2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 毎日王冠の予想 | トップページ | タマルファイ的東京競馬場での過ごし方  »

毎日王冠の回顧  老いて益々盛ん・・・・過ぎです!

毎日王冠はなんと8歳馬カンパニーが圧倒的1番人気にして現役最強馬のウォッカを差し切ってしまうという結果に!

これは痛恨の不的中。ウォッカを◎、カンパニーが○、そして単勝100倍を超えていた3着ハイアーゲームを3連単の相手として重く見ていただけにカンパニーの差し切りは痛い・・・。
札幌記念以来馬券の方がさっぱりですが、G1連戦を前にして、ますます当たる気がしなくなりました。

予想としてはいい予想だったと思いますが、8歳秋のカンパニーがウォッカより上位に来るという発想はまるでありませんでした。

今回のレースは去年の毎日王冠のレースをよく見ていれば正解に近づけたレースだったと思います。

去年と同様に逃げ馬らしい逃げ馬がおらず、ウォッカが逃げをうつ展開。この強い馬が開幕週の馬場を味方に軽快に逃げてしまうと、これを捕えるにはコースロス無くインで脚を溜め、ウォッカを目標に終いの爆発力に賭けるしか方法がありません。
去年はスーパーホーネット+藤岡騎手が完璧な騎乗をしましたが、今年はカンパニー+横山騎手が同じ方法でウォッカを捕えました。

去年はそのスーパーホーネットとウォッカのマッチレースで、3着以下には内枠を引き、内を通ったアドマイヤフジ、サクラメガワンダーが3,4着。外を回したカンパニーが2番目に速い上がりで5着、最後方付近から外を回して上がり最速の脚を見せたハイアーゲームが7着。

「内に前に」がキーポイントだったレースで、カンパニーとハイアーゲームは能力は発揮するも全く勝負に加われませんでした。そしてこの2頭が今年は内枠。特にハイアーゲームは全くと言っていいほど評価されていませんでした。

それにしても横山騎手にはまさにこの騎乗を期待しましたが、まさかウォッカを負かしてしまうとは・・・。(やり過ぎです・・・・。)

各馬について。

1着、カンパニー
横山騎手の対ウォッカを見据えた完璧な騎乗!カンパニーが強くなったとかウォッカが衰えたとかではなく、去年内枠に入れず思ったレースが出来ずに敗れたうっぷんを内枠を引いた今回、横山騎手が理想的なレース運びで晴らしたと見た方がいいかもしれません。それほど見事な騎乗でした。

次は天皇賞で人気にもなるでしょう。前にも書きましたが、この馬のベストディスタンスは1800mで、仮に1800mでG1があれば1つくらい勝てていたかもしれないと思っています。
天皇賞は2000m、1800m比べると少し甘くなる所があります。評価としては良くて2,3着まで。年齢を考慮にいれても、今回の前哨戦で走り過ぎた分、馬券を外すことも考えられます。
次4着なら5戦連続G1で4着という今後絶対に破られる事のないであろう記録になりますが・・・。

ウォッカを差し切る大金星」と書いてあるスポーツ紙の記事を目にしましたが、大金星とは少々カンパニーに失礼!ウォッカが横綱だとすれば、カンパニーは関脇くらいには相当すると思います。平幕が横綱に勝った訳ではないでしょう!(一応カンパニーのファンとして一言。)

2着、ウォッカ
この馬にしてはリラックスして逃げているように見えましたが・・・。
直線に入って他の馬が追いだすも、この馬は残り400の看板の所で持ったまま。その後追い出しにかかり引きつけた後続を引き離しにかかります。ほぼウォッカ→カンパニーで決まったように見えましたが、追いだすのを遅らせた割には意外に弾けませんでした。

もちろん本番前のここで強気な競馬で馬に負担をかける事は得策ではありませんし、絶対に勝つ必要もないレース。
ただ2年連続で開幕週の馬場で楽に逃げさせてもらって負けてしまうと少し考えさせられます。たった1キロの差ではりますが、斤量57キロだと微妙に影響の出る馬なのかもしれません。もう一つ、逃げて後続を引きつけてから残り350mくらいを一気に追ってビュッと伸びるというレースが適わない馬なのかもしれません。

前哨戦としては悪くないレースでした。トレーナーも優秀ですし、天皇賞は万全で迎えられるでしょう。今年はメンバーも薄いですし、勝ち負けになってしまうと思っています。
ただ、その後は嫌うつもりです。これだけ質の高いレースを使い続けてきた馬。しかも牝馬。ジャパンカップ辺りでは馬券を外す事も十分にあると思っています。

3着、ハイアーゲーム
内枠を活かした競馬ではありませんでしたが、直線では凄い脚。内を回ったカンパニーに次ぐ33.2秒の上がり!とても単勝100倍を超える評価の馬のそれとは思えません!!
いつ走るか分からない馬ではありますが、この条件は適っていると思います。いい走りでした。
いまのこの馬にとってベストは1800mだと思います。今後もヒモで拾うつもりの馬ですが、前で競馬はしないのでしょうか?
前に付けてエイシンデピュティを追い落とした鳴尾記念は強い競馬でした。この馬が後ろからいい脚を使っているのに届かない勿体ないレースがいくつかありますが、その度に前で競馬をするつもりはないのかな?と思ってしまいます。

この馬が3着に入った分、余計に悔しい結果に・・・。

4着、ナムラクレセント
去年の菊花賞で◎、来年の天皇賞春で重い印を予定している馬。
このレースは条件不適と考えていましたが、スッと前に付ける小牧騎手の判断。正解だったと思います。脚を溜めて速い上がりで勝負するような馬ではないかと。
この条件で4着なら今後に向けてかなり楽しみな馬です!馬の成長もかなりありそうです!!次はどこに向かうのでしょうか。早めに賞金を加算しておかないと!

5着、サンライズマックス
この馬は力はありますが、長い直線のあるコース向きの馬ではないと思います。そうでないコースで評価する予定の馬。

7着、スマイルジャック
前走は新潟の高速馬場を32.5秒の脚を使って勝利しましたが、本来そのようなレースで強みを見せる馬ではないと思っています。このレースは前に付ければ少々怖い馬でしたが、後ろにいたので安心して見ていました。
マイルから1800mくらいが適いそうですが、今回のような軽いレースにならない所で買いたい馬。

9着、ヤマニンキングリー
柴山騎手曰く、「今日はレース前にイライラして立ち上がったりで、燃え尽きちゃった感じ。」
小回りコースに特化している可能性を感じていました。このレースでまともに走ってどんなものか判断しようと思っていただけに残念。
次は天皇賞でしょうか?力の割に人気を落とすと思われますが、やはり長い直線が適う馬とも思えず評価は低くなると思います。


今回は◎と○を打った馬の決着で人気薄のハイアーゲームを評価していたレース。8歳秋になってなお頑張っているカンパニーの勝利は喜ばしいのですが、馬券は・・・。
がっかりしていた中で救われる事がひとつ。

Photo_5








参戦している予想コロシアムの架空馬券ではありますが、てっきり3連単のフォーメイションを買っていたつもりでしたが、3連複のフォーメイションを間違って買っていました。
架空馬券とは言え、十分な憂さ晴らしになりました。

これをいい風に取って、来週からのG1連戦に臨みたいものです。

« 毎日王冠の予想 | トップページ | タマルファイ的東京競馬場での過ごし方  »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

あっしも一瞬
ウオッカ→カンパニー→アドマイヤで
決まりや!!!と思ったのに。。。

ハハハハハイヤーゲームムムムム( ̄◆ ̄;)
いやはやサスガはキンカメ世代(◎´∀`)ノ

ビックラこいた( ̄▽ ̄)

来週は1000万馬券の秋華賞(*゚∀゚)=3
ブエナ・レッドですんなり決まるのかしら(´~`)

こんばんは。

んー、せっかく印が被ったのに残念・・・。
ダブルヒット・・・それも会心のダブルヒットが欲しいですね。

キンカメのダービーは見応えがありました!1着、2着馬は種牡馬に!3着のハイアーゲームは・・・G2で単勝100倍超えの評価・・・。
あのダービーは走りは凄かったですけど。

この馬体質が弱いのか好走が続きません。次は買いません。それだけに今回のこの条件、この評価で馬券にしたかった・・・。(典さんやり過ぎです!)

さていよいよG1連戦ですよ!
いきなり堅そうな秋華賞・・・。歳三さんどうしましょうか?逆らいましょうか???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/31740606

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日王冠の回顧  老いて益々盛ん・・・・過ぎです!:

« 毎日王冠の予想 | トップページ | タマルファイ的東京競馬場での過ごし方  »