2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

キーンランドC、新潟記念の予想

今週は札幌と新潟の2重賞。

来週が勝負週となるので今週は軽めに。
とは言うものの、どちらも面白そうなレース。

キーンランドC

このメンバーで明らかに力量上位と言えるのはビービーガルダン
前で巧く立ち回れれば安定感抜群!安藤騎手が手の内に入れており、また彼を主戦に出来た意義が大きい馬だと思っています。1200mのレースでは人気でも常に重い印を打ちたい馬。
今年の高松宮杯、その日安藤騎手はドバイへ。当然乗り替わり。スタートでローレルゲレイロについて行けば良かったと思うのですが、中途半端に控えて直線で差す競馬!この馬の良さが活きるはずもなく惨敗。
型がある馬にこういうレースをさせるとその後歯車が狂ってくる事がよくあります。今回は軸から外して凡走期待。

本命はアイビスSDでお世話になったアポロドルチェ
アイビスSDの連対馬にこう言うのも何ですが、少し時計がかかって上がりがかかる条件がこの馬が差してこれるのに向いていると思っています。札幌は開催10日目、良い条件だと思います。
内枠も理由の一つ、直線で馬場中ほどに巧く持ち出せればいいレースが出来ると思います。

対抗はグランプリエンゼル
この時期になると3歳牝馬の実力馬に51キロはほとんど反則。1200m戦なら尚更。そして前走で対古馬重賞、それも同条件の重賞で勝利。あとは開催が進んだ馬場がどう影響するかくらいしか不安点はないのでは?

休み明けが究極のスピードレース、そこで中々の走りをしたシンボリグランが▲。

馬券は◎○2頭からの3連複。

◎○から ▲①⑦⑧⑩⑪⑭ の7点。

新潟記念

七夕賞で◎にしたデストラメンテが1番人気(?)。
蛯名騎手もレース後のコメントで言っていましたが、七夕賞は位置取りが全て。もう少し前に行ければ勝ち負けだったかもしれません。5着でしたが、最後は馬群を縫ってよく差して来ています。
間違いなく前に行く今回、再び重く見ようと思っていましたが、1番人気では・・・・。
斬れる脚という点では足りない馬。新潟実績が買われて人気になっているのでしょうが、相手が強くなれば斬れる馬に差される可能性も高いでしょう。そして馬場は良馬場、1番人気では消し。

本命はなぜか10番人気と低評価になっているマルカシェンク
柴山騎手は先週札幌記念をヤマニンキングリーで勝利。なぜこんなに人気が無いかと訝しがっていましたが、今回もそう思っているかもしれません。
もし彼が「騎手として軽く見られているのでは?」と考えてくれているようなら2週続けての奮起も期待出来ます。

この馬は良馬場でこその馬。ベストはマイルだと思いますが、2000mも十分守備範囲。近2走は馬場が渋りました。今回は新潟の良馬場!
前走は馬場というよりは大きく出遅れた事が全て。度外視可能な2レース。そして人気を大きく落として今回のレース。ハンデ戦で少々ハンデを背負ったとしても見劣りするとは思えないのですがこの人気。G1以外でこの馬が二桁人気なんて・・・。迷わず◎を打ちます。

馬券は馬連。

◎から ③④⑤⑥⑦⑩⑪⑯⑰ の9点。

この条件では成績が非常に優秀なダンス産駒、末脚だけならしっかりしている③ダンスアジョイ
前走は小倉記念では勝負所で外の馬に蓋をされましたが、あの伸び脚。⑤ホッコウパドゥシャ
去年圧勝の⑪アルコセニョーラ

この3頭は厚めに。

奉納相撲 【2】  ~祭り~

2週間くらい前に書いた 奉納相撲【1】 の続きです。
前回は本番に備えての稽古について書きましたが、今回はその本番当日について。

8月いっぱいで夜中の裸電球のもとで行われた稽古も終了。各人にその年の「四股名(しこな)」が与えられます。まわしの前垂れに張り付ける四角い布に書かれています。だいたい苗字の下に「山」だの「川」だの「岳」だのが付くのが一般的ですが、カッコいい名前の子はその名前がそのままズバリ四股名になります。私の場合は自分の名前がパッとしたものではないので少しガッカリします。

