2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 天皇賞の展望 2 | トップページ | エリザベス女王杯の展望 »

天皇賞秋の予想

天皇賞秋の当日になりました。
土曜の東京のレースを見ると、速い時計がが出ていて、どうやら内の芝も良い状態。この辺りを意識した騎手の巧みな手綱捌きという事も重要になるような気もします。

シンゲンは今でも2番人気の評価。いくら東京巧者とは言っても実績的には一介の上がり馬。それなりの馬を負かしただけの実績。評価が高すぎます。
それでも気にしてきた馬なのでそのまま本命にします。

力があると思っている馬ですが、その力を発揮するためには条件が限定される馬です。左回り東京の2000mはおそらくベストの条件。次のJC、有馬も視野に入れている馬もいる中でこの馬は間違いなくこのレースに全てを賭ける馬。
無理にレースを使わず大事に育ててきたからこそ今のシンゲンがあります。全ては一番充実した今、この天皇賞で結果を出すため!7歳になった来年ではチャンスはないでしょう。思慮深い陣営の思いを乗せていざ決戦の地へ!馬券を買う側からしても十分期待するだけのものはあります。

直線に入った辺りでスッと馬なりで進出できる馬。その時馬場のどの辺りを通るかが問題。今の馬場を考えれば内寄りを通ってそこから前の強い馬を目標に一気にスパートして欲しいと思っています。
馬ごみも意に介さず、スパッと馬群も割ることのできる馬。格上挑戦ではありますが、これができれば勝ち負けになると思っています。

最初の馬主が武田家の末裔であった事からこの馬名がついたそうですが、序盤はできるだけ内に入れて「徐(しず)かなること林の如く」、直線に入った辺りで馬なりで加速「疾きこと風の如く」、そしてゴールに向かって一気に「侵し掠めること火の如く」のようなその名に恥じぬ走りを期待します!(「動かざること山の如し」だけは困ります!)


展望に書いたように対抗にはウォッカを予定していましたが、変更します。
シンゲンが2番人気になので、対抗が一番人気では旨みがないというのが一番の理由ですが、圧倒的に人気になっている割には不安点がある馬です。

去年も思いましたが、行きたがる馬(行ってしまうと本来の強さを発揮できない馬)に前哨戦で好きに行かせてしまう競馬をさせるという事はちょっとひっかります。去年はダイワスカーレットという確固たる逃げ馬がいましたし、更には同厩舎の馬に逃げるダイワを突っつくという玉砕覚悟の競馬をさせ、その結果ウォッカ向きの流れになりました。

今年はどうでしょうか?去年のほど流れが締まるとは思えません。その流れの中で前哨戦であれだけ好きに行かせた馬を押さえつける事になると思います。これは本来なら前哨戦で予行しておかねばならなかった事。これが不安な点です。

力は抜けているとも思いますし、一戦叩いて確実に状態をアップさせてくる馬。天皇賞秋は勝ち負け、次のジャパンカップで大いに疑うという青写真を描いていましたが、今回は馬券の配当的な都合からも評価を下げます。

対抗は走り方が東京の直線に適うとは思えないドリームジャーニー

この馬は3番人気とは差のある2番人気になると思っていました。蓋をあけてみれば意外にもオーケンブルースリよりも低評価の4番人気。文句の付けようのない走り続ける今年の宝塚記念馬にあんまりな評価。

東京替わりで嫌われているのだと思うのですが、確かに回転の速いフットワークを武器に内回りのコースでその強みを活かしてきた馬だけに今回はパフォーマンスを落とすとは思います。
ただ、適性は劣るにしても、力量はトップクラス、そして競走馬としてピークになる事も間違いありません。勝つ事はないにしても、3着以内なら十分可能性のある馬だと思います。◎馬との比較でも前走はほぼ同程度。東京替わりが◎馬の方に有利に働きますが、今回は2キロ差(それもこの馬は420キロの馬体に59キロ!)だったものが同斤量。差し引きゼロとは言いませんが、あまり差がないと思います。

惨敗だった去年にしても、スタートが悪く、しかも時計勝負で後ろからでは勝負にならなかったレース。今年は以前のように末一手ではなくなって、スタイルが確立してきた馬。今の充実度、完成度をもってすれば、コーナー区間での機動力の活きないこのレースでも好走は可能かと。

