2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 愛煙家哀歌 | トップページ | 神戸新聞杯の予想 »

ローズSの予想

今週は3歳牡馬、牝馬共に秋の最後の1冠を目指したトライアル重賞があります。

ローズS
牡馬の路線は今週のセントライト記念、来週の神戸新聞杯と菊花賞に向けたトライアルが2つあります。メンバーも分散され、その分3着以内に人気薄が来る確率も高まります。
牝馬の場合はローズSの1つだけ。このレースは秋華賞のステップレースとして理想的な時期にあり、賞金の足りている馬も、権利奪取が必要な馬も有力と目される馬の多くが出走します。
それだけにローズSは秋華賞の向けてのいい指標になります
このレースを人気馬があっさり勝ち、馬券も荒れないようだと秋華賞も人気馬での決着となる公算が高くなります。つまりは、人気馬(世間で強いと評価されている馬、実際に結果の出ている馬)とそれ以外の馬の間に力の差がある世代だと言う事になります。

そうでない場合は馬券的に秋華賞が非常に楽しみになります。
たいてい人気馬が勝つレースですが、人気馬が勝たずに馬券が荒れた年は。

2000年は6番人気のニホンピロスワンが勝利、2着、3着は4番人気、11番人気が入りました。本番の秋華賞は10番人気のティコティコタックが勝ち2着も人気薄で大荒れ。
2004年は5番人気のレクレドールが勝利、2着には6番人気のグロリアスデイズ。本番は圧倒的1番人気のダンスインザムードが馬券を外し波乱。
そして去年は7番人気のマイネレーツェルが勝利、2着には9番人気のムードインディゴ。本番はご存じのように1000万馬券が飛び出すというレース。

この大事な、唯一のトライアル戦で馬券が荒れるようなら、これまでの世間の評価ほどその世代間の力の差は無いという事になります。(ダンスインザムードが秋華賞の地点で差が無かったとは思いませんが。)
春に力が上を評価されていた馬が順調にローズSを使い、しかも好走すると本番でもかなり信頼できますが、そうでない年の秋華賞は積極的に穴を狙うべきだと考えています。(去年は穴馬に◎を打ち、勝ってくれたのですが・・・。)

前置きが長くなりましたが、今年はと言うと。
残念ながら桜花賞、オークス共に同じ顔ぶれの1,2、3着!1600、2400mで行われているにもかかわらず同じ結果!これは明らかに今年の3歳牝馬の間に力の差がある事を意味します。
着差のあった3着馬はともかく、2レース共マッチレースになった1,2着馬は素直に2強です。

今年のローズSには2冠馬ブエナビスタは出走しません。
舞台は阪神外回り1800m。マギレが生じやすい条件でもなく、いくら人気になろうとも⑪レッドデザイアが◎。

そして○は幸いにも4番人気になっている春のNo.3馬の⑧ジェルミナル。◎馬を逆転する事は不可能と思っています。

◎○2頭軸の相手は、
▲③ワイドサファイア
オークスでは放馬で出走にこぎ着けられなかった馬。鞍上はそのまま岩田騎手。個人的にはこれだけでも無視できないような気もしますが、エルフィンSでは◎とハナ差。フローラSは2着もこれはディアジーナ向きのレース。桜花賞、オークスと出走していないだけに測れない馬ではあります。

△④ブロードストリート
チューリップ賞で4着。ここで権利が取れなかった事が悔やまれる馬です。その後2戦挟んでオークスへ。その内の1戦スイートピーSは絶対に権利を取らなくてはいけなかったレース。オークス4着は立派。この馬も明らかに世代上位。

△⑭ワンカラット
本当は○にしたい馬でしたが、フリーズRのレースぶりがあまりに見事だったのでやはり距離が不安。1800mに延びてどうかと△。
桜花賞ではスムーズなら十分に馬券圏内はあった4着。NHKマイルは前にいなければどうしようもなかったレース。内を突いたにしても最後方から6着にまで順位を上げたのは見事。1400からマイルでは結構強い馬だと思っています。今後の古馬の対戦になる重賞でも期待するつもりの馬です。

