2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 有馬記念の予想 | トップページ | 初笑い??中山金杯、京都金杯の予想 »

有馬記念の回顧  ~記憶に残るレース~

非常に見応えのある有馬記念でした。
「放牧」前という事もあり、ブログ開設以来一番予想に力を入れたレースでしたが、その価値の十分あるレースでした。力と力、才能と才能のぶつかり合い!!これぞG1レース!こんなレースがあるから競馬ファンをやめられません。

(注)一番力を入れたレースだっただけに、いつもレース回顧よりさらに長め。無駄に長いレース回顧なっています。

勝ったのはドリームジャーニー

明らかにこのレースが目標レース。この馬が古馬中長距離G1で勝負になるのは勝負所がコーナー区間になる宝塚記念と有馬記念。あの小刻みなフットワークゆえにその勝負所での機動力はズバ抜けています。
相変わらず抜群の加速力!宝塚記念の再現を見るようでした。

池添騎手は流れが速いと見て、慌てず騒がず後方待機。この人は大舞台でも腹を括って、微塵の迷いもない騎乗ができる騎手、勝負師なので安心して1着付けの馬券を買うことができます。

リーチザクラウンの逃げ方によっては勝ちを逃すこともあるとは思いましたが、この舞台では馬券を外すことは考えられませんでした。
実況をしていたアナウンサーが、リーチの1000m通過が「58.6秒!ちょっと速い!」と叫ぶように言います。これはちょっとどころではありません。
更にはこの流れの中をマツリダゴッホが3コーナーに入る前から先頭めがけて捲り上げます。
ちょっと極端な展開を想定しましたが、想定通りのかなりの厳しい流れになり、この時点でほぼドリームジャーニーの勝利を確信。

この馬に関しては、4角での動き方だけを確認して、直線からゴールまでは安心して見ていられました。ドリームジャーニーにとってまるで誂えたようなレースになりましたが、腹を決めての後方待機から見事この馬の強みを発揮させた池添騎手の騎乗ぶりは見事。
さすが一流の勝負師!!・・・・・・・ただ、レース後はちょっと泣き過ぎ??感動屋さんなのかな??

この人のインタビューの受け答えにはいつも正直さ、誠実さを感じます。特にレース前の騎乗馬の状態については、何も付け加える事なく、自分が感じたままを語ってくれます。この辺りは騎手によって違うところですが、彼の場合は馬券を買う側してみれば大いに参考になります。
調教師もレース前のインタビューで、宝塚記念の状態までとは言わないが、かなり近いところまで仕上げる事ができたと語っていました。何の衒いもなく、これはおそらく正直なコメント。状態面に関しては何の心配もないなと安心して◎が打てました。

ファンに対して十分な誠実さを持っているドリームジャーニーの関係者に心からおめでとうと言いたい気分です!!


2着、ブエナビスタ

長々と書いた展望の各馬の見解についてはある程度的を射ていたように思っていますが、この馬は見当違い!今回の有馬記念で一番強かったのは間違いなくこの馬!

初めての対一流牡馬戦、初めての中山コース、冬場の中山の芝、初めて経験する非常に厳しい流れ、しかもその流れを前目に付けて積極策!!今まで出走したレース、そのレースでのパフォーマンスを思えば、すべてマイナスになり得る要素!
同じ位置にいた一流牡馬、しかもスタミナ、底力自慢の馬でさえべらぼうに上がりが掛かっている中、この馬の上がりは35.8秒!
化け物!!!しかもこの馬は牝馬ですよ!!

展望の2で「ダイワスカーレットウォッカのような化け物牝馬は別として」と前置きをしてから牝馬と牡馬についての大雑把な個人的見解を述べましたが、今となっては虚しい記事になってしまいました・・・・・。
まったくこうポンポンと牝馬離れした馬が出てきてしまうと考え方を改める必要があるのかもしれません。人間社会同様、馬もどんどん女性が強くなっている??(笑)

これだけ末脚の斬れのある馬に何で類稀な底力まで具わってしまうのでしょうか?
天は二物を与えず」なんて言いますが、これは嘘ですね。

来年この馬は間違いなく人気になってしまいますが、どう嫌えと・・・・・。
年明けの1戦目を早めに使うなら、今回のタフなレースの影響があると見て嫌うことも出来ますが、ここを難なく勝ってしまうと・・・。

そもそも今回のレースも、前走エリザベス女王杯の影響があると考えていました。
あまりの凡レースで前で普通に走っていた力量の疑わしい馬が残ってしまうレース。勝たなくてはいけないこの馬は届かないと思っても前の馬を目指して極限の末脚を繰り出す必要がありました。早めに位置取りを上げてのラスト3ハロン32.9秒!この馬自身初となる極限の脚。最後までビッシリと追われてのものです。
「次のレースで全く影響がなかったら化け物です。」とまで書きました。
今回の走りを見れば、多分影響は無し・・・・。

超スローからの究極の上がり勝負をした後に、真逆の適性を問われる有馬記念で例年にまして流れを締まってかなり上がりタイムを要す底力勝負!それもこの流れを前目に付ける競馬。そしてほぼ勝ち負け・・・・・。

この馬はおそらくスペシャルな馬。来年は競走馬として最も充実する4歳。
鬼門は内回りの宝塚記念と有馬記念だと思いますが、この2レースでさえ勝ってしまう可能性があります。来年は是非海外挑戦を!

中山2500mはスタートしてすぐコーナーになるので、内枠で発馬さえよければ、インアウトの差で前目に付けやすいレースですが、横山騎手はよくそれを実行したと思います。多分乗り替わりの際に、できるだけ前にという注文はあったと思います。
まさか5番手辺りに付けられるとは!驚きました!!

今回は流れを考えればこの位置は明らかに不利。仮にリーチザクラウンの逃げが速くなければ完勝まであったと思います。横山騎手は「追い込み馬」ブエナビスタで有馬記念における最もオーソドックスな勝ち方を目指した訳です!

予想外の試み!ここまで違うスタイルの競馬を、しかも一番支持を受けている馬でやってしまうと、仮に能力を発揮できなければ(そのリスクは十分にあります)非難の矢面に立たされるには横山騎手。それを顧みず決断!
相当な勝負師!!その胆力、騎乗技術共にさすが!!
せっかくのこの英断も流れが向かなかったのが残念、ハードラックでした。

ブエナビスタが後方待機だったらどうだったか?については競馬ファンの間で興味が尽きないところだと思いますが、個人的にはやはり中山2500mでは4角での機動力の差でドリームジャニーに負けていたと思います。仮に来年同じ力を持ったドリームジャーニーと対戦するなら先に抜け出た方が得策かと。


3着、エアシェイディ

スタートして後藤騎手が位置取りを最後方まで下げたのを見て、期待が膨らみました。ズバリこの馬の着拾いに期待していた訳ですから!!
去年はスクリーンヒーローなど中団の同じ位置にいた馬がダイワスカーレットの作る流れの中、果敢に勝ちに行きました。でもこの馬(後藤騎手)は全く勝つ気はなく、流れを考え、仕掛けをワンテンポ遅らせて、勝ちに行った馬が止まる中を差しての3着。完璧な「着拾い」の競馬。

7歳の去年でさえ、勝ちを諦めている訳ですから、一つ年を重ねたこの馬が今年勝ちを目指すとは到底思えません。しかも今年はダイワスカーレットとは違って、コントロールの難しいリーチザクラウンが逃げるレース。そしてリーチを目標に競り落としに行く馬も多いレース。多分後藤騎手は私と同じ展開を予想していたと思います。

選択したのが、1頭だけ別の競馬をして掲示板(3,4,5着での賞金ゲット)を狙うレース。(まさか露骨にスタート直後から一番後ろに下げるとは思いませんでした。ある程度行って仕掛けのタイミングをズラすと思っていました。)
流れがかなり厳しかった分3着を手にいれました。他の15頭が勝利を目指す中、スタート直後から勝ちを諦め、直線で勝ちに行った馬の脚が止まるのを尻目に、できるだけ上の順位をせしめようという魂胆。

ファンが楽しみにしている祭典有馬記念で何とも無粋な策で、ロクなものではありません!!しかし3着賞金は4500万という大金!来週の中山金杯の1着賞金より上です。ある意味ビジネス。彼らはプロで賞金が(生活が)かかっている以上キレイ事も言っていられないでしょう。
私も身銭を切っている以上、割がいいと踏めば着拾いの馬にも重い印を打ちます。

この競馬を実践するためには馬が騎手に指示に対して従順である必要がありますが、このコンビは長く、後藤騎手は完全に手の内に入れている馬。そして去年同じレースで実践済みという事も期待できる要素でした。

ただ、この馬の「着拾い」に関してはかなりあると思われていたようで、エアシェイディの単勝オッズは32倍(11番人気)ですが、複勝ベースでは人気サイドのリーチザクラウン、マツリダゴッホとほぼ同じ、アンライバルドやイコピコより人気になっていました。

何にせよ、2年連続3着に入った訳でして、老獪というか、したたかさを持っているというか、さすがベテラン同士のコンビと言うべきでしょうか。


エアシェイディが浮上する流れを作ったのは逃げ馬リーチザクラウンと果敢な捲り上げを見せたマツリダゴッホ。リーチザクラウンについては特に言う事はないので、

マツリダゴッホ

この馬の「型」は一つだけ。先行押し切り。
斬れる脚が無いため、自分で早めに動いてレースを早めに動かし、後続の末脚を封じる競馬。これは競走馬としての最強の型の一つだと思っています。特に小回り、内回りコースではレース自体を支配できます。
並みたいていの馬ができる型ではなく、ズバ抜けた底力が必要。このタイプの馬は個人的にはかなり好みです。
特に中山では、この型を持っているという事は競走馬としての絶対的な強みですが、4角先頭を目指さなくてはならないという点で今回のレースの逃げ馬、リーチザクラウンは厄介でした。どちらかと言うと、あまり速く流れからの早めに仕掛けてのロングスパートの方が合うと思っています。

蛯名騎手もレースの流れが例年になく厳しいという事は十分分かっていたと思いますが、果敢な早めの動き出し!マツリダゴッホはあそこで行かなければいけない馬。勝ちに行かなければいけない馬。
ちょっと動き出しが速いような気もしますが、この引退レースですし、好騎乗だったと思います。

厳しい流れの中、早めに動いて4角先頭!間違いなくこのレースのハイライトシーン!!

蛯名騎手のこの選択は敢為であり、言ってみれば「武士道」!!

厳しい流れが分かっていながら、あの流れをあそこで捲くり上げる事がどれだけ厳しい事が分かっていながらのマツリダゴッホのスタイルを貫きました!!
負け戦と分かっていながら敢えて死地に赴くサムライ!
武運がなく同じ負けるにしても、己に恥ず事のない負け方を!」まさにサムライの心意気であり、美学!

騎乗馬を確保するために厩舎間を奔走することもジョッキーの大切な仕事の一つですが、ローカル競馬で勝ち星を荒稼ぎする某騎手に対して、営業スマイル全開であんなにペコペコしている奴には絶対に負けないと言ってのける蛯名騎手。
以前から勝負師としての気概を持った人だと思っていましたが、今回の騎乗ぶりはまさにサムライ!

このブログによくコメントをくださる馬方歳三さん。
見ての通り幕末のサムライ土方歳三に魅力を感じている方です。(私も同じです。)

土方歳三も新しい時代の流れに逆らって己の武士道を貫き通した人。元々実家の石田散薬を行商していたなど、経済の中にいた人なので、他の武士とは違い時代がよく見えていたと思います。時代に逆行している事も重々承知、最後は負け戦と分かっていながら敢えてその死地に赴き、己の武士道を貫いて生涯を終えました。

己のスタイルを貫くという点で今回のマツリダゴッホ、蛯名騎手にダブります。
そして馬方歳三さんは、男のマツリダゴッホ単勝勝負!!
最強の型を持ち、間違いなくその型を貫くであろうマツリダゴッホの単勝勝負!!歳三さんは最もサムライらしい馬をチョイスしました。
展望の冒頭で今回の有馬記念はその人その人で予想のcolorが出ると書きましたが、歳三さんはやはりこの馬を選んできました!

レース後の歳三さんのブログの記事には「予想に悔いなし」「にしても、ゴッホは見事な最後じゃった!」と書かれています。
その潔い馬券といい、己のスタイルを貫くタイプのマツリダゴッホの選択といい、レース後のコメントといい、歳三さんは「馬方歳三」を名乗るだけあって根っこの所は間違いなくサムライ。

今回の有馬記念はどの馬からでも入れるレースで、更には一年の締めくくり、集大成として思い思いの納得のいく馬を軸にするレース。こんな人によって予想のcolorが出るレースもなかなかありません。人の予想を覗いてみるのが興味深いレースでもありました。

マツリダゴッホについてですが、非常に苦しいレースの中、騎手の思惑に応えたこの馬は立派。間違いなく名馬であり、チャンピオンホース!!自身の引退レースで、この馬の強い個性をファンの瞼に焼き付けさせてくれました。
レースの流れに一番逆らった競馬で最も苦しい競馬をした馬。それで7着は立派!!

上に書いたエアシェイディとはあまりに対照的な競馬!
一方はビジネスライクの競馬、一方はあくまで勝ちにこだわる、己のスタイルを貫く競馬。
どちらが善い悪いの問題ではありませんが、明らかに後者に魅力を感じます。これは競走馬のスケールの問題だと思います。これについては結構人間にも当てはまる事だと思っています。


この馬に関してはもう以前の力は残っていないと考えていましたが、十分力のあるところを見せました。勝ち負けについては何とも言えませんが、リーチの1000m58.6秒という逃げがなければかなりいい勝負になっていたと思います。
この馬はこのあと種牡馬での生活が待っているようで。マツリダと同じようなタフネスぶりを武器にする仔が出てくる事を期待します。もし出てくれば贔屓馬にします。


○を打ったセイウンワンダー

ちょっと力不足でした。
今回は藤田騎手に乗り替わり。レース前、彼がシルクジャスティスに乗って制した有馬記念のレースに目を通しました。こんなレースを期待していました。
奇しくも同じ馬番の14番。

レースではシルクジャスティスのように外枠の馬を内に入れコースロスなく道中を進めました。厳しい流れでしたが、積極的にロス無く位置取りを上げ、4角ではブエナビスタの後ろ。抜け出すブエナを目標に剛腕藤田騎手の迫力ある追い。勝ちに行ったレース!さすが男藤田!

一瞬オッと思いましたが、最後は脚が止まり6着。それでも立派!よく走りました。軸にして悔いなし!藤田騎手の騎乗ぶりにも大満足です。
まだ古馬相手の有馬記念で好走するだけの力はありませんでした。

新馬から気にかけ、最初の重賞レースで大いに馬券でお世話になり(その後は相性悪過ぎですが・・・・。)年末の有馬記念まで楽しませてもらった馬。この後はゆっくり休んで激戦の疲労を癒し、来年一段と力をつけてターフに戻ってくることを期待します。


フォゲッタブル

タフな馬です。万全に仕上げて臨んだ菊花賞。ダンス産駒である事もあわせて、この秋の目標レースであることは明らか!その後にこれまた長距離のステイヤーズSを挟んでの有馬記念。
このローテは無理がありあます。それでもいい走りを見せてくれました。デビューは今年の入ってから。良血馬でもありますし、相当な成長曲線を描いています。ちょっとこの後の伸びシロは測れません。

来年は間違いなく今以上に力を付け、この馬の真価が発揮されるでしょう。良血馬だけに過剰に人気になるタイプでしょうが、来年目の離せない馬です。


3歳馬で上位に来たのは4着フォゲッタブルと6着のセイウンワンダー。しかし、ブエナビスタとの力の差は歴然!どれだけパワーアップしようが、ちょっとその差が埋まるとは思えません。それほどおそらく適性の合っていない有馬記念でのブエナビスタの走りは衝撃的でした。

東京の天皇賞秋やジャパンカップではおそらく勝負になりません。ブエナの鬼門である宝塚記念、有馬記念。相当力を付けてこの2レースでは同世代の牡馬の意地を見せてもらいたいものです。


シャドウゲイト

意外に(失礼。)強かったのがこの馬。2000mレースの道悪なら買い目に入れる事も検討できた馬ですが、2500mで先行馬受難の流れを想定をしてしまっては買えません。厳しい流れの中、4角までは立派に喰らいついています。
この馬は2000mベストだと思っていますし、流れも向きませんででした。最後はパタッと止まってしまっても已む無し。
この後の中山重賞でどうでしょうか。


スリーロールス

一番測れない馬で、途中まで本命候補の1頭でした。この馬の走りは楽しみだったのですが、3角前で競争中止。左前浅屈腱不全断裂を発症していたようで残念です。
このまま引退になるようですが、それでも一命を取り留めたことは不幸中の幸いでした。


今年のプラス分をほとんど突っ込んだレースでしたが、馬券は外しました。

エアシェイディも軸とする◎▲流しもオッズを考えれば魅力的だと思っていたのですが、回収率がプラスになっているのは常に◎○2頭軸の3連馬券を買っているためだと思っているので、◎○と心中馬券で悔いなしです!!

この選択が結局馬券の成否の分かれ目になってしまいましたが、レースが終わった今も外して悔いなしです。
「放牧」前の最後のG1レース。一年の締めくくり有馬記念。やはりこのレースは特別なレース。中途半端に着拾い期待の▲馬を軸にした馬券を追加する事なく、あくまでヒモとして期待した馬券。

3連馬券は◎○と心中が私の馬券のcolorだと思っていますから、放牧前の集大成のレースで自分のcolorが出せたと満足しています。

○馬についても、ずっと贔屓馬でしたし、もちろん十分好走できるだけの力があると踏んだ訳ですから悔いなし!藤田騎手の勝ちに行く競馬も胸のすく好騎乗でした。

今回の有馬記念は記憶に残るレースになりました。この後は年明けの金杯だけ参戦して「放牧」に入ります。復帰後も納得のいく馬券を買って、自分のcolorが出せればと思っています。

これが「放牧」前の最後のレース回顧かと思うとついつい長くなってしまいました。最後まで無駄に長い記事を読んでくださった方、ありがとうございます。

« 有馬記念の予想 | トップページ | 初笑い??中山金杯、京都金杯の予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

競馬素描」カテゴリの記事

コメント

サムライで~す( ̄▽ ̄)ノ

財布の中はめっちゃサムイで~す(TωT)

記事を読んでたらあっしの名前が(*゚∀゚)
ビックラこきました(o ̄∇ ̄)/

取り上げて頂き有難うございますo(_ _)o

ですがあっしはまだまだサムライには
程遠い存在です(´~`)

が!!!
サムライたらんと目指してもおります(*゚▽゚)ノ

今は無名の存在ですがいつの日か
競馬予想界に颯爽とデビューして
危険な人気馬をぶった切り!!!!!!!

との野望を持っております(・∀・)

武州三多摩のお百姓から幕末の表舞台に
飛び出した新選組のようにヽ(´▽`)ノ

あっしの戦いはまだまだ続きます(=゚ω゚)ノ

が。。。
その前にあまりのヘボ予想で討ち死に
するかも( ̄▽ ̄)

こんにちは。

お名前を勝手に使わせてもらいました。申し訳ありません。

歳三さんには以前からサムライの心意気を感じていました。今回の有馬記念はどんな馬をチョイスするのかなー、と非常に興味がありました。

「やっぱり、マツリダゴッホ!!!」

と思ってしまいました。その人のcolorが出ると感じていた今回の有馬記念の予想ですが、この馬の単勝を選択するのが一番サムライらしい人かなと。

それにしても、マツリダゴッホ&蛯名騎手のサムライっぷりは見事でしたねー。
思わずアツい記事になってしまいました。

私なんて危うく着拾いの馬を軸にしそうな人間で、「サムライたらんとありたい!」は思うものの、どうもそんな器は持ち合わせていないようです。

土方歳三。最もサムライらしいサムライですが、元々武士の出ではなく、それだけにどうやらこの人には様々なモノを見抜く目があったように思えます。風流心もありますし、他の隊士、武士とはちょっと毛色が違います。

歳三さんは多くの本物のサムライの中から土方歳三を選んでブログネームを付けているのは興味深いところです。競馬予想でも新しい方法論を固めて、何かを見抜いてしまうのでは??

サムライような潔さを持った決断をして、外して悔いなしの馬券を買いたいものです!!!

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

有馬が終わるとアッ( ゚д゚)というまに大晦日ですね!
色々あった2009年ももぅ終わり(´・ω・`)

今年は前半がサッパリ(;´д`)
後半はチョットだけ来年につながる展開に(*゚▽゚)ノ

いい気分で新年を迎えられます(σ・∀・)σ

中山金杯は贔屓馬のトーセンジョーダンが出るので
スパっと勝ってもらって幸先いいスタートを
決めたいですわ~(*゚∀゚)

ではでは
よいお年を( ̄▽ ̄)ノ

どうもどうも、歳三さん。

遅くなりました、今年もあと1時間弱。
今年も歳三さんのおかげで、楽しく競馬予想をすることができました。

泥んこダービー、まさかのエリザベス女王杯と唖然とさせられるレースもありましたが、いいレースも多くホントに楽しめました。

また来年も歳三さんとあーでもない、こーでもないのやりとりができればと思っています。

年明けの金杯は運だめしのようなレースですが、結構相性のいいレース。ちょっと期待しています。

それでは良いお年をー!


あけおめで~す(◎´∀`)ノ

右肩を故障されたとの事( ̄Д ̄;;
大丈夫ですか???

一日も早いご回復を願っております(=゚ω゚)ノ

ちなみに。。。
右肩を故障ってことは。。。

もしかしてタマルファイさんは
プロ野球のピッチャーだったりして(*゚∀゚)

なんて正月早々、妄想してしまいました( ^ω^)

四六時中こんなアホな事ばかり考えてる
あっしですが(・∀・)
今年もよろしくお願いしま~す( ̄▽ ̄)ノ

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
昨年はいろいろな意味で私の競馬観がかわった1年でした。本命が決めにくいときには3連単をやめて馬連勝負にしてみたり、馬券種類による買い目を考えるようしたりと、今までなんとなく3連単しか買っていなかったのでかなり勉強できた1年だったと思います。このきっかけはタマルファイさんの例のブログ記事です。
それでも昨年は馬券の買い方を徹底することができずにふわふわした買い方だったので、今年はもうひとつ上のレベルを目指し、ビシッと当てていきたいと考えています。
競馬を始めてかなりたちますが、いまだに自分の予想スタイルとかを考え直すなど本当に競馬って奥が深くて楽しいですね!
まあ、一番は競走馬が美しく、強く、逞しく、そしてかわいい!多分棺おけに入るまで競馬はやめられないと思いますー
ということで、今年もよろしくお願いします。

歳三さん、明けましておめでとうございます。
新年の挨拶が遅れてしまいました。申し訳ありません。

右肩&首の故障が思っていたより酷く、痛みで夜も寝られない状態。暖かい布団で多くの人が幸せな初夢を見ている頃、私は苦痛でのたうちまわっていました。(泣)

昨日やっている整形外科を見つけて車(マニュアル車)で行きましたが、道中あぶら汗が出ました。右肩がはずれていたようで、じん帯が痛んでいるよう。

首はよくなりましたが、右肩はまだ・・・。今は右肩をガッチリ固めておとなしくしています。

右手が使えないため、左手の「ワンフィンガー」打法で入力しています、これが予想以上にめっちゃ時間かかります。

歳三さんのブログに新年の挨拶を書き込んだり、年末年始にブログの更新などしたかったのですが、何分昨日までは椅子にも座れない状態だったもので。

今年も競馬で楽しませてもらいましょう!
今年も◎馬がダブる事もあるでしょう!その時こそ的中させたいです!!

今年もよろしくお願いします。

ドモドモ(´・ω・`)

想像以上に重症のようで。。。
無理せんで下さいね(A;´・ω・)

一日も早いご回復を願っています(´・ω・`)
ではまたo(_ _)o

metalmoonさん、明けましておめでとうございます!

年末に右肩と首を強かに痛めてしまいまして、七転八倒の日々を送っていました。新年の挨拶が遅れまして申し訳ありません。

とんでもない年明けになってしまいましたが、「一年の厄がこれで落ちた!」
楽観主義者なので、一番厄介な事を年明け早々に済ませてしまったと思っています。

去年はたいへんお世話になりました。勝手ながら、今年もmetalmoonさんならではの貴重なご意見を聞かせていただければ、などと思っております。

去年の「馬券について」の記事は熱心に書いた記事でしたが、この記事が縁になってmetalmoonさんと知り合うことができました。この記事を書いてよかったなーと心底思っています。

しかもmetalmoonさんの馬券選択の変化の微かなきっかけになったとか!!

おぼろながら「馬券について」などと言う大仰なテーマの記事を書いてしまいましたが、実際はどの馬券をどう買えば正解などという事は絶対になく、この後も競馬の奥深さをただひたすら思い知らされると思います。
でも、その中で自分のスタイルを見つけるという事に興味があり、その過程にこそ面白さがあると思っています。

おそらく今年も相変わらずの試行錯誤の日々・・。

今のところ、馬券に絡む3頭のうち2頭を当てるゲーム(3連複)がメインになっていますが、最終的にはやはり競馬の本質である「勝ち馬を当てる」馬券。この延長線上にある馬券をメインにしたいと思っています。

最後の一文はmetalmoonさんの競走馬への愛とリスペクトが感じられます!!!!これについては特に長く競馬ファンを続けておられる方から強く感じる事が多く、怪我がなければ、この事をテーマに去年の最後の記事を書こうと思っていました。

お互い棺おけに入る直前まで競馬をやっていそうですね。(笑)

今年もよろしくお願いします。

歳三さん、どうも。

おとなしくしていたので、どうにかなりそうです。右肩も上がりますし、痛みも少なくなってきました。明日一日もじっとしていようと思っております。

わざわざコメントありがとうございます。

そうそう、もちろんプロ野球のピッチャーなんかであるはずがありません!

冬のキャンプで肩を痛めたなんて言えばカッコいいのですが、まさか年末の大掃除でハッスルし過ぎて痛めたなんて口が裂けても言えません!!

あっ!!!!!(大恥)

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

ハッスルしちゃったんですね( ̄▽ ̄)
痛みが落ち着いてなによりです( ^ω^)

こちらは朝から大変でしたわ( ̄◆ ̄;)
ノートPCのメモリ増設を画策して
ネジを空けて場所を確認しただけなのに。。。

いきなり電源が入らず( ̄Д ̄;;

こりは困った(。・w・。 )
とあわててアキバへパソコンを
買いに行きました(=゚ω゚)ノ

4万円でメモリ2ギガ搭載のノートPCを
ゲット出来たので大満足ですヽ(´▽`)/

幸い自作の競馬データは外付けHDDに
保存してたので影響はないのですが。。。
JRAVANのサポートが明日休み( ̄◆ ̄;)

なので明日の金杯予想は競馬データ無しで
予想せねばなりませぬ。。。

案外そのほうが当たったりして( ̄▽ ̄)

放牧前の一戦頑張りましょう(o ̄∇ ̄)/

こんばんは、歳三さん。

今両金杯の予想記事を書き終えましたが、途中あまりに時間がかかるので、右手を使って一気に終わらせました。終わったのはよかったのですが、右肩が痛い、痺れるー。

やらなきゃよかった・・・・。

パソコンにアクシデントがあったそうで!
競馬データが無事だったのは何よりです。
メモリー2ギガ搭載のニューパソコンをゲット。

4万円は金杯で取り返せるといいですねー。

金杯はどうせ運だめしのようなレースですし、一発を狙って気軽に行きましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/32771444

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念の回顧  ~記憶に残るレース~:

» 有馬記念 G1 [たび☆めし☆うま BLOG]
直線は2頭の叩き合いで見ごたえのあるレースでした。 右回りコースの安定感抜群のドリジャが堂々の差し切り勝ち。 ブエナも最後まで粘ってたし、強いところを見せました。 スリーロールスは故障発生で残念でした。 リーチザクラウンは飛ばし過ぎたかな(笑)  バルク...... [続きを読む]

« 有馬記念の予想 | トップページ | 初笑い??中山金杯、京都金杯の予想 »