逃げてキングカメハメハが圧勝したレースを思い出しますと書きました。

「短距離しか経験のない逃げ馬が逃げれば緩い流れにはならない。」

これは中距離のスローからの瞬発戦で強みを発揮してきたダノンシャンティを嫌う論拠でした。締まった流れのマイル戦をまともに追走できるのか?これまでより追走に脚を使って果たして末の脚が残っているのか?と・・・・。

初めてのマイル戦、しかも常識を逸脱した猛ラップ。追走する道中いったいこれまでより何秒速く走ったことか!それでいて勝負所での反応は抜群。長い直線を真一文字に駆け抜け、素晴らしい斬れ味を発揮しました。

もちろんこんな酔狂なラップに付き合わされた先行馬の脚は止まりますから、後方からレースを進めたこの馬に向いたと言っていいレースですが、初めて経験する流れのレースでこのパフォーマンスは凄すぎます。むしろこの手の流れの方が適性がある馬かもしれません。
次のダービーを見据えた仕上げなどと言っていましたが、それがもし本当なら驚くべき馬です。

レースとしては2004年の再現。
キングカメハメハの作ったレコードを1秒以上更新。競馬を見るようになってからの私の中での最強のNHKマイルC馬、最強のダービー馬はキングカメハメハです。この2レースのパフォーマンスを見ると、競走馬としての総合的な能力の高さにため息がでます。

松田国英厩舎で主戦が安藤騎手。そして猛烈なラップのNHKマイルを圧勝。キングカメハメハとダブらせたい人も多いと思います。キンカメと同等の力を持つと思えばダービーで本命を打った方がいいかもしれません。
あまりの見事なレースに私もキングカメハメハに並ぶような力を持っている可能性も無くは無いと思ってしまいました。ただ、東京のマイルをキングカメハメハより1秒以上速く走ってもこの馬を越えたとは全く思いません。2004年を更に上回る速いラップで道中走ったにしては、他の馬も含めて上がりのタイムが速すぎます。
この異常なタイムは馬場のよるところが大きいと思います。


もう1頭強いと思った馬はダノンシャンティと人気を分けあったサンライズプリンス
もともと前走がかなり強かったので勝利に一番近い馬だとは思っていましたが、その強さは予想以上でした。こんな極端な前傾ラップにならなければ十分チャンスはあったと思います。
珍しく巧くスタートを決めてしまった事が裏目に。

横山騎手も馬場を意識して、前目に付ける事、スタートを決めるに集中していたと思います。この時計の出る馬場ではいかに前に、いかにロスなく走れるかが勝敗の分かれ道になる事が少なくありません。スタートを決め、有利にレースを運べるはずでしたが、誤算は1200mのレースをしている逃げ馬がいた事。

この流れの中、4角で逃げ馬を差のない2番手。直線に入ってからの力強い伸び脚はかなり凄い。残り200mを過ぎた辺りで止まりますが、これはどんな強い馬でも止まると思います。
スピードもありますし、マイラーとしての質のよいスタミナもあります。出遅れ癖がなくなれば、マイラーとしての資質は相当高いので、マイル+αくらいの路線に向かって欲しい馬。
今回一番負担のかかるレースをしたのはおそらくはこの馬。次はダービーの予定のようですが、かなり将来性がある馬だと思っていますので、回避してくれる事を望みます。


今回のように息を入れる余裕のないワンペースのマイル戦では、その馬のマイラーとしての資質が結果に反映されると思っています。緩みが少なければ少ないほど、タイムが速ければ速いほど距離の適性はシビアに問われると。

2着、ダイワバーバリアン。3着、リルダヴァル
この2頭は4番手、3番手に評価しましたが、マイラーとしての資質が高いと思っての評価でした。この後もマイル前後の距離で十分期待できる馬でしょう。

キングカメハメハの勝ったNHKマイルCで2,3着に入ったコスモサンビームメイショウボーラー
息の入らないハイレベルなマイル戦で好走し、マイラーとして楽しみな馬でしたが、コスモサンビームはこのタフなレースの後、すぐに更にタフなダービーに出走。歯車が狂い、才能の割には満足な成績が残せないまま引退しました。
メイショウボーラーはこの後安田記念に・・・・。この馬もその後満足な成績が残せず、復活には年をまたぐ必要がありました。

とりあえずリルヴァダルの方は、この後は秋のようです。才能ある馬ですし、今回で5戦目だった馬。まだ良くなる余地もありそう!!秋にパワーアップして戻ってくる事を期待します。

