2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« キーンランドC、新潟記念の予想 | トップページ | 新潟2歳Sの展望  9月第1週の日曜日とタマルファイ○○と »

政権交代  ~期待~

日曜の夜に衆院選の開票が行われ、民主党が政権を担う事になりました。
本当にやっとです
実質同じ政党が長期間にわたり政権を握り続けてきたわけですが、この事の弊害は歴史が十分に証明しています。明らかに耐用年数を過ぎており、短期間でのトップの首のすげ替えは限界を超えている組織としての悲鳴のようでもありました。

選挙を大勝で終えましたが、ここからがたいへんです。既存の様々な弊害をもたらし続けたものを打破していかなくてはなりません。本当にたいへんな事です。


ある「お笑い芸人さん」が選挙速報の特番の司会をやっていたようですが、この番組後のインタビューで、民主圧勝を受け、
「もし民主党が掲げたマニフェストの20、30%しか達成できなければエライ事になる。国民が政治不信になる。」
などとコメントしていました、今回国民が民主党を選んだわけですが、その新政権が誕生する事が決まった矢先に何ともネガティブな事を言います。日本的と言えばそうなりますが・・・。

http://tamarufight.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-7e68.html

↑これは今年の1月にオバマ新大統領の就任演説の後に書いた記事です。

今回は民主の大勝なので、国民の多くが支持票を入れた事になります。
単に与党不支持として票を入れた人もいるでしょうが、初めてまともに政治が出来そうな政党が出来たと考え、期待して票を入れた人が多いでしょう。

国民審判で明白な答えが出た以上、しばらくの間は彼らに期待するという事は重要です。その「期待」が彼らの力になります!
また支持、不支持にかかわらず外野は彼らの仕事ぶりを一定期間見守る度量も必要だと思います。
私もこれはどうなの?感じる政策がありますが、期待をして見守るつもりです。

マニフェストを掲げ選挙戦を戦い、国民の圧倒的支持を受け勝利しました。当然そのマニフェストを実行に移せば良い。彼らは戦後から続く旧態依然の日本の政治に初めてメスを入れます。大手術かもしれません。

そのメスを入れている最中にジタバタしたり、周りがうるさくては手術がうまくいくはずがありません!手術が一段落するまではおとなしく見守っていれば成功する可能性はあります!
手術をしなくてはいけない状態にあるのは間違いないのですから、執刀医が決まった以上文句を言わずに執刀医を信用するしかないでしょう!自分で選んだのですよ!!!!

もちろん初めてのケースになる手術です。前例はありません。成功するだけの技量があるかどうかは誰も分かりません。ただ、どうにかして成功させなければいけないという熱意はありそうです。他の執刀医は現状ではいません!!
そのやらなくてはいけない手術を前にして自分で選んだ執刀医が信用出来ないとか、技量不足だとかわめくバカはいないでしょう。


ところが識見者の中でも早速批判めいた事を言う人がいます。一般の人の批判メールを読み上げるテレビ局もあります。
政治に対して批判の目を向ける事は重要な事ですが、間違いなく今はその時ではありません!国民が選んだ出来たてホヤホヤの今後政権を担う政党を今批判をする事が国に何のプラスになるのかよく考えて欲しい!

ヒーロー崇拝の気が強いアメリカなら明るく「Yes we can!」などと言って新しい力を後押ししてくれますが、日本はおそらく逆の気が強いと思います。これが強く出過ぎない事を切に願います。

政治文化としての土壌が違うため、合衆国大統領のような権限を持たせてもらえません。他の人の顔色を窺うといった色合いも強くなります。合衆国大統領と比較すればリーダーシップに欠ける事も否めません。
だからこそ余計に国民が期待をかけて後押しする必要があります!


