2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« タマルファイ的東京競馬場での過ごし方  | トップページ | 秋華賞の回顧 »

秋華賞の予想

明日は京都で3歳牝馬の最後の1冠秋華賞、そして地味に東京ではかつて秋華賞を賑わせた古馬牝馬による府中牝馬Sがあります。注目度では断然秋華賞ですが、馬券的には府中牝馬Sの方が面白そうです。それでもせっかくのG1レース、秋華賞の方に参戦!

秋華賞

マイルの桜花賞、2400mのオークス、この距離もコースも違う2冠のレースで1,2,3着の馬が同じという非常に珍しい世代!
春の時点でこの3頭が実力No.1~3だったという事に異論がある人は少ないでしょう。

そして迎えた最後の1冠秋華賞。秋になって大きな勢力図の変化はあるのでしょうか?私は無いと思います。
秋華賞が荒れるかそうでないかは春の2冠の結果を見ればある程度予想がつきます。(あくまで「ある程度」です。)
そのレースの前までにいいパフォーマンスを見せて、世間が強いと認めた馬が人気になる訳ですが、悔いのないようにしっかり仕上げる春の2冠で(秋華賞の後は古馬、そして牡馬との対戦となる事を考えると牝馬の場合は特に!)強いと思われていた馬がコロッと負けて馬券的に荒れたレースになるという事は、おそらく世間が思っているほどその世代の力量の差は大きくないという事。

こういう世代なら、秋華賞で積極的に人気薄を狙うべきですが、今年は明らかに抜けた馬(たち)がいる世代。波乱はあまり期待できないでしょう。

ブエナビスタ
日本の堅い馬場での末脚の斬れを強みにしている馬なので凱旋門賞は行かなくて正解だったと思います。札幌記念は負けましたが、負けたのは小回り2000mではトップクラスのパフォーマンスを発揮する古馬の牡馬。しかもうまく内から抜け出されたのに対して外を回して僅かに届かなかったレース。これは素直に「負けて強し」。

今回は京都の内回り2000m。条件的にはこの馬向きではないと思います。溜めた脚を最後の直線で圧倒的な推進力に変える能力で他馬を圧倒してきた馬。これが出来るレースが最もこの馬の強みを発揮できるレースかと。

今回は内枠。今回安藤騎手はどんな乗り方とするでしょうか?オークスでは違う乗り方もと示唆していましたが、結局はいつもの「安全運転」。これは桜花賞でかなり力の差があると判断したから(最終的に)取れた作戦でしょう。
危なかったオークス・・・。そして今回の内枠。内回りのコースで悠長に一旦後ろに下げてから外を回すなどという作戦を安藤騎手が取るでしょうか?レッドデザイアの存在が安藤騎手に馬ごみの中でのレースを選らばせるような気がします
馬ごみの中で、最後大外を回さないレース・・・・だとしたらブエナは100%能力が発揮できるでしょうか?
このレース、私の興味は(おそらく安い)馬券よりも、3冠達成のプレッシャーのかかる中での安藤騎手の手綱捌きにあります!

2番人気、レッドデザイア
かなり強い馬。ブエナがいなければ、春の2冠は共に圧勝、そして今頃は圧倒的な人気で3冠達成を待つばかりだったはずの馬。凱旋門賞などという色気を出したブエナに対して、この馬は秋華賞を勝つ事一本に目標を定めていた馬!

オークスの後、あれだけの僅差だったにもかかわらず力の差を認めていた四位騎手。今回も内枠が引けましたし、ブエナより前で、先に抜け出す競馬を試みるでしょう。
成長の度合いもブエナより大きそうな馬。ローズSは+10キロのトライアル仕様。今回はかなり負荷をかけた調教、調教後の馬体重は早くも前走を下回るもの。次のエリザベス女王杯は眼中になく、このレースを取りに来たと考えます。
3歳の牝馬に負荷をかけ過ぎるのはリスクを伴いますが、陣営の本気度が窺えます。加えて、春の悔しい負け方、そして馬の力量、この条件に対する適性からこの馬が◎!

ブロードストリート
この馬も明らかに世代上位。この馬の誤算はチューリップ賞で桜花賞の権利が取れなかった事。オークス前に桜花賞経由の馬より1戦多く使う事になりました。その分、不利な状態でオークスを迎えました。4着でしたが、桜花賞から直行ならもう少し差が詰まっていたかもしれません。
ローズSはレッドデザイアに勝利。今回は万全のレッドデザイアの後塵を拝するという評価になります。

ジェルミナル
春のNo.3馬。ローズSの凡走から今回は上がり馬とも大して差のない評価。
福永騎手は2000mくらいがいいかもなどと。マイルが短く、2400mが長かったのだとしたら面白い馬ですが、このメンバーで勝つイメージは全く湧きません。3着以内なら。

ありきたりですが、この4頭が実力上位馬だと思います。

上がり馬、初対戦となる力のありそうな馬に期待が集まるのは当然ですが、えてして評価が高くなり過ぎるものです。比較は難しいのですが、ガチンコ勝負のクラシックに出ていない事は経験値の上からも大きなマイナスです。また、遅れて来たという事は何かしらの問題があった馬という事にもなります。
上がり馬に期待するのは、上に書いた世代間の力量の差があまりない年の方だと思います

ブエナビスタ、レッドデザイアと強力な末脚自慢がいるので、この馬達の後ろで競馬する馬はイン差しでもしない限り勝負になりません。ミクロコスモスが人気になっています、確かに春より力を付けたように見えますがこの条件では尚更消しです。

紛れがあるなら前の馬!!1頭評価したい馬が、

デリキットピース
今回で5戦目の馬。オークスにも出走し、前で競馬をして6着。経験の少ない3歳牝馬が初の長距離となるオークスでこのメンバー相手に淡々とした流れを2番手で上位に粘ったという事は評価出来ると思います。
それよりその1戦前の忘れな草賞。2戦目のレースでしたが、世代の力量上位馬、ブロードストリートに勝利!これはブロードストリートが走らなかった訳ではなく、この馬が走ったから!
このレース2着がブロードストリート、3着がサクラローズマリーでしたが、次のスイートピーSでもこの2頭が1着、2着。この2頭は2戦続けて力量分は走ったという事になると思います。

前走紫苑Sは当然のように1番人気!そして凡走。この1戦は度外視しなくてはなりませんが、この1戦の凡走だけで今回の評価が低すぎます。この馬は買い!!

最後上がりがかかってしまっている馬ですが、京都の内回りコース、人気馬が差し馬ばかり、積極的に行って、「粘り込んでどこまで」をやれば面白い馬だと思います。G1では・・・・の柴田騎手が鞍上ですが、先行馬なら期待できます。去年の哲三騎手のような気概のある騎乗を!!
大外枠なので、まずは抜群のスタートを。

印は、

◎レッドデザイア
○ブエナビスタ
▲デリキットピース
△ブロードストリート
△ジェルミナル

配当が期待できないので買う馬は絞りました。

馬券は、

3連単、

◎→○→▲△
◎→▲△→○ の6点。

3連複、

◎▲の2頭軸から○△への3点。

« タマルファイ的東京競馬場での過ごし方  | トップページ | 秋華賞の回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

私はブエナビスタの過去レースを見ていて気になっていることがあります
直線で馬群を割ることができないというか、馬が嫌がって大外を回っている感じがあります
初勝利のときが顕著で、アンカツが外に出そうとしているようには見えないのに馬が外の馬を弾き飛ばしてまで外に出ていました
オークスもそんな感じですし、これはブエナビスタの唯一の弱点なのでは?と・・・
それでもこの馬が一番強い!と思ってはいますが・・・もしこれが弱点だとするといつかは負ける日が来ると・・・
今回は京都内回りなので、四位がブエナ無視で自分の競馬に徹したときに(内から馬群を割って速めに抜け出す)先頭でゴールを駆け抜けるというイメージのほうが先に来ています(オークスよりもう一呼吸はやいレースを希望)
◎レッドディザイア
○ブロードストリート
▲クーデグレイス or モルガナイト
△ブエナビスタ
ブエナビスタ1着なら仕方なし!強い馬のいいレースが見れたと割り切って楽しむことにします

metalmoonさんもレッドデザイアが◎ですね。札幌記念の予想からも多分そうかな?と思っていました。

今回は開幕2週目の京都の内回り。
ブエナは力が一番上と思いつつも、いろいろハードルがありそうです。
まず間違いなく早め抜け出しをやるであろう当面の敵、四位騎手+レッドデザイアの存在、内枠、外を回さない競馬をしないと危ないレース(しかもこれまでにやった事スタイル、騎手がやりたくても馬がやりたがらないという事もありそうですね!)、そして安藤騎手にですが、3冠へのプレッシャー。
また、連勝が止まった馬でもあります。

それに対してレッドデザイアは失うモノはありません。あるのは「リベンジ」の強い気持ちだけ。
四位騎手はmetalmoonさんのおっしゃる通りの競馬をするのみ!腹は決まっているでしょう。終い斬れが少し劣るなら、その足りない分前にいればいい!!また、桜花賞、オークスとは違いその事が効果的になりやすいレース!

今回馬券を買う上で「割がいい」のはレッドデザイアの方。後は流れと力関係だけ。


記事にも書いた通り、G1で無類の勝負強さを見せる最高の騎手、安藤騎手がこのプレッシャーの中どのような手綱捌きをするかに興味があります。レース中は◎でも、軸にした▲でもなくブエナを見ているつもりです。
ただ、その安藤騎手でも先行する馬ならパーフェクトな騎乗を期待出来ますが、後ろから行く馬だと多少割り引けるとも思っています。

同じ世代に産まれてしまった2頭、別の年に産まれていればそれぞれが強い桜花賞馬、オークス馬となっていただろう2頭。

そして何の因果かブエナが札幌記念を落としてしまったために再び相まみえる事になった最後の1冠!このレースはリアルタイムで見るべきレースだと思います。

記憶に残るような名勝負が見たいものです。

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

午前は今年のPO指名の目玉であるシャガールが
なすすべなく5着惨敗に唖然ボーゼン( ̄Д ̄;;

秋華賞を前にテンションだだ下がりです(;´д`)

頼りない後輩の分もこめて。。。
先輩PO馬のブエナに夢を託します(=゚ω゚)ノ

記憶に残る名勝負を期待しましょう(◎´∀`)ノ

こんにちは、歳三さん!

うわー!凄いレース!期待通りのレース!

またハナ差!四位騎手はおそらく描いていた通りのレース。安藤騎手もさすが!このプレッシャーのかかる大一番で勝つ為にやった事のないイン差しを迷わずに選択。しかもレッドデザイアの後ろに付ける競馬!

素晴らしい!!
そしてもちろん馬も!

今年のベストレースでは?リアルタイムで見ていてよかったです。

歳三さんは◎ブエナのようですが・・・。3着に降着とか。

でも記憶に残る名勝負だったのでは???いいレースが見れました。

タマルファイさん当たりですね!おめでとうございます
私も3連単、3連複、馬単とゲットできました
レースはとてもエキサイティング!もう最高でした!!

ブエナビスタは、やはり私が思っていた弱点を抱えているように見えました
ブロードストリートが抜けてきた位置は前が開いていたはずなのに、入れず馬がいないところまで外に出てしまうところがブエナビスタなんでしょうね

さて、また1週間かけて菊花賞の有力馬チェックの楽しい作業がまってます!

こんばんは、metalmoonさん。

いやー、エキサイティング!マーベラス!ブラボー!なレース!期待通りの手に汗握る見逃せないレースでした。こんなレースがたまにあるから競馬ファンはやめられませんね!

オークスと同じハナ差!でしたが、あの時はブエナがまずい競馬を強いられてのハナ差。
今回は四位騎手、安藤騎手が素晴らしい騎乗で勝ちを目指した結果のハナ差。
個人的には今年のベストレース候補です。

この素晴らしいレース、metalmoonさんは何と◎○決着じゃないですか!!!これは今後のG1連戦に弾みがつきましたね。

私も何とか3連単を6点で取っているのでグッジョブのように見えますが、◎→○→▲△の方が勝負馬券で裏はおさえだったので・・・。降着・・・んーという結果。
的中はしたものの、先週十分感じていましたが、やはり流れが悪そうです。

ブエナはこのレース収穫が多いレースだったと思います。あんなにあっさり違う競馬で力を発揮するとは!
弱点に関してはどうでしょうか?同じ位の位置取りからの決め手勝負なら多少ロスはあってもレッドに負けないという安藤騎手の判断からイン差しのリスクを避けたようにも見えました。
あくまで私の主観なので、答えは次のレースでしょうか?

これだけ末脚の推進力が優れている馬が締まった流れでも中団に付けられるとなれば・・・。ちょっと馬券的に厄介(笑)

さて来週は菊花賞ですね。長丁場のレース大好きです!!
あの「イコピコショック」から3週、全くどう予想しようかも決まっていません。
ほとんど買う馬を決めてあった秋華賞とは違い、予想のし甲斐のあるレースになりそうです。

本番までの予想する時間を楽しみましょう!

レースを何度も見直しました
パトロールも何度も見ました
あそこでレッドの外に出ようとしたのか?確かにブロードストリートが大きな不利を受けていて、あれでは降着だなぁと
アンカツは納得していないようですが、ダメなものはダメですね
レースを見ている限り弱点だったかはよくわからない感じかも?と思いました・・・ちょっと調子に乗りました(反省)
何よりブエナの強さも光ったレースなので、今後のこの2頭のレースがまた楽しみになりました
次はエリザベスで対戦ですかねぇ~
ブロードストリートも大きな出遅れ&大きな不利がありながらあのレースは根性がすごいと改めて関心しました

こんばんは。

どうもmetalmoonさんとは入れ違いになってしまう事が多くて度々コメントが遅くなってしまいます。たいへん申し訳ありません。

ブロードストリートも含めて今後の対戦が楽しみですね。次もワクワクさせてもらいましょう!!出来ればウォッカが引退する前にこの馬との対戦が見たいものです!

metalmoonさんのブエナの弱点、まだ分からないので今後のレースを見守りたいですね。
個人的にこういう仮説は大好きです!!!!また何かありましたら是非お願いします!

これから秋華賞の回顧の記事を書くつもりなのですが、降着について見解がmetalmoonさんのコメントに対する反駁のようなかたちになってしまいます。
その点、せっかく頂いたコメントなのにと心苦しいのですが、降着に対する意見に正解などありませんし、お互いの一意見として取って頂けたら幸いに思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/31828950

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞の予想:

» 秋華賞 G1(Jpn1) [たび☆めし☆うま BLOG]
軸は鉄板!相手は前走ローズSの2頭と順当な?予想。この3頭で決まりそうですが、念のため穴に関東馬の2頭を。 [続きを読む]

« タマルファイ的東京競馬場での過ごし方  | トップページ | 秋華賞の回顧 »