本命にしたガルボ
朝日杯FSとシンザン記念は強い競馬でしたが、皐月賞、NHKマイルと全くの凡走。ここまで負けるような馬ではないと思いましたが、状態面か、ワンラップのペースには合わない馬なのか??一度立て直してもらいたいです。

もう1頭重く見た馬、エイシンアポロン
この流れでは追走で手一杯。この馬も皐月賞、NHKマイルと凡走。状態面かもしれませんが、現状では時計勝負にも向いていないように思えます。
今後狙うなら、少し時計のかかる馬場でのマイル前後のG3などで。立て直してもらって冬場のレースで。


今回のNHKマイルは見応えのあるレースでした。マイラーとして期待できそうな馬も数頭いました。特に今のマイル路線は層が薄いので今年の3歳馬は古馬相手でも十分戦えると思います。
異常に時計の出る走りやすい馬場を各馬目一杯走ってしまったレースなので、脚への負担が大きかったと思います。せっかくの才能ですから、目先にレースに心奪われずに、少し間隔を取って将来にそなえてもらいたいです。

NHKマイルの予想

NHKマイル直前になりましたが、おはようございます。(笑)

何とかNHKマイル発走前に起きる事ができたので参戦します。

このレース逃げるのはエーシンダックマンでしょうか?
マイルG1だけあってたいてい逃げ馬はマイル経験馬である事が多いのですが、ダックマンは短距離しか走っていない逃げ馬。同様のタイキバカラが逃げてキングカメハメハが圧勝した年を思い出します。四位騎手の操るこの馬がどんな逃げをするかは分かりませんが、今回は33秒の上がりの脚なんてものは必要のないレースになるのでは??

ダノンシャンティーが1番人気。もちろんかなりの斬れる脚を持った強い馬ですが、前半しっかり溜めた脚を直線で爆発させるレースしかしていない馬。レースが締まって時計勝負、底力勝負になった場合はどうかは分からないところがあります。
次のダービーを見据えた仕上げなどと言っていますが、キングカメハメハと同日に論ずるような馬ではないと思います。

皐月賞の展望で穴馬を2頭挙げましたが、ゲシュタルトに重い印、ガルボは皐月賞前に放牧をはさむところが気に入らず重くは見ませんでした。
そのガルボが皐月賞を叩いて(?)NHKマイルに。

人気も考えてガルボが本命。
朝日杯は積極性を欠きもったいない4着。シンザン記念は強い競馬。皐月賞は馬体が増えていた上に外を回され何もできず。
この馬が次のダービーがどうのではなく、この1戦にすべてを賭ける馬。そしておそらくはマイラー。

対抗はサンライズプリンス
出遅れてすぐに位置取りを上げて行き、4角をまくって直線もしっかり伸びる圧勝。そしてレコードタイム。かなり強い競馬をしました。この反動が少し怖いのですが、この馬が一番勝利に近いと思っています。

以下△がリルバルタルダイワバーバリアンエイシンアポロン

馬券は馬単。

◎→○△がも4点が勝負馬券。

○△→◎も買っておきます。

3連複。

◎○2頭軸から△の3頭+⑯⑬②⑤⑱ の8点。

新潟大賞典、京都新聞杯、プリンシパルS

さっぱり当たらない予想を晒し続けていますが、度々見に来てくださる方ありがとうございます。
メイショウドンタク骨折のニュースを先ほど目にしました。
天皇賞春の予想は一旦書き終えた後、やはりこの条件でナムラクレセントで勝負しないでどうする!!とこの馬本命で記事を書き直しました。悪い時は翻意が裏目に出るものだと痛感します。それでもメイショウドンタクが骨折するほど頑張らなければ無事に3連複万馬券が的中していたのですが・・・・。
ブログを始めてから一番長いトンネルに入っていますが、出口は??あるのか??(笑)

今回は新潟大賞典京都新聞杯プリンシパルSについて。
3つ予想すればどれか当たるだろう・・・・ではなくて、急遽明日東京競馬場に観戦に行くことになったので3場のメインレースについて書きます。

生観戦に行く時はいつも開門前なので朝早く家を出ます。夜更かしできないので予想は現地で煮詰める事になりますが、軸馬くらいは今のうちに決めておきたいところ。
観戦に行った時の馬券の買い方はクイズダービー方式。予算を決めて、1レース目からチビチビ買ってメインレースに全額投入!当たればハワイ旅行・・・ではなく朝までいい酒飲みまくり。途中のレースがいくら的中しようがメインレースを仕留めなければ何にもなりません。

まずは、生観戦できるプリンシパルS
1番人気はエアグルーヴの仔のルーラーシップでしょうか?まさかプリンシパルSに出るようになるとは。鞍上は横山騎手。この馬の単勝は相当売れるでしょう。ダービーでペルーサに乗る横山騎手にはどうでもいいレース?