続きを読む "奉納相撲 【2】  ~祭り~" »

札幌記念の予想

久しぶりの更新になります。「短期放牧」明けでリフレッシュ、先週のクイーンSはビエナビーナスが勝利、とても的中出来るレースではなくいいタイミングの放牧となりました。

今週は札幌記念
ローカル競馬で最も格が高いと感じているレース。毎年いいメンバーが揃い、エアグルーヴやセイウンスカイ、アドマイヤムーンなど強い馬が普通に勝ってしまうレースという印象があります。
今年もいいメンバーが揃いました。今年の巴賞、函館記念の好走馬、去年の札幌記念の好走馬といった札幌適性に問題のないと思われる馬に加えて、重賞連勝中のミヤビランベリ、(小回り)重賞4連対中のヤマニンキングリー。牡馬クラシックでそこそこの走りをしたシェーンバルト。そして目玉は何と言っても3歳牝馬(3歳馬?)の頂点に立っているブエナビスタ!非常に楽しみなレース。明らかにドングリの背比べ的なローカルのイメージとは趣を異にします。

思えばウマニティの予想コロシアムに参戦したのが2年前の札幌記念の週。いきなり札幌記念の予想が的中し、馬連、馬単、3連複、3連単の総取り!回収額が参加者中トップという派手なデビューを飾らせてもらった思い出深いレース。今年の札幌記念はJRAプレミアムなんたらでいつもより控除率が5%ほど少ないようで、当たれば少しだけお得感がありそうです。

予想で頭を悩ませるのは圧倒的な人気のブエナビスタをどう扱うかでしょう。平坦、小回り、洋芝。札幌記念はインで脚を溜められそうな前にいる馬を毎回本命にしています。ブエナビスタはその対極にいる馬。当然人気を考えても差し損ねを願って嫌うべき馬・・・。

土曜の札幌のレースを見ましたが、インでレースをした馬が伸びあぐねている印象を受けました。メインの札幌記念と同条件のポプラS。1番人気は連勝中のルールプロスパー、藤田騎手が鞍上で最内枠。札幌の理を理解しきっている藤田騎手らしいロスの無いインべったりの内枠を活かした競馬。脚を溜めながら内外の差を活かして4角では先頭の馬の直後に、完璧な騎乗!4角を迎える頃にはシメシメと思っていたでしょう。ところが直線では意外に伸びず、馬券圏内も外してしまう4着。馬券になったのは外を回した差し馬。

ちょっと外差しの馬場になっている気がしました。今年は函館の開催が無く、札幌での代替開催。開催が進んで馬場の内と外に差が出来はじめているかもしれません。
もしそうならいつものような「インで前で」の馬は狙いにくくなります。

ブエナビスタは末脚、その推進力が並みでない馬。この馬に勝てる可能性があるのは前で、それも随分前で競馬をする馬、又は4角のインを掬う事が出来る馬。どちらにしても内を通る訳ですが、そこの馬場が悪くなりはじめてしたら・・・・・・・。
ブエナビスタ凱旋門賞壮行用の馬場になっている??

結局、外差し傾向があると判断します。逆らう手立てと失ってしまったので、間違いなく外を回る推進力が異常なブエナビスタか本命。洋芝と言っても札幌は函館ほど力が要る馬場ではありませんし、この馬に斬れ味にブレーキをかけるものではないと思います。安藤騎手は体重を絞っての参戦だそうで、レースへの集中力は並みではないでしょう。
直線で交わす競馬ではなく、4角を軽く一捲りのレースを期待します。

差し馬を狙うつもりですが、相手は難しいです。

早めに動き出して4角先頭を目指すマツリダゴッホがいる以上、前に行った馬は去年同様、この馬に「掃除」される可能性は高そうです。この強い馬ですが、去年は目標レースではないジャパンカップにピークが来ていたように思えます。その後下降線で有馬で凡走。前走は直前のアクシデントで言い訳は出来ますが、状態は果たして??
レースぶりから外枠に入ると信用しずらい馬でもあります。