長く続いた既存のものを打破する事はとても難しい事です。実質マニフェストの20%も達成できないかもしれません。おそらくそのマニフェスト自体も完璧なものではなく不備があったりするでしょう。それはそれで最初の一歩としては良いと思います。古い体制を破ろうと真摯に立ち向かう姿勢、これが大事です。
それが出来れば「お笑い芸人さん」が言っていた政治不信なんてものにはならないでしょう。

有事には権謀術数に長けた才覚のある政治家が必要だとは思いますが、平時においては必ずしもその必要はないと考えています。今の政治家に国民が求めているものは、旧態依然の政治を変えるという志と姿勢。そして「チェンジ」です。


この政権交代を契機に「周旋家」による実の無い政治の終焉を期待しています。


先日の新聞に千葉市長横須賀市長(共に30代の市長)のインタビュー記事がセットで載っていました。
ちょっとこの記事には驚かされました。両者共にモノの見方、考え方が警抜で、私ごときが読んでも非常に納得させられる内容でした。言葉に人を引き入れるものがあります!
間違いなく新しいタイプの政治家!!

日本の政治家なんてものは政治家の縁者が「継ぐ」か、周旋に異常な才を持つ人がなるものだと思っていましたが、この記事を見る限りでは毛色が全く違います。話している内容、それに写真を見てもどちらも引き締まっている印象が強く、ベトついた周旋家といった風は微塵もありません。

今回の政権交代とあわせて、本当に近々、変わる事が難しいと思っていた日本の政治が「チェンジ」するのでは?と期待してしまいます!

期待し過ぎ???

« キーンランドC、新潟記念の予想 | トップページ | 新潟2歳Sの展望  9月第1週の日曜日とタマルファイ○○と »

○○素描」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

久しぶりに興味深々な選挙でした(*゚∀゚)=3

民主党候補に投票しましたが正直
どこまでやれるかは半信半疑です。。。

とはいえ。。。
確実に良い方向へ進むと思います

民主・自民両方の政治家が国民の1票の怖さを
思い知ったと思うので、これまでのような
ふざけた政治はしないでしょう(◎´∀`)ノ

政治家の意識改革を促すキッカケになる
選挙であったと思います( ^ω^)

そういう意味では絶妙なタイミングでの解散
だったと思います

アホウ総理は自民党的には惨敗のA級戦犯ですが
後々、政治改革の先鞭をつけた功労者?と賞されるのでは( ̄ー ̄)

こんばんは。

歳三さんも「期待」派ですね。
随分ネガティブな考えの人が多いので驚いていますが、これも賞味期限切れながら生き抜いてきた組織がもたらした弊害かもしれませんね。

政治不信&「ご利益」で釣った選挙民との癒着は相当根が深そうです!

今まで与党に対抗できる組織さえない特殊な政治形態だったので、対抗し得る組織が出来て、国民がそれを支持した!非自民票ではなく、政治組織として期待して票を入れた!
これだけでもとんでもない進歩です。期待はしていましたが、正直もっと時間がかかると思っていました。


今回選挙は中途半端な結果ではなく、明らかに新しい力の方に期待する結果になった事は大きいです!
歳三さんのおっしゃる通りこれだけでも意識改革を促すきっかけになりますね。
更には、民主党がこの後、日本の土俗にまみれない(先進国らしい)政治をやれば、その時に新しい日本の政治スタイルのスタンダードが出来るかもしれません。

その時には間違いなく根底からの意識改革になるでしょうね。

(とりあえずバカバカしく、近所迷惑な選挙カーで「ありがとうございます」をひたすら連呼する特殊な選挙キャンペーンはすぐにでもやめさせてもらいたい!!!!!)


今までの日本の政治は言葉があまり重要ではありません。
「チェンジ」を期待する国民に見せつける意味でも新首相の就任挨拶のときには、これから「チェンジ」が起こるんだ!と感じさせてくれるスピーチを期待します!


この後、良い方向に進めば、自民の最後の方の首相達は反面教師として大いに活用される存在になるでしょう(笑)←本当に功労者かも??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/31175861

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代  ~期待~:

« キーンランドC、新潟記念の予想 | トップページ | 新潟2歳Sの展望  9月第1週の日曜日とタマルファイ○○と »