パッと見でこのレースは逃げ馬を買いたいと思いました。
そして気になっていたマルカボルトは逃げ馬。多分この馬が本命。
ヤフーの馬柱を見るとこの馬には印が付いていません。チャンス?

ここ2戦圧勝していますが、2戦とも逃げて前半はかなりのスロー。真ん中の1000mから1200mで1秒以上のペースアップ。後ろから突っつかれても外から馬に来られても意に介さず4角で突き放して最後は余裕をもっての勝利。
面白いラップで逃げていますが、終いもちゃんと脚が残っている所に可能性を感じます。今回初めて力のある馬との対戦になりますが、福永騎手が乗り続けていますし、成長力もありそう。ちょっと楽しみ。

京都新聞杯
レースの入りが遅いと逃げ馬や番手の馬が馬券圏内に残り、入りが速いと後方にいたでの決着と分かりやすい傾向のあるレース。逃げ馬らしい逃げ馬がいないだけに、人気の末脚自慢レーヴドリアンを嫌って前の馬を狙いたいレース。

このレースにコスモファントムが出走しますが、この馬は好きなタイプの馬で、しかもかなり強いと思っています。この馬の問題は4カ月半の放牧明け。目標のダービーに出るためにはここでの賞金加算が必要。それなりに準備してきたものと思いたいところです。休み明けでも本命するとしたら多分この馬。
このレースやダービーより皐月賞に適性がある馬だと思っていただけに出走できなかったのは残念。

最内枠からおそらく4角で外を回すという割の悪い競馬をしそうなレーヴドリアンの差し損ねを願って、◎馬と前目で競馬できる馬との決着を希望。


新潟大賞典
何だか分からないメンバー、しかもハンデ戦。このレースの本命はまだ決めかねています。
気に入っているサニーサンデーはこの条件ではちょっと買いづらい馬。
セイクリッドバレーは今回が叩き3走目。前走は前に行った馬で決着してしまうレース。5着でも位置取りを考えればかなり走っています。
メンバーの質が落ちても斤量据え置きは好材料。新潟2000mも十分力を発揮できる条件。コスモファントムのために松岡騎手は京都へ行き、この馬が回ってきた三浦騎手はチャンス。

負けっぷりひどすぎるためになかなか人気にならないニホンピロレガーロ。この馬も魅力。去年は素晴らしく斬れる脚を披露、高速決着に見事対応しました。今年は3馬身先に行かれたシンゲンはいません。ただ、さすがに今回は人気になるでしょう。

明日は3場とも晴天のようで、どのレースも楽しみ。
この3レースのうちどれを勝負レースにしようか迷いそうです。
今回NHKマイルの展望を書こうと思っていましたが、土曜のメインのレースの展望になってしまいました。明日は(勝って)朝まで飲んだくれている予定(!!)なので、予定通りならNHKマイルの予想はアップできないかもしれません。
連敗続きなのになんと強気な・・・・・。

天皇賞春の予想

ゴールデンウィークの真ん中の5月2日、湿度は低く快晴、若葉の青さが目を癒し、肌にあたる風が柔らかく感じます。今日は一年で最も心地いい日かもしれません。外出するのに絶好の日でしょうが、今日は家で競馬をテレビ観戦。最近ゆっくり競馬浸る日がなかったので今日はどっぷり競馬に浸ります。

昨日は疲れていて帰宅後、予想もせずにすぐに寝てしまったので今日は5時(!)に目が覚めました。むくっと起き上がり部屋の窓を開け、洗顔と歯磨きだけしてパソコンのスイッチをオン。レース映像などを見直します。
おっとそう言えば昨日の青葉賞を見なくては・・・・・・、と青葉賞を見てしまったが為に余計な記事を書く羽目になってしまいました。

今日のメイン、G1天皇賞春の予想。
オーケンブルースリが出てくれば確勝級だったと思いますが、出走は無し。去年の菊花賞馬は残念ながら有馬記念の故障で引退。その菊花賞僅差の2着だった良血馬フォゲッタルが1番人気。有馬記念4着をはさんで重賞2勝でこのレースへ。1番人気の評価は当然だと思います。