他の人気薄の馬で買う馬は、

スクリーンヒーロー
なんだかんだ言っても東京のG1レースを制しているのはこの馬とウォッカだけ!東京巧者という事ではシンゲンにばかりスポットがあたっていますが、この馬も東京巧者。そして久々の東京替わり!格の必要なレースに申し分のない去年のジャパンカップ馬。

エアシェイディ
半年の休み明けにしては前走の走りは上々。去年の伝説のレースで3着争いに加わっていた馬。大外枠は残念ですが、衰えもなく、叩き2戦目、馬券圏内の資格は十分。

ヤマニンキングリー
この馬は小回り、内回り2000mのスペシャリストでは?と思っていますが、他の条件でどうかは前走の毎日王冠で答えが出るはずでした。「レース前にイライラして立ち上がったりで、燃え尽きちゃった感じ」とやらで全くレースにならず惨敗。答えが出なかった馬。2000mは何の問題もなく、この人気なら無条件で買い。

サクラメガワンダー
ドリームジャーニーと同様、今年の走りに文句をつける点は何一つありません。充実している馬。去年の毎日王冠、天皇賞秋の走りを見れば、輸送のある関東のレースでも問題はなさそう。まして今年の充実度なら!
これだけの馬がなぜ、天皇賞の前の一叩きができなかったのでしょうか?

マツリダゴッホ
この馬は誰も目標レースにしない有馬記念が目標の馬。一昨年は天皇賞秋惨敗→有馬記念勝利。昨年はジャパンカップにピークが来ていて、有馬以降は調子落ち。
今年はオールカマーの後、有馬の前の一叩き(?)のこのレースを選びました。有馬記念に比べれば本気度は落ちるでしょうが、前走は完全に流れが向いたにしても、それにしてもの圧勝。ジャパンカップ以来落ちていた調子が戻っている様子。この馬は好調の期間に入ると2戦目、3戦目も怖い馬。東京は得意の条件とは言えませんが、力は確かな馬。勝った有馬記念以来の人気薄。そして馬は勝負かけるレースではありませんが、久々にこの馬の鞍が回ってきた蛯名騎手にとっては勝負のかかったレースなのでは?

印は、

◎シンゲン
○ドリームジャーニー
▲ウォッカ
△カンパニー
△スクリーンヒーロー
△エアシェイディ
△ヤマニンキングリー
△サクラメガワンダー
△マツリダゴッホ

馬券は馬連。

◎から○△への7点。

3連複。

◎○から△への6点。

◎▲から人気薄で取り上げた△への5点。

« 天皇賞の展望 2 | トップページ | エリザベス女王杯の展望 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

府中から帰ってきましたー
イヤーすごかった!!8歳にして頂点を極めたカンパニー!!
パドックではカンパニーとウォッカがものすごい落ち着いていてよくみえました。
しかもカンパニーは本場場入場後に4コーナーへ向かっていきました。これじゃ返し馬みれないじゃーーんと思ったらなんと!くるっと回って観客にカンパニーを見せるかのごとく外ラチいっぱいに返し馬!すげーファンサービス!この瞬間にノリの自信がうかがえて、カンパニー頭の馬券を買い足しました。
実はウォッカも最後に本場場入場してきてすでに王者の貫禄!こちらも4コーナー方面へ向かっていって外ラチいっぱいに悠然と歩いて見てくれ!といわんばかりのファンへのサービス!
最高にしびれました。
今日は馬券のほうもなかなか好調で、7,8,9Rと3連勝して、さらに天皇賞まで取れて(ウォッカが3着というのは少々残念でしたが)ご満悦状態でした。
たまにはこういう日があってもいいですよね。

こんばんは。

metalmoonさん!やりましたね!凄すぎです!!最高の一日だったのでは?
おっと他のレースも取っているようで!(やり過ぎです、笑)

metalmoonさんの前のコメントでの予想を見て、「これはいい予想だ」と感じていましたが、3頭の順位の違いはあるにせよほぼ完全的中といいのでは?ウォッカの対抗にスクリーンヒーローというのが特に唸らされました。(私の方は人気の2頭軸に人気薄が絡んでくれればの反省しきりの予想)、今回は東京替わりのジャパンカップ馬、瞬発戦向きのスクリーンヒーローを重く扱えるかがセンスのある人とない人の分かれ目だったと思います。metalmoonさんセンスあり過ぎですよ!!

いやー最高の予想を携えての現地観戦!最近現地観戦だと馬券的には悔しい事ばかりなので羨ましい限りです。
またカンパニー頭の馬券については現地観戦ならではの「見る」判断ができましたね!馬券は大爆発なのでは?


カンパニーどうなっちゃっているんでしょうね!毎日王冠で「老いて益々盛ん」とか書きましたが、天皇賞でも圧勝。8歳馬ですよ。
最近スポーツ選手でも洋の東西を問わず高齢でなお活躍する方が増えていますが、馬も????

「たまにはこういう日があってもいいですよね。」

いやいや今年のG1連戦でもう1回くらい大爆発しそうな気がしますよ!!

調子に乗るのであまり褒めないでください・・・orz

そういえばカンパニーのことなんですが、この馬東京競馬場で全く勝てなくて毎日王冠でやっと勝利し、そのまま天皇賞取ったじゃないですか?
実は過去にも同じような馬がいました。

『ダイワメジャー』

今一歩東京では勝てないレースが続いていたのが毎日王冠優勝をきっかけにそのまま天皇賞まで制覇しました。

一緒に競馬場にいった人にこの話をしたら、『じゃあカンパニーだ!』とか言って単勝買いに行き、見事に当たり『歴史は繰り返す!』といって喜んでいましたねぇ。こういう買い方も競馬の楽しさだと思って大笑いしました。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

祝福コメありがとうございますo(_ _)o
昨日は歳三スコープが大爆発でしたヽ(´▽`)/

残念ながらスクリーンヒーローは
ロックオン出来ませんでしたが(;´д`)

京都メインはヒカルオオゾラ軸で外れましたが
ドンジリ人気の3着含め、ヒモ馬が掲示板を独占

にしても。。。
これまで惜しくも取り逃した万馬券の全配当が
一気に飛び込んできてビックリしました( ^ω^)

万馬券は今年初!
10万馬券は生涯初!!!

まさに『いい月いい日』(11月1日)
盆と正月とクリスマスが一度に来たみたい(*゚∀゚)

残り2F(2ヶ月)
競馬を始めた96年以来の年間収支プラスを
今年こそ実現してみせますよ(◎´∀`)ノ

あと900mも差しきらねばなりませぬが( ̄▽ ̄)

こんばんは、metalmoonさん。

一緒に行った人もヒットですか!大興奮の現地観戦だったようですね。

ダイワメジャーの足跡を聞いて、カンパニーをダイワメジャーに重ね合わせて思い入れの単勝勝負!イイじゃないですか!!

楽しみ方は十人十色。特に現地観戦は楽しんだ者勝ちです!!

レース映像を何度も見たりしてゴチャゴチャ考えて馬券を買っている私たち(metalmoonさんも入れちゃってすいません)は言ってみれば「マニア」ですから!(笑)

ダイワメジャーが変わったのは安藤騎手が手の内に入れた事が大きいと思っています。
そしてカンパニーは横山騎手!!

高い能力を持っている馬でも騎手とのパッケージとしてシックリいっていないとか、コロコロ騎手が乗り替わるとかで波に乗れないというか、勝ち切れない事がよくあります。

結構、その馬に適う騎手と巡り合う事で大事じゃないかと!


こんばんは、歳三さん。

祝ビッグヒット!
今日も興奮冷めやらぬ一日だったのでは?

歳三さんは今年はもどかしい馬券が続いた時がああったのでこの時期にその分を取り戻せたのは大きいですね!

これは気分的にかなり違ってきますね!!

残り2ハロン(2か月)ですが、「歳三スコープ」ロックオン!!バキューン、バキューン!!G1レースも仕留めまくりで!!!

とりあえず、週末のG2ハンデ戦なんて穴を狙うなら面白そうなレースじゃないですか!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/32019849

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞秋の予想:

« 天皇賞の展望 2 | トップページ | エリザベス女王杯の展望 »