2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 有馬記念の展望 3  マツリダゴッホ、リーチザクラウン | トップページ | 有馬記念の展望 5  スリーロールス、フォゲッタブル »

有馬記念の展望 4  ミヤビランべリ、ネヴァブション、エアシェイディ

今年の目標もいつもと同じ、競馬に興味を持ち続ける事と+100円でもいいから年間回収率をプラスにする事。
前者は何とも言えないところですが、後者の方はこの後は有馬記念しか買うつもりがないので現時点で目標は達成。チョビっとだけプラス分を残して、有馬記念で勝負!!

去年はビッグヒット2発のおかげで過去最高の年間回収率、左うちわで有馬記念を迎えましたが、今年は・・・・・。
春先の馬券が好調、そしてなぜかよく当たるローカルが今年も好調。傲慢にも、去年の回収率超えも夢ではないなどと思っていたのですが、その後は惨憺たるありさま!!目も当てられません!!的中は秋華賞のお堅い3連単のみ。他はひたすら空振りの連続!!見事に春先の分とローカルの分を吐き出しました。

当てにいっての空振りの連続。どうせ当たらないのなら最後くらいは思いっきりの一振り!をしたい衝動に駆られています。穴馬を軸にしてフルスイングも悪くないような。


今回は穴馬、あまり人気になりそうもない馬について。

おそらく人気薄になる馬で気がある馬は、ミヤビランべリネヴァブションエアシェイディの3頭。

有馬記念で穴を開けるのは、年始めの中山重賞で好走歴のある馬である事が多いのですが、これは中山のコースへの適性はもちろん、冬場の重めの中山の芝への適性が証明されているという点で強気になれます。
この3頭はいずれも今年の中山重賞好走馬。

ミヤビランべリ

この馬にはかなり魅力を感じています。

斬れる脚を持っていない先行馬」「地味な血統」「地味な騎手、厩舎」この3点セットは見逃せません。実際は結構力があっても人気になりにくいから!(逆に「良血馬」「斬れる脚」「人気ジョッキー」「有力厩舎」は過剰に人気になります。)

このテの馬を贔屓馬にできると馬券的に旨みがあります。今の馬ではヤマニンメルベイユも同じタイプ。ヤマニンメルベイユは馬券に貢献してくれましたが、この馬はまだ貢献してくれていません。
今年の最初のレース、中山金杯ではアドマイヤフジに◎、人気薄だったミヤビランべリを相手として重く見ていました。結果は無印ヤマニンキングリーに馬券を割られ悶絶の不的中!(ヤマニンキングリーは札幌記念で馬券に貢献してくれたので、もう恨み(?)はありません。)

その後は目黒記念アルゼンチン共和国杯を人気薄で勝利。目黒記念は同日のダービーに全精力をかたむけていたので目もくれず、アルゼンチン共和国杯は競馬にできない週でした。
旨みのあった馬券はこの2レース&中山金杯の3連馬券。今年重賞2勝している馬がトップハンデでアーストリー辺りに勝ってしまうと、さすがにもう人気薄というわけにはいかないでしょう。

華やかなクラシックロードを歩んできたスターホースが集う有馬記念は別!ミヤビランべリには敷居が高いように思われるでしょう。しかし、そうでもないかもしれません!!

おそらく逃げるのはリーチザクラウン。これに続くのがテイエムプリキュア、その後辺りにミヤビランべリでしょうか。
リーチザクラウンは前回の展望で述べたように、気性もそうですが、余力という点でかなり疑問を持っています。
テイエムプリキュアは前走エリザベス女王杯2着。これは熊沢騎手になって無理をせず逃げ馬の後をついていった事が結果としてよかったと思います。もちろん額面通りの2着ではなく、最後は完全に失速。実際には、普通の重賞の掲示板にも載れない程度の走り。一応G1で結果を残したので、今回も無理な競馬はせずに逃げ馬の後ろに付けると思われます。

有馬記念は中山内回りゆえに「紛れ」の出るレース、前目のインでコースロスなくレースを進め、4角で先に抜け出す事のできる馬が一番可能性があるとはず。
枠順が発表になりましたが、ミヤビランべリは2枠3番!!スタートしてすぐコーナーに入る中山2500mでは先行馬にとってベストと言っていい内枠をゲット!まず間違いなく前目のインを確保できます

テイエムプリキュアは敵ではありませんから、リーチザクラウンが意外に余力が無かった場合、この馬が一番有利にレースを進められる可能性があります

「紛れ」という言葉を使いましたが、そんな表現が失礼なほどこの馬は力を付けています。
前走アルゼンチン共和国杯は今までにないレースをしました。後続を引きつけてからなかなかいい脚を繰り出しました。こんな決め手のある馬だったかな?と思ってしまう程の脚!競り勝ったのが、次走中日新聞杯を勝つアーネストリーですからこの馬との斤量2.5キロ差もあわせて価値があります。

楽に前目に付け、インべったりにレースを進められそうな枠をゲットし、地味な路線を歩みながら力を付けてきた今なら、オールスター戦の有馬記念と言えども、4角からシュッと先頭に立って押し切りを図る競馬ができるのでは?

リーチザクラウンがどんな逃げ方をするかがキーになりますが、自分のペースでインべったりに進めればかなり楽しみがあると思っています。
地味な路線を歩み、今年重賞3勝を積み重ねた今がピークのこの馬に、有馬記念でどのくらいのオッズが付くのか興味津々です!
上に書いた3点セット+クラシックに縁が無かった馬+常に地味な重賞+話題になった札幌記念で全く力を発揮しないで惨敗ですから・・・・・。

吉田隼人騎手がなぜ菊花賞2着の良血馬フォゲッタブルでなく、この馬に乗るかは知りませんが、降ろされたのだとしたら、ミヤビランべリで渾身の騎乗をする事でしょう。



ネヴァブション

今年のAJCCを圧勝。本命にしましたが、まさかの馬券不的中。
今年の春先の中山は明らかにインが有利な馬場。前目のインに付けられて、4角で先頭付近にいそうな力のある馬を狙えば!といった感じのレースが続きました。
その意味では少しはレースを有利に運べた馬。
上のミヤビランべリが今年一年順調にレースを使い、力を付けて今回の有馬記念に臨むに対して、この馬は順調さを欠き、以前の力を発揮できるかどうか心配。

中山2500mに関してはかなりの適性を持っていると思っています。去年はこの馬が出走してくる事を大いに期待していましたが、出走は無し。6歳の今年、初めての有馬記念出走になります。

前走のジャパンカップは完全に有馬記念への叩き台!着順は気にする必要なありません。故障明け、+16キロにしてはよく走っていたと思います。

今年順調にレースが使えなかった事が残念ですが、休んでいただけに余力はたっぷり残っている馬。体力勝負の馬だけに踏ん張りあいになれば、この馬にも可能性があります。相手に余力の不安があるだけに。

ただ、枠が外!!せめて真ん中辺りならよかったのですが、外外を回されるようだとチャンスはほぼ無し!多分買いますが、この後の中山重賞で買った方が賢いかもしれません。


エアシェイディ

天皇賞秋は内の馬場が有利、そしてスローからの上がり勝負。この馬は大外枠という枷をはめられどうしようもありませんでした。この馬自身はよく走っています。衰えもあまりないのでは?
次走のJCは5着。レース後、後藤騎手は今はこの位の距離の方が走りやすいと言っていたような。有馬記念ではJCの1~3着馬が出走しないので有馬出走馬の中ではこの馬が最先着馬!

冬の中山の芝は走り慣れていますし、適性のある馬。実際に去年の有馬記念でも3着。後藤騎手が完全に乗りこなしているので、掲示板に載る可能性は十分。1着になるイメージは全く湧きませんが、3,4,5着辺りだとかなりありそうな馬。

去年は同じ様な位置にいたスクリーンヒローらが勝ちを目指した競馬をしたのに対して、ワンテンポ仕掛けを遅らせたことで3着を拾いました。
相手なりに走りますし、基本能力の高い馬なので着拾いなら相当怖い馬。
天皇賞秋、JCでも掲示板が狙える馬ですが、馬券で狙うならやはり今の時期の中山の芝に適性がある分有馬記念でしょう。

強気になれないのは、去年は天皇賞秋の後、有馬に目標を絞っての3着。今年はこの間にジャパンカップを挟みました。年齢と余力の面が心配。今年は5戦しか使っていないので問題ないのかもしれませんが。


去年はダイワスカーレット1着付け、エアシェイディ3着付けの夢馬券を買いました。「夢馬券」なのに、ビリ人気のアドマイヤモナークは切り。
ダイワが勝つと思っての馬券ですが、まさかダイワが強すぎて、先行馬が総崩れになるとは夢にも思いませんでした。

さて、更に一つ年をとった今年はどうでしょう。ジャパンカップの1~3着&ダービー馬が参戦していませんから、また最後の一席にすべり込めるかも??

« 有馬記念の展望 3  マツリダゴッホ、リーチザクラウン | トップページ | 有馬記念の展望 5  スリーロールス、フォゲッタブル »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

ドモドモ(=゚ω゚)ノ

マツリダ7番枠なら全然OKです!!
本命は決まりました( ̄▽ ̄)ノ

が。。。
相手は全く検討出来てまへん(´・ω・`)

けんどもミヤビランベリは直感で怖いなぁと
思てます(*゚▽゚)ノ

後の2頭は全く眼中に無いです。。。
もしも2年連続でシェイディが来たら!!

あっしの馬券はエア馬券に早変わり( ̄◆ ̄;)
そん時はエア的中で余韻に浸ります( ̄ー ̄)

こんばんは。お久しぶりです。

月曜日からの展望、楽しみにしながら、毎日目を通してました。

展望(4)まで読ませてもらうと、似たような結論に達するのかなと思いました。

穴馬としてのネヴァブション、ミヤビランベリという所などは特に!!

私はまだ本命は決めかねていますが、印と結論楽しみに待ってます。

こんばんは。歳三さん。

毎回返事が遅れてごめんなさい。

マツリダはマツリダのレースをするのみですから、相手にミヤビランべリなんて同型でいいんじゃないですか?特にリーチザクラウンに余力が残っていなかった場合!!この2頭はかなり有利にレースが運べそうです!!
プリキュアはいるだけですし、ズルズル下がれば後続の邪魔もしてくれるかもしれませんし。
(リーチが暴走したら堪りませんが・・・。)

マツリダもミヤビランべりも随分人気になっています。まだまだ変動すると思いますが、意外でした。

エアとネヴァブションは人気無いですよー。

お久ぶりです。p.donさん。

この無駄に長い有馬の展望に毎日目を通してくださっているとは!!!

たしか去年も◎がダイワでエアシェイディに穴馬としての魅力を感じていたという点で似ていましたね。

展望の冒頭で書きましたが、今回の有馬記念はその人その人でどの馬からでも入れますから、予想にその人のcolorが出ると思っています。

p.donさんと私のcolorは似ているのかも??

同じく、本命馬がまだ決まっていません。何だか明日、いや今日このあと雨が降るとか聞きました。ただでさえ決めかねているのに・・・・。

納得いく予想で一年を締め括りましょう!!
p.donさんのブログでの予想楽しみしています!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/32726531

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念の展望 4  ミヤビランべリ、ネヴァブション、エアシェイディ:

« 有馬記念の展望 3  マツリダゴッホ、リーチザクラウン | トップページ | 有馬記念の展望 5  スリーロールス、フォゲッタブル »