函館記念経由の馬は札幌開催であった事、順調に使われている事からも信用出来そうですが、今年の好走馬はどの馬も巴賞→函館記念→札幌記念のローテ。果たしてお釣りがあるか?おまけの1戦かも?なんて考えると軸にはしずらいものがあります。早くからブエナビスタが札幌記念参戦と謳っていた為、やはり目標レースは函館記念だったのでは?
特に函館記念、ダービー卿CTと二桁人気に下がった時に好走しお世話になっているマヤノライジン、そして函館記念を勝ったサクラオリオンは買いたい馬ですが、高齢馬でもありますし、着順は下げるのではないでしょうか。ヒモで期待します。

対抗はヤマニンキングリー
休み明けは重々承知していますが、その分力の割に人気がありません。WINSにまで行って買った今年の中山金杯の初夢馬券を後少しの所で紙屑に変えてくれた馬。ここでカリを返してもらいます!(笑)
安易な理由ですが、休み明けでも小回りコースの2000mレースでこの馬が凡走するイメージが湧かないというのが理由です。
ここ5戦連対中ですが、流れも馬場も違うレースで好位から安定した末脚。このレース唯一の4歳馬。明らかに充実期にある馬です。
心配はやはり休み明けと好走歴のない柴山騎手に乗り替わる事。


馬券は馬単表裏。

⑪⇔③ の2点。

3連単。

⑪→③→①④⑧⑨⑫⑬⑭⑮
⑪→①④⑧⑨⑫⑬⑭⑮→③ の16点。

奉納相撲 【1】

先日テレビでちびっこ相撲全国大会なるものが放送されていました。ちびっこ(小学生)とは言えさすが全国大会に出てくるだけあって小学性とは思えない立派な体格、洗練された取りクチ!
ちょうどこの時期という事もあり、子供の頃を思い出しました。この全国大会に出て来る子と比べたら所詮お遊びの延長ですが、小学生の間は8月入ると毎日地元の神社の境内で相撲の稽古がありました。

今回はその奉納相撲について。
日本の国技である相撲。スポーツと言うにはまわし、ちょんまげ、脇刺しを差した行司、清めに撒く塩などなかなか文化としてエグミのある要素が満載で重々しい感じがします。

続きを読む "奉納相撲 【1】" »

関屋記念の予想

今週は競馬予想が出来ないと諦めていたのですが、一転して参戦可能に。今週参戦するレースはもちろん新潟マイルの関屋記念

もちろんと言うのはこの新潟マイルはなぜか相性の良い条件だからです。特に去年は大爆発!新潟マイルの重賞と言えば、この関屋記念と新潟2歳Sですが、関屋記念は○→▲→◎で決着。12頭立ての1,5,8番人気での決着なので配当は安いですが、3連複の4点のうち一番厚く買った1点が来ました。
新潟2歳Sは3連単17万馬券が的中。◎1着付け、○2,3着付けに人気薄が絡んだだけなので凄い予想という訳ではありませんが・・・。

とにかく相性が良い(と思っている)条件で、とんでもない回収率になっている新潟マイル。よりによって関屋記念の週に競馬が出来ないとは・・、と残念に思ってましたが幸運にも参戦可能に。この幸運を的中に結び付けられればいいのですがさて。


新潟の芝は極端に時計の速い馬場。同じローカルでも函館の対極にあると言える芝ですが、土曜は午前中雨の影響が残った芝でした。予報では日曜の雨の可能性があるとか。新潟の馬場は多少馬場が渋っても高速馬場である事に変わりないのですが、問題は内の馬場の傷み具合。

このレースは高速馬場、長い直線が影響するのか毎年ラストから2つ目のラップが最も速い時計が計測されるという特殊なレース。毎年この区間のラップは10秒ちょっと。道中が緩んだ去年は10秒ジャスト。
たとえ前にいても勝負所でのこの区間をそこそこのタイムで走れないと結局後ろの馬の餌食になります。日本一(世界一?)の高速馬場のマイル戦で馬場が少しでも痛んでいる所(内)を走るというのは致命的な事になりかねません。

今年は前に行く馬が揃っているようですが、やはり最後の長い直線にそなえて構えてしまう事が多いレース、(ラストから2ハロン目が一番速いラップのレースになる事もこの事を物語っています。)出来れば前にいてそこそこの上がりを使えそうな人気薄を狙いたいレースではありますが、雨の影響のあった土曜の競馬で内が痛んでいたりすると外を回した斬れる馬がスパーンと差し切ってしまうのでは?などと考えています。


今回の関屋記念は予想が難しいレース。馬場状態もそうですが、出走馬に関しても。

1番人気はヒカルオオゾラ
マイラーズCでは勝ったスーパーホーネットと隣合って4角を回って直線に。勝負所での瞬発能力の差は明らか。一気に置き去りにされました。続くエプソムCはこの敗戦を活かしてか先行競馬、いいレースをしましたが、最後はシンゲンの斬れる脚に屈しました。
前で巧く立ち回れば可能性はありますが、斬れる脚を持つ馬にやられる可能性の方がはるかに高いと思います。

2番人気はスマイルジャック
この馬は強い馬でマイルの適性も高いと思っています。躓いた安田記念は度外視可能、末脚勝負になったマイラーズCではスーパーホーネットと差のない競馬。新潟マイルでも十分やれると思っています。ただ、勝つとなるとそのイメージに乏しい馬です。

3番人気、マルカシェンク
この馬もマイル強い馬。去年は4か月ぶりのこのレースを圧勝。終いの爆発力もあり、この条件に対する適性は抜群だと思います。
3番人気なら◎でもいいと思いますが。去年は12秒のラップなど滅多に入らない関屋記念で道中2つも12秒台の入るレース。そのレースで見せた爆発力を再び先行馬の揃った今年のレースで見せられるかは少し疑問。しかも今年は半年ぶりのレース。

4番人気、キャプテントゥーレ
去年の皐月賞以来のレース!この人気!皐月賞馬とは言え、とても質が高かったとは思えない皐月賞。マイル実績があっても消し。

5番人気、ライブコンサート
ちょっと評価が高すぎるような気がします。安田記念は単勝139倍。そして5着。この馬が5着に来るあたり今のマイル路線の層の薄さを感じます。酷い騎乗を強いられたウォッカが勝ち、状態が万全とは言えないディープスカイが2着。その後塵を拝する馬達は・・・(ドングリの背比べ?)。その点2強のいないマイル重賞では何が勝ってもおかしくないのですが、この馬は決め手勝負のマイラーズCで手もなく敗れた事を忘れてはいけないような気がします。

この後、マイネルレーニア、タマモナイスプレイ、キャプテンベガと続きますがどの馬も魅力に欠けます。

ローカルはやはり穴狙いで!

本命はめちゃ振りして12番人気のヤマニンエマイユ

無謀にもこの馬は重い印を考えていました。大外枠、と鞍上を考慮して思い留まりました。
この馬は左回りの速い上がりの勝負に特化している可能性があります。一番後ろからで勝負にはなりませんが、斬れだけなら結構ありそうです。好走したのは左回りの東京、新潟、中京。この条件で上がりが速くなりそうなレースなら。逆に中山などで上がりがかかるレースでは消し。この後、新潟の1400~1600mくらいのレースに出てくるなら買い。

ヴィクトリアMの回顧でこんな事を書いていました。
このレースはウォッカが早めに抜け出して圧勝、1枠の前にいた馬が2,3着。
この馬は一番後ろから追い込む競馬。全く勝負に関係ない競馬。圧勝したウォッカにフォーカスがいってますので画面の端にしか映っていませんが、この馬の末脚は少し気になりました。一応上がりはウォッカに続く2番目のタイム。
そしてこのレースの次走は今回の新潟マイル。

去年のこの時期、新潟の
NSTオープンでマイネルフォーグ、ローブデコルテを抑えて勝利。東京1400mのオーロCでは斤量差はありますが、条件最適と思える贔屓馬トウショウカレッジを抑えて勝利。

この馬の戦績から右回りのレースを除くとかなり優秀な戦績になります。今回は左回り新潟マイル、長い直線、終いの斬れる脚が大きな武器になるレース。唯一の牝馬、牝馬特有の「斬れ」が発揮できるレースになれば。
上に書いた内の馬場が多少痛みはじめていれば更に都合が良さそうです。

