2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ローズSの予想 | トップページ | 神戸新聞杯の回顧  ~菊花賞に向けて~ »

神戸新聞杯の予想

今週は神戸新聞杯とオールカマー。秋のG1を見据えた馬の秋の始動戦になります。

神戸新聞杯
先週のセントライト記念に比べると豪華メンバー!世代上位と思われる実力馬が集結しました。菊花賞の権利が欲しい馬は無理をしても先週中山まで行く必要があったかもしれません。何やら名前からして能力的にもの足りなそうな馬もいます。

毎年ダービー好走馬があっさり勝っていくレースではありますが、今年のダービーはかなり特殊なレース。そこに僅かばかりの波乱の要素がある事を願います。


今回人気になっている馬について。正直どの馬も強いと思いますが・・・。

1番人気、アンライバルド
新馬戦を除きダービーまで全て内回りでのレースを選択。皐月賞での4角のパフォーマンスは圧巻!とてつもない加速能力!それだけにダービーでは長い直線を最後まで伸び切れるのかな?と疑って軸を外した馬券を買いましたが、特殊なダービーになりその答えは出ず。
最大の武器は瞬間的な加速能力では?とまだ思っているので今回のレースでどんな走りをするかは興味深いところです。

2番人気、リーチザクラウン
この馬が主導権を握る事になるでしょう。
スピードがあり、軽快に飛ばして行き最後の脚も残っている馬。素直に強い馬だと思います。ラジオNIKKEI杯2歳Sダービーは馬場、流れ共にタフなレース。底力が世代トップであるロジユニヴァースにかなり向いていたレース。本来スピード型である(と思っている)この馬の2着は立派。
今回は馬場の良い阪神2400。折り合いさえつけばかなり有力!
このレースが目標レースなら◎でもいいですが、目標は菊花賞。一定のラップを刻んで全力で他を圧倒する必要のないレース。トライアルらしく距離の長いレースに備えて道中のスタミナを温存させるレースを試したいところだと思います。
直線で斬れる脚を持つ馬にやられるが結論になります。
先週後ろから最後に突っ込んで来てダービー4着になったナカヤマフェスタは勝利しましたが、この馬はタフなダービーを暴走する逃げ馬の2番手に付けて勝ちに行った馬。相当負担のあるレースをしました。折り合いの面も含めて大丈夫なのかな?と気もします。そのため軸から外しました。

3番人気、アントニオバローズ
この馬は菊花賞で買いたいと思っている馬。今回予想以上に人気になっています。適性が斬れ味の方にふれていないだけに極悪馬場のダービーの好走に繋がったと考えています。今回はある程度の終いの斬れ勝負になって馬券を外してもらって菊花賞で穴馬になってもらわないと。
「ようやく走れる状態まで来て、これからもっと良くなる馬ですよ。夏を越したら、アントニオバローズはもっと強くなります」とダービー後の角田騎手のコメント。
その言葉通りになるのはトライアルの「軽い」レースではなく、本番菊花賞の方だと勝手に思っています。

4番人気、アプレザンレーヴ
良馬場なら終いの斬れもかなりのモノを持っています。2400mの重賞勝ちあり。内の悪くなっていない阪神だけに内枠もOK。勝てる可能性のある馬だと思っています。
遅れて来た馬、良馬場で世代のトップと対戦するのは初めて。伸びシロも含めて楽しみな馬。重い印。


例年堅く収まる神戸新聞杯ですが、今年もかなり豪華なメンバー。このレースで穴を期待するのは無謀そうです。ですが。
例年ダービー好走馬が活躍するので堅く収まりますが、例年と違うのはダービーが特殊な条件であった事。極限まで仕上げた状態でいつもとは違うレースを強いられました。これでリズムを崩した馬や負担が大きくかかった馬が何頭かいれば、馬券になる3つの席に「空き」ができるかもしれません。

今回は「空き」が出来る事を願って3着に滑り込む事を期待する馬が◎。

◎はトップカミング
この馬もその特殊なダービーに出走した馬ですが・・・・。
9番人気の単勝54倍。このメンバーに妥当なセンかもしれませんが、ナメられ過ぎているような気がします。人気にかかわらず馬券に絡む確率が高い馬。こんな馬は人気、世間の評価ほど弱くはない事がしばしばあります。
ダービーに至るまでのシンザン記念、共同通信杯、青葉賞。そして重賞ではありませんがダービートライアルの若葉S。全て馬券に絡む(3着)活躍。

距離不安の馬もいる中で、同距離の重賞好走実績あり。直線の長いコースの実績あり。そして今回内枠を引きましたが、共同通信杯で内差しの実績もあり。
今回のレースで必要になりそうな末脚の斬れという点でもいいモノを持っています。それでいてこの人気。

青葉賞ではダービーの権利を取る為にデビュー以来最低体重にまで絞り込みました。使ったレースの多さも併せて余力が残っていないと判断しダービーでは無印にしました。
今回は間隔を空けてからの1戦。しかも権利奪取が必要な馬。幸騎手も3着までに!という乗り方をしてくるでしょう。私の馬券も3着期待の馬券。

1番の根拠はやはり青葉賞
直線半ばでは勝ったアプレザンレーヴを脚色、手応えで上回っていました。真っ直ぐ走っていれば勝てそうなところ、突然首を外に向け右にヨレて少し失速。ここで幸騎手は左鞭連打!(逆だと思うのですが・・・。)体制を立て直してもう一度伸びますがこのロスが響いて3着。
今回人気のアプレザンレーヴと比べてそれほど力量に差があるとは思いません。クラシックを棒にふりましたが、強い馬だと思っていたトーセンジョーダンとも差のない競馬もしています。
相手は強いですが、その強い相手に対して強い相手なりに好走を続けて来た馬。今回の条件は適うと思いますし、いいレースを期待します。
人気薄ですし、安易に外に出さずに、一か八かでも構わないので枠を活かした競馬を!


○は青葉賞で差の無かったアプレンザンレーヴ。枠も隣ですしセットで馬券に絡んでもらいたいものです。

▲はアンラバルド。ダービーでの負担は少なかったと思います。長い直線がどうかとは思いますが、あまり後ろにならなければ良馬場のこのレースでは馬券に絡む可能性は高いと思います。

その次が思い入れたっぷりの贔屓馬セイウンワンダー
人気も下がっていますし、本当は○にしたかったのですが、軸から外しました。
この厩舎はここを目標に順調と言っていた弥生賞で絞り切れていないデブ馬体という前科があります。今回も「ここに向けて順調」だとか。
それにしては朝日杯CCに出ようとしていて間に合わなかったとか聞いていますが・・・。
馬の実力は信用していますが、厩舎の手腕は・・・・?


印は

◎トップカミング
○アプレザンレーヴ
▲アンライバルド
△セイウンワンダー
△リーチザクラウン
△イコピコ
△トライアンフマーチ
△シェーンバルト
△アントニオバローズ

馬券は3連複。

◎○2頭軸から▲△へ 7点が勝負馬券。

◎▲2頭軸から△への6点も購入。


オールカマーは

« ローズSの予想 | トップページ | 神戸新聞杯の回顧  ~菊花賞に向けて~ »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

またまた上位3頭が印は違えど評価が一致(*゚∀゚)=3

あっしは
◎アンライバルド
○アプレザンレーヴ
▲トップカミング

おっしゃるとおりトップカミングは
かなり美味しい(◎´∀`)ノ

ダブル的中といきたいですな(σ・∀・)σゲッツ

こんにちは、今年はいいメンバーそろいましたねぇ~
やっぱりポイントはダービーをどう見るかなんでしょうねぇ・・・
ナカヤマフェスタの勝ちでダービー上位の価値も上がったか?と思うのですが、私は完全度外視でいきます!
そうなると、野芝全開の阪神で切れのある馬を狙いたいということで

◎アンライバルド
○アプレザンレーヴ
△リーチザクラウン

としました。
押さえの3着候補で前残りのアントニオバローズも考えていますが、切れる脚がない分リーチを交わすのは難しいかも?と思っています・・・

何よりレースが楽しみです!この世代のトップが決まるといってもおかしくないメンバーだと思いますのでー

歳三さん、こんにちは。

先週はすいませんでした。せっかくコメントを頂いたのに返事が遅れまして。

今週は何と上位3頭丸被りじゃないですか!!!間違いなく的中フラグです!!!??
これが来たら気持ちいいですねー。

歳三さんはあとちょっとで外すという悶絶馬券で寝付きの悪い夜が続きましたが、このレースで取り返したいですね。
おっと当たったら興奮が冷めずに眠れないかも?

馬券を離れても楽しみレースです!

metalmoonさん、こんにちは。

本当にいいメンバーが揃いました!菊花賞はまた特別なレースなので、今の阪神2400mでの3歳のトップホースの激突は楽しみですね。ダービーが特殊だったのでここで色々答えが出ますね。

古馬のスターホースが不在なのでこのレースを完璧に制する事ができれば古馬も含めて牡馬のトップという事になるかもしれません。

ダービーは度外視でいいと思います。本来東京2400mで求められるものが必要ないレースでしたから。
今回はやはりあまり後ろではない所からいい斬れ味を発揮する馬が制するんじゃないでしょうか?

斬れ不足のアントニオバローズと折り合いに難のあるリーチザクラウンはこの条件だと最後に交わされそうな気がします。
リーチは能力だけなら世代で一番かもしれないと思っていますが、折り合いに気を使わなければならないのが勿体ないような気がします。

何にしても非常に興味深いレース!発走まで待ち遠しいですね!

うーん、惨敗・・・
ゴール直後の一言「イコピコはないわー」
3着に入ってもいい、まあ2着でも許せる・・・しかし1着はないわ~
イコピコを本命とした人がいたのですが、その人は早い上がりを使えるからなんて理由だったそうです・・・あのメンバーでそれまでの戦績を見てイコピコ本命にするなんてよほどひねくれてるんだと思っていたのですが、この結果ではぐうの音も出ません
結果的に一番成長したのがこの馬ってことでしょうかねぇ??
なんか今日のレースに期待しすぎちゃってたので、この結果によって菊への興味が一気にさめちゃいました・・・
昨年のオウケンブルースリのように心躍る馬を見つけることができませんでしたー

こんばんは。

お互い非常に期待していたレースだけにイコピコ????という感じでしょうか?
ホントに1着は・・・。

成長したのは確かですが、他の馬が走っていない分目立ったような気もします。

去年はいいレースでオウケンブルースリは素直に距離が延びて期待できる馬でしたね。
画面の端でジワジワ伸びていたナムラクレセントも菊花賞向きに見えました。

去年は神戸新聞杯をよく見たからビッグヒットに結び付きましたが、今年は何度レース映像を見てもさっぱり分かりません。んー。

詳しくはこのあとアップするレース回顧に書きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/31537939

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新聞杯の予想:

« ローズSの予想 | トップページ | 神戸新聞杯の回顧  ~菊花賞に向けて~ »