2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ジャパンカップダートの予想 | トップページ | 阪神カップの予想 »

ジャパンカップダートの回顧

ジャパンカップダートエスポワールシチーが圧勝!長らく続いたヴァーミリアン、カネヒキリの2強時代の終焉、新時代の到来を強く印象付けました。

12.5 - 11.1 - 12.7 - 12.5 - 11.9 - 12.1 - 12.4 - 11.8 - 12.9

レースは◎エスポワールシチーではなく、○マコトスパルビエロに注目。
大事なのはスタート!!
ゲートが開き、スタート!
「あれっ」
発馬が悪い上に行き脚もつかず、中団からの競馬・・・・・終了です。
この位置で勝負になる馬ではないので、外を回してエスポワールシチーの所まで位置取りを上げますが・・・・・。

後はエスポワールシチーを見ていました。
スタートで外のティズウェイやワンダースピードが先手を取りに行きましたが、1コーナーのイン、アウトの差を活かして単騎逃げに持ち込みます。
陣営が熱心に訓練を積ませ、逃げに拘らなくていいスタイルを身に付けているだけに、先手争いの中でも哲三騎手には余裕があったように思われます。
ティズウェイがあっさり先手を譲ったのが意外でしたが、スピードの差を感じて譲ったようです。これで完全にレースを支配。あとは直線に出る前に少し溜めを作り、直線に入った所で一気に突き放せばというレースをするだけでした。

後ろから2つ目のラップで11.8という脚を繰り出し、これで勝負あり。
後続を大きく引き離しての圧勝!

【見事エスポワールシチーを勝ちに導いて、彼ならではの控えめなガッツポーズを見たいものです!!】

そして待望のG1でのガッツポーズ!!
哲三騎手にしてはちょっと派手だったような。(笑)
タップダンスシチーの宝塚制覇以来のG1制覇。

サクセスブロッケンは明らかにエスポワールシチーを目標にレースをしましたが、盛岡のマイルC同様、追い出してからは差を付けられる一方。この秋なかなか状態面が上がってこないという印象。
盛岡のマイルCでは4馬身差をつけられた2着でしたが、今回は5馬身弱。そして今回はこの間に割り込んだ馬が2頭いました。

2,3着に入ったのは共に3歳の差し馬。

今回は先行する馬に強い馬が揃ったと考えていましたので、去年より緩む流れでこの結果は意外でした。
春の状態にない上に堂々エスポワールシチーに真っ向勝負を挑んだサクセスブロッケンやスタート今一歩で無茶な競馬をしなくてはならなかったマコトスパルビエロは分かりますが、ヴァーミリアンやワンダーアキュートはシルクメビウスよりかなり上の力を持つ馬と思っていただけに・・・・・。

2着、シルクメビウス
観戦に行ったユニコーンSで◎グロリアスノアが2番人気になってしまっていたので相手で最有力と思いつつも1番人気だったこの馬は消し。そして圧勝されてしまいました。脚色が違っていたので直線半ばで意気消沈してしまったことを思い出します。

3歳ダート馬ではトップクラスの力量、とは思っていましたが、JCダートで好走するとは思いませんでした。3歳馬の上昇度?私の見る目の無さ?
結果的にエスポワールシチー以外の古馬を撃破してしまった訳ですが、強いはずの先行馬が意外に走らなかったという気もします。

3着、ゴールデンチケット
大物サマーバードがまさかの骨折、それによってJCダートへの「ゴールデンチケット」を手に入れた馬。
先行馬の揃ったこのレースで「先行馬の」この馬は買うつもりはありませんでした。誰が鞍上であろうと。
まさかの後方からの追い込み?こんな競馬が出来るの?JCダートで3着?ルメールマジック??さっぱり分かりません!!

5着、アドマイヤスバル
4番手評価にしましたが、13番人気とは舐められ過ぎ。もともと力のある馬でしたが(芝のマイルG1、ダートのマイルG1共に7着)、6歳の今年になって更に充実。今後も期待。

6着、ワンダーアキュート
大外枠に入った事で狙いを下げました。
まずまずのスタートを切りますが、内にティズウェイとワンダースピードがおり、やはり終始外外。それでも3角から4角にかけて抜群の手応えに見えましたが、直線で弾けず。
武蔵野Sが仕上がり過ぎ、走り過ぎだったような・・・。



エスポワールシチーは能力非凡な馬でしたが、騎手とのコンビも熟成され一流馬として完成の域に達したような気がします。ライバルが先手を譲ってしまうほどのスピード、道中騎手の思うように折り合い、脚を使い、そして最後の決め手。競走馬として完成度が高い!

今回は阪神ダート1800mでの勝利、最内枠を活かし、楽に単騎逃げに持ち込んでレースをコントロールしての勝利。しかも有力馬があまり本来の力が出せなかったという印象もあります。
以前の東京2100mでこのような圧勝劇になれば、どうしようもない馬だと思いますが、まだそこまでとは思っていません。

ただ、今回の2,3着馬を見て、相手メンバーを考えれば相対的に1強時代になってしまうのでは?と感じました。

ちょうどダート界は過渡期にあり、新しい勢力と古い勢力の能力曲線が交差したのが春のフェブラリーS!!非常に質の高いレースでした。そして新しい勢力がさらに上昇し、このレースを迎えたと思います
本来なら、サクセスブロッケン、カジノドライヴ、エスポワールシチーのデッドヒートが見られたのでは??とも思いますが、実際はサクセスブロッケンは調子が戻らず(去年の冬場走り過ぎ?フェブラリーSはそのダメ押しとなった?)、カジノドライヴは故障で戦線離脱。

3強となり得た現4歳世代ですが、フェブラリーS以後順調にキャリアを積めたのはエスポワールシチーだけ。他の2頭は一番成長できる時期に順調さを欠いています。現3歳世代から大物が出て来ない限り、1強時代になってしまうのでは??

テンのスピード、道中の操作性の良さ、終いの決め手を持つエスポワールシチーがレースをコントロールしてしまうと、仮に後方脚質のシルクメビウスが力を付けてもエスポを負かすのは容易でないと思います。

でもこのコンビは応援したいコンビなので1強でも別にいいんですけど。

« ジャパンカップダートの予想 | トップページ | 阪神カップの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

タップの宝塚記念とは懐かしいですなぁ(◎´∀`)ノ
当日は現地で見てました(・∀・)
馬券は外しましたが(TωT)

哲さんが鞭を客席に投げ込んでくれた時
ほんの10m程左だったので取れず(´~`)

もしあの時ゲット出来てたら画面を見ながら
自分の尻に哲鞭を打ち打ちしてたかも( ̄▽ ̄)

しばらくはエスポ君の天下でしょうヽ(´▽`)/

こんばんは。

うわー!
取れていたらお宝間違いなし!

あの宝塚のタップはそーとー強かったですよ!!

その強かったタップの尻を引っ叩いたばかりのホヤホヤ鞭、伝説の鞭ですよ!!もうちょっと左に陣取っていれば・・・。

数年後、その伝説の鞭でエスポ君を応援しながら自分の尻に哲鞭!!
変態じゃありません!あの伝説の鞭なら極めて正常な競馬ファンの行動です(笑)

いやー、あの凄いレースの現場にいて、もう少し哲鞭ゲット!大興奮のレース観戦だったのでは??

幸運にもあの鞭を手に入れた人は家宝にしているでしょうね!

ドモドモ(=゚ω゚)ノ

あの鞭をゲットした人は狂喜乱舞してましたヽ(´▽`)/
取り損なったこっちは凶器乱舞させました( ゚皿゚)

おそらくガラスケースに入れて大切に
保管してるでしょう(◎´∀`)ノ

タイトルラベルはもちろん
『タップダンスムチー』( ̄▽ ̄)

こんばんは。

タイトルラベルの「タップダンスムチー」!!

ナイス過ぎます!!

贅沢なガラスのケースに鹿の角の刀掛け、掛けてあるのは日本刀ではなく、伝説の鞭!
そしてそのガラスケースの前に高名な書道家の豪快な筆致による「タップダンスムチー」のタイトル!!

思わずこんなモノを想像してしまいました!!!!(笑)

鞭をゲットした人は狂喜乱舞していたようなので、多分大事にしているでしょう!!ガラスのケースに入れて保管、鑑賞するというのはありそうですが、さすがにこの「名タイトル」までは思いつかないのでは?

競馬ファンなら誰でも羨ましがるものです!!一生自慢できるレベルもの・・・・ですが、ホンモノであると証明できるのかな?


もし歳三さんが来年のフェブラリーSを観戦に行って、エスポワールシチーが勝ち、そして哲三さんがファンに鞭を投げ、それを運よくゲットできれば・・・・・「エスポワールムチー」(笑)
(難易度が高過ぎますが・・・)


(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

難易度激高ですなぁ(´~`)
何が高いって。。。

あの時期は激寒ですわ( ̄◆ ̄;)

メイショウボーラーが勝った年に現地観戦しましたが
あまりの寒さにこらアカンと思いました(;´д`)

あっしにとってエスポワールムチーをゲットする為の
最大の難関は寒さに打ち勝つ勇気を持てるか
どうかですな(=゚ω゚)ノ

多分、こたつで丸くなってると思います( ̄▽ ̄)

こんばんは。

去年はフェブラリーSの前日に競馬観戦に行きましたが、とっても寒かった・・・。この時期はキツイです。

それにメインレースで勝負にいって外れると体も、心も、財布も(!!)極寒!!!

北風ピューピューの時期は行くものではないのかもしれません。コタツで観戦が賢い選択かも!

エスポワールムチーのゲットは来年のJCダートで!(阪神ですが・・・・。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/32527573

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップダートの回顧:

« ジャパンカップダートの予想 | トップページ | 阪神カップの予想 »