馬券は3連単。

◎→○→▲△△
◎→▲△△→○ の6点。

上がり馬にさほど魅力を感じず、春の実績馬、つまり上位人気馬を評価する事になったので買い目は絞りました。

その人気馬で2番人気のミクロコスモスは外しました。どうも人気になりやすい馬のようで。前走1000万の牝馬限定戦を首差で勝利しましたが、勝った相手は同じ3歳のパールシャドウ。
パールシャドウは次走同じ札幌1800m戦で勝利しています。この時首差の2着になったのは今回のローズSにも出走するクーデグレイス。現在10番人気です。開催時期も流れも違いますが、単純比較で3歳になってからいい所が無かった馬が、前走の勝利を評価されて有力どころの集まるこのレースで2番人気になるのはちょっとおかしい。それにこの時の鞍上は四位騎手。もちろん今回はレッドデザイアに乗ります。
終いの脚だけインパクトのある人気になりやすい馬は積極的に消します。しかも折り合いにも難あり。

« 愛煙家哀歌 | トップページ | 神戸新聞杯の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、とうとう楽しみな時期がやってきましたね!
なんと言ってもレッドディザイア!!この馬がここを勝たないと牝馬GIが盛り上がらない
そういえば、牝馬戦って、トライアル限定馬みたいなのがいますよねー
春のトライアル勝って本番全然だったのにあきもトライアル勝って本番全然だったり・・・

私はオークス上位3頭+イタリアンレッドで勝負です
ここでいいスタートを切って、秋のGI連戦連勝といきたいです!

こんにちは。そして放牧からお帰りなさい!充電バッチリで相当な爆発力を秘めていそうですね。

この3歳クラシックのトライアル戦がはじまると脱ローカル、そろそろ秋のG1シーズンという気がします。

イタリアンレッド・・正直怖いです。オッズが付かない馬券を買っているので相手は絞りました。

今年のオークスは質が高いと思っています。7着のダイアナバローズが紫苑Sを勝った事も少しは証明になると思います。
オークス組上位を評価した点は同じですね。あと1頭は放馬した馬にしました。

ただここでもオークス上位馬で決まってしまうと秋華賞は予想のし甲斐のないレースに・・・。

トライアルホースって不思議ですが確かにいますね。多分流れが厳しくなるとそれに対応する底力に欠けているとか、好走が2走続かないといった馬なのでしょうか???

秋に向けてのいいレースを期待します。お互い秋競馬を楽しみましょう!!!!!

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

今週もやっちまいました(TωT)

3着のクーデグレイスは最後の最後まで
悩んだ馬やったんですが。。。

古馬1000万で勝ち負けした馬は要注意と
思ってたのに春実績馬を上位に取ったんですわ

切ると来~る( ̄Д ̄;;

こんばんは、歳三さん。

連休後半出掛けていたためコメントがたいへん遅れてしまいました。申し訳ありません。

最後まで悩んだ馬ってどうしてこう来るんででしょうね。それも人気薄に限って!!
歳三さんは3連複1頭軸の相手5頭ボックスのスタイルなので6頭目はホントに悩ましい!

クーデグレイスは人気がありませんでした。予想記事でも書きましたが、パールシャドウを物差しにすればの話ですけど、ミクロコスモスとそれほど差がないんですけどね。

私はミクロコスモスが消しなのでハナから消しでした。
それに阪神外回りに必要になりそうな上がりの速さもない馬だと思っていたので。
川田騎手は前で巧く残しましたね。秋華賞の権利も取りましたしファインプレーだと思います。(おかげで歳三さんの馬券に被害が・・・。)

今週の神戸新聞杯は登録が少ないながら豪華メンバー!「ワシャモノタリン」は本当に(能力的に)足りなそうです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/31443649

この記事へのトラックバック一覧です: ローズSの予想:

« 愛煙家哀歌 | トップページ | 神戸新聞杯の予想 »