2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 高松宮記念の予想 | トップページ | 桜花賞の予想 »

大阪杯、ダービー卿CTの予想

だいたい毎週1つのレースを選んで展望やら予想を記事にしていますが、今週は両重賞レースを。
去年は両方予想して、極めて珍しい事に両方的中したので、今年もそうならないかな?と淡い淡い希望を抱いての参戦。


ダービー卿CT
馬場が渋ればサニーサンデーとショウワモダンからの馬券にしようと思っていましたが、お湿りはないようで、全く違う予想に。

本命はフィフスペトル
中山マイルでよりによって大外枠。不利を承知で本命。大外枠を引いた為か現在3番人気。
3歳から4歳にかけて急激に力をつける馬がいますが、この馬もそうかもしれません。元々力のある馬で2歳馬の最初の重賞函館2歳Sを勝ち、その後重賞レースも連続好走。その後の「皐月賞→NHKマイル→とどめの泥んこダービー」は過酷なローテ。この後の凡走は仕方ないところがあります。

この馬の歩んだ道のり、レースでの成績を見るとローレルゲレイロと重ねたくなります。ローレルゲレイロは同じような過酷なローテでダービー以後2桁着順が続きましたが、3歳終わりの阪神カップで復調の兆しを見せ、年が変わって4歳になってからの2重賞を連続勝利しました。
やはりダブります。(ダブって欲しい。)

3歳から4歳にかけて急激に力をつけると書きましたが、無理なローテのダメージがこの時期になってようやく抜けたととらえた方が合っているのかもしれません。

東京よりは中山のイメージがあり、大外枠と言ってもある程度前で競馬ができます。加えて前走東風Sは全くの楽勝。相手に合わせて追い出しを遅らせるほど余裕のある勝利で、ちょっと今後のマイル路線で期待ができる馬だと感じました。
昨年末のファイナルSでも負けたエイシンフォワードは1200~マイルで十分強い馬ですし、直線で前が壁になっていた内を差した分、勝ち馬とは通った所の差もあるかな?と思っています。

対抗はマイネルファルケ
基本的に前に行った馬が有利なレース。
他にも逃げ馬がいますが、サニーサンデー辺りが行きたければ行かせるでしょう。サニーサンデーは個人的に注目している馬で、力のある馬だと思っていますが、この馬は毎回上がりが36秒以上かかっています。スタートが速い訳ではなく、二の足を使ってハナを取りに行くタイプですが、この分と気性、その辺りで終いが鈍る馬か、それとも純粋に速い上がりが使えない馬なのか?。最近気性が随分大人になったとかで、このレースでこの馬がキャラクターがハッキリすると思っています。この馬も4歳になって変わる所があるかもしれませんが、今回はマイネルファルケを上に取ります。

サニーサンデーは吉田騎手も決め手不足と感じているようですから、ラップを締めて4角先頭抜けだしを図るでしょう。ファルケは無理をせず、この必ずゴール前で末脚の鈍る逃げ馬を目標に最後に交わす競馬をすれば馬券に絡めるのでは?
一応、去年の連対馬ですし、期待します。

結局前哨戦東風Sの1,2着馬からの馬券で何のひねりもありませんが、去年同様オッズもかなり割れていますし、人気サイド2頭軸の馬券でもある程度の配当は見込めるでしょう。
サニーサンデーがラップを締める分、東風Sとは少し違うレースになりますが、この2頭は力量、中山マイル適性上位馬という事で。

馬券は3連単。

⑯→⑧→⑫③⑦⑤④①⑮⑪
⑯→⑫③⑦⑤④①⑮⑪→⑧ の16点。



大阪杯。
こちらは全くの一本被りのレース。見るレースに徹した方がいいような気がしますが。

去年のグランプリホースのドリームジャーニーが参戦します。阪神内回り2000m・・・・・鬼でしょう。現役のどの馬が出走しようとも、この条件でドリームジャーニーを負かす事は容易ではありません。敬遠されたのか他の出走馬は小粒。
内回りレースでの勝負所となるコーナー区間での機動力が抜群。そして完成されたレーススタイル。小さな馬体に59キロを背負わされたとしても、このメンバー相手に連を外す事は考えられません。

去年はディープスカイの単勝1.6倍が評価が高すぎると書いた記憶がありますが、今年のドリームジャーニーは単勝1.3倍!!別段、評価が高すぎるとは思いません。圧倒的な人気でもこの馬が本命。

対抗はテイエムアンコール
ローカル平坦巧者が揃った印象のある今年の大阪杯ですが、今回と同条件の朝日杯CC4着ならば、この馬は大威張りできるかも??このレースはスローな流れでしたが、前で楽をした今回3番人気になっているサンライズベガを差し切りました。

中山記念は不良馬場のタフなレースでそのダメージが心配されますが、上位に来た馬は次走馬券に絡んでいます。この流れに乗って欲しい!(笑)

普通に考えれば小回り、内回り2000mのスペシャリストであるヤマニンキングリーが唯一ドリームジャニーに対抗できる馬ですが、状態面がどうでしょうか?去年がピークで今年は?なんて事も。2番人気に支持されていますし。

馬券は珍しく潔い馬券

馬単1点!!としたかったのですが、スケベ心を出してその延長線上にある3連単を。

⑧→⑪→③⑤②⑥④⑫⑨ の6点。

« 高松宮記念の予想 | トップページ | 桜花賞の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

今気づきました。
お久しぶり・・・といいますか
お帰りなさい。
またよろしくお願いします。

こんにちは、はじめましてトツボさん。
コメントありがとうございます。
「ただいまです」
「はじめまして」でいきなり「ただいま」はちょっとおかしいですね。(笑)

先週の高松宮記念から復帰しました。
春競馬全敗は避けたいので早めに今年の初勝利をあげておきたいと思いながら、なぜか今回の2重賞の馬券は一番当たりにくい3連単にしてしまいました。

ブログの方は今年ものんびりやっていこうと思っています。

こちらこそどうぞよろしくおねがいします。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

ドリジャニがまさかのギリギリ3着( ̄◆ ̄;)
心臓に悪いレースでした(´~`)

粘りに粘ったフィールドベアーも
調教は良かったので気になる1頭でしたが
ブッタ切りしたので余計ヒヤヒヤしました( ̄З ̄)

タマルファイさんはダービー卿で
馬場渋り予想なら当たってたのでは?

来週はWで桜花賞ゲットといきたいですな(*゚▽゚)ノ

こんばんは、歳三さん。

大阪杯的中おめでとうございます。
テイエムアンコールが狭い所をこじ開けてグイグイ伸びてくる走りをしたので、後はドリームジャーニーが当然のようにこの馬を差し切るだけでしたが・・・・。
そうすれば、ダブルヒットで意気揚々G1戦線殴りこみ!だったのに・・・・・。(涙)

競馬はホント分からないですね。

毎回毎回コーナー区間で圧倒的なパフォーマンスを発揮する馬なのに、今回はまるで並みの馬。
ほとんど馬なりで最終コーナーを進出する馬があれあれっ・・・・。
んーどうしたんでしょう???

ビリ人気のフィールドベアーが3着だったらどんな配当になっていたのでしょうか??

ダービー卿CTもマイネルファルケが残りそうだったのであとはフィフスペトルが差し切るだけでしたが、こちらもあれあれっ??
大外枠の不利を入れても勝ち切れると踏みましたが期待が大きすぎたようで・・・・。

歳三さんの言うように、馬場渋りなら当たっていたと思います。どちらも勝ちきるイメージがそれほど強くないので3連複を買っていたでしょう。

んー。G1連戦の前に今年の初勝利をあげておきたいところでしたが残念。

来週は叩き3走目!そろそろ当たらないと春全敗が見えてくるような・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/34067895

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪杯、ダービー卿CTの予想:

» 第54回 産経大阪杯 予想 【過去データ 血統から】 [競馬予想ブログ 複勝馬券生活]
2010/04/04(日) 2回 阪神 4日目 10R 第54回 産経大阪杯(G2) 4歳上 ○国際○指(別定) 芝2000m 12頭 発走:15:35 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 [続きを読む]

« 高松宮記念の予想 | トップページ | 桜花賞の予想 »