菊花賞の後唯一負けている有馬記念は評価できます。目標レースの菊花賞の後にステイヤーSをはさんでの有馬出走には無理がありました。スタミナ自慢のダンス産駒が浮上しそうなタフな流れではありましたが、4着は立派。この馬はスターホース候補。

ただ、文句をつけたい点も。
出世が遅かった為、セントライト記念で菊花賞への権利を取らねばならず、菊花賞は目標レース、もちろん万全の仕上げ。その後のローテが問題。
ステイヤーS→有馬記念→ダイヤモンドS。3600m→2500m→3400m。長丁場の連闘は馬への負担が大きいものです。何もわざわざ間隔を詰めて特別長い距離を走らせなくても・・・・。

有馬記念はかなりタフなレース。ダイヤモンドSは内枠から先行した軽ハンデが残る中、3000m近く走った後、後方からぶっこ抜いたレース。タフな有馬記念から1カ月半ほどしか間隔がなかった事も合わせて負担の大きいレースだったと思います。
次に予定していた阪神大賞典は回避。いくらタフな馬でもお釣りが無くなったのでは?もちろん力のある馬なので、この回避が吉となり立て直してくる可能性もありますが、複勝ベースで1.3~1.5倍の圧倒的な人気なら軸から外して考えます。ほとんどの人が馬券を外さないと考えている訳ですから、この馬が馬券を外せば3連馬券の配当は跳ね上がります。

今回の春の天皇賞の本命は随分前に決まっていました。
ナムラクレセント
ただ条件がありまして、鞍上を和田騎手に戻す事、前哨戦(長距離)である程度の走りをする事。

騎手は小牧騎手のまま。そして前走の日経賞(わざわざ関東に行かなくても!)はマイナス14キロ。レース内容も1800、2000mくらいを使っていた為か外に出すと馬が行きたがっていました。

小牧騎手は好きな騎手で特にダートで期待する事の多い騎手ですが、長丁場のレースでは好んでは買いません。ナムラクレセントが3着に入ってビッグヒットとなった菊花賞では小牧騎手は3番人気のスマイルジャックに騎乗していましたが、当時の予想で、

折り合いを欠いて、スタミナ寄りのレースの流れを作るのに一役買ってくれるものとして(悪い意味で)期待しています。

などと辛辣な事を書きました。
期待に応えて(?)1000m58.8秒の速い流れの中で位置取りを上げていき3番手。4角先頭で直線は大失速。スマイルジャックは本質3000mは長い馬だったでしょうが、ダービーで走れているので全くダメだったという事はないでしょう。この流れなら積極的な制御が必要だったと思います。

本命はジャガーメイルにしようと思っていましたが、ここで買ってこそのナムラクレセント(笑)。幸いそれほど人気になっていませんし、鞍上、前哨戦の内容に目をつぶります。

2走前の鳴尾記念後のコメントで、「内で溜める競馬の方がいい」と語っていますし、日経賞後も「下手に乗ってしまった。中山なので前に行こうと思っていたが外に出してしまい…。内でじっとしていれば良かった」と内を意識するコメントを残しています。

理想は中団より前のインで!ですが、まるで後方でない限りはインにいて馬を御し、早めに前をうかがう競馬ができれば勝負になると思っています。
枠も真ん中より内が引けましたし、いいレース運びを期待します。
「位置取りは気にしない。折り合えれば最後は確実。平坦の方が切れる脚が使えるよ」
私も平坦の方が斬れる馬だと思いますが、位置取りは気にしてもらわなくては困ります。小牧騎手はかなり斬れる脚の馬だと思っているようですが、全くの後ろから突き抜けるほどの脚は無いと思っています。
折り合いに専念するあまり最後方付近というのだけは勘弁です。スタートを決め、早めにインにこじ入れてそこから折り合いに専念を!

中山の内回りはこの馬には窮屈過ぎます。日経賞は負けても問題ありません。負けたにしてもまともに最後まで追えていたならその差は僅か!!京都の外回りの長丁場で期待できる馬。良馬場の京都は菊花賞以来。
長距離G1である菊花賞、天皇賞春を好走した馬はお釣りの無さそうな(?)フォゲッタブルと蓄膿症になった(?)外枠を引いてしまったマイネルキッツだけ。

レースは速くはならないでしょうが、斬れる脚のない前年王者マイネルキッツに松岡騎手が乗っている以上早めにレースが動くでしょう。他にもメンバー的に色気を持ってレースに臨む騎手も多いでしょうし長距離適性を問われる天皇賞が見てみたいです。
是非ともナムラクレセントには頑張ってもらって来年のヤマニンセラフィムの種付け頭数を増やしてもらたいものです。

対抗はジャガーメイル
去年は海外レースから5カ月の間隔があいたにもかかわらず0.4秒差の5着。しかも致命的な位置取りのレース。順調に天皇賞を迎え、もう少し前でレースをしていたら、と思ってしまう馬。
軽いフレグモーネでダイヤモンドSを回避しましたが、京都記念であれだけ走れれば問題ありません。デビュー以来長い距離を意識して使っている馬。天皇賞春は間違いなく最大の目標のレース。

デビューは遅く、菊花賞の1か月前。3歳9月の未勝利戦。使い減りしておらず、6歳馬でも実質は4,5歳馬くらい。去年はもったいないレースでしたので、今年はリベンジ。難しい京都3200mに外国人騎手ですが、最後方付近という去年の轍は踏まないでしょう。

他に拾う馬は、

エアシェイディ
後藤騎手とのコンビが完成度が高かったので、乗り替わりは割引。関東圏を選んで大事にレースを使ってきた馬。春天出走を選んだのは相手メンバーが理由でしょうか?
距離、コースの適性は??これまでにG1で一流馬とも差のない競馬。これだけメンバーの質が落ちると適性があった場合・・・・・。
軸にはできませんが、ヒモで大いに期待したい馬。

フォゲッタブル
なんだかんだで実力最上位馬という事で。

メイショウベルーガ
牝馬が牡馬に混じって3200mなんてとても買う気が起こりませんが、この馬は斬れる脚を持ち今が充実期。
前走が驚きました。長距離適性が問われた阪神大賞典。3000mでも短いなどと言っているトウカイトリックが勝利した事でも分かります。
ホクトスルタンがレースを引っ張り上がりのかかるレースに。牝馬には向かないはずのレースをタイム差無しの3着。しかも中団に付けての3着。
今回は京都という事では条件も好転。
今回ホクトスルタンはいませんし、前半の追走が楽で脚を溜められるなら、牝馬でも最後は差し込んで来れるかも??このメンバーなら買います。

テイエムアンコール
大阪杯では○を打ちましたが、まさかドリームジャーニーに勝ってしまうとは思いませんでした。ただ、ドリームジャーニーは明らかに抜群の動きを見せるはずの3角~4角の動きがおかしかったですし、他の馬もローカル平坦向きの馬が多かったレース。
距離が1200m伸びてどうかは分かりませんが、可能性はある馬。
浜中騎手は順調なら菊花賞馬スリーロールスでこのレースに出走していたはず。有馬でこの馬を失い、人目を憚らず号泣していたのは非常に印象的でした。今回この人は怖い。

ジャミール
測れない馬ですが、クラスが上がっても10戦以上馬券圏内を続けている馬は多分強い馬です。鞍上も含めて軽視できません。ただ、人気が付きすぎているような。

マイネルキッツ
マツリダゴッホが常に有馬記念を目標にしたように、この馬もおそらくこの天皇賞春が最大の目標レース。外枠を引いてしまったので割引。去年勝った型に持ち込めるかは微妙。今回はマークされる側です。
でも松岡騎手が乗る限り長い距離では無視できない存在です。本当に蓄膿症であっても印は打ちます。

メインストリーム
京都外回りには適性がありそう。3走前、京都で菊花賞で○にしたヤマニンウイスカーを抑えて勝利。次のダイヤモンドSは位置取りが後ろ過ぎました。これだけ人気がないなら拾います。

エアジパング
札幌2600mに適性がある馬。どの位置取りだろうが上がりタイムは一緒。速い上がりが使えない馬。現代の競馬の主流から外れている馬。多分斬れ負けしますが、岩田騎手が4角先頭をやった場合は可能性があります。


馬券は馬連。

◎から⑫⑮⑭③⑩⑬⑯⑨② への9点。

3連複◎○2頭軸から ⑮⑭③⑩⑬⑯⑨② への8点。

青葉賞 ペルーサ

先週は競馬が見れず、今週もいろいろ忙しくまた半月更新が滞ってしまいました。皐月賞以来の記事になります。
その皐月賞の記事の中のヒルノダムール評で、

ある程度の底力を持ち、決め手も兼備した馬として大いに評価します。ただ、この馬が皐月賞を勝ってしまうとペルーサがめちゃめちゃ強いという事になってしまいます。(個人的には世代トップはペルーサかな?と思っていますが。)

などと書きましたが、ヒルノダムールは勝ちはしませんでしたが、強さを十分に見せた2着。
わざわざ関西に遠征して皐月賞の権利を取ったのに、その皐月賞を捨ててダービーに賭けるペルーサが青葉賞でどんな走りをするかに興味がありましたが。青葉賞のレースを見てみると・・・・・。

めちゃめちゃ強い!!

何年かに1頭、「これは凄いな」と思わせてくれる馬を見たくて競馬ファンをやっている方も多いと思いますが、ペルーサはその可能性を十分に持った馬!
最近「これは凄いな」と思わせてくれた馬は牝馬ばかりでしたが、やっと牡馬の新星が現れてくれました!!!!

青葉賞はペルーサにとってダービーまでに間隔が空きすぎてしまうために、まあ1走使っておかねば、と言ったダービーに向かう途中の「行きがけの駄賃」的なレース。まず万全に仕上げたはずのないレース。

若葉Sはベストブルームがかなり極端な逃げをしたためにラップが締まり上がりが掛かるレースに。ペルーサはこの流れの中、早めに後方から位置取りを上げながら外を捲り上げ、当面の敵であるヒルノダムールに的を絞ったレース。
マッチレースに持ち込みましたが、馬体を併せてからは力の差は歴然。皐月賞トライアルで最もタフなレースでしたが、ゴール前も相当余力を残しているように見えました。
この流れの内回り阪神2000mで最終コーナーでの反応は見事!いい形でこのレースを勝ちながら、なぜ皐月賞を回避??皐月賞の予行演習には最適なレースだったのに。と思ってしまいました。

能力が高く、相当な底力を持っている事は分かりましたが、今回は東京2400mのダービートライアル。条件が変わって求められる適性も変わり、長い直線でどれだけ斬れる脚を見せられるかに興味があった訳ですが・・・・・・。

凄い勝ち方!!!土曜に東京競馬場に足を運んで、生で観戦した方を羨ましく思います。
適性がどうの、レースの質、相手のメンバーのレベルがどうのではなく、明らかにこの馬は持って生まれたモノが違うと言う印象。

若葉Sと青葉賞を見て同じように感じた方も多いと思います。ダービーでは5連勝で皐月賞を圧勝した馬が1番人気にならないという珍事(?)も!!

それにしても横山騎手盛運ぶりには驚かされます。
特別なレース、ダービーを勝ってしまうと星のめぐりも変わってしまうのでしょうか??
現役トップのブエナビスタを手に入れ、ペールサも手中に。そればかりか、この後のG1連戦でも来週のNHKマイルのサンライズプリンスは前走かなり強い競馬。オークス出走予定のサンテミリオンもフローラSがいい内容での勝利。
もちろん素晴らしい騎乗を続けているのでいい馬が集まるのは当然ですが、ここまで揃ってしまうと。

現在リーディングジョッキー争いの方も断トツ!強敵であるはずの内田騎手、武騎手、そして岩田騎手までもが次々に骨折・・・・。恐ろしいまでの・・・・・。

いい馬が揃って横山騎手にとって楽しみな春のG1連戦ですが、一番勝ちたいのはやはりペルーサでのダービー。一番怖いのはダービー週の騎乗停止。春のG1連戦、強力なお手馬と合わせて横山騎手には逆らいづらいですが、死角があるとしたらダービーの前に強引な競馬はできないという縛りでしょうか???


この時間に天皇賞春の予想を書くつもりでしたが、ついつい余計な記事を書いてしまいました。それと言うのも青葉賞の映像を見てしまったから。

日曜に天皇賞春があるので、土日競馬をやる人にとっては土曜の青葉賞は天皇賞春の「前座」のようなレースですが、その前座で凄い才能を見せつけられてしまいました。

メインのバンドの前に、若手のバンドが前座として演奏する事がありますが、その前座の中に凄い才能を持つ者があった場合、メインだったはずのバンドはかすんでしまい、陳腐に感じてしまいます。

楽しみにしていた天皇賞春ですが、ちょっとテンションが落ちています。青葉賞見なければよかった・・・・。天皇賞春の予想はこの後にアップします。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »