2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 競馬ファンって最高! | トップページ | 高松宮記念の展望 »

春を告げる○○   ファレノプシス

久しぶりの記事になります。
1か月以上ブログの更新が滞ってしまいました。
この間当ブログに来てくださった方、たいへん申し訳ありませんでした。

私事ながら、最近少しだけ環境に変化があり、多事多端というほどではないにしろ、それなりにやる事がありまして、ブログの方がなおざりになってしまいました。今後も「今まで通り」でやっていくつもりですが、少し更新の頻度は落ちるかもしれません。

今回は春を告げる花

先週は真冬に逆戻り、大雪が降りました。(←こんな事を書くと雪の多い地域に住むに笑われそうですが、雪の降らない地域の人の言うところの大雪という事で。) 「春はまだ先か」と思っていたら、一転して昨日今日と完全に春の陽気!
三寒四温などとはよく言ったもので、冬と春を行ったり来たりする日が続きましたが、そろそろ春本番。この時期になると様々なものが春を告げてくれます。何を見て春を感じるかは人それぞれ。

先週行われたレースの中にアネモネS、ゆきやなぎ賞、沈丁花賞と言う名のレースがありました。JRAのレース名には季節を感じさせてくれるものが多く、多少花の開花時期とレースの施行時期にズレがあるものもありますが、「だいたいそんな時期か」と気づかされます。

今の時期で言えば、土地柄、梅の花は嫌でも目に入ります(嫌ではありませんが)。他にも河津桜もちょうど満開でとってもきれいです。
これらも「ああ、春が来たな」と感じさせてくれますが、我が家で育てていた(と言ってもほとんど放置)花が私にとっての今年の春告げ花。

20100315170517_5 何だか分かりますか???

胡蝶蘭(コチョウラン)です。

胡蝶蘭と言えば、幾重にも花が連なっている豪華なイメージだと思いますが、以前はそうでした。2年前に人から貰ったものですが、なんでも非常に高価な花のようで・・・・・。花が終わったからと言って捨ててしまってはもったいないような気がして残しておきました。

リビングルームに置いておきましたが、一度鉢を落としてしまって花茎を折ってしまいました。それでも去年の春には残った花茎に花がつきました。それなら来年も!!

そして今春も元気に花を咲かせてくれた姿が上の写真です。
寒さに弱い胡蝶蘭の手入れには温度管理その他いろいろあるようです。
あるようですが、甘やかしません!!(笑)
花芽の手入れと、僅かばかりの肥料、水やりだけはしましたが、後は放置!!

個人的に胡蝶蘭は贈答用としての「温室育ち」のイメージがあり、季節感が無い上に、花自体も絢爛豪華過ぎて好みではありません。(高価なモノを頂いておきながら・・・。)

ですが、我が家の3年目の胡蝶蘭は逞しく(冬の寒さに耐え、本来の開花時期である春先にしっかり開花)、シンプルで(落として花茎を折っていまったから?栄養が少なすぎて芽が一つしか出なかったから?)とても気に入ってます。

毎日リビングルームでその姿を目にし、だんだんつぼみが膨らんでくるのを楽しみし、ついに開花!!思わずブログの記事にしてしまいました。


柄にもなく花の話をしてしまいましたが、最後にちょっと競馬の話を挿みます。

今回取りあげた胡蝶蘭の学名は「ファレノプシス」。
競馬ファンなら名牝ファレノプシスの名前は知っているでしょう。もちろん馬名の由来はこの花です。

この後春のG1シリーズ、高松宮記念、桜花賞、皐月賞・・・と競馬ファンにとって楽しみな時期になります。私にとって春を告げるレースと言えば、最初の芝のG1レースである高松宮記念。「芝のG1レースが始まる!=春が来た!」です。
春を告げるという意味では高松宮記念ですが、いよいよ春本番を感じさせてくれるのは、やはり桜花賞!
ファレノプシスはその桜花賞を制しました。
名前の由来となる花の咲く時期に、自身は競走馬としての大輪を咲かせた訳です。

さて、そのファレノプシスの仔が2年続けてクラシックに挑もうとしています。去年はアディアフォーン。フィリーズRで権利を取れずクラシックに乗れませんでした。今年はラナンキュラス。一昨日のフィリーズRで2着!母が制した桜花賞の切符を手に入れました。

父は去年の桜花賞馬ブエナビスタと同じ、母は紛れもない桜花賞馬である胡蝶蘭、いやファレノプシス。
本番桜花賞でどうでしょうか?
実力以上に人気が付きそうな気がします。

桜花賞予想で重い印を打つつもりはさらさらありませんが、この馬にも注目しながら桜花賞のレースを見守りたいと思っています。

« 競馬ファンって最高! | トップページ | 高松宮記念の展望 »

○○素描」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます(◎´∀`)ノ

そろそろ放牧から戻って来る頃かと
思ってました( ^ω^)

チューリップ・Fレビューと
主要トライアルが終わりましたが
何だかな~って感じです(´~`)

ここ数年、女傑・名牝が目白押しだっただけに
物足りなさを感じます(;´д`)

唯一、スケールの大きさを感じさせる
アプリコットフィズはよりによって
ボケ豊の手に( ̄Д ̄;;

桜花賞は?(´~`)?ですが
オークスはこの馬でしゃ~ないかな???
と思ってます(・∀・)

何はともあれ楽しみです( ̄▽ ̄)ノ

こんばんは、歳三さん。

やっと春めいてきました。競馬の方もいよいよG1シーズン間近!

高松宮記念も楽しみですが、桜花賞、皐月賞が特に楽しみです。トライアルも順調に消化し、「本当に強いのはどの馬なの?」を考えるのが楽しみなレースです。
「放牧」に出ていたので、3歳馬の品定めはこれからじっくりやろうと思っています。

アプリコットフィズはレースの型が出来ている馬のような気がします。極端に後ろから差そうとしない限り誰が乗っても問題ないかな?

歳三さんのダイワスカーレットVSウォッカの比較面白かったですよ。

【競走成績】
「どう考えてもスカーレットの圧勝やろ」

全くの同感です。成績だけでなく、2頭を比較すると、仮に能力が同等だとしても、前でレースをコントロールできるダイワが絶対上だと思います。

【初年度の花婿さん】

ウォッカはなんと言ってもあのシーザスターズですからねー。
ダイワスカーレットはチチカステナンゴ??
なんで???と言うか誰??(笑)

歳三さんの「完全に名前負けじゃ」にはふき出しました。

この同世代、名牝、ライバルの2頭の2世対決は楽しみですが、年に1頭ずつしか産まれないのがなんとも残念な気がします。

遅れ馳せながら高松宮から復帰するつもりですが、今年もどうぞよろしくお願いします。
今年もダブルヒットを!!!!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/33775935

この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げる○○   ファレノプシス:

« 競馬ファンって最高! | トップページ | 高松宮記念の展望 »