2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 案山子(かかし)の代わりに?? | トップページ | 毎日王冠の回顧  老いて益々盛ん・・・・過ぎです! »

毎日王冠の予想

今週から東京と京都の2場開催が始まりました。そして明日は東京で毎日王冠、京都で京都大賞典の2重賞があります。

毎日王冠
ご存じ、秋の東京開催の最初にある名物重賞。1998年の伝説となるレースをはじめとして数々の名勝負が演じられてきました。
ここ2年は1分44秒台の高速決着。週中に季節外れの台風の通過がありましたが、その後は晴天が続いているので、これに近い決着タイムになるのではないでしょうか。

一昨年は暴走気味に逃げる馬が2頭いたので、2つ目、3つ目のラップが10秒台と前半が速くなり、後方にいた馬2頭で決着。ダイワメジャーはこのラップを前に付けて3着ですから強いとしか言いようがありません。

去年はウォッカが逃げて、1200~1400mの区間で10.5秒の脚を使ってここで勝負を決めてしまうという乗り方。
この開幕週の馬場でウォッカほどの馬にこんな競馬をされては他の馬はどうしようもないはずでしたが、マイルでG1級の馬、スーパーホーネットが内枠を引いていた事がウォッカにとって不幸でした。
スーパーホーネットは枠を活かして距離ロスを無い追走をし、そしてもちろん目標はウォッカ!最後に見事な爆発力を見せ。ゴール前で首差差し切りました。まさに「蜂の一刺し」。

藤岡佑介騎手の騎乗が素晴らしく、スタートはウォッカと互角と言っていい抜群のスタート。その後は淡々と逃げるウォッカとは対照的に終始内ラチ沿いでひたすら脚を溜め、最後の爆発力のそなえました。そして全くロスの無いコース取りで最後の爆発力を引き出しウォッカを差し切りました。このベストと言っていい騎乗の中で何か一つでも欠けていたら届いていなかったでしょう。

このレースは「内に前に」のレース。随分後ろにいたり、4角で外を回すなど悠長な事をやっていては勝負にならなかったレース。上位4頭の馬番が、16頭立てで2,3,5,1であった事からも明らかだと思います。

前置きが長くなりましたが、今年は。

まず強力な逃げ馬がいません。おそらく上がりの速い脚が求められるレースになるでしょう。ウォッカに対抗し得る存在として去年はスーパーホーネットがいましたが、今年は・・・。
個人的にはいるとは思えません。

開幕週の良馬場、前に行けて、そこから斬れのある脚を繰り出せる馬、しかも東京コース、そして抜けた力量・・・・。いくら天の邪鬼の私でも逆らいようがありません。どんなに人気でもウォッカが1着固定の◎。

対抗の○はカンパニー
去年の馬番は9番。内に入っていれば他の作戦も取れたと思います。横山騎手も高速馬場だけに内、距離ロスのない競馬を意識していましたが、内を差せるスペースはありませんでした。4角でも外に出すしかなく、それでも最後まで伸びて5着。
そして今年は前に行くであろうウォッカを意識して距離ロスを少なく追走出来る内枠!

何度も◎を打ってきた贔屓馬ですが、ベストディスタンスは1800mだと思っています。終いの斬れもある馬ですし、時計勝負も問題ないと思います。そして去年と同じローテ、休み明けも去年と同じだけ走れれば問題ないでしょう。
人気の方も、現在ナムラクレセントと4,5番人気を争っています。これなら迷わず2,3着付けの対抗にします。

いつだったかカンパニーを年齢、そして使ったレース数を考えて、今後は本命にはしないとか書いたような気がしますが、この馬はなかなか老けこみません。「老いて益々盛ん」な馬。頭が下がる思いがします。
G1で4連続4着!!(その最初となる天皇賞は悶絶のハナ差。) カンパニーを軸に3連馬券を買い続けた人にはご愁傷様としか言い様がないのですが、今回はG2、メンバーを見ても2,3着に来る可能性は結構高いのでは?と期待しています。

また、横山騎手にはウォッカを負かそうとしない、ウォッカを目標に着を拾う競馬を期待します。(一流ジョッキーに失礼な注文ですが・・・・。)

今回人気になっているのはスマイルジャックとヤマニンキングリー。

2番人気、スマイルジャック
この馬が2番人気は少々意外。前走の関屋記念の勝利が評価されているのでしょうか?
ここ3戦後ろからの競馬というのも今回のレースでは引っ掛かります。特別斬れる脚を持つ馬とも思っていないので後ろからなら馬券を外す可能性十分なのでは?

関屋記念では後ろから差し切りましたが、前にいた馬があまり強いとは思いません。むしろ32.5秒とこの馬に似合わない脚を繰り出した事の方が不安です。マイラーズCでは33.4秒の上がりを使って3着に入りましたが、次の京王杯SCでは1番人気でコロッと負けています。

老いたカンパニーより力量で上とも思っていませんし、この人気なら消しで。

3番人気、ヤマニンキングリー
札幌記念ではブエナビスタに勝利!おかげで3連単を外す事になりましたが、馬単をこの2頭の表裏を買っていたので結局お世話になった馬。
去年の暮れから抜群の安定感!馬体重が10キロ増えようが、20キロ減ろうが関係ない馬!!
2つ不安な点があります。
一つは20キロ減って激走した後のレースという事。もう一つは、こちらの方が怪しいと思っているですが、6戦連続連対という抜群の安定感もすべて小回りのレースであったという事!仮に本格化前だったとしてもその前の掲示板にも載れなかった2戦は外回りコースでのレースでした。

札幌記念の時に「休み明けでも小回りコースの2000mレースでこの馬が凡走するイメージが湧かない」と書きましたが、確かに小回りのレースでスッと加速出来る能力はなかなかのモノですが、長い直線を上がり33秒前半で上がりなさい!というレースになった時に額面通りの強さを発揮できる馬でしょうか?
充実している馬なので買い目には入れますが・・・・。

もう1頭、カンパニーと同等の評価を受けているのがナムラクレセント
菊花賞で◎を打って非常にお世話になった馬。
この馬はしぶとく伸びる脚という事で評価した馬です。菊花賞では斬れがない分前で競馬をした和田騎手に救われたと思っています。
今回は開幕週の東京1800m、そして大外枠。そして人気に。
今回は消し・・・・としたいかったのですが、前走1800m戦、1分44秒台のレースを差し切って勝利。無下に切るのも・・・・。来年の天皇賞春で重く見たいと思っている程の応援馬なので3着の所にだけ印を付けます。

逆に人気薄で拾いたい馬は、

アドマイヤフジ
去年は「内に前に」で川田騎手の好騎乗によって3着。今年も内枠。ウォッカが演出するレースならば同じ乗り方で十分馬券圏内が期待できると思います。

ハイアーゲーム
キングカメハメハのダービーの3着が印象的な馬ですが、1800mくらいが良さそう。去年は後方からのレース。論外だったレースですが、上がりだけは最速、7着にまで押し上げました。
激しく人気が無いので、前々走はダービーと同日の極悪馬場。前走は後ろにいたら何も出来ないレース、として積極的に買います。内枠が引けたので少しでも前に行ければ。

印は、

◎ウォッカ
○カンパニー
▲アドマイヤフジ
△ヤマニンキングリー
△ハイアーゲーム
×マッハヴェロシティ(3着のみ)
×ナムラクレセント(3着のみ)
×サンライズマックス(3着のみ)

馬券は3連単。

◎→○→▲△× の6点。
◎→▲△→○ の3点。

« 案山子(かかし)の代わりに?? | トップページ | 毎日王冠の回顧  老いて益々盛ん・・・・過ぎです! »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノぅぉぉぉー

ついに。。。

上位3頭の印までピッタンコカンカンです(◎´∀`)ノ

こいつは楽しみです( ^ω^)

いってきました府中へ~
春とは違って野芝に張り替えた影響か?坂を上がって逆転という感じで、ゴール前まで何が来るかわからないエキサイトなレースが多かったです。

肝心の毎日王冠は、ナムラクレセント頭差で悶絶でした・・・orz
と思ったら、タマルファイさんの買い目をみたら、私以上に悶絶だったんじゃないかと!!

京都のほうも、馬連はばっちり取ったのですが、3連単がジャガーメイル4着で悶絶・・・しかも予想時点で乗り代わりの四位の一発がこわい!といいながら買い目に入れてなかったら3着とこちらも悶絶・・・
さらに一緒に行った仲間が、その乗り代わりの四位の一発が・・・を聞いていて何気なく3着に入れたので3連単ゲット!おめでとうといいながら悶絶・・・

まあ、何より今日のレースは上位馬が期待通りの活躍でとても楽しめました。
次は天皇賞あたりでまた府中へ行こうかと思ってます!

こんばんは。歳三さん。

上位3頭が一緒でしたね。
アドマイヤフジは去年と同じ作戦でしたが、ちょっと馬が本調子ではなかったような気がします。

3着にはなんと期待のハイヤーゲーム!!
でも◎ウォッカが○カンパニーに差されるという何とも言えない結果に・・・。んー。

こういう馬券が取れないと今回のトンネルは長いかもしれません。

でも来週からG1連戦。一つはダブルヒットを!!

こんばんは。metalmoonさん。

今日はいい天気で競馬観戦日和でしたね。これから寒くなっていくので今の時期の東京観戦が最高なのでは?

馬券も際どい馬券が多くて羨ましいようなエキサイティングな一日だったようですね。(馬券は残念でしたが)

私の馬券までお気遣いありがとうございます。

ウォッカに勝てる馬はいないというのが予想の骨組みなのでただの外れですが、対抗の馬の馬にやられると・・・。

札幌記念の時は馬単表裏で救われましたが、今回は無し。オマケに3着には重く見ていた単勝100倍以上の穴馬ハイヤーゲーム。(しかも大して配当の見込める馬券ではなかったので配当の付くアドマイヤフジとハイヤーゲームだけしっかり買っていたりします。)

正直言ってレース映像を見て悶絶しました。

来週からG1連戦。あまり当たる気はしませんが、しっかり参戦します。

来週は堅そうですが、菊花賞が楽しみです。

そういえば、ウォッカは去年と同じ競馬になっちゃいましたが、あの馬の能力(スピード)が抜けているためにあの程度のメンバーだと普通に走って先頭なんでしょうね・・・天皇賞にしっかりとした逃げ馬が出てくることを願うしかないですねぇ~
期待のナムラクレセントは、パドックで終始頭が高くきょろきょろしていました
初めての府中に物見をしていたのかな?と思うぐらいに落ち着きがなくて・・・スタートでも引っかかったしあれで4着ならがんばったほうかもしれません
私は本番でも狙ってみたいなぁと思っています

来週は、ブエナビスタを3番手に落として考えようと思っています
乗りようによってはあの馬に先着できそうな馬が何頭かいそうだとにらんでいます
マッチレースだったらブエナが一番だとは思っていますけ、レースはフルゲート18頭ですしね!楽しみです

そうですね。
開幕週の馬場、ストレス、負担をかけずに本番へ向かうステップという事を考えれば行ってしまった方がいいと思います。

逃げ馬・・・必要ですね。この馬自身が逃げざるを得ないような緩い流れになって、且つ目標にされるとちょっと不安ですね。このレースで逃げてしまっていますから無理に制御するようでは危ないかもしれません。
それでも勝ち負けだと思います。他の馬では今のところ人気が無ければシンゲンが面白いと思っています。

ナムラクレセントはかなり成長してますね。それでいてまだ強くなる余地があるかもしれません。

私は本番は本番でも来年の天皇賞春に期待しています。(天皇賞秋は出られるのかな?)

ウォッカが逃げるようなレースになって上がりが速くなると強みが活きないと思っています。締まった流れになりそうなら考えてみます。

去年の菊花賞の頃に比べると馬が変わっていそうで、次のレースのパフォーマンスによっては評価を変えるかもしれませんが。

ブエナは馬場の良い京都の内回りという所につけ入る隙がありますね。
去年のような馬場だと取りこぼしも考えられます。小回りコースで「いつもの」競馬で負け、その札幌記念を経て、安藤騎手がどう乗ろうかと考えているかに興味津々です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/31731890

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日王冠の予想:

» 的中率25.4%、回収率131.2%の競馬必勝術! [的中率25.4%、回収率131.2%の競馬必勝術!]
もしかしてあなたは、“血統予想”や“オッズ予想”、“パドック予想術”などで馬券を購入し、期待ほど勝てないことを悩んでいませんか? [続きを読む]

« 案山子(かかし)の代わりに?? | トップページ | 毎日王冠の回顧  老いて益々盛ん・・・・過ぎです! »