2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 小倉記念の予想 | トップページ | 奉納相撲 【1】 »

関屋記念の予想

今週は競馬予想が出来ないと諦めていたのですが、一転して参戦可能に。今週参戦するレースはもちろん新潟マイルの関屋記念

もちろんと言うのはこの新潟マイルはなぜか相性の良い条件だからです。特に去年は大爆発!新潟マイルの重賞と言えば、この関屋記念と新潟2歳Sですが、関屋記念は○→▲→◎で決着。12頭立ての1,5,8番人気での決着なので配当は安いですが、3連複の4点のうち一番厚く買った1点が来ました。
新潟2歳Sは3連単17万馬券が的中。◎1着付け、○2,3着付けに人気薄が絡んだだけなので凄い予想という訳ではありませんが・・・。

とにかく相性が良い(と思っている)条件で、とんでもない回収率になっている新潟マイル。よりによって関屋記念の週に競馬が出来ないとは・・、と残念に思ってましたが幸運にも参戦可能に。この幸運を的中に結び付けられればいいのですがさて。


新潟の芝は極端に時計の速い馬場。同じローカルでも函館の対極にあると言える芝ですが、土曜は午前中雨の影響が残った芝でした。予報では日曜の雨の可能性があるとか。新潟の馬場は多少馬場が渋っても高速馬場である事に変わりないのですが、問題は内の馬場の傷み具合。

このレースは高速馬場、長い直線が影響するのか毎年ラストから2つ目のラップが最も速い時計が計測されるという特殊なレース。毎年この区間のラップは10秒ちょっと。道中が緩んだ去年は10秒ジャスト。
たとえ前にいても勝負所でのこの区間をそこそこのタイムで走れないと結局後ろの馬の餌食になります。日本一(世界一?)の高速馬場のマイル戦で馬場が少しでも痛んでいる所(内)を走るというのは致命的な事になりかねません。

今年は前に行く馬が揃っているようですが、やはり最後の長い直線にそなえて構えてしまう事が多いレース、(ラストから2ハロン目が一番速いラップのレースになる事もこの事を物語っています。)出来れば前にいてそこそこの上がりを使えそうな人気薄を狙いたいレースではありますが、雨の影響のあった土曜の競馬で内が痛んでいたりすると外を回した斬れる馬がスパーンと差し切ってしまうのでは?などと考えています。


今回の関屋記念は予想が難しいレース。馬場状態もそうですが、出走馬に関しても。

1番人気はヒカルオオゾラ
マイラーズCでは勝ったスーパーホーネットと隣合って4角を回って直線に。勝負所での瞬発能力の差は明らか。一気に置き去りにされました。続くエプソムCはこの敗戦を活かしてか先行競馬、いいレースをしましたが、最後はシンゲンの斬れる脚に屈しました。
前で巧く立ち回れば可能性はありますが、斬れる脚を持つ馬にやられる可能性の方がはるかに高いと思います。

2番人気はスマイルジャック
この馬は強い馬でマイルの適性も高いと思っています。躓いた安田記念は度外視可能、末脚勝負になったマイラーズCではスーパーホーネットと差のない競馬。新潟マイルでも十分やれると思っています。ただ、勝つとなるとそのイメージに乏しい馬です。

3番人気、マルカシェンク
この馬もマイル強い馬。去年は4か月ぶりのこのレースを圧勝。終いの爆発力もあり、この条件に対する適性は抜群だと思います。
3番人気なら◎でもいいと思いますが。去年は12秒のラップなど滅多に入らない関屋記念で道中2つも12秒台の入るレース。そのレースで見せた爆発力を再び先行馬の揃った今年のレースで見せられるかは少し疑問。しかも今年は半年ぶりのレース。

4番人気、キャプテントゥーレ
去年の皐月賞以来のレース!この人気!皐月賞馬とは言え、とても質が高かったとは思えない皐月賞。マイル実績があっても消し。

5番人気、ライブコンサート
ちょっと評価が高すぎるような気がします。安田記念は単勝139倍。そして5着。この馬が5着に来るあたり今のマイル路線の層の薄さを感じます。酷い騎乗を強いられたウォッカが勝ち、状態が万全とは言えないディープスカイが2着。その後塵を拝する馬達は・・・(ドングリの背比べ?)。その点2強のいないマイル重賞では何が勝ってもおかしくないのですが、この馬は決め手勝負のマイラーズCで手もなく敗れた事を忘れてはいけないような気がします。

この後、マイネルレーニア、タマモナイスプレイ、キャプテンベガと続きますがどの馬も魅力に欠けます。

ローカルはやはり穴狙いで!

本命はめちゃ振りして12番人気のヤマニンエマイユ

無謀にもこの馬は重い印を考えていました。大外枠、と鞍上を考慮して思い留まりました。
この馬は左回りの速い上がりの勝負に特化している可能性があります。一番後ろからで勝負にはなりませんが、斬れだけなら結構ありそうです。好走したのは左回りの東京、新潟、中京。この条件で上がりが速くなりそうなレースなら。逆に中山などで上がりがかかるレースでは消し。この後、新潟の1400~1600mくらいのレースに出てくるなら買い。

ヴィクトリアMの回顧でこんな事を書いていました。
このレースはウォッカが早めに抜け出して圧勝、1枠の前にいた馬が2,3着。
この馬は一番後ろから追い込む競馬。全く勝負に関係ない競馬。圧勝したウォッカにフォーカスがいってますので画面の端にしか映っていませんが、この馬の末脚は少し気になりました。一応上がりはウォッカに続く2番目のタイム。
そしてこのレースの次走は今回の新潟マイル。

去年のこの時期、新潟の
NSTオープンでマイネルフォーグ、ローブデコルテを抑えて勝利。東京1400mのオーロCでは斤量差はありますが、条件最適と思える贔屓馬トウショウカレッジを抑えて勝利。

この馬の戦績から右回りのレースを除くとかなり優秀な戦績になります。今回は左回り新潟マイル、長い直線、終いの斬れる脚が大きな武器になるレース。唯一の牝馬、牝馬特有の「斬れ」が発揮できるレースになれば。
上に書いた内の馬場が多少痛みはじめていれば更に都合が良さそうです。

新潟の1400~1600mくらいのレースに出てくるなら買いと書きましたが、これには鞍上の交替という条件がつくはずでした。しかし今回も田中勝騎手が鞍上。
正直長い直線を馬の集中力を削ぐことなくビッシリ追わせる事が出来るという点でかなりマイナスだと思いますが、この馬を他に狙うレースがないのでここで本命にします。

彼には多くは望みませんが、ヴィクトリアMの全く届かなかった競馬から多少の工夫は期待します。

馬券は馬単表裏。

◎⇔スマイルジャック、マルカシェンク の4点。

ワイド
◎からスマイルジャック、マルカシェンク の2点。

3連複、この3頭の1点。

« 小倉記念の予想 | トップページ | 奉納相撲 【1】 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/30885704

この記事へのトラックバック一覧です: 関屋記念の予想:

« 小倉記念の予想 | トップページ | 奉納相撲 【1】 »