2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 桜花賞の回顧 | トップページ | 皐月賞の予想 »

皐月賞の展望  穴馬

2日続けてかなりの降水があったので、今年の皐月賞は水分を含んだ芝で行われる事になりそうです。どのくらいの馬場状態になるかは明日になってみなければ分からないところ。早めに馬券を買わなくてはならない者にとっては厄介です。

皐月賞の各馬のオッズが出ていますが、人気、不人気がハッキリ分かれているような気がします。出来れば不人気サイドの馬を絡めての馬券を狙いたいものです。

皐月賞はクラシック3冠の1発目。力量、適性比較という点でまだハッキリしていない事の多いレース。加えてトリッキーな中山のコース、流れ一つで今までの評価が簡単に覆されるなんて事も少なくありません。そして雨が降った事によって力の要りそうな馬場状態。

3歳馬にとって皐月賞までのレースは軽いレースが多く、初めて締まった流れを経験し底力が試され、底力不要の上がり勝負で評価を高めた馬が篩い落とされる・・・・・・そんなレースが皐月賞だと思っています。
この後のダービーは評価の高い馬が順当に勝つレースですが、皐月賞で底力を測った後だからこそ順当に決まる事が多いと感じています。

皐月賞は穴を狙った方がいいレース!(?)こんな馬場状態ならなおさら。

今回は穴馬について。
人気が無い馬で気になっているのはゲシュタルトガルボ

ゲシュタルト
デビューからの3戦は特に見るところのないレースでしたが、トライアルのスプリングSでいきなり2着。強い競馬でした。
この馬は物見をする馬らしく、今まで真面目に走っていなかった可能性があります。デビューからの3戦手綱を握った武騎手も能力はあるが、物見が凄いとコメントしています。

スプリングSはアリゼオが逃げてラップを締めたレースでした。それなりの底力が問われ、トライアル戦の中では数少ない皐月賞につながるレースだったと思います。勝ったアリゼオ、3着ローズキングダムは今回3,2番人気になるほどの実力馬。4着サンライズプリンスは次走のニュージーランドTでかなり強い内容で圧勝。
アリゼオがラップを締めた事で紛れがなく、実力馬(1~4番人気馬)が掲示板を占める結果となりました。10番人気で2着のゲシュタルトは実力の割に軽く見られていた事になります。それなのに今回も12番人気。前走はフロック視されています。

今回もおそらく大外枠に入ってしまったアリゼオは逃げるしかないと思います。横山騎手なら前走同様締まったラップを刻むでしょうし、馬場も味方になります。ゲシュタルトも前走と同様に内枠から先行、アリゼオを目標にレースをすれば面白いのでは??
力の要る馬場の中でのアリゼオの作る流れ、これなら物見をする暇もないのでは??

前走の内容で注目すべきはこの締まった流れを3角辺り早めから位置取りを上げながら最後まで伸び続けている事。そしてローズキングダムに迫られるともうひと伸びしているように見える事。
この馬を推す根拠はまさにこの1戦だけですが、潜在能力があり、勝負根性もありそうな気がしています。そして中山向きの馬かな?と。この人気なら十分馬券を買うあり??


ガルボ
ゲシュタルトより更に評価の低い14番人気。なんでこんなに低評価なのでしょうか?距離不安?ローテ?
マンハッタンカフェというお洒落な横文字の名前の父にヤマトダマシイというコテコテの和名の母、その子供が礼儀正しいという意味のイタリア語のガルボ・・・・。んー。

1800m戦でダメで1400mに距離を変えて未勝利を脱出した馬ですが、この馬はかなり成長力がありそうです。今回久しぶりに後藤騎手が手綱を取りますが、後藤騎手はレースを見ていて、どうしてこんなに強くなったのだろうかと驚いていたそうです。
最近好騎乗の目立つ後藤騎手ですが、色気たっぷり持って一発狙ってくるのでは??庭と言える中山、14番人気と全くマークされない馬、競馬はしやすいと思います。

朝日杯FSは4着でしたが、ちょっともったいない競馬。積極性に欠け、4角前で他の馬達に進路を奪われ、4角では何もできず少し置かれます。その後直線だけで4着まで差しこみました。
その後のきさらぎ賞が積極的に乗って圧勝しているだけに、今回成長力に驚いたと言う後藤騎手が積極的に乗れば??

どちらかと言うと瞬発力に秀でた馬に見えますので、力の要る馬場が合うかどうかは分かりませんが、持っている力の割に明らかに評価が低い馬だと思っています。


2頭共に世代のトップと言えるローズキングダム相手にいいレースをしているので力の裏付けもできると思いますが、2頭共に前走2桁の馬体減。かなり仕上げて権利取り、賞金上積みを狙ったものと思います。
ゲシュタルトは馬体を減らし続けて、更に減らしてスプリングSへ。そして中3週で皐月賞。ガルボはきさらぎ賞の後、北海道へ放牧に出し、皐月賞に直行。皐月賞を叩いて、距離実績ありのNHKマイルへと言う目論見も感じられるだけにどうでしょうか?

« 桜花賞の回顧 | トップページ | 皐月賞の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/34273433

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞の展望  穴馬:

« 桜花賞の回顧 | トップページ | 皐月賞の予想 »