2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 菊花賞の展望 | トップページ | 菊花賞の回顧 »

菊花賞の予想

本当に今年の菊花賞の予想は難しいです。ダービーが普通に良馬場で行われていれば、いろいろ比較も楽だったのですが。

展望で書いたようにナカヤマフェスタは期待できる1頭だと思っています。この馬が軸の1頭。もう1頭の軸馬がなかなか決まりません。展望で書いたようにナカヤマフェスタ以外の人気上位馬にはあまり魅力を感じていないので人気薄の馬からもう1頭の軸馬を選びたいところです。

今年のセントライト記念は神戸新聞杯に比べて菊花賞につながるいいレースだったと思うのですが、このレースで1番強い競馬をしたのは勝ち馬ナカヤマフェスタ。早めにレースが動き出し、流れの締まった4角で外を一捲り、そして直線を押し切りました。内でうまく立ち回って最後タレ気味であった2着馬や後ろから着を拾ったように見える3,4着馬も着差以上に力量差があるように思えて菊花賞で重い印は打てません。しかも3,4着は随分評価が高いようで。

複勝ベースで見ると、4枠の2頭に旨みがあるように思えます、両馬共に前走の敗戦で評価を落としている馬です。

アントニオバローズ
元々菊花賞で重い印を考えていた馬ですが、喉の炎症で前走惨敗。この馬があれだけ失速する事は他に理由が考えれず、この問題が解消しているかどうかですが、部外者にはその辺りの事は分かりません。それに今の京都はかなり時計の速い芝、斬れ不足の弱点のある馬にはちょっと問題です。

ヤマニンウイスカー
未勝利戦ありえない位置から1頭だけ次元の違う脚を繰り出して全馬ぶっこ抜き。面白い馬だと思いましたが、その後も好走。世代上位と当たる若葉SでプリンシパルSで掲示板には載りますが、ちょっと力が足りない事が露顕します。
その後白百合Sで今回人気の一角になっているイコピコと首差、HTB賞では初の古馬相手に圧勝。ここで今年の前半は終了。秋にパワーアップしている事が必要ですが前走は休み明けの叩き台?最後方から勝負に加われず、とりあえず上がり最速出しただけのレース。ちょっと測れないレースですが、その分菊花賞での評価が落ちました。
長い所に適性があると思っているので、後は力が足りているか。
心配なのは秋初戦がマイナス体重であった事、そして菊花賞を目標にするなら、なぜ秋初戦が菊花賞の2週前の大原Sであったかという事。順調に秋が迎えられていない可能性も。

ならば、トライアンフマーチ
若葉Sは締まった流れの質の高いレースでした。勝ったベストメンバーが順調に菊花賞に駒を進めていれば本命もありましたが、故障で戦線離脱。そのベストメンバーと差のない競馬をしたのがこの馬。力量比較にはもってこいのレースで差のない2着、上に書いたヤマニンウイスカーは2馬身以上後ろ。流れが向いたとはいえ皐月賞でも2着、力量比較でも世代上位馬と遜色のない馬。
あのダービーで惨敗は気になりませんが、前走神戸新聞杯は全くの見せ場すら無し。「前走とは全く出来が違う」との陣営の言葉は期待を抱かせてくれますが、この馬はキョウエイマーチの仔、その馬が菊花賞で好走??

菊花賞と言えばダンスインザダーク産駒。今年は2頭、しかもかなりの過剰評価。

フォゲッタブル
母エアグルーヴの超良血馬。長い距離のこのレースで一気に素質を開花させる可能性はありますが、上に書いたようにセントライト記念の時点では力不足。過剰人気、騎手の経験、技術、センスがより重要になる淀の3000mで吉田隼人騎手はあまりに経験不足。
それに前々走、去年の菊花賞◎馬に5.5キロもらいながら5馬身ちぎられました。

スリーロールス
1800mのレースで上がり33秒台の脚を使って結果を出している馬。今までに菊花賞で好走したダンス産駒とはかなりイメージの異なる馬。しかし前走はそれにしてもの圧勝。


その他の馬では、
シェーンバルト
長い距離も持つ可能性はありますし、力量評価もできる馬ですが、今の馬場のいい京都で末一手というのは軸馬向きでないように思えます。

アドマイヤメジャー
ダービーの日に未勝利勝ち。他の馬は経験を積みある程度完成されてダービーに臨みましたが、この馬はその日にスタートラインにつきました。その点1戦毎の上昇度も期待できます。
確かにセントライト記念は位置取りが後ろ過ぎた事が敗因ですが、後ろから馬群の間を巧く出られた割には終いが伸び切れていません。このテの馬は経験不足を補うだけのスケールといったものが必要になりますが、セントライト記念を見る限りそれは感じませんでした。

ブレイクランアウト
このメンバーの中で古馬の重賞級と対戦して結果を出した馬はいません。この馬が唯一の馬。鞍上は秋のG1で1、2着と乗れている藤田騎手、来週の天皇賞秋ではこの人の乗る馬に重い印を予定しているのでここでも注目。
評価を落としているのは後ろからでは勝負にならなかったNHKマイルと極悪馬場のダービーの2戦。朝日杯FSは強い競馬。共同通信杯も強い馬(と思っている)トーセンジョーダンをおさえての勝利。前走で古馬重賞級に対して勝ち負け、成長力がない訳でもなく、力量の裏付けのある馬。それにしては今回の評価は意外に低いもの。
ただこの馬、マイルから2000mのレースでの斬れ味が良すぎます。長距離に適性の無い事の裏返しなのでは?という気もしますが・・・。

結局この馬だという軸向きの馬がいません。
3000mでプラスになる事は少ないが、力量最上位と評価しているリーチザクラウン。この舞台を熟知している武騎手が巧く逃げればこの馬が3着以内に入る確率は高いのでは?と思いますが、展望前のムダ話で書いた理由から、菊花賞は個人的に穴を狙うべきレース!この馬は軸にしません。

もう1頭の軸馬はヤマニンウイスカーにします。去年のビッグヒットは和田騎手の好騎乗によるもの。再び和田騎手の手綱捌きに期待します。あまり評価されていませんが、京都の長丁場での経験は豊富、コースも熟知しています。乗るだけで人気が上乗せされる騎手と比べても何の遜色もありません、というかむしろ個人的評価では上。
馬に関しては上に書いた問題点に多少目をつぶる必要がありますが、中1週でも前走はレースに参加しておらず、負担も少なかったはず。このレースで休養に間にパワーアップした姿を見せてくれるものと期待します。

◎ナカヤマフェスタ
○ヤマニンウイスカー
△アントニオバローズ
△リーチザクラウン
△ブレイクランアウト
△トライアンフマーチ
△フォゲッタブル
△スリーロールス
△シェーンバルト
△セイウンワンダー
△イコピコ
△キタサンチーフ

馬券は単勝、

◎ナカヤマフェスタ1点。

3連複、

◎と○2頭軸から△各馬へ 10点。

馬連、

◎から印上位フォゲッタブルまでの6点。


« 菊花賞の展望 | トップページ | 菊花賞の回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

結局3歳牡馬戦線は全て大荒れでしたね(;´д`)
伝説の新馬戦の1・3・4着がGⅠ馬(◎´∀`)ノ

今年はどのレースが伝説になるのか楽しみです( ^ω^)

リーチザクラウンは春先には3冠制覇か!!!
とか言われてたのに( ̄ー ̄)

この馬GⅠ取れるのかしら(・∀・)ニヤニヤ

こんばんは、歳三さん。

いやー、やっぱり難しいレースでした。
人気上位馬はいろいろと怪しいとは思っていたのですが、ダンス産駒の2頭で決着ですか!!
んー、大外れです。
このレースの予想が秋のG1で一番面白いと思っていたのですが。

伝説の新馬戦はさらに箔が付きましたね。

今年のクラシックは終わってしまいましたが、また来年のクラシックに向けて2歳をチェックチェック!競馬ファンって興味が途切れる暇がありませんね。

来週は天皇賞、今回の予想はかなり時間がかかりましたが(←こういう時はまず当たりませんが)、天皇賞はすぐに終わりそうです。


タマルファイさん、こんばんは。終わってみればダンスダンスでしたね~。フォゲッタブルなんかは過剰人気に思えたんですが、参りました。
来週は天皇賞ですね。また展望楽しく読ませていただきま~す^^ 

見事に惨敗でした!一週間の予想が3分ちょいではかなく消え去りました!
今回は結果だけ見れば、やっぱりダンス!とか言われていますが、あの2頭が世代で抜けていたとはとても思えません・・・
皐月賞もダービーも上位の馬がごろっと変わった年で、しかも秋初戦が春の実績がなった馬にやられてしまうというのが今年のレベルだったんでしょうね。
今年の天皇賞もそうですが、長距離GIの存在意義を問われてしまうのでは?と心配になります。
もちろん勝った馬も2着の馬もよくやった!とほめたいですが、この馬が外枠にいたらどうだったの?と思える内容で、しかもこの後のGIこの馬たちでいいの?とも思っちゃいます・・・
今の競馬界が1600~2400までを中心に回っているんだなぁと実感させられてしまう今年の菊花賞だったなぁと

さて、気を取り直して天皇賞!こちらは古馬で、力関係に不安がないはずなので、気合を入れて予想をしたいと思います!

「キングライライ」さん!わざわざコメントありがとうございます!

このブログにライライさんに来ていただけるなんて!!!

今回はライライの予想に被ってしまって完全に私が貧乏神でした。外れたのは私のせいです。(笑)

今回の菊花賞まさかダンス産駒決着とは!私の方はダンス産駒2騎とも過剰評価と書いてしまっています・・・。

今回の菊花賞は難しかったです。いろいろ想像できる楽しみはありましたが。(楽しみというより苦しみになっていたような・・・。)
その挙句がダンスダンスの決着だなんて!!

来週は天皇賞ですね。去年は凄いレースでしたが、今年は? 去年は取ったと思った馬券がハナ差で外れ・・・・、今回、倍にして返してもらうつもりです(笑)

こんばんは、metalmoonさん。

今年の菊花賞は難しかったですね。

「ほら、ダンス産駒をかっておけば当たるんだよ、簡単簡単!」なんてしたり顔で話している馬券おやじがいたら・・・・。

≪今の競馬界が1600~2400までを中心に回っているんだなぁと実感させられてしまう今年の菊花賞だったなぁと≫

全く同感です。
展望の前のムダ話もあながちムダ話でもなかったのかなーなんて。

今後マイルならマイル、2400なら2400の強さが求められれば求められるほど3000m以上の強さなんていい加減なモノになると思います。

私も長距離G1の意義が問われる時がくるのでは?と心配になります。(長距離G1ファンとして)

適性を外れる、主流から外れる距離のG1を予想するって、予想する側からすると限りなく面白いと感じています。ファンサービス(?)として残してくれないかなー。

それともう一つ。
距離の壁を越えてしまう化け物かどうかを測るレースとして長距離G1は必要だと思っています。
2000mでとてつもなく強い馬が3000mを超える距離を走っても同じ様にとてつもなく強い時・・・・。
この瞬間を見るときが競馬ファンをやっていてよかったと思う時では?


今回の菊花賞の1,2着馬は両方最内をロスなく進めた馬でしたね。結果はハナ差ですが、今後に向けての1,2着馬の私の評価はちょっと違います。

すいません長くなるので、回顧の方に書きます。

今週の天皇賞、ブラックボックスが多かった菊花賞に比べると予想しやすいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/31932408

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞の予想:

« 菊花賞の展望 | トップページ | 菊花賞の回顧 »