2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 函館記念の回顧 2戦連続の◎○決着!馬券的中!・・・・ですが逃がした魚は大きい? | トップページ | 小倉記念の予想 »

7月の競馬をまとめて回顧

微妙にブログ名を変更しました。競馬についてが主である事に変わりはありません。ただ時間がある時に他の事についても記事にするつもりです。もし今後書く競馬以外の記事に興味があれば読んでやってください。

宝塚記念の後、ローカルシーズンに入り、レース回顧をさぼっていましたが1か月まとめての回顧です。予想したレースは、ラジオNIKKEI賞七夕賞アイビスSD函館記念。函館記念の回顧については月曜にアップしたので、今回は残りのレースについてです。

ラジオNIKKEI賞
マイネルエルフ、○サニーサンデー。この2頭軸の3連複で勝負して不的中。

マイネルエルフ
掛かって終了。後方で見せ場すら無し。これがこの馬の力と言う訳でもなく見直し可能のレース。後方にいて良さが活きる馬でもなく、先行してある程度上がりのかかりそうな条件で再び期待。

サニーサンデー
中山のマイル戦を強い競馬で押し切って連勝。続くプリンシパルSは折り合いを欠き度外視可能なレース。プリンシパルSがあまりにひどい競馬だったにしてもこのレース13番人気はあんまりな評価。しかも53キロという恵量で!

このレースはしっかり折り合いがついて力を発揮しました。4角を抜けて先頭!押し切りを目指すも僅かに差されて2着。直線で馬がヨレて内へ向かった事が着差を考えても残念。外が伸びる馬場も含めてこのロスは勿体なかったような気がします。
今後は直線の短いコースで4角先頭を見込めるレースで期待!

このレースを制したのはストロングガルーダ
コーナー区間での反応が悪すぎ。かなり早めから追い出していますが、他の馬に先に行かれてしまいます。ギアが重いといった感じの印象を受けました。
逆に考えればスピードに乗りさえすればなかなかの破壊力。ちょっと気が早いですが、このようなタイプは菊花賞で穴馬として面白いような気がします。しかもこの馬はダンスインザダーク産駒!!

今年はダービーを制した馬が斬れる脚を持たないロジユニヴァース!おそらくは積極的に4角先頭を目指す競馬をすると思います。ダービー馬が動けばレースも動きます。ロジが勝ちに行く事で菊花賞が消耗戦になった場合、この馬のズブさが長距離適性の裏返しだったりすると・・・・。
菊花賞に賞金は足りるでしょうから、セントライト記念辺りをかなりの余裕残しで使ってもらってしっかり負けてもらいたいと思います。
蛯名騎手も1戦毎の成長を肌で感じているようですし、菊花賞が楽しみなのでは?

プリンシパルSで勝負にならなかった馬。クラシックに乗れなかったイマイチ君が集まる重賞、しかも内が全く伸びない外伸びの馬場のレースで外枠の外差し、明らかに恵まれたレースで勝ったくらいでちょっと褒めすぎかもしれませんが、菊花賞では少なくとも買い目には入れるつもりです。

それにしても、この馬何で今まで左回りばかり使っていたのでしょうか?この時期に右回り初経験というのは他の馬に対してちょっとしたハンデですが、そのレースで重賞勝利。次の右回りはもっとスムーズ?

3着、ストロングリターン
この馬は内枠が堪えました。コーナー区間で外に出そうにも外にオレンジの帽子の2頭がいて出せず、コーナー区間で巧く加速も出来なかったレース。最後はいいストライドで走っていました。
力のある馬ですが、乗り難しい馬らしく、最後はいい脚を使いますが、勝負がついた後に突っ込んでくる馬という事になるかもしれません。結果は騎手の手綱捌きによって?

4着、イコピコ
この馬は買い目からも外しましたが、そんなに弱い馬ではなかったようで・・・。上がり勝負でこその馬だと思っていましたが、トップハンデを背負いながら本来なら3着はあった競馬。
外から交わした勝ち馬に少し寄られ、先頭を走っていた2着馬に詰まり、最後まで追えなかった所を3着馬に差されました。この馬を軸に3連馬券を持っていた人にとっては悶絶のゴール前だったでしょうね。


七夕賞はそれほど後につながるといった感じもしないので簡単に。

デストラメンテ、○シャドウゲイト。この2頭軸の3連複を買い不的中。

デストラメンテ
勝ち馬から3/4馬身、鼻、首、首差の5着。
初めての古馬重賞ですが、前に行ってこその馬なのに前で競馬出来なかった事が残念。
「内から外から来られて、行き場が無くなってしまった。最後は伸びているだけに位置を取りに行けば良かった。」と蛯名騎手も後悔しているようですが、全くその通りだと思います。このレースは軽ハンデで、前の重い斤量を背負うシャドウゲイト、ミヤビランべり辺りを目標に近くでレースが出来れば面白いと思っていたのですが・・・。

それでも道中随分後ろになってしまいましたが、馬群を縫ってよく差して来ています。

シャドウゲイト
この条件でも凡走するようなら、もうピークは過ぎているのかもしれません。


勝ったのは贔屓にしてきたミヤビランベリ
なかなか人気にならなかったこの馬もついに重賞で1番人気!そして正攻法、横綱相撲で完勝!あのダービーの後の極悪馬場、タフなレースで圧勝しながらその後のこのレースでも完勝。今後も贔屓馬にするには人気が・・・・。身近に感じられなくなってしまいました。今回は流れが緩く、この馬には楽なレース。今後は敵に回すことになるか?


アイビスSD

このレースは余計な馬券を買わなければ会心のレース。

アポロドルチェ、○カノヤザクラ、▲シャウトライン
馬券は◎○2頭軸の3連複が勝負馬券。そしてカノヤザクラの状態に不安があったので潔くない◎▲の3連複も購入。勝負馬券の方の3連複が的中。

アポロドルチェ
内枠で3着の翌年は大外枠の18番。そしてパンパンの良馬場ではなく、雨の影響でほんの少し時計のかかるレース。純粋な1000mスピード勝負ではなく、少し時計のかかるレースの方が向くと思っている馬なので、大外枠とあわせてこの馬に風が吹いているように思えます。

と予想で書きましたが、本当に(向かい)風が吹いていたようで!!

アイビスSDで上がり3ハロンが34秒かかりました。(34秒を切ったのはこの馬だけ。)もちろん重だった馬場もありますが、向かい風が強く吹いた影響もありそうです。馬場、向かい風、共にアポロドルチェが差し込む為のアシストになりました。

この馬は去年が不利な最内枠で外に出すために苦労して3着、今年は一転して大歓迎の大外枠!それでも評価が低くこのレースは狙い目だったと思います。心配は後方になって、前で外ラチ沿いに馬が殺到する事。後方になってしまいましたが、あまり外ラチ沿いに馬が集まらなかった事が幸いしました。

特殊な条件だけに連続好走も考えられます。来年も期待出来る事は出来ますが、人気になるなら後方になってしまう馬だけに買いづらい馬です。今回は馬場と向かい風で前が止まった事で差して来れたレース。買っても2,3着付けか?メンバーによります。

カノヤザクラ
この馬が完勝!去年のレースぶりからこの条件への適性は疑いようもなく、それでいて3番人気。問題は状態面。前走は叩き台ですが、それにしてもの走り。それでも夏馬に調子を上げてくる馬だけにそれを拠り所に軸にしました。

今のスプリント路線はドングリの背比べ。スリープレスナイト、キンシャサノキセキ辺りが状態が整っていれば力量上位ですが、他の馬はこれと言って光るものがありません。レースをする度に着順が入れ替わるでしょう。
そんなイマイチの古馬を嘲笑うようにフレッシュな3歳馬がこの時期の重賞で早くも活躍。この事が現在のスプリント路線のレベルを物語っていると思います。

このレースの1番人気はその早くも古馬との重賞で活躍した3歳馬、エイシンタイガー。ある程度能力がある事は間違いないですが、CBC賞はそれほど質の高いレースだったとは思いませんし、これまでそれほど厳しい流れでない短距離レースを前で巧く立ち回って結果を出して来た馬。待ったなしの1000m戦で、人気ほど信頼がおける馬だとは思いませんでした。この馬は気にかけている馬なので、この敗戦で人気が下がってくれれば。

純粋にスピード能力が問われるこのレースで間隔が空いている馬は全て切りました。結局馬券に絡める馬はいませんでしたが、コスモベルシンボリグランは次走買い目に入れるべき馬だと思っています。

去年の上位4頭は強い競馬。特殊な条件のレースだけに連続好走も考えられるレース。そして4着馬は出走なし、2着馬、シンボリグラン間隔を空け、年を重ねた事で狙い下げ。残るは4歳馬の◎馬と5歳になったこの馬。
この2頭の3連複が勝負馬券!!

なんだかんだ言ってもこのレースの予想の骨組みはコレ。
これがうまくハマりました。純粋にスピード能力が問われるので高齢になるとそれだけ狙いにくくなるレースだと思っています。今回は狙いたい馬が4歳と5歳。共にこの特殊なレースに好走実績あり、そして願ってもない外枠。今回の◎○選びはすぐに決まりました。毎回こうなら予想がラクなのですが。

このレースは3連複しか購入しませんでしたが、その3連複も3頭目に突っ込んだのは2番人気の馬。◎○の馬連1点くらい買っておいても良かったなという反省が奇しくも次の函館記念に活かされました、と言うかこれに救われました。

ローカルシーズンの序盤でうまい事的中が出来たので、この後は心おきなく穴狙いが出来ます。
とは言ったものの、アイビスSDは◎6番人気、○3番人気。函館記念は◎4番人気、○10番人気でそれぞれ◎○決着。これはちょっと出来過ぎでこの後は経験上外れのオンパレードになるでしょう。

« 函館記念の回顧 2戦連続の◎○決着!馬券的中!・・・・ですが逃がした魚は大きい? | トップページ | 小倉記念の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

竜巻危なかったですね~( ゚д゚)
何事もなく何よりです( ^ω^)

あとタイトル
びみょ~に変わりましたね( ̄ー ̄)ニヤリ

あれ???
こんなタイトルやったっけ???
って一瞬呼吸が止まりました(・∀・)

あっしはブログ開設時から『競馬日記』と銘うちながら
競馬以外の記事もガンガン書いてました( ̄▽ ̄)

どんな記事が載るのか楽しみにしてます´ω`)ノ

こんばんは。

竜巻なんて間違いなく一生関係ないないモノだと思っていました。地元で遭遇するならともかく、たまたま通りかかった滅多に行かない土地で巻き込まれたら・・・。

ニュースの映像にあったひっくり返った車を見ても何だか他人事とは思えません。
ちょっと前まで晴れていたのに本当に突然でした。

ブログ名は別に変えるほどでもないんですけど、たまには競馬以外の事も。

歳三さんはもう休みが明けてしまったようで!久しぶりの大坂はどうでしたか?

馬体重(?)がかなり増えてしまったようで、かなり叩かないといけないとか!とりあえず休み明けの今日は大凡走???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/30746523

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の競馬をまとめて回顧:

« 函館記念の回顧 2戦連続の◎○決着!馬券的中!・・・・ですが逃がした魚は大きい? | トップページ | 小倉記念の予想 »