新潟の1400~1600mくらいのレースに出てくるなら買いと書きましたが、これには鞍上の交替という条件がつくはずでした。しかし今回も田中勝騎手が鞍上。
正直長い直線を馬の集中力を削ぐことなくビッシリ追わせる事が出来るという点でかなりマイナスだと思いますが、この馬を他に狙うレースがないのでここで本命にします。

彼には多くは望みませんが、ヴィクトリアMの全く届かなかった競馬から多少の工夫は期待します。

馬券は馬単表裏。

◎⇔スマイルジャック、マルカシェンク の4点。

ワイド
◎からスマイルジャック、マルカシェンク の2点。

3連複、この3頭の1点。

小倉記念の予想

今週は小倉記念

メンバーを見まわす限りピンとくる馬おらず、予想の難しいレース。しかもハンデ戦。当然オッズは割れており、こういうレースは3連複で大きな配当を狙いたいレースですが、当てるとなると非常に難しいような気がします。

来週は競馬が出来ない環境になりそうなので、ここ2週の連勝の余勢を駆って無理やりにでもこのレースに参戦します。

このレース逃げるのはおそらくコスモプラチナ
平坦コースでしか結果が残っていなかった馬が前走休み明けをいきなり走って阪神コースで重賞制覇!ハンデ戦とは言え、リトルアマポーラ、ベッラレイアなどの強豪を抑えての勝利には意味があります。得意の新潟への叩き台と思っていただけにビックリ。

今回の人気にも納得がいきます。ただこの馬、連続好走となると・・・・。
前走は和田騎手が非常に巧く乗っての勝利。再び和田騎手が乗るので可能性はありますが、今回もまた道中ハミを抜いてリラックスして走れるでしょうか?人気になった逃げ馬はマークがきつくなります。しかも早めにレースが動き出す小倉重賞。
この馬は人気薄の時に買う逃げ馬のような気がします。

今回はコスモプラチナが楽に逃げられるレースではないと考え差し馬狙い。

本命はマイネレーツェル
フィリーズR、ローズSの勝ち馬。エリザベス女王杯も4着。力のある馬ですが、近走はさっぱり。それでいてこのレース7番人気。もっと人気がないと思っていましたが、過去の実績が買われているのでしょうか?割がいいとは思えませんが本命にします。

根拠は昨年末の牝馬重賞の愛知杯の走り。

このレースは今回予想されるのと同じくコスモプラチナが逃げたレース。マイネレーツェルは最後方付近から大外を一気に捲り上げ、4角で先頭付近に取り付き、直線もしっかり伸びた馬!
3着とは言え、この走りは見事。しかも負けた馬は前目で巧く立ち回った斤量が4キロも軽いセラフィックロンプと大野騎手の腹を括ったイン差しが光るチェレブリタ、この馬は斤量が5キロも軽かった馬。
このレース抜けて強い競馬をしたのはマイネレーツェルでしょう。
(所詮はレベルの低い牝馬重賞と思われるかもしれませんが、このくらい走れれば今回のメンバーなら通用すると思っています。しかもこの時より斤量が1キロ軽くなります。)

コスモプラチナが逃げるレースで、小回り平坦の小倉。このようなレースでは捲り上げる能力がある事はかなりの武器になります
愛知杯は外枠だったので結局大外ブン回しになってしまい、その分前にいた馬、内を差した馬に届きませんでしたが、今回は中寄りの枠。テン乗りになりますが、福永騎手に大外回しでないクレバーな騎乗を期待します。

その福永騎手は今回1番人気のダイシンプランに乗り、前走小倉の準オープンを勝たせましたが、なぜかダイシンプランには乗らず、マイネレーツェルに。この辺りの事情は分かりませんがマイネレーツェルを買いたい者にとっては都合のいい想像をしてしまいます。

◎⑪マイネレーツェル
○⑱ダイシンプラン
▲⑰ダイシングロウ
△⑨ホッコウパドウシャ
△⑥シルバーブレイズ
△⑦マストビートゥルー
△⑩テイエムアンコール
△⑤ダンスアジョイ

馬券は馬単1着付け!
◎→○▲△の7点が勝負馬券。

○▲△(⑨)→◎の3点も買います。

オマケで3連複も

◎○2頭軸で▲△